教員の退職は後悔する?実際に辞めた僕が具体的に解説します!

教員を退職したら後悔する? 教師

教員を退職したいけど、後悔しないだろうか?

せっかく教員採用試験に合格したのに、辞めるのはもったいない・・・

そのようなことをお考えではないでしょうか。

実際、僕自身も教員として3年間現場で働き、その後退職しました。

今回の記事では、「教員から退職すると後悔するのか?」ということについて解説します。

この記事を読むと分かること
  • 教員を退職すると後悔すると思う理由
  • 教員を退職して後悔する人の特徴
  • 教員を退職して後悔しない人の特徴
  • 教員を退職して後悔しないための方法は?

教員の退職は後悔する?そう思いがちな理由とは?

おそらく、この記事を読まれている方は「教員を退職したら後悔するのではないか?」と不安になっているはず。

自分も教員を退職する時は同じ気持ちだったのでよくわかります。

ただ、そもそもどうしてそのように考えてしまうのでしょうか。

その理由は以下のことが挙げられるでしょう。

教員を退職したら後悔するのではないかと不安になる理由
  • 収入が不安定になるから
  • 周囲の評価を落とすことになるから
  • 教員以外の仕事をしたことがないから
  • 教員採用試験に通ったのに、今の身分を捨てるのは勿体ないから

一つずつ、解説します。

収入が不安定になるから

まず、やはり教員を辞めることによって収入が不安定になってしまうことが挙げられるでしょう。

教員は身分が安定しているのが魅力ですし、退職してしまって収入が不安定になることが怖いという方も多いです。

個人的には、僕は収入のことを気にするほど精神的に余裕がなく、自分が退職する際は一切の不安がありませんでした。

しかし、全ての方がそうした状況にあるわけではないでしょう。

家族のこともあり、収入的に不安になることはどうしてもやむを得ないと言えます。

収入面で不安定になってしまうということが怖いという人も多いです

周囲の評価を落とすことになるから

次に、教員の方で多いのは周囲の評価を落とすことが不安という人です。

僕自身、退職する際に一番怖かったのはこれですね。

いわゆる、「世間体」を気にして辞められないということです。

教員になる人というのは、これまで何事も諦めず、最後まで辞めないことが美しいという価値観のもと育ってきた人が多いでしょう。

実際、僕自身もそう考えていました。

だから転職や退職するなんてあり得ないことだったし、辞めること自体「悪である」と思っていたのです。

部活動を見ている先生であれば、そうして生徒にも教えているのではないでしょうか。

その自分が仕事を辞めるなんて、世間体が気になって仕方がないですよね。

でも、正直なところ、そのような世間体は本当に気にしない方が良いです。

気にしない方が良いと言われてすぐできるものではないと思いますが、他人の評価を気にしていたら自分を殺すことになります。

そうやって辞められず、自分を追い込んで自殺する人がたくさんいるんです。

僕もその一歩手前まで行きました。

死ぬほど追い詰められているなら、自分の命を優先して退職してください。

教員は真面目な人が多く、世間体を気にして辞められない人も多いです

教員以外の仕事をしたことがないから

また、教員以外の仕事をしたことがなくて不安という人も多いはず。

実際のところ、僕も大学を卒業してそのまま教師になりました。

就職活動なんてしたことがなくて、教師以外の職業がどんなものなのか全く分からない状態で退職したのです。

なので、辞めたらどうなるのかよく分からないという不安が、退職できない要因になっている人も少なくないでしょう。

大学を卒業してそのまま教師になった人は不安に感じる人も多いです

教員採用試験を通ったのに、今の身分を捨てるのは勿体ないから

最後に、教員採用試験を突破したのに、辞めるのが勿体ないと感じる人も多いでしょう。

僕も、当時は倍率8倍ほどの試験をどうにか合格して教員となりました。

しかも、2回も落ちていて3回目の合格だったので、大学の頃から通算すると4〜5年くらい勉強を続けていた状況だったのです。

これほど苦しい思いをしたのに教員を辞めるのは、本当に辛いことですよね。

きっと、この記事を読まれているあなたも、同じ思いをしているのではないでしょうか。

しかし、これだけはハッキリと言えるのですが、教員を退職してもこれまでの努力が無駄になるわけではありません。

合格するまで努力を継続したということは、これから人生を歩む上で非常に役立ちます。

勿体ないと言うのであれば、合わない仕事だと分かっているのにその身分だけに必死にしがみついて我慢を続けるだけの時間を過ごす方が確実に勿体ないです。

一見すると辛い選択のように思えるかもしれませんが、何が自分のとって最善なのかはよく考えることが必要になります。

採用試験に受かったのに、勿体ないと感じる気持ちは分かります。

ただ、その経験は転職してからも必ず生かすことができるのです。

教員を退職して後悔する人の特徴は?

では、教員を退職して後悔する人とはどのような人なのでしょうか。

主に、以下のような人は、退職してから後悔するかもしれません。

教員を退職して後悔する人の特徴
  • 授業をすることや子供が大好きな人
  • すぐさま年収アップしたいと考えている人
  • 計画性もなく退職してしまう人

授業をすることや子供が大好きな人

まず、授業をすることや子供に関わって仕事をすることが大好きな人は教員を退職すると後悔するかもしれません。

このような特徴を持っている人は教員の過酷な労働環境が嫌なだけであり、仕事は嫌いではないという方が多いからです。

そのため、できるだけ現状の仕事を効率化したり、負担の少ない校務分掌へ移動してもらえないか掛け合ってみる方が良いというケースもあります。(ただ、実際にはかなり難しいと思いますが)

こうした方がどうしても環境を変えたい場合、同業種のお仕事に転職するのが良いでしょう。

塾講師などであれば、授業などを継続して行えるので検討してみることをお勧めします。

教師としての仕事そのものが好きな人は、辞めてから後悔するかもしれません

すぐさま年収アップしたいと考えている人

次に、教員から転職してすぐさま年収を上げたいと考えている人も要注意。

なぜなら、多くの場合では転職してしばらくは収入が下がってしまう可能性が高いからです。

教員としての給料は比較的高めに設定されていることもあり、転職してからしばらくは年収が下がってしまうのは覚悟しておく必要があります。

こうした金銭的なデメリットを踏まえた上で、転職に踏み切るかどうかを検討することが大切です。

転職しても、しばらくの間は収入が下がる可能性が高いです

計画性もなく退職してしまう人

退職した後、具体的にどうするかの計画を全く立てない人は後から後悔する可能性が高いです。

あまりに仕事が辛いと、一刻も早く教員を辞めたいと考えてしまいます。

僕もそうした状況だったので気持ちはよく分かりますが、感情の赴くままに行動してしまうのは危険です。

退職するにしても、今後どうするのかというキャリアプランの設定や、自分がやりたいことについて明確にしておくようにしましょう。

無計画に退職してしまうと、後悔してしまうことも!

教員を退職しても後悔しない人の特徴は?

では、反対に教員を退職しても後悔しない人はどのような特徴を持っているのでしょうか。

以下のような人は、おそらく退職しても後悔することがないはずです。

教員を退職して後悔しない人の特徴
  • ライフワークバランスを重視したいと考えている人
  • 授業や子供にそこまで思い入れがない人
  • 市場価値の高いスキルを身につけたい人

ライフワークバランスを重視したいと考えている人

まず初めに、ライフワークバランスを重視したいと考えている人は、教師を辞めても後悔しない可能性が高いです。

僕自身もそうでしたが、教師はとにかく自分の時間がありません。

自分は土日しっかりと休みたいと考えるタイプで、平日もできれば早く家に帰りたいと考えていました。

ですが、現在教員の方はお分かりのように、土日出勤も普通にありますし、平日も先輩教諭が帰るまでは退勤できない空気があります。

そんな雰囲気が嫌だったので、僕は教員を退職しました。

今では自分の時間をしっかり持てていますし、アニメをみたりお出かけしたり、趣味の時間を作れるようになったのです。

このように、仕事が忙しすぎて自分の時間が持てないことに不満がある場合、教員を辞めても後悔しない可能性が高いでしょう。

仕事終わりや休日の休みを充実させたいと考えている人は、教員を辞めても後悔する可能性が低いです

授業や子供にそこまで思い入れがない人

次に、授業をすることや子供に対してそこまで思い入れがない人も、後悔しない可能性が高いです。

授業が命というふうに考えている人は教員以外の仕事に就職すると物足りなさを感じます。

そういう人は、他の仕事に転職しない方が良いでしょう。

また、これは冷たく聞こえるかもしれませんが、子供に対してそんなに思い入れがない人も、教員を辞めても後悔しません。

正直言います。僕は教員として働き、子供が好きじゃないことに気がつきました。

でも、世間的にはそんなことを言える雰囲気じゃないですよね。

子供のために

教育業界はそんな言葉でやりがい搾取を行い、平気で労働を強いています。

そもそも、子供が相当好きじゃないと、やっていけない職種だと思うんです。

そして、自分はそこまで子供のためにはできない。他人の子供よりも、自分の人生を大切にしたい。

そう思っているあなたは、きっと先生を辞めても充実した人生を送れます。

正直、子供が好きじゃない人は教員を辞めた方が良いです

市場価値の高いスキルを身につけたい人

このほかにも、市場価値の高いスキルを身につけたい人も転職した方が良いです。

残念ですが、教師を続けていてもなんのスキルも身につきません。

職場内でうまくコミュニケーションを取ったり、授業などのスキルは上達しますが、あくまでも学校内だけで役立つものです。

そのため、ITや簿記など、収入アップのために有用なスキルを身につけることはできないでしょう。

もし、もっとキャリアアップしたいと考えているのであれば転職を検討するのが良いでしょう。

今よりもキャリアアップしたいとお考えの人は、退職しても後悔しません

教員の転職はポテパンキャンプがおすすめ

ポテパンキャンプ

もし、教員の方で転職をお考えであれば、転職特化方スクールであるポテパンキャンプがおすすめです。

教員の転職はスキルがないことがネックですが、ポテパンキャンプであれば未経験の方でもスキルを身につけて転職を実現できます。

転職支援も手厚く、安心して転職を成功させられるでしょう。

まずは無料説明会に参加してみてはいかがでしょうか。

転職に強い!ポテパンキャンプ無料説明会はこちら

最後に:僕は教員を退職しても後悔しなかった

今回の記事では、「教員を退職したら後悔するのか」について解説しました。

正直、後悔しそうだと考えている間は辞めない方が良いかもしれません。

僕は、教員を辞めると決めた時から今まで、「1ミリ」も迷いがありませんでした。

正直、現場の空気感も大嫌いだったし、労働環境が意味わからないくらいブラックなのも憎んでいました。

なので、辞めて最高の人生になったと感じています。

そういう感じで、全く迷いがない状態で退職に踏み切るのがおすすめです。

もし、現状迷いがある場合は他の業界の情報を集めてはいかがでしょうか。

まずは転職エージェントなどに登録して、求人情報を集めるだけでも良いので、何かしらの行動を起こすことをおすすめします。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。noteも作成中で、お仕事コラムを書いているのでぜひ見ていただければ!https://note.com/kakeru5151
タイトルとURLをコピーしました