仕事辞めたい30代男性へ!苦しい時の具体的な解決策5選

仕事を辞めたい30代男 退職

仕事を辞めたい・・・

男で仕事を辞めたいなんて、ダメな奴なのだろうか・・・

このようにお悩みではありませんか。

30代は何かと悩みが多く、仕事を辞めたいと感じる男性もかなりいらっしゃいます。

今回の記事では、仕事を辞めたいとお悩みの男性に向け、具体的な解決策についてご紹介していきます。

この記事を書いた人
カケル
カケル

元高校教師。職場の人間関係や仕事の忙しさによって体調を崩し、退職。


現在は転職し、WEBライターとしてお仕事のお悩みを解決する記事を発信中。

仕事を辞めたい30代男性の解決策5選

仕事を辞めたい30代男性の解決策5選

現在、仕事を辞めたいとお悩みの30代男性の方は、以下の対策を行なってみてください。

  • 辞めたい理由を紙に書き出す
  • 自分の適性について考えてみる
  • アプリでキャリア診断してみる
  • 信頼できる人に相談する
  • 転職のアドバイザーに相談する

辞めたい理由を紙に書き出す

まず、なぜ辞めたいと考えているのか、その理由を紙に書き出してみましょう。

そもそも、どうして辞めたいと思うのかについて自分の気持ちを整理することが大切です。

  • 会社の上司と合わない
  • 仕事内容に面白みがない
  • 労働時間が長すぎる
  • やりがいを感じない

など、人によって辞めたいと感じる理由はそれぞれだと思います。

しかし、こうした原因について分析することは非常に大切です。

なぜなら、辞めたい理由によって転職する会社をどこにすべきか変わってくるからです。

そのため、まずはこうした理由についてしっかりと整理した上で、今後どうするのか決めるようにしましょう。

自分の適性について考えてみる

仕事を辞めたいと考えている場合、今現在の仕事が自分に向いていない可能性があります。

例えば、

  • 対人関係が苦手なのに営業やコミュニケーションを求められる
  • 専門的な技術を持っていないのに、負担の重い仕事を任される
  • プライベートも充実させたいのに、休日も関係ない仕事である

など、自分の適性とは異なる業務や職種に就いているケースもあるでしょう。

もし、このような場合であれば、まずは自分の適性を分析してみることをおすすめします。

そもそも、適性のない仕事に就職していると、人は強いストレスを感じます

同じような業務でも、生き生きと働く人とそうではない人がいるのです。

もし、周囲と比べて自分だけなんとなく雰囲気が違っていると感じるのであれば、適性について考えてみることも必要かもしれません。

アプリでキャリア診断してみる

上記では自分の適性について知ることの重要性を解説しました。

しかし、自分だけでこうした適性を分析するのはかなり難しいです。

そのような方は、アプリで自己分析してみるのも良いでしょう。

今ではVIEWなどの無料キャリア診断アプリも登場しています。

診断は3分ほどで完了し、今から受けられる企業が一目で分かるのです。

まずは気軽にこうしたツールを利用して、自分の適性を分析してみるのがおすすめと言えます。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

信頼できる人に相談する

もし、今現在仕事でお悩みであれば、信頼できる人に相談することも大切です。

おそらく、普段の仕事や業務でかなりストレスを抱えているのではないでしょうか。

中には、

  • 今すぐに仕事を辞めてしまいたい
  • 明日会社に行くのも辛い
  • 退職届を叩きつけたい

など、冷静さを失っている方もいらっしゃるかもしれません

このような状態だと、どうしても冷静な判断を下すのは難しいです。

なるべく身近で信頼できる第三者に相談してみましょう

誰かに悩みを話すだけでも、自分の気持ちを冷静に保つことができます。

転職のアドバイザーに相談する

引用:リクルートエージェントホームページより

もし、近くに相談できるような人がいない場合には、転職エージェントなどのサービスを利用するのがおすすめです。

転職エージェントとは、転職したい人と企業を仲介するサービスのことを言います。

利用するメリットは多く、

  • 全て無料で利用できる
  • 専任のアドバイザーが相談に乗ってくれる
  • 転職に関するさまざまなサポートを行ってくれる

など、無料で様々なサービスが受けられます。

どうしても辛い方は、お気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

30代前半の男性が仕事を辞めたい時の注意点

30代前半の男性が仕事を辞めたい時の注意点

30代の男性と言っても、前半と後半の方で注意すべき点が異なります

まずは30代前半の男性が仕事を辞める際の注意点について解説していきましょう。

  • スケジュール管理を徹底する
  • 計画性を持って転職する
  • 未経験歓迎の仕事に要注意
  • 適性についてしっかり分析する

スケジュール管理を徹底する

退職を検討している場合、スケジュール管理を徹底しましょう。

具体的には、いつ頃に退職するかを決めておき、そこから逆算していつから転職活動を開始するべきか考えておくのがおすすめです。

特に、求人数が多くなるタイミングとしては2月や3月、9月頃が挙げられます。

こうした時期をあらかじめ把握しておき、その3ヶ月〜半年前くらいから転職の準備を進めておくのが望ましいです。

計画性を持って転職する

仕事を辞める時、一番やってはいけない行為が「感情に任せて辞める」ことです。

  • とりあえず辞表を提出する
  • 勢いに任せて辞めてしまう
  • やりたいことを洗い出さない
  • 適性を考えず転職する

など、とりあえず感情任せの行動は好ましくありません。

このように、無計画に仕事を辞めたとしても、結局は次の職場で失敗してしまう可能性が高いでしょう。

そうではなく、「転職先は具体的にどのような業種にするか」ということをしっかりと考えた上で行動することが大切です。

未経験歓迎の仕事に要注意

実際に求人を見てみると、“未経験大歓迎”と謳っている求人も多く見かけます。

ただし、キャリアアップを狙って転職する場合には、そうした甘い言葉には気をつけましょう。

未経験歓迎の仕事は営業など、歩合制になっていることも多いです。

そうした仕事に飛びついてしまうと、結局はきつい業務になるケースもしばしば。

転職情報はエージェントに相談しながら、丁寧に検討していくことが大切です。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

適性についてしっかり分析する

先ほども解説しましたが、自分の適性については徹底して分析しておくようにしましょう。

30代前半であれば、求人数も多くまだまだキャリアアップの可能性があります。

しかし、自分自身の適性にマッチしていない企業を選んでしまえば、どこに転職したとしても失敗してしまうことになるでしょう。

そのため、転職する前にまずは自分の適性を見極めることからスタートすることが大切。

上記でもご紹介したキャリア診断アプリなどを利用し、適性を見極めるようにしましょう。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

30代後半の男性が仕事を辞めたい時の注意点

30代後半の男性が仕事を辞めたい時の注意点

続いて、30代後半の男性が仕事を辞めたい時の注意点について解説していきます。

30代後半の方は、年齢的にも様々なことに注意する必要があります。

  • 働きながら転職活動する
  • 資格やスキルを習得する
  • お金の管理を徹底する
  • 年齢に関係なく豊富な求人がある転職サービスを利用する

働きながら転職活動する

もし、あなたが30代後半の男性である場合、転職先がなかなか見つからないというリスクについて備える必要があります。

もちろん、求人は多数存在していますが、中には条件があまりよくなかったり、30代前半の方を優先したりするものもあるでしょう。

  • 退職したものの、中々採用されない
  • 転職活動中に資金がなくなる
  • 無職期間が長引いてしまう

など、30代後半の転職は何かとリスクが付いてまわります。

そのため、退職してから転職活動を行うのではなく、現状の仕事と並行しながら進め、収入源を切らさないことがおすすめです。

なお、働きながら転職活動を行う場合には、転職エージェントを利用してサポートを受けながら進めるのが良いでしょう。

資格やスキルを習得する

30代後半の場合、すぐに転職先が見つからない可能性が高いです。

未経験の業種で、対抗馬として20代や30代前半などの若い世代がいた場合、ほぼ確実にそちらが採用されることになるでしょう。

そうしたことを踏まえた上で、転職活動をスタートさせる必要があります。

つまり、自分自身にも何か強みとなる資格やスキルを習得しておくのがおすすめです。

お金の管理を徹底する

ここまでで解説したように、30代後半からの転職は長期化したり、なかなかスムーズに転職先が見つからないことも予想されます。

そのため、最も気にする必要があるのはお金の面でしょう。

転職したいと思っていても、中々転職先が見つからないと経済面で不安が出てきます。

転職活動が長期化した場合、

  • もうどこでも良いから採用してほしい
  • 貯金もなくなってきたから早く就職したい
  • とにかく無職は嫌だ

など、精神的な不安に繋がってしまいます。

こうした状態だと、転職先も妥協して選んでしまいがち。

そうならないためにも、ある程度金銭的に余裕がある時に転職を計画するのがおすすめです。

年齢に関係なく豊富な求人がある転職サービスを利用する

30代後半で仕事を辞めたいと考えている方は、利用するサービスにも注意する必要があります。

というのも、求人数が少ない転職エージェントなどでは、中々応募企業が見つからない可能性があるからです。

そのため、利用する場合にはなるべく求人の数が多いサービスを利用しましょう。

おすすめは、リクルートエージェントです。

こちらの転職エージェントは業界でも最も求人数が多く、豊富な求人から転職先を検討することができます。

まずはお気軽にアカウント登録を行い、求人を探してみてはいかがでしょうか。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

仕事を辞めたい30代男性が辞めるかどうかの判断基準

仕事を辞めたい30代男性が辞めるかどうかの判断基準

では、仕事を辞めたいと感じている30代の男性が、仕事を辞めるべきかどうかの判断基準とはどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは、具体的な基準についてご紹介していきます。

  • 仕事にやりがいを感じるか
  • 辞めてからやりたいことがあるか
  • お金にどれくらい余力があるか

仕事にやりがいを感じるか

まず、最も大切なのは今の仕事に対して「やりがい」を感じるかどうかということでしょう。

あなたは、今の仕事に対して使命感や責任感、達成感などを感じているでしょうか。

もしかすると、

  • 毎日の仕事がルーティンワークで、ただ辛い
  • 朝起きてからずっと怠い感じがする
  • 日曜日の夜はかなり憂鬱になる

など、かなり低いモチベーションで仕事に向き合っているかもしれません。

このような状態で仕事を続けたとしても、あまり良い結果は期待できないでしょう。

早めに退職を検討した方が良いと言えます。

辞めてからやりたいことがあるか

先ほども解説した通り、無計画な転職や退職はおすすめできません。

退職後のイメージがついていないのに、とりあえず仕事を辞めてもうまくいくことはありえないでしょう。

もし、そうした状態であれば、まずは自分自身の適性を踏まえた上で、どのようなことがしたいのかについて真剣に考えてみてはいかがでしょうか。

本気でやりたいと思える業種や仕事がある場合、転職を検討してみても良いでしょう。

お金にどれくらい余力があるか

結局のところ、お金が最も大切であるのは言うまでもありません。

中々仕事が見つからなくとも、余裕のある貯金があれば焦らずに転職活動を進めることができます。

これから転職活動を進める場合、事前に貯金額がどれくらいあるのかチェックしておきましょう。

そして、最悪のケースを想定し、その預金で働かなくても済む期間はどれほどなのか、ある程度予想を立てておくのがおすすめです。

まとめ

今回の記事では、仕事を辞めたい30代の男性に向けて具体的な解決策をご紹介しました。

  • 自分の悩みを書き出してみる
  • 適性について考える
  • 転職の支援を行ってくれるサービスを利用してみる

など、様々な対策を行ってみることが大切です。

上記の内容を参考にして、今後どうするべきなのか考えてみると良いでしょう。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました