JR四国を辞めたい|みんなの退職理由と解決策

JR四国を辞めたい JR

「JR四国を辞めたい・・・」

「転職したいけど、どうしたらいい?」

このようにお悩みではないでしょうか。

今回の記事では、JR四国を辞めたいとお考えの方に向け、具体的な対策をご紹介します。

実際の口コミをリサーチした結果なども解説しますので、仕事にお悩みの方はぜひ参考にしてください。

JR四国を辞めたい時の対策とは?

JR四国を辞めたい時の対策とは?

現在、JR四国を辞めたいとお考えの方は、なんらかの対策を行わなければ悩みを解決することはできません。

まずは、以下のような対策を行ってみてはいかがでしょうか。

ゆっくりと休む

仕事を辞めたいと悩んでしまうほどに疲れているのであれば、まずはゆっくりと休むことが大切です。

最近、お仕事ばかりが続いていないでしょうか。

  • 毎日残業が続き、帰ってくるのはいつも夜遅く
  • 土日も出勤しなければならず、精神的に落ち着ける瞬間がない
  • 休むことができず、ストレスを溜め込んでいる

もし、このような状態であれば、すぐさま休息を取りましょう。

心身ともに疲れていると、冷静な判断を行うことができません。

転職するにしても、

「もうどこでも良いから転職したい・・・」

という気持ちで妥協して企業を選んでしまいます。

このような気持ちで転職しても、高確率でうまくいかないでしょう。

そのため、まずはゆっくりと休み、心と体を回復させてください。

趣味に没頭してみる

「仕事を休んだとしても、休日も仕事のことばかり考えてしまう・・・」

という方も多いのではないでしょうか。

もし、休日も仕事のことばかり考えてしまうようであれば、自分がやりたいと思えるような趣味に没頭してみるのも選択肢の一つです。

  • スポーツをして汗を流す
  • ゲームに没頭してみる
  • 旅行や買い物に出かけてみる

など、どのようなことでも良いので趣味に打ち込んでみましょう。

好きなことに打ち込めれば、仕事のことも忘れて気持ちも整理することができます。

もし、こうした趣味がまだないのであれば、まずは趣味を探すことから初めてみるのも良いでしょう。

辞めたい理由を書き出してみる

あなたが辞めたい理由はどのようなことでしょうか。

状況によって異なるものの、仕事を辞めたいと思うからには何かしらの理由があるはずです。

より具体的な理由を書き出してみることで、今の状況を整理することができ、精神的にも落ち着きます。

  • 職場内での人間関係が合わない
  • 業務内容を覚えることができない
  • 日々の業務が忙しすぎて、休めない
  • 給料が安すぎる

など、悩んでいることについてまずは書き出してみてはいかがでしょうか。

悩み事を明確にできれば、気持ちも不思議と落ち着きます。

適職診断してみる

今現在、お仕事について悩んでいる方であれば、

「もしかして、今の仕事は自分に向いてないかも・・・?」

と、思われる方もいらっしゃるでしょう。

向いてないかもしれないと思うのであれば、まずは適職診断を行ってみるのがおすすめです。

現代ではVIEWなどの診断アプリも充実しており、利用することであなたの適職が3分程度で分かります。

利用も完全無料となっているので、まずは気軽に自己分析を行ってみると良いでしょう。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

信頼できる人に相談する

悩みを一人で抱え込んでいないでしょうか。

一人きりで悩み続けていると、とにかくストレスを溜め込んでしまいます。

一人で悩んでいても、問題は解決しません。

時には周囲の人の力を借りることも必要です。

  • 友人に相談してみる
  • 職場の上司に相談してみる
  • 同僚と飲みにいく
  • 家族からアドバイスをもらう

など、信頼できる人に相談してみましょう。

ただし、その際に注意しなくてはならないのが、「転職について理解のある人」に相談することです。

世間には”転職=いけないこと”というように、固定概念が強い人もおり、そうした人に相談しても、

「辞めるなんて、もったいない」

「もう少しだけ続けてみれば?」

というふうに、ひたすら反対されることになるでしょう。

転職についてもしっかりと理解のある人に相談するのがおすすめです。

キャリアコーチング受けてみる

もし、転職について理解のある人が周囲にいないのであれば、キャリアコーチングを受けてみるのもおすすめです。

キャリアコーチングなら、

  • そもそも、転職すべきかどうか分からない
  • 自分自身の適職が分からない
  • コーチングのプロにアドバイスをもらいたい

という悩みを全て解決することができます。

転職すべきかどうか分からない方や、適職についてお悩みの方は相談してみるのが良いでしょう。

初回カウンセリングは無料で行われているため、気軽に相談することができます。

▶︎ポジウィルキャリアに無料相談してみる

JR四国を辞めたい理由とは?

JR四国を辞めたい理由とは?

そもそも、JR四国を辞めたい理由にはどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは、具体的な理由について解説します。

実際の口コミをリサーチしたので、ぜひ参考にして下さい。

仕事量の割に給与額が見合っていない。昼に出勤し、夜まで仕事、四時間寝て翌日朝5時に起き、昼前に帰宅して三時間ほど仮眠してからまた出勤・・・。一人暮らしの人だと家事すらままならないくらいに疲労が溜まってしまう。

openworkより

身体はしんどいのに、とにかくお給料が少ないと思います。乗務員は2泊3日の泊まりがあります。体が元気だったら体力に自信のある方は良いかもしれませんが、女性は身体の負担が大きいと思います。

openworkより

列車の揺れにより、腰痛がひどい。

openworkより

組織内の風土は、国鉄時代とあまり変わりないといえ、新しい組織の形態も未だに掴めずにいる。企業全体の成長性があまり感じられないほか、経営計画にしても国に頼り切っているところが大きいので将来性が感じられない。

openworkより

仕事内容がしんどくなってきた。夜勤や呼び出しなどがこの先も続くと思うと辛い。一人一人の負担が増えてきつい。

openworkより

上記のような口コミが見られました。

これらをまとめると、

JR四国を辞めたい理由
  • 仕事量に対する給与に対して不満を感じている
  • 身体的な負担が重く、退職を検討している
  • 仕事内容がきつく、夜勤などを辛いと感じている

などが主な退職理由として考えられそうです。

JR四国を辞めたい!退職すべきかどうかの基準とは?

JR四国を辞めたい!退職すべきかどうかの基準とは?

「そもそも、退職すべきかどうか分からない」

「退職した方が良い基準ってあるの?」

このようにお悩みの方も多いのではないでしょうか。

ここでは、退職すべきかどうかの判断基準について解説します。

あと10年以上今の仕事を続けられるか

まず、今の仕事をあと10年以上続けられるかどうかについて考えてみましょう。

働いている時間は、一生のうちのほとんどを占めます。

毎日の仕事が苦痛であるにもかかわらず、残り数十年もの間継続して働き続けるのは難しいでしょう。

「あと数十年なんて、絶対にむり!」

「あと数年程度も、続けられるか怪しい・・・」

と、現在すでに感じているなら、早めに退職を検討した方が良いでしょう。

仕事は今の仕事だけではなく、無数にあります。

日々働いていて辛いのであれば、今の仕事に向いていない可能性もあるでしょう。

適職診断などもうまく活用し、他の職種についても視野を広げてみてはいかがでしょうか。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

精神的に病んでいないか

中には、精神的に病んでいるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

あなたは、次のような症状が出ていませんか。

  • 理由もないのに涙が出てくる
  • 出勤前に吐き気がする
  • 仕事のことを考えるだけで、常に憂鬱な気分になる
  • 死にたいと感じることがある

もし、こうした症状が出ているのであれば、適応障害やうつ病を発症している可能性があります。

鬱症状があまりにも深刻なのであれば、場合によっては休職も検討しましょう。

また、どうしても辛いなら退職代行も選択肢です。

死にたいほど悩んでいるなら、代行サービスも活用して退職するようにしましょう。

▶︎弁護士法人みやびの退職代行サービス

仕事にやりがいを感じているか

あなたは、今の仕事にやりがいを感じているでしょうか。

JR四国に入社した時は、

「お客様の笑顔のために頑張りたい」

「出世したい」

「社会のために役立ちたい」

と誰もが思っているものです。

しかし、実際に働き始めると現実は甘くなく、ただ耐えるだけのルーティンワークになってしまう人がほとんどでしょう。

もし、やりがいも感じられなくなっているのであれば、あなたにとって輝ける職種に身を移すことも検討しましょう。

一度きりの人生ですから、どうせなら毎日やりがいのある職場で働きたいですよね。

キャリアコーチングなども活用し、自分自身が活躍できる仕事を見つけてみてはいかがでしょうか。

▶︎ポジウィルキャリアに無料相談してみる

まとめ

今回の記事では、JR四国を辞めたいとお考えの方に向け、具体的な対策をご紹介しました。

まずはゆっくりと休み、心身ともに回復させましょう。

その上で、辞めたい理由を書き出してみたり、適職診断を行い、今後の方針について考えることが大切です。

上記で記載したことを参考にして、今後の方針を定めるようにしてください。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました