仕事辞めたいけど次がない時の対策8選とは?経験者が徹底解説!

退職

仕事を辞めたいけど、転職ってきつい?

仕事辞めたいけど、次がない・・・

などと、お考えではありませんか?

どのような年代であっても、転職は何かと不安が大きいかと思います。

そこで、今回の記事では、「仕事を辞めたいものの、次がない」とお考えの方に向けて、具体的な解決策についてご紹介していきます

  1. 仕事辞めたいけど次がないと悩む時はどうすべき?
    1. 次がないという思い込みを捨てる
    2. しっかり転職先をリサーチしてみよう
    3. アドバイザーに相談してみる
    4. 転職活動を開始する前にキャリア診断もおすすめ
    5. 副業してみる
    6. キャリアコーチングを受けてみる
    7. 嫌なことを紙に書き出してみる
    8. スキルアップしてみる
  2. 転職活動は仕事を辞めてから行うべき?
    1. 転職活動を退職してから行うメリットとは?
      1. スケジュール調整が行いやすい
      2. 企業対策をしっかりと行える
      3. 自分のやりたいことに向き合える
    2. 転職活動を働きながら行うメリットとは?
      1. 収入が安定している
      2. 職歴に空きができない
      3. 今の仕事と比べながら企業選定ができる
    3. それぞれのデメリットも理解しておこう
      1. 働きながら転職活動を行うデメリット
      2. 仕事を辞めてから転職活動を行うデメリット
  3. 仕事辞めたいけど次がないと思っても辞めるべき人とは?
    1. マルチタスクが苦手な人
    2. やりたいことがはっきりしている人
    3. 精神的に限界な人
  4. 仕事を継続した方が良い人とは?
    1. 転職すべきかまだ分かっていない人
    2. お金に余裕のない人
  5. 仕事辞めたいけど次がないと考える時の理由
    1. 自分に合う求人がないと思っている
    2. 年齢的にきついと思っている
    3. 他の職場では通用しないと思っている
  6. 仕事を辞めるべきかどうかの判断基準とは?
    1. やりがいを感じるか
    2. あと数十年続けられそうか
    3. 他にやりたいことはないか
  7. 今すぐ仕事を辞めた方が良い人とは?
    1. 人間関係が劣悪すぎる人
    2. 会社の将来に危険のある人
    3. ブラック企業で働いている人
  8. 転職の失敗例とは?
    1. 転職先が見つからない
    2. 転職できても前回と同じ理由で退職する
    3. 年収が下がる
    4. 役職を失う
    5. 家族の理解が得られない
  9. 仕事辞めたいけど次がないと考える時の注意点
    1. 感情的に退職しない
    2. 今後のキャリアについて考える
    3. 妥協しない
    4. なぜ辞めたいのかはっきりさせる
  10. 次が見つからない不安は転職先が決まれば楽になる
    1. 次がないと思うのは思い込み
    2. リサーチが足りていないケースが多い
    3. まずは転職先のリサーチから始めよう
  11. 仕事を辞めたいけど次がないと思う方におすすめのサービス
    1. キャリア診断アプリ「VIEW」
    2. 20代に特化した就活サイト就職Shop
    3. どの世代にもおすすめ!リクルートエージェント
  12. まとめ
      1. カケル
      2. 最新記事 by カケル (全て見る)

仕事辞めたいけど次がないと悩む時はどうすべき?

仕事辞めたいけど次がないと悩む時はどうすべき?

現在、仕事を辞めたいけど次がないとお考えの方は、以下のことを実践してみてはいかがでしょうか。

  • 次がないという思い込みを捨てる
  • しっかり転職先をリサーチしてみよう
  • 転職活動を開始する前にキャリア診断もおすすめ
  • キャリアコーチングを受けてみる
  • アドバイザーに相談してみる

次がないという思い込みを捨てる

そもそも、“次がない”というのは個人の思い込みであることが多いです。

あなたはなぜ、転職することができないと考えているのでしょうか。

  • 今から転職するのは厳しい
  • 今の職場以外に勤まるわけがない
  • なんのスキルも持ってないから、転職はできない

などと思っていませんか?

もしそうであれば、今すぐ求人情報などを見てみましょう。

案外、あなたが思っているよりも求人は多いです。

なんのリサーチもせずに、転職は不可能であると考えてしまうのは辞めましょう。

しっかり転職先をリサーチしてみよう

転職に関して不安を感じている方は、転職先についてしっかりとリサーチしておくことが大切です。

転職先を探す上で重要なポイントは2つあります。

  1. 自分自身の適性について深く知ること
  2. 転職市場についてしっかり分析すること

まず、自分自身の適性について深く知ることが大切です。

そもそも、適性のない仕事に就職してしまうと、転職したとしても同じように失敗を繰り返してしまいかねません。

自分の適性について見極めた上で、転職活動を進める必要があります。

また、転職市場についても分析した上で転職活動を始めましょう

具体的には、以下に記載するアプリやサービスを利用してみるのがおすすめです。

アドバイザーに相談してみる

転職市場について詳しく理解するためには、転職エージェントを利用してアドバイザーに相談する方法もあります。

転職エージェントとは、企業と転職希望者を結びつける仲介サービスです。

  • 専任のアドバイザーが丁寧にアドバイスをくれる
  • 面接日程の調整や履歴書の添削も行ってくれる
  • 他業種の情報についても教えてもらえる

など、さまざまなメリットがあります。

利用は完全無料となっており、アカウント登録しても必ず応募する必要はありません

まずはお気軽に利用してみてはいかがでしょうか。

▶︎20代に特化した転職エージェント【アーシャルデザイン】に無料登録してみる

転職活動を開始する前にキャリア診断もおすすめ

もし、これから転職活動を開始するのであれば、事前にキャリア診断を行ってみるのがおすすめです。

現在ではVIEWなどの無料診断アプリが登場しており、3分ほどでキャリア診断を行うことができます。

診断を行えばあなたの適性に基づいた上で、今から受けられる企業が一目で分かります。

診断しても応募する必要はないので、自己分析ツールとして活用してみてはいかがでしょうか。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

副業してみる

「給料に不満があるから仕事を辞めたい」

「やりがいを感じられる仕事をしたい」

そういった場合は、副業に挑戦してみるのも良いでしょう。

副業には様々な種類があります。

  • 空いた時間にできる仕事
  • 資格やスキルが必要な仕事
  • 趣味に関わる仕事
  • 株やFXなど投資関連

初期費用が安い副業は、続けられなくなった時のダメージが少ないのでおすすめです。

まずは自分が持っている資格やスキル、趣味などの知識を仕事として活かせないか考えてみましょう

活かせる知識がないという場合は、興味がある副業の勉強を始めるのも良いかもしれません。

なお、副業を開始するのであればWEBライターが最もおすすめです。

副業ライターの魅力については以下の記事でまとめているので、ぜひ参考にしてください。

カケルのWEBライター育成講座
副業WEBライター5つの魅力|WEBライターカケル|note
こんにちはカケルです。僕はライティングメンターとして1年と半年、駆け出しライターの方や案件が獲得できずにお悩みのライターの方に向け、サポートを行ってきました。 アドバイスした人数としては、現状60名ほどです。 僕自身も、元々は高校教師をしており、全くの未経験からWEBライターとして独立した経緯があります。 この記...

キャリアコーチングを受けてみる

  • 転職したいかどうか分からない
  • 今後のキャリアがイメージできない
  • 誰かと一緒に適職を考えてもらいたい

このような方におすすめなのがキャリアコーチングサービスです。

現代では、あなたと同じように進路に悩む方が増えています。

コーチングはそうした方に大人気のサービスであり、利用すれば独自のカリキュラムに沿って自己分析を進められたり、あなたにふさわしいキャリアを提案してもらえます

初回のカウンセリングは無料となっているため、まずはお気軽に申し込んでみてはいかがでしょうか。

▶︎40〜50代におすすめのキャリアコーチング【ライフシフトラボ】に無料相談してみる

▶︎20代〜30代におすすめ!ポジウィルキャリアに無料相談してみる

嫌なことを紙に書き出してみる

仕事を辞めたい時は、なぜ辞めたいと思っているのかを把握することが大切です。

  • 残業が多い
  • 休みが少ない
  • やりがいがない
  • 給料が少ない
  • 人間関係がしんどい
  • 会社の将来が不安

このように、仕事が嫌な理由を箇条書きで書き出していきます。

理由を把握できたら、改善できないかどうかを考えましょう。

残業が多くて辞めたいのであれば、部署異動を上司に打診できないかなど、現状をどうにかする方法を見出します。

それでも解決できないという場合は、転職を検討するのも良いかもしれません。

スキルアップしてみる

「いつか仕事を辞めたいけど、どんな仕事がいいのかわからない」

「転職したいけど自分に自信がない」

そんな場合は、スキルアップについて考えてみましょう。

スキルアップの方法の1つに、オンライン講座をの受講があります

おすすめは、今需要が高まっている動画編集のスキル。

オンラインスクール「デジハク」では、最短で動画編集のスキルが身につきます。

オンラインの講座なので、学校に通ったり、決まった時間に授業を受ける必要はありません。

今の仕事を続けながら、時間に縛られることなく密かにスキルアップしましょう。

▶︎未経験でも安心オンライン動画制作スクール【デジハク】に無料相談してみる

転職活動は仕事を辞めてから行うべき?

転職活動は仕事を辞めてから行うべき?

これから転職活動を行うべきかお悩みの方の中には、

仕事を辞めてから転職活動を行った方が良い?

という疑問を抱える人も多いはず。

ここでは、仕事を辞めてから転職活動を行うメリットとデメリットについて解説します。

転職活動を退職してから行うメリットとは?

転職活動を行うメリットにはさまざまなことがあります。

特に、以下のような内容は転職活動を行う魅力と言えるでしょう。

  • スケジュール調整が行いやすい
  • 企業対策をしっかり行える
  • 自分のやりたいことと向き合える

スケジュール調整が行いやすい

まず、転職活動を退職してから行うとスケジュール調整が行いやすいです。

働きながら転職活動を行う場合、普段の仕事と面接などがバッティングしてしまいがち

忙しいスケジュールの中、面接の日程などを合わせるのは簡単なことではありません。

その点、一度退職してしまえば時間的に余裕が生まれるため、スケジュール調整が行いやすくなります。

なるべく時間的に余裕を持ちたいという人は、退職してから転職活動を行うのも選択肢と言えるでしょう。

企業対策をしっかりと行える

また、企業のリサーチを徹底して行えるのもメリットの一つ。

働きながらの転職活動だと、どうしても時間がないのでリサーチをサボってしまいがちになります。

しかし、一度退職してしまえば日々の仕事に追われることもないため、じっくりと企業の情報収集や面接対策などに時間を割くことが可能です。

自分のやりたいことに向き合える

このほかにも、自分のやりたいことに向き合えるメリットもあります。

退職して自分の時間を持つことができれば、これまでの生活では見えなかったやりたいことが見えてくることもあるでしょう。

今までやりがいを感じたことや、子供の頃の夢などをもう一度考えてみて、興味のある仕事を探すことができます。

▶︎DODAに無料登録して適正年収を査定してみる

転職活動を働きながら行うメリットとは?

上記では退職してから転職活動を行うメリットについて解説しました。

それに対し、働きながら転職活動を行うメリットとはどのようなものなのでしょうか

ここでは、転職活動を働きながら行う利点について解説していきます。

  • 収入が安定している
  • 職歴に空きができない
  • 今の仕事と比較しながら企業選定ができる

収入が安定している

まず、収入面で安定していることが大きなメリットとして挙げられるでしょう。

働きながら転職活動を行うことで、生活に対して不安を感じずに転職活動を行うことができます。

転職活動は必ずしもすぐに終わるとは限りません。

中には、半年〜1年程度の期間で転職先が決まらないというケースも

そうなると、焦ってしまい、入りたくもない企業を選んでしまうことになりかねません。

働きながら転職活動を行うことで、そうしたリスクを回避してじっくりと企業のリサーチを行うことができます。

職歴に空きができない

無職期間を挟まずに転職が行えるのも、働きながら転職活動を行うメリットです。

就職する際には職務経歴書などを提出する必要がありますが、今の会社で働きながら転職活動を行えば空白期間を作らずに転職することができます。

無職の時期が長いと、面接官からどうしても怪しまれてしまうことが多いです。

その点、イメージを下げずに転職活動が行えるのもメリットと言えるでしょう。

今の仕事と比べながら企業選定ができる

働きながら転職活動を行うと、現職と比較しつつ企業のリサーチを進められます

中には転職そのものに対して気持ちが決まってない方や、

「今の会社を辞めたいけど、他の会社についてもっとよく知りたい」

という方も多いのではないでしょうか。

そのような方は働きながら転職活動を行うことで、今の会社の待遇が良いのか悪いのか、比較しながら判断することが可能です。

それぞれのデメリットも理解しておこう

上記では転職活動を退職後に行うパターンと、働きながら行うパターンそれぞれのメリットについて解説しました。

しかし、どちらの方法にもデメリットがありますので、両方理解しておく必要があります。

働きながら転職活動を行うデメリット

働きながら転職活動を行うと、以下のようなデメリットがあります。

  • スケジュール調整するのがきつい
  • 身体的にきつい
  • 周囲にバレるリスクがある

働きながらの転職は、普段の仕事もこなしながら転職活動も行っていく必要があるため、どうしても忙しくなります。

身体的にも辛いと感じることもあるでしょう。

また、周囲の人にバレると色々と厄介です。

嫌味を言われて、職場に居づらくなる恐れもあります

仕事を辞めてから転職活動を行うデメリット

退職してから転職活動を行うデメリットとしては、以下のようなことが挙げられます。

  • 金銭的に負担がかかる
  • 無職になって世間体がきつい
  • 焦って転職活動してしまうことがある

まず、退職した場合は一度無職になることになります。

実家暮らしなど、親からの支援がある方であればそんなに金銭面の負担を感じる必要はないかもしれません。

しかし、30代や40代、50代男性の方ですでに世帯を持っていたり、生活費を稼ぐ必要がある一人暮らしの女性の方はそうはいかないでしょう。

どうしても金銭的な負担が掛かると、生活費の不安を抱えて転職活動しなければなりません。

また、一度無職になると世間体的にも冷たい視線を浴びてしまうことも。

こうしたデメリットも踏まえた上で、今後どうすべきかについて考えることが大切です。

▶︎DODAに無料登録して適正年収を査定してみる

仕事辞めたいけど次がないと思っても辞めるべき人とは?

仕事辞めたいけど次がないと思っても辞めるべき人とは?

では、上記のメリットデメリットを踏まえた上で、「次がない」と感じていても退職すべき人とはどのような人なのでしょうか。

ここでは、その特徴について詳しく解説します。

マルチタスクが苦手な人

まず、マルチタスクが苦手な人は一度退職してから転職活動を行うことをおすすめします

というのも、働きながら転職活動を行うのは、かなりスケジュール管理が大変です。

仕事が終わってから企業のリサーチ。

面接が決まればスケジュールの調整を行うなど、非常に忙しくなるでしょう。

ネット上にも、働きながら仕事をするのは非常にきついという言葉がたくさん溢れています。

だんだん近づいてきた。自分がやりたいこととか方向性がめちゃマッチしてるところの面接があるので緊張してきた。後悔しないように準備する。最近感じてるのが働きながらの転職活動って思っていたよりきつい。これを機にいろいろ企業知れていいけど、自分の足りてないところが見えてきて…(文字数

Twitterより

このように、時間的な余裕がなくて辛い転職活動を行う必要があるため、マルチタスクが苦手なら一度退職してから進めるのが良いでしょう。

やりたいことがはっきりしている人

次にやりたいことがはっきりしているのであれば、退職しても良いでしょう。

転職活動最大の悩みとして、”長引いてしまうこと”が挙げられます。

転職活動が長引くと、心身ともに疲れ果てていきます。

しかし、最初からこの企業にいきたい、この業種にいきたいという明確な指標があれば、最短距離で転職が可能です。

早めに転職を決められる自信があるのであれば、退職してしまっても良いでしょう。

精神的に限界な人

すでに精神の限界を迎えている人は、早めに退職した方が良いでしょう。

例えば、

  • 死にたいほど追い込まれている人
  • ブラック企業で疲弊している人
  • 明日会社に行くのも辛い人

などは早めに退職を検討しましょう。

今では退職代行などのサービスもあります。

どうしても辛いのであれば、そうしたサービスも活用してみてください。

▶︎弁護士法人みやびの退職代行サービス

仕事を継続した方が良い人とは?

仕事を継続した方が良い人とは?

続いて、仕事を継続した方が良い人について解説します。

転職すべきかまだ分かっていない人

そもそも、転職に対する意志が固まっていない人は、辞めてしまわない方が良いです。

本当に転職したいかどうか分からないのに辞めてしまえば、後から後悔しか寝ません。

まずは転職に対する考えをまとめるところから始めましょう。

キャリアコーチングなどを受講すれば、自己分析を繰り返して自分の気持ちをはっきりさせることができます

無料カウンセリングも行われているので、まずは申し込んでみてはいかがでしょうか。

▶︎キャリアに特化したコーチング・サービス【POSIWILL CAREER(ポジウィルキャリア)】

お金に余裕のない人

そもそも、仕事を辞めても生活していくだけの蓄えがない人は、退職すべきではありません。

失業保険などを利用する選択肢もありますが、受給できるまで時間が掛かりますし、全ての人が受給できるわけではないでしょう。

現実的な資金面も考えて、退職すべきかどうか判断することが大切です。

仕事辞めたいけど次がないと考える時の理由

仕事辞めたいけど次がないと考える時の理由

仕事を辞めたいものの、次がないと考えている方はどのような理由があるのでしょうか。

  • 自分に合う求人がないと思っている
  • 年齢的にきついと思っている
  • 他の職場では通用しないと思っている

自分に合う求人がないと思っている

まず、

30代や40代の求人はないだろう・・・

と思い込んでいる方が多いです。

確かに、年齢が高めであれば20代よりも求人数は少ないかもしれません。

ただし、実際に見てみれば分かりますが、30代以上からでもかなりの求人が存在しています。

これまでの経験やスキルによっては即採用となる可能性もあるので、まずは求人をリサーチすることが大切です。

▶︎DODAに無料登録して適正年収を査定してみる

年齢的にきついと思っている

こちらも、30代や40代だからと言って転職できないということではありません。

上述したように、経験やスキルによって十分転職できる可能性はあり、自分で自分の首を締めるのは良くないでしょう。

今では30代だけではなく、40代の求人も多数ありますので、年齢という一点のみで転職を諦めてしまうのはかなり勿体ないと言えます。

他の職場では通用しないと思っている

「今の職場以外で通用するはずがない」

そのように考えていないでしょうか。

これまでに転職した経験がない人は、他の仕事は自分には勤まらないと考えがち

しかし、通用するかどうかは実際に転職してみなければ分かりません。

僕自身も転職経験がありますが、最初の職場より次の職場の方がうまくいっています。

経験したことがないものに不安を感じるのは分かりますが、転職する前から諦めていては状況を変えることはできません。

仕事を辞めるべきかどうかの判断基準とは?

では、仕事を実際に辞めるべきかどうかの判断基準とはどのようなものなのでしょうか。

ここでは、それぞれについて詳しく解説していきます。

  • やりがいを感じるか
  • あと数十年続けられそうか
  • 他にやりたいことはないか

やりがいを感じるか

まず、今の仕事にやりがいを感じるかどうかが非常に大切です。

会社の待遇に不満がなくとも、やりがいを全く感じない仕事を続けるのは難しいでしょう。

もし、なんのやりがいも感じないのであれば早めに退職を検討した方が良いと言えます。

あと数十年続けられそうか

現在20代や30代の方であれば、あと数十年は働く必要があります。

現在では60代で定年ということではなく、死ぬまで現役で働かなければ年金だけでは暮らしていけない可能性もあるでしょう。

そうしたことを考えると、残りの人生も今の仕事を続けられそうかについてはしっかり考えるべきです。

もし、厳しいと考えるのであれば、転職も視野に入れるのが良いでしょう。

他にやりたいことはないか

これまで働いてみて、他にやりたいことができたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

  • これまでの経験を生かして、他の仕事がしたい
  • 別の業種にチャレンジしたい
  • 独立したい

など、他にやりたいことがあるのであれば、転職しても良いでしょう。

人生一度きりですので、後悔しないうちに転職するのも選択肢です。

今すぐ仕事を辞めた方が良い人とは?

今すぐ仕事を辞めた方が良い人とは?

仕事を辞めるか続けるかは大切な選択なので、そう簡単に決められないですよね。

しかし、さまざまなケースの中でも、仕事を辞めた方が良い人がいます。

自分が当てはまっているのかどうか、しっかりと見ていきましょう。

人間関係が劣悪すぎる人

劣悪すぎる人間関係の中で働いている人は、絶対に仕事を辞めたほうがいいでしょう。

  • 後輩が言うことを聞いてくれない
  • 同僚からいじめられている
  • 上司からパワハラを受けている

このような劣悪な職場からは一刻も早く離れるべきです。

なぜなら、気づかないうちに周りの人から悪い影響を受けている可能性があるからです。

悪い影響を受けていると、だんだん自分も同じような人間になってきてしまいます。

職場に仲の良い人がいない人や、自分の目標や手本になる上司がいない人は、退職を検討すると良いでしょう

会社の将来に危険のある人

  • 将来性がない業界で働いている
  • 経営がめちゃくちゃな会社で働いている
  • 長い間、赤字が続いている
  • 方向性がひんぱんに変わっている

このような状況で、会社の将来に危機感を感じている人は、早めに仕事を辞めるのが良いかもしれません。

転職しやすい年齢は、一般的に30代半ばまでだと言われています。

40代以降は、中堅として扱われていくので、経験のない業界などへの転職が難しくなると考えられます

今の状態に改善の見込みがないなと感じる場合には、できるだけ早いうちに転職しておきましょう。

ブラック企業で働いている人

長年ブラック企業に勤務していれば、感覚が麻痺してしまい、正常な会社がどのような状態なのかがわからなくなってしまいます

ブラック企業の特徴をしっかりと把握して、自分の会社が当てはまるかどうか確かめましょう。

以下は、ブラック企業の条件です。

  • 長時間労働などの違法がまかり通っている
  • ハラスメントは当たり前
  • トップの決定だけで全てが決まる
  • 精神論を言い聞かせられる
  • 過剰なノルマを課される

この条件に1つでも当てはまった会社は、ブラック企業で間違いありません。

自分の将来のためにも、早めに会社を退職を検討するべきでしょう。

転職の失敗例とは?

転職の失敗例とは?

転職した後に、「やっぱり辞めとけばよかった」と後悔することは避けたいですよね。

しかし、下調べをせずに転職をすると、成功から遠ざかってしまうかもしれません。

以下の失敗例から学んで、同じことが起こらないないようにしましょう。

転職先が見つからない

勢いで仕事を辞めてしまうと、次の仕事が見つからず、途方に暮れる可能性があります

仕事が見つからない期間が長期化すれば、金銭面での余裕がなくなってしまいます。

お金の余裕がなくなってしまうと、気持ちが焦ってしまったり、納得のいかない転職先で妥協せざるを得なくなったりします。

  • どのような転職先を狙って転職活動するのか
  • 仕事を辞めてから無収入で何ヶ月生活できるのか

このようなことをしっかりと把握してから退職しましょう

余裕がない状態では、何事も上手くいきません。

すぐに退職してしまうのではなく、成功率を高めるために余裕を持ちましょう。

転職できても前回と同じ理由で退職する

不満があって転職しても、次の職場でも同じ不満を抱いて辞めてしまう可能性があります。

このようなことが起こるのは、自分が辞めたい理由を把握できていないからです。

自分が辞めたいと思っている原因を避けられる転職先を選ぶのは必須。

残業が多いのがいやで辞めたなら、残業が少ない会社に転職したほうが良いです。

何度も転職を繰り返してしまうと、「すぐに辞めてしまう人」というレッテルを貼られて、転職活動が思うようにうまくいかないこともあります

同じことが起こらないような転職先を選びましょう。

こうしたリスクを回避するには、キャリア診断などを行い、自分の適性を把握しておくことが大切です。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

年収が下がる

転職するなら年収アップを目指したいですよね。

しかし、転職しても必ず年収が上がるわけではありません

年収が大幅に下がってしまうと、家賃を減らすために引っ越したり、節約したりして、これまでの生活を変えなければならなくなります。

生活を変えると、苦痛を感じて転職を後悔する可能性が高くなります。

年収が下がっても絶対に退職したいと考えるのであれば退職するべきでしょう。

絶対に年収を下げたくないと言うのであれば、年収が下がらない職種を選んだり、年収の交渉をしっかりと行なってから入社しましょう。

役職を失う

新しい職場では、人間関係作りや立場の確率などを一から行わなければなりません

同じ業種へ転職する場合は、前の職場での役職などを引き継がせてくれる可能性があります。

一方、違う業種へ転職する場合は、役職がなくなってしまうことがほとんどです。

役職がなくなるデメリットには、以下のようなものがあります。

  • 役職手当がなくなり給与が下がる
  • 責任が減ってやりがいが感じられなくなる
  • 役職がある周りの人と自分の差を感じる

違う業種へ転職する場合はこのようなことを覚悟しておかなければなりません。

転職後にどのような立場になるかは、事前に把握しておきましょう。

家族の理解が得られない

結婚してパートナーや子供の生活を支えている人は、転職する場合には、家族の理解を得ることが必須です。

家族が転職に理解を示してくれていない状態で、勝手に転職をしてしまうと、様々な問題が起こってしまいます。

  • 家庭の雰囲気が悪くなる
  • 家族からの信用を失う
  • 生活に困り迷惑をかける

このようなことが起こってしまうと、取り返しがつかないことになるかもしれません。

転職先がなかなか見つからなかったり、年収が大幅に下がってしまうと、家族に迷惑がかかったりしてしまいます。

転職する理由をしっかりと家族に説明し、同意を得てから転職活動を始めましょう。

仕事辞めたいけど次がないと考える時の注意点

仕事辞めたいけど次がないと考える時の注意点

これから転職しようと思われる方は、以下のことに注意するようにしましょう。

  • 感情的に退職しない
  • 今後のキャリアについて考える
  • 妥協しない
  • なぜ辞めたいのか考える

感情的に退職しない

まず、感情的に辞めてしまわないようにしましょう。

今後の方針や退職後の計画について考えないうちに辞めてしまえば、後から後悔することになります。

あくまでも計画性を持って行動することが大切です。

今後のキャリアについて考える

今後のキャリアについてもしっかり考えた上で退職しましょう。

  • 5年後にどうなっていたいのか
  • 転職する業種はどこにいきたいか
  • 今後の人生設計

など、入念に考えた上で転職に踏み切るようにしましょう。

妥協しない

これから転職先を見つけていこうという時に大切なのは、妥協しないことです。

なかなか転職先が見つからなかったり、転職する際に不安を抱えている方は、次のように考えがち

  • 早く転職先を決めてしまいたい
  • どこでも良いから雇って欲しい
  • お金さえ入ればどんな仕事でも良い

しかし、こうした気持ちで転職先を決めてしまうと、どうしても妥協して選んでしまいます。

そして結局合わない企業に就職してしまい、また転職を繰り返すなんてことも。

そのようなことにならないためには、しっかりと軸を決めて転職することが大切です。

なぜ辞めたいのかはっきりさせる

仕事を辞めてしまう前に、今の仕事をなぜ辞めたいと思うのかしっかりと考えておきましょう

辞めたいという理由についても、状況や人によって全く異なります。

  • 人間関係が辛い
  • 仕事内容が自分に合わない
  • 労働環境が悪い

仕事内容が合わないのであれば、自分に合う仕事とは何かについて、労働環境に不満がある場合は、どのような企業に就職すれば働きやすいのかなど、辞めたいと感じる理由を具現化しなければ次の選択肢も見えてきません。

そのため、退職前にこうした理由については明確にしておくのが大切です。

次が見つからない不安は転職先が決まれば楽になる

次が見つからない不安は転職先が決まれば楽になる

仕事辞めたら次がない、と不安になる方も多いです。

しかし、実際のところはそうした不安は転職先さえ見つかれば解消するケース可能性が高いでしょう。

次がないと思うのは思い込み

そもそも、あなたが、

退職しても、転職することはできないだろう・・・

と感じているのはどうしてでしょうか。

どのような年代であっても、今の時代は転職先非常に豊富です。

自分の目でチェックし、実際に何十社も落ちているのであれば別ですが、もしまだ行動に移していないにもかかわらず、“どうせ無理だろう”と決め込んでいるのであれば非常にもったいないと言えます。

リサーチが足りていないケースが多い

次がない、と思い込んでいる方に共通しているパターンは、リサーチが足りていないケースです。

  • しっかりと転職先のリサーチができていない
  • 自分一人で転職できないと思い込んでいる
  • 的確にアドバイスしてくれる人がいない

など、適切な努力ができていない場合や、努力していてもその方向性が間違っている場合もあります。

まずは転職先のリサーチから始めよう

転職先が見つからないことを不安に思われるのであれば、まずは転職先のリサーチから始めましょう。

上記でも解説した通り、転職について不安がある場合にはリサーチが足りていないケースが多いです。

また、自分一人で問題を抱え込んでしまい、泥沼にハマっているパターンもあります。

こうした状況を解決するためには、さまざまな転職サービスを利用したり、転職のアドバイザーに第三者目線で助言してもらうことが大切です。

仕事を辞めたいけど次がないと思う方におすすめのサービス

仕事を辞めたいけど次がないと思う方におすすめのサービス

「仕事辞めたいけど次が見つかるか不安・・・」

というような方は、転職先さえ見つかってしまえば不安は解消されると解説しました。

そこで、効果的に転職先を見つけるサービスについてご紹介していきます。

20代〜50代の方にそれぞれおすすめのサービスを記載しますので、参考にしてください。

キャリア診断アプリ「VIEW」

まずご紹介するのは、無料でキャリア診断ができるアプリ「VIEW」です。

こちらのアプリは、あなたの適性を選択式形式で診断し、3分程度でキャリア診断を行うことができます。

自己分析ツールとしても活用できるので、気軽に利用してみると良いでしょう。

ただし、20代〜30代前半向けのアプリとなっているので、もしそれ以上の年代の方であれば下記でご紹介する転職エージェントを利用するのがおすすめです。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

20代に特化した就活サイト就職Shop

就職Shop

次にご紹介するのは、20代に特化した就活サイトである就職Shopです。

こちらのサービスは20代の転職や就職に特化しており、若手向けの求人が多数取り扱われています。

これまで派遣社員しか経験がなかったり、未経験の業種である方にも正社員として働けるようサポートしてもらえます。

社会人経験の浅い方や転職に不安のある方は利用してみると良いでしょう。

”既卒・第二新卒・中退”のワケ有り就職のご相談なら

どの世代にもおすすめ!リクルートエージェント

引用:リクルートエージェントホームページより

最後にご紹介するのは、転職エージェント大手であるリクルートエージェントです。

こちらの転職エージェントは業界でも取り扱っている求人が非常に多く、その数はなんと10万件以上です。

・どのような世代の方でも最適な求人を見つけることができる
・面接練習や履歴書対策も行ってくれる
・スケジュールの調整まで行ってもらえる

など、転職に関するサポートを幅広く行ってもらえます。

こちらも、利用は完全無料となっているのでまずはお気軽にアカウントの登録を行ってみてはいかがでしょうか。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

まとめ

今回の記事では、「仕事を辞めたいけど次がない」と考えてしまう30代の方に向けて解決策を解説しました。

30代は何かと悩みの多い時期だと思いますが、悔いのない選択をするようにしましょう。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました