仕事のモチベーションの上げ方|30代でやる気を出す方法

仕事のモチベーションの上げ方30代 30代


30代になって、なんのために仕事をしているのかわからなくなってきた

家庭と仕事のバランスがとれず、どちらも中途半端で辛い

このように悩んだことはないでしょうか。

30代は仕事がマンネリしてきたり、家庭を持ったりすることで仕事のモチベーションが低下しやすい世代です。

この記事では30代の方へ向けて

  • 仕事のモチベーションを上げる方法
  • モチベーションが下がる原因
  • モチベーションを上げたい時に意識してほしいこと

を紹介しています。

仕事のやる気を出したい30代の方はぜひ参考にしてください。

仕事のモチベーションの上げ方は?30代でやる気を高める方法10選

仕事のモチベーションの上げ方は?30代でやる気を高める方法10選

仕事のモチベーションが低下してしまった30代の方に向けて、やる気を出す方法を10個紹介します。

スマートフォンで簡単に今すぐできるものもあるのでぜひ自分にあった方法を見つけ、実行してみてください。

長年働いている先輩の話を聞く

同じ会社で長年仕事を続けている先輩は、誰よりも参考にするべき身近なロールモデルです。

尊敬できる、仕事をいきいきとしている先輩がいたらモチベーションの上げ方を直接相談してみましょう

先輩も30代のころに同じ道を通っているはずなので、役立つアドバイスが期待できます。

仕事の振り方を考え直してもらえたり、より上の役職の方に話を通してくれたりする可能性もあります。

現在の悩みを整理するためにも、相談できそうな先輩がいたら一度話してみましょう。

休んで心身のエネルギーを充電する

モチベーションが上がらない要因として、心身が疲れていることも考えられます。

あなたは仕事のことを全く考えない休みをとれているでしょうか。

休みなく働くことは心身ともに想像以上に疲弊します。

毎日の仕事をこなすので精一杯の状態ではモチベーションのことなど考えられません。

思い切って連続したお休みをもらえるよう上司に相談するか、難しそうなら1日だけでも完全にオフの日をつくりましょう

30代はだんだん無理がきかなくなってきます。休むのも仕事のうちだと思ってエネルギーを充電する日を設けてください。

コーチングを受けてみる

今後の仕事をイメージできないのなら、キャリアコーチングサービスを利用するという方法があります。

キャリアコーチングサービスは

  • やりたいことがわからない
  • 悩んでいる原因がわからない
  • なんとなく仕事にモヤモヤしている

など、はっきりと方向性や悩み事がわかっていない方にも寄り添ってくれるサービスです。

専門のトレーナーが一緒に「どう生きるのか」を考えてくれ、モチベーションアップに役立てることができます

自分を客観視して人生設計を立てるのは難しいと感じる30代の方はたくさんいます。

悩みを言語化し前を向くきっかけにもなるので、無料相談から気軽に体験してみてはいかがでしょうか。

▶︎ポジウィルキャリアに無料相談してみる

資格取得を目指す

関連資格の取得を目指すこともおすすめです。

資格の合格というわかりやすい目標は、モチベーションに直結します。

仕事に関連する資格なので勉強するだけで自分の成長になり、合格したら自己肯定感も上げられます

資格手当で給与が上がるケースもありますので、まずは自分の仕事に役立つ資格がないかリサーチしてみましょう。

副業を始める

副業に取り組むのも仕事のモチベーションにも良い影響をもたらします。

副業のメリットは時間を確保するために本業の効率を上げたり、軌道に乗ってくると会社を辞められるほどの収入を得られることです。

  • ブログ(アフィリエイト)
  • webライター
  • ハンドメイド
  • せどり
  • YouTube配信
  • 動画編集

など副業の種類は多く、ほとんどが在宅で始められます。

30代はまだまだ新しいことにチャレンジできる年代であり、今後の収入の柱を増やすためにも副業を始めるのはおすすめです。

モチベーションの上がらない今の仕事だけにフォーカスし続けるのではなく、副業にチャレンジするのはいかがでしょうか。

読書をする

読書をすることも、モチベーションアップに有効です。

仕事に関連する本や自己啓発本は勉強になるだけではなく、やる気にもつながります。

普段読書をする習慣のない方からすると、本を開くのはハードルが高いかもしれません。

気軽に読むなら電子書籍、時間があるなら書店で目についた本、お金をかけずに読むなら図書館がおすすめです。

どんな内容の本でも、読書は仕事のことを考えないリラックスタイムを作り出してくれます。

モチベーションのためだけではなく自分と向き合うためにも読書は有益です。

SNSで承認欲求を満たす

30代になると仕事で褒められることはあまりなくなってくるのではないでしょうか。

SNSなら同じようにモチベーションについて悩んでいる仲間と相談したり、「いいね」で反応しあったりできます。

今まで自分の中だけの感情を外に出すことで誰かから反応がもらえるのは嬉しいものです。

つながっている人から刺激ももらえますし、お互いに褒めあうことで仕事へのモチベーションも上げられます。

30代は人間関係がある程度固定されていますが、SNSで新しい仲間を見つけ承認欲求を満たすことでモチベーションにもつなげられるでしょう。

適職診断をしてみる

今後の仕事や人生を考えるために、AIに自分に適した仕事を判定してもらう方法があります。

そもそも今の職業が自分に合っているのかがわからなくなっている方も多いのではないでしょうか。

特に新卒からずっと同じ会社で働いている場合、現在の仕事が自分に合っているかの判断は難しいです。

今の職業が合っていないためにモチベーションが上がらないケースも多く、自分の適職を知ることは大切です。

無料で利用できる適職診断アプリVIEWは、AIがユーザーに適したキャリアをランキング形式で診断してくれます

自己分析のために活用すると新たな発見が得られるでしょう。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

異動を希望してみる

今の環境ではモチベーションを上げることが難しいと思ったら、異動も選択肢に入れましょう。

転職ではなく異動にするメリットは

  • 今までの昇給を引き継げる
  • 社則が同じである
  • 複雑な手続きが不要

などがあります。

待遇や福利厚生に満足しているけどモチベーションが上がらない場合は上司に異動について相談しましょう

転職より手間をかけずに、人間関係も新たに構築することができます。

求人を探してみる

30代になると何か大きな転機がない限り、モチベーションを大幅に上げることは難しいでしょう。

少しでも若いうちにと、転職を考えている方も多いと思います。

そんな方はまず、求人を探してみるのがおすすめです。

求人情報を見るだけでも現在の雇用条件を客観視できたり、新しくチャレンジできそうな業界を見つけたりすることができます

doda(デューダ)やリクルートエージェントといった転職エージェントは求人を探すだけではなく転職についてのサポートも受けられます。

一歩踏み出す準備として、転職エージェントに登録し求人を探してみるのはいかがでしょうか。

転職エージェントこの2つに登録しておこう!

・DODA
地方求人も多く、地域に関係なく求人をリサーチできる。年代に関わらず求人が豊富

▶︎DODAに無料登録して相談してみる

・リクルートエージェント
求人数が業界トップ。担当者の対応が丁寧かつスピード感のあるエージェント

▶︎リクルートエージェントで求人をチェックしてみる

30代で仕事のモチベーションがなくなるのはなぜか

30代で仕事のモチベーションがなくなるのはなぜか

そもそも30代の方が仕事のモチベーションを失ってしまうのはなぜなのでしょうか。

ここではやる気を喪失する原因を考えます。

仕事がマンネリになって飽きてくる

30代になると入社して10年ほど経過した方も多くなってきます。

何年も同じ仕事をしていると惰性で一通りこなせるようになり、緊張感もなくなりがちです。

とくに人の入れ替わりがなく、単純作業の仕事だと年数の経過とともにモチベーションを上げるのは難しくなっていきます。

家庭があり仕事に全力投球できない

30代は家庭を持っている人も多く、子供がいると独身のころに比べて仕事だけに集中するのが難しくなる年代です。

徐々に親の介護が必要になってくる世代でもあります。

残業や休日出勤に制限があったり、急に休まなければいけなくなったりもどかしい思いをしている方も多いのではないでしょうか。

いまだに現代社会は女性の社会進出の基盤が整いきっておらず、男性が育児や介護をするには周りの理解が十分ではありません

家庭と仕事の妥協点を探り、どちらも中途半端になってしまうのです。

自分以外の要因に左右される状況で、モチベーションを保って働き続けるのは難しいことです。

ワークライフバランスを重視する世代である

そもそも今の30代はワークライフバランスを重視する世代であり、仕事のモチベーションが高くない傾向があります。

一昔前までの日本では働けば働くほど評価され、それが美徳とされてきました。

しかし現在は若い世代を中心に仕事(ワーク)だけではなく人生(ライフ)も充実させる考えが広まっています

仕事だけに人生を捧げたくないという思いがあり、モチベーションを維持するのが難しいのです。

上司は長時間労働が当たり前の世代であり、価値観の違うロールモデルしかおらず苦労している世代でもあります。

労働環境が悪く働き続ける意欲を失う

周りを見る余裕もなく仕事に打ち込み続けてきた20代のころに比べて、30代は少し周りを見渡す余裕が出てきます。

他の人のホワイトな労働環境や待遇の良さを自分と比べてしまったことはありませんか。

労働環境の悪い会社に勤めていては自分のためにも会社のためにも頑張ろうと思えず、モチベーションは上がりません。

あまりにも他の会社より労働環境が悪い場合は積極的に転職を考えましょう。

仕事のモチベーションを上げたい30代が意識するべきこと

仕事のモチベーションを上げたい30代が意識するべきこと

仕事のモチベーションを上げたいときに、ぜひ意識してほしいことを4つ紹介します。

自分を大切にする

まずはあなた自身を大切にしてください。

30代は家庭があったり職場では中堅として板挟みになったりしやすい年代です。

なかなか自分のことだけを考えて行動するのは難しいかもしれません。

しかし、だからこそ自分自身を大切にして、

  • 何のために仕事のモチベーションを上げるのか
  • どうしてモチベーションが上がらないのか
  • 現在つらいことが何か

などを考えてほしいのです。

60代まで働くとすると、あと20年以上あります。

好きでもないことを続けるのは苦行ですし、若いころのように無茶な働き方はだんだんできなくなります

「自分」を中心にして、働き方について考え直してみてはいかがでしょうか。

仕事に何を求めているのか考え直す

そもそも仕事に何を求めているのか、ゆっくり考えたことはあるでしょうか。

20歳前後からわけもわからず働き始めて、ふと30代で仕事のモチベーションについて悩む方は多いです。

悩んだ時には原点に戻り、自分が何のために働くのかを考え直すことをおすすめします。

仕事に求めるものは、

  • お金のため
  • 社会の役に立つため
  • 夢を叶えるため
  • 自分のキャリアアップのため
  • 生きていくため

など、いくつかの考えが合わさっていることが多いのではないでしょうか。

お金のためなら待遇の良い企業へ、やりがいのためならやりたいことができる企業へと転職を検討するきっかけになります

仕事に求めるものを考え直し、今後の方向性を定めていきましょう。

仕事を辞めても半年は暮らせる資金を確保する

仕事のモチベーションが上がらない場合は、いつ辞めても良いように生活防衛資金を貯めておきましょう。

生活防衛資金とは、急な出費や収入がなくなった場合に備えて貯めておくお金です。

ローンや食費などすべて含めた1ヶ月の生活費を把握し、1人暮らしの場合は3〜6ヶ月分、家族がいる場合は1年分を目安に用意しましょう

今すぐ仕事を辞める予定がなくても、生活防衛資金が確保できていることは精神的な余裕につながります。

いざというときにすぐに退職や休職という選択ができるよう、お金の確保は重要です。

重く考えすぎず、まずは一歩行動する

一番大切なことは小さな一歩でも踏み出すことです。

ここまで30代の方向けに仕事のモチベーションを上げる方法や意識してほしいことをご紹介しました。

しかしモチベーションが上がらないと言い続けて同じ環境で働き続けるだけでは何も改善はしません。

いきなり退職など大きな決断をするのではなく、まずは小さなところから変えていきましょう。

環境を変える前にできることはたくさんあります。

求人検索や適職診断はスマートフォンで気軽にできますので第一歩としていかがでしょうか。

まとめ

仕事のやる気が出ない30代の方へ向けて、モチベーションを上げる方法をご紹介しました。

30代は仕事と生活(家庭)のバランスをとるのが難しく、モチベーションも低下しやすい年代です。今の仕事に納得がいっていないのであれば、何かを変える必要があります。

この記事を参考にしてぜひ一歩踏み出してみてください。自分を大切にしながら、これからもあなたらしい生活を送っていけるよう応援しています。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました