鉄道会社を辞めたい|理由と対処法!おすすめの転職先を徹底解説

鉄道会社辞めたい 辞めたい

鉄道会社を辞めたい

今の仕事を続けて良いのかな

そんな悩みをお持ちではないでしょうか。

鉄道会社を辞めたいと思う主な理由や対処法について解説するので、この記事を読めばどう対応すべきか丸わかりです。

おすすめの転職先や活用してほしい転職サービスも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

鉄道会社を辞めたいと考える主な理由とは?

鉄道会社を辞めたいと考える主な理由とは?

職場によっても異なりますが、鉄道会社を辞めたいと思う理由は様々です。

今回は、考えうる辞めたい理由やそれらの理由が生まれる原因について解説していきます。

鉄道会社を辞めたい理由としては、主に以下6つが考えられるでしょう。

  • 職場の人間関係に不満がある
  • 客からの理不尽なクレーム
  • 責任の重い仕事でプレッシャーがかかる
  • 忙しく不規則な労働時間
  • 昔ながらの規律や企業風土
  • キャリアアップが望めない

順に解説していきます。

職場の人間関係に不満がある

鉄道会社を辞めたい理由の一つ目は「職場の人間関係に不満がある」ことです。

どんな企業・職場であっても、人間関係への悩みや不満は尽きませんが、鉄道会社であっても人間関係には苦労する場合があるでしょう。

特に駅や規模の小さい部署で働いている場合、狭いコミュニティの中で密に関係を築くことになります。

苦手な相手がいたら日々ストレスになりますし、一度いざこざなどがあるとその後も引きずってしまうかもしれません。

客からの理不尽なクレーム

鉄道会社を辞めたい理由の二つ目は「客からの理不尽なクレーム」があることです。

何かトラブルや事故が起こり、電車の遅延が起こると多くの乗客に迷惑がかかり、クレームも大きくなります。

日本は電車の少しの時間のズレや遅延に厳しく、しっかりトラブルに対応しているのに理不尽に文句を言われるなんていうこともあるでしょう。

また、深夜帯であると酔っぱらった客の対応に手を焼くなんてこともあります。

多くの方が利用する鉄道を扱う仕事である分、色々な客の対応をしなければならず、理不尽なクレームに悩まされるのです。

責任の重い仕事でプレッシャーがかかる

鉄道会社を辞めたい理由の三つ目は「責任の重い仕事でプレッシャーがかかる」ことです。

当然のことながら、鉄道は多くの乗客がおり、日々多くの規定に従いながら安全かつ時間通りに運営していくことが求められます。

小さなミスが多くの客に影響を与える可能性があり、プレッシャーのかかる仕事とも言えるでしょう。

何かトラブルがあった際には客の安全を真っ先に確保しなければならず、強い精神力が重要になります。

日々のプレッシャーが重なり、辞めたいと感じてしまうことも考えられるのです。

忙しく不規則な労働時間

鉄道会社を辞めたい理由の四つ目は「忙しく不規則な労働時間」であることです。

鉄道は土日や祝日も関係なく運行しなければならず、土日や祝日の出勤もざらにあります。

ダイヤが乱れたりイレギュラーがあったりした際には、勤務時間が増え不規則になってしまうことも少なくありません

部署によっても異なりますが、業務量が多く残業が多くなってしまうような場合もあるようです。

休みが取りづらい、プライベートの予定が立てづらいなど、不満を感じて辞めたいと思う人もいます。

昔ながらの規律や企業風土

鉄道会社を辞めたい理由の五つ目は「昔ながらの規律や企業風土」があることです。

鉄道会社は、長年の歴史があるような企業が多く、またその鉄道という事業の性質上、安定した収益が望めるため、昔ながらの風土が根付いているところも多いでしょう。

厳しい規定を守る必要があったり、何でもマニュアルに沿うきっちりとした仕事が求められたりするということもままあります。

このような環境で「堅苦しく窮屈に感じる」「入社前のイメージとギャップがある」「やりがいを感じづらい」となってしまう人も出てきてしまうのです。

キャリアアップが望めない

鉄道会社を辞めたい理由の六つ目は「キャリアアップが望めない」ことです。

もちろん部署や職種によっても異なり、一概には言えませんが、鉄道運営という業務の性質上、日々似た業務の繰り返しという人もいます。

その業務に飽きを感じたり、成長がないと感じたりしてしまうこともあるでしょう。

技術職であればキャリアアップがしやすく、総合職はマルチに役立つスキルが身に付きます。

一方で、駅勤務だとなかなかキャリアアップまでが長く、先が見えないキャリアに対し不安を覚える人も一定数いるのです。

鉄道会社を辞めたいと感じた時の対処法4選

鉄道会社を辞めたいと感じた時に、後先考えずに退職してしまうのはおすすめしません。

一度考える時間を取ることで、冷静な判断ができることもあるでしょう。

辞めたいと感じた時は、以下4つの対処法を試してみてください。

  • 辞めたいと思う理由を整理してみる
  • 一度休んで距離を置く
  • 周りの人に相談する
  • 転職を検討する

それぞれ解説していきます。

辞めたいと思う理由を整理してみる

鉄道会社を辞めたいと感じた時の対処法の一つ目は「辞めたいと思う理由を整理してみる」ことです。

今何を不満に感じているのか、なぜストレスが溜まっているのか、一度じっくり考え、書き出してみましょう。

上司のちょっとした発言に腹が立った

たまたま理不尽な客の対応に当たりイライラした」など、

短期的な理由であれば、もう少し続けてみてもいいかもしれません。

一方で、仕事内容への不満やそもそも企業の雰囲気が合わないなど、ずっと悩まされるであろう理由の場合は、退職を検討すべきです。

一度冷静に整理することで見えることもあります。

一度休んで距離を置く

鉄道会社を辞めたいと感じた時の対処法の二つ目は「一度休んで距離を置く」ことです。

日々仕事に追われていると、趣味や好きなことを楽しむ時間が取れずにいるかもしれません。

一度休んで仕事と距離を置き、自分の時間をつくることで、ストレスが発散できたり、リフレッシュできたりする可能性もあります

仕事に適度なストレスはつきものですから、休みを取って上手く付き合っていくことも大切です。

周りの人に相談する

鉄道会社を辞めたいと感じた時の対処法の三つ目は「周りの人に相談する」ことです。

家族や友人、職場の人でも良いので、身近な信頼できる人に現在の悩みを相談してみてください。

自分一人で考えていると、偏った考えになってしまい、ふさぎこんでしまうこともあるでしょう。

誰かに話してみるだけで気が楽になることもあるでしょうし、有益なアドバイスがもらえる場合もあります。

現代ではキャリアコーチングという、キャリアについてアドバイスしてもらえるサービスも登場しています

周囲に相談できる人がいない場合は、こうしたサービスもうまく活用してみましょう。

▶︎ポジウィルキャリアに無料相談してみる

転職を検討する

鉄道会社を辞めたいと感じた時の対処法の四つ目は「転職を検討する」ことです。

すぐに転職をしなくても、求人を眺めてみたり、転職エージェントに相談してみたりすることは有効でしょう。

これまでの職務経験がどう活かせるのか、現状の給与や休日などの条件が見合っているかなどを客観的に考えられるためです。

世の中にはたくさんの仕事があり、多くの文化を持つ企業が存在しています。

現状より自分に合う環境があるならば、転職を考えるというのも一つの道です。

転職サイトや転職エージェントは無料で利用できますし、利用したからと言って必ずしも転職しなければならないということでもありません

辞めたいと感じたら、まずはサイトを見てみてはいかがでしょうか。

転職エージェントこの2つに登録しておこう!

・DODA
地方求人も多く、地域に関係なく求人をリサーチできる。年代に関わらず求人が豊富

▶︎DODAに無料登録して相談してみる

・リクルートエージェント
求人数が業界トップ。担当者の対応が丁寧かつスピード感のあるエージェント

▶︎リクルートエージェントで求人をチェックしてみる

鉄道会社を辞めたいなら|おすすめの転職先をご紹介

鉄道会社を辞めたいなら|おすすめの転職先をご紹介

鉄道会社を辞めるとなると、転職先を探すことになりますが、

「これまでの経験を活かしたい」

「全く別の仕事がしてみたい」

など人によって希望は様々でしょう。

各パターン別におすすめの転職先を紹介していくので、チェックしてみてください。

別の鉄道会社に転職する

まずは、別の鉄道会社に転職するというパターンを見ていきます。

「仕事にやりがいを感じている」「これまでの経験を無駄にせずキャリアアップをしたい」という場合は、別の鉄道会社に転職するのがおすすめです。

現在の鉄道会社での経験を活かしたうえで、即戦力として新たな環境で働けるチャンスがあります。

現状より好条件が望めたり、良いポジションで働けたりする場合もあるでしょう。

職務経験を活かせる職種へ転職する

続いて、現在の鉄道会社での職務経験を活かせる職種へ転職するというパターンです。

例えば、旅行会社や鉄道関連の製品を作るメーカーなどが挙げられます。

これまでの経験を新たな形で活かせて、やりがいを感じながら働ける可能性があります。

現在の仕事にやりがいを感じない、キャリアアップが望めないと感じているといった人におすすめの転職先と言えるでしょう。

現状の仕事内容がどのように転職先の仕事に活きるか話せるようになっておくと、選考でも有利になりますよ。

別業種・職種へ転職する

最後に、全くの別業種・職種へ転職するというパターンも考えられます。

第二新卒の方や20代の方であれば、未経験でも歓迎している企業は多くあり、新しい業界に飛び込むチャンスがあるでしょう。

現状の仕事にやりがいを感じられない方やミスマッチを大きく感じている方は、全く別の業種・職種に挑戦するというのも手です。

しかし、現状より給与等の条件が下がってしまう可能性があること、30代以降だと求人の数にも限りがあることには注意しましょう

鉄道会社を辞めたい人におすすめの転職サービス

鉄道会社を辞めたい人におすすめの転職サービス

ここからは、鉄道会社を辞めたい人に向けて、おすすめの転職サービスを紹介していきます。

無料で利用できるものも多くありますので、気になったものに気軽に登録してみてください。

  • リクルートエージェント|転職エージェント
  • doda|転職エージェント
  • ポジウィル|キャリアコーチング
  • VIEW|適職診断アプリ
  • ニコイチ|退職代行

それぞれ見ていきましょう。

リクルートエージェント|転職エージェント

リクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェントです。

特に非公開求人の豊富さが魅力で、全30万件以上の求人のうち、非公開求人数は約28万件にものぼります。

非公開求人は、「一般に公開すると人気で応募が殺到する」「企業の戦略に直結する」などの理由から、一部のエージェントにのみ公開している求人情報のことです。

好条件の求人が多いのが特徴で、希望に合うものを見つけやすいでしょう。

さらに、リクルートエージェントでは実績豊富なキャリアアドバイザーが1on1であなたの転職活動をサポートしてくれます

求人紹介や選考対策など全面的に支援してくれるため、現職で忙しい方や転職が初めての方にもおすすめです。

▶︎リクルートエージェントで求人をチェックしてみる

doda|転職エージェント

dodaはリクルートエージェントに次いで求人数が豊富なサービスです。

転職サイトとエージェント、ハイブリッド型のサービスなので、自分で検索して求人を探すこともできますし、エージェントにサポートしてもらうこともできます

自分に合うやり方で転職活動を進められるのがメリットです。

求人は20代・若手層向けのものが多く、未経験歓迎の求人も多く扱っているため、キャリアチェンジを考えている方にも向いています。

また、キャリアタイプ診断や自己PR診断などの豊富なコンテンツを利用できるのも嬉しいポイントです。

まだ転職すると決めていなくても、まずは情報収集をしてみるのも良いでしょう。

▶︎DODAに無料登録して相談してみる

ポジウィル|キャリアコーチング

ポジウィルキャリアは、理想の未来や目標から逆算してキャリア戦略を描くキャリアコーチングサービスです。

キャリアトレーナーにアドバイスをもらいながら、自己分析や軸の整理をしたうえで、目標設定を行っていきます。

転職エージェントとの違いは、転職を前提とせず、目標に適したキャリア戦略の構築を手伝ってくれる点です。

加えて、キャリアトレーナーの質も高いと評判で、利用者の満足度も高くなっています。

辞めたいと考える中で、「やりたいことがない」「将来がイメージできず不安」といった悩みを抱えている方におすすめのサービスです。

初回のキャリア相談は無料ですので、気になる方は申し込んでみましょう。

▶︎ポジウィルキャリアに無料相談してみる

VIEW|適職診断アプリ

VIEWは質の高い適職診断を利用できる、転職アプリです。

20,000人以上のキャリアデータを元にして、AIがあなたの適職を診断してくれます。

診断は経歴や価値観などを指示に沿って入力するだけで、3分程度で簡単に済むので気軽に利用してください

あくまで診断ですが、登録内容を元に適したキャリアやポジションを提示してくれて、今後のキャリアを考えるヒントになるでしょう。

VIEWはセミナーやスカウトサービスも利用できるうえ、全てアプリで完結するのが便利です。

今の仕事に疑問を感じている方は、ぜひVIEWの適職診断を受けてみましょう。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

ニコイチ|退職代行

最後に、退職代行サービスであるニコイチをご紹介します。

退職を検討していても、なかなか上司に言い出しにくかったり、職場の状況的に辞めづらかったりという悩みを抱える人は少なくありません

そんな人におすすめなのが退職代行サービスで、退職の申し出やその後のやりとり、手続き等を代行してくれます。

ニコイチは退職成功率100%を達成しており、業界でもトップの実績を誇るサービスです。

退職代行すべて込みのパック料金で、追加料金も発生しないため、安心して利用できます。

日本全国どこでも対応でき、最短10分で職場に退職電話が可能なので、即退職したいという要望にも答えてくれるでしょう。

▶︎退職代行サービス「退職代行ニコイチ」に無料相談してみる

転職エージェントを利用する流れ

転職エージェントを利用する流れ

転職エージェントは、専任のキャリアアドバイザーが担当としてついてくれて、内定までサポートしてくれるサービスです。

希望に合わせて求人を紹介してくれたり、選考対策を行ってくれたり、充実したサポートが無料で受けられ、転職するなら外せないものでしょう。

そんな転職エージェントを利用する流れは、以下のようになります

  1. 転職エージェントに無料登録する
  2. 担当者との初回面談を行い求人を紹介してもらう
  3. 希望に合う企業が見つかったら書類を作成し応募
  4. 複数回面接を行う
  5. 内定

上記のような流れで転職活動を進めていきます。

登録は基本情報を指示に沿って入力するだけで簡単に済むので安心してください

初回面談の前には、これまでのキャリアを棚卸しし、希望条件を整理しておくとスムーズです。

希望すれば、職務経歴書の添削や面接練習も行ってくれるので、苦手意識がある方はぜひ活用しましょう。

転職エージェントこの2つに登録しておこう!

・DODA
地方求人も多く、地域に関係なく求人をリサーチできる。年代に関わらず求人が豊富

▶︎DODAに無料登録して相談してみる

・リクルートエージェント
求人数が業界トップ。担当者の対応が丁寧かつスピード感のあるエージェント

▶︎リクルートエージェントで求人をチェックしてみる

転職成功のポイント

転職成功のポイント

鉄道会社を辞めたいと思ったら、まずは本当に辞めるべきかじっくり検討することが重要です。

その中で、今後のキャリアを考え転職の道を選ぶ人もいるでしょう。

勇気を出して転職をしたのに、上手くいかなかったとならないよう、転職成功のポイントを5つ紹介していきます

  • 在職中に転職活動を進める
  • 転職理由を整理しておく
  • これまでのキャリアの棚卸しをする
  • 転職エージェントを活用してサポートしてもらう
  • 複数の転職サービスを併用する

順に見ていきましょう。

在職中に転職活動を進める

転職成功のポイントの一つ目は「在職中に転職活動を進める」ことです。

仕事でストレスが溜まっている、疲れているといった状態だと、勢いで辞めてしまいたいと思うかもしれません。

しかし、次を決めずに退職すると、収入がない期間ができて余裕がなくなったり、無職の期間があることで評価が下がってしまったりする可能性があります。

そのため、できれば仕事を続けながら転職活動を進めるのが良いでしょう。

まずは、求人サイトで求人を見てみることから始めるのもおすすめです。

転職理由を整理しておく

転職成功のポイントの二つ目は「転職理由を整理しておく」ことです。

なぜ今の仕事を辞めたいのか、なぜ転職したいのかを書き出してみましょう。

企業の面接で、転職理由を聞かれることがありますが、条件への不満など、ネガティブな理由にしてしまうのはおすすめしません。

「キャリアアップを目指している」「経験を活かしたい」など、前向きな理由にした方が評価される傾向にあります。

退職理由を整理し、どう伝えるべきか考えておきましょう。

これまでのキャリアの棚卸しをする

転職成功のポイントの三つ目は「これまでのキャリアの棚卸しをする」ことです。

転職活動において、これまでのキャリアを転職先でどう活かすか、どのように入社後活躍できるかを考えることは非常に重要と言えます。

今まで経験したことや関わった仕事を思い出してみましょう。

その中で得た成長や学びを話せるようにしておくと、選考でも役立ちますし、今後どのような仕事であれば活躍できるか考えるヒントになります。

転職エージェントを活用してサポートしてもらう

転職成功のポイントの四つ目は「転職エージェントを活用してサポートしてもらう」ことです。

転職する際、自分自身でサイトから求人に応募することもできますが、膨大な求人の中から希望に合うものを探すのは手間がかかります。

特に、仕事を続けながらだと、なかなか時間が取れないという人もいるでしょう。

転職エージェントを利用すると、アドバイザーが希望に合わせて求人を紹介してくれるうえ、内定まで手厚くサポートしてくれます。

スケジュール管理や選考対策もアドバイスしてくれるので、転職が初めての方も安心です。

複数の転職サービスを併用する

転職成功のポイントの五つ目は「複数の転職サービスを併用する」ことです。

転職サービスは、各社強みや持っている求人が異なります。

複数のサービスを併用することで、より多くの選択肢から探せるようになりますし、比較しながら利用できるのでおすすめです。

転職サイトやエージェントは無料で利用できるので、気になったものにいくつか登録してみましょう。

使いながら、自分に合ったサービスに厳選していくのが賢い使い方です。

転職エージェントこの2つに登録しておこう!

・DODA
地方求人も多く、地域に関係なく求人をリサーチできる。年代に関わらず求人が豊富

▶︎DODAに無料登録して相談してみる

・リクルートエージェント
求人数が業界トップ。担当者の対応が丁寧かつスピード感のあるエージェント

▶︎リクルートエージェントで求人をチェックしてみる

まとめ

今回は、鉄道会社を辞めたいと考えている方向けに、主な理由や対処法、おすすめの転職先などについて解説しました。

辞めたいと思った際、勢いで辞めてしまうことはおすすめできません。

まずは冷静に現在の悩みを整理してみて、今後のキャリアを考えてみましょう。

その上で転職を決意した場合には、転職サービスを上手く活用しながら転職活動をすると良いでしょう。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました