福岡市役所を辞めたい|元公務員が辞めたい時の対策を解説!

福岡市役所を辞めたい 仕事

「福岡市役所を辞めたい・・・」

「市役所を辞めたいけど、転職って可能??」

このようにお悩みではないでしょうか。

この記事を制作している僕自身も、元公務員であり、退職してからIT系の業界に転職した過去があります。

今回の記事では、そんな僕自身の経験を踏まえて公務員の方が辞めたい!と感じた時の対策について詳しく解説していきます。

この記事を書いている人
カケル
カケル

元高校教師。現役WEBライター。
3年間教員として勤め、激務により体調を壊す。

現在はお仕事に役立つメディアを発信中。

福岡市役所を辞めたい時の対策とは?

福岡市役所を辞めたい時の対策とは?

現状、福岡市役所を辞めたいと感じているのであれば、以下のような対策を行ってみましょう。

辞めたい理由を書き出してみる

まず、あなたが市役所を辞めたいと考える理由について書き出してみましょう。

状況によって辞めたい理由は変わると思いますが、とにかく何に対して悩んでいるのか自分で把握することが大切です。

  • 日々の業務が忙しすぎるので、もっと時間が欲しい
  • 人間関係が辛い
  • もっとやりがいを感じられる仕事に就職したい

など、どのようなことに対して自分が苦しんでいるのか、まずは視覚化してみましょう。

こうしたことを書き出せば、自分自身の気持ちも軽くなります。

また、転職する場合にも行動指針とすることができるので、一石二鳥です。

自分の年代の求人をチェックしてみる

これまで公務員として市役所で働いていると、

「本当に市役所以外でも働けるのだろうか?」

と、不安に感じている人も多いのではないでしょうか。

自分もそうでしたが、これまで公務員として働いていると、どうしても他の仕事が本当に勤まるのか不安になりますよね・・・。

もし、こうした不安を抱えているなら、まずは求人をチェックしてみるのがおすすめです。

求人を確認すれば、

「自分でも働ける環境があるんだ!」

と、不安な気持ちも解消できるでしょう。

dodaなどであれば、転職サイトと転職エージェントの両方が利用できるので、とりあえず登録して求人をチェックすることができます。

まずはこうしたサービスに登録して、自分の年代でどんな求人があるのかチェックしてみることがおすすめです。

▶︎DODAに無料登録して求人チェックしてみる

20~30代なら適職診断をしてみる

20〜30代の若手人材であれば、そもそも今の仕事が向いていない可能性もあります。

正直、最初の仕事で公務員として働いていれば、

「今の仕事って、本当に自分に向いているのだろうか・・・?」

と、不安に感じている方も多いのではないでしょうか。

そんな方は、まず適職診断を受けてみるのがおすすめです。

今なら、VIEWなどの無料で診断してもらえるアプリも登場しているので、こうしたアプリを活用してみましょう。

3分ほどで、あなたの天職を診断してもらえます。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

信頼できる人に相談する

仕事のストレスを、自分一人で抱え込んでいないでしょうか。

時には自分で悩むだけではなく、信頼できる人に相談することも大切です。

友人や家族、同僚など、なるべく身近な人に相談してみましょう。

ただ、その際には”転職に理解がある人”に悩みを打ち明けることが大切です。

自分もそうだったのですが、公務員だと周囲に転職を経験したことがある人が非常に少ないですよね。

そして、転職したいということを相談しても、

  • せっかく公務員になったのに、もったいない
  • 市役所で無理ならどこも無理
  • もう少しだけ頑張ってみたら?

というふうに、必ずアドバイスされます。

そして結局転職を諦める、なんてことが多いでしょう。

そのため、なるべく転職したことがある人や、偏見を持っていない人に相談するのがおすすめです。

キャリアコーチングを受けてみる

市役所をなんとなく辞めたいと感じているものの、

  • 本当に辞めても良いのだろうか?
  • そもそも、市役所以外に自分ができる仕事なんてあるの?
  • とにかく誰かに相談したい・・・

という方も多いかもしれません。

公務員からの転職って、勇気が必要ですよね。

僕も転職するときは崖から飛び降りるような気持ちでした。

もし、意志が固まっていないのであれば、キャリアコーチンを受けてみることもおすすめです。

コーチングなら、必ず転職することを軸とせず、今の環境でうまく働くことも視野に入れながら受講できます。

20~30代におすすめのコーチング、40代以上におすすめのコーチングと、それぞれ異なるので、興味がある人は以下のリンクを参考にしてください。

▶︎20〜30代におすすめ!ポジウィルキャリアに無料相談してみる

▶︎40代以上におすすめのキャリアコーチング!ライフシフトラボ転職コース

市役所を辞めたいと感じる理由とは?

市役所を辞めたいと感じる理由とは?

そもそも、市役所を辞めたいと感じる理由にはどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは、実際に市役所を退職した方の理由について、ネット上から徹底リサーチしてみました。

専門性が身につかない

数年ごとに異動することになるため、自分の専門性の無さに不安を感じて転職しました。

openworkより

公務員しか経験したことがないのに不安を感じて転職。

openworkより

このように、専門性が身につかないことに対して不安を感じている人が多く見られました。

これは自分も激しく共感するところで、公務員って、やはりスキルとか市場価値の面ではかなり弱いんですよね。

自分も、働きながら、

「このまま働き続けても、スキルアップしている感覚がない・・・」

と常に感じていました。

スキルアップしたいなら、やはり民間企業、特にIT系などが良いと思います。

人間関係がきつい

異動が頻繁にあって、上司や同僚によって精神的に疲れる。上司の機嫌を損ねないような気分になり、本当に市民のためになっているのか疑問になったから。

openworkより

これは公務員だけではない悩みかもしれませんが、人間関係のきつさを退職理由として挙げる人もいました。

多少の悩みならまだしも、精神的に病んでしまうほど人間関係に疲れてしまうと、辞めたいと感じるのも仕方がありませんよね・・・。

仕事が忙しすぎる

サービス残業が多すぎる。

openworkより

ワークワイフバランスがうまく取れず、プライベートな時間が取れないため。

openworkより

これは実際に公務員として自分も働いていたので非常に共感できるのですが、公務員ってすごく残業がありますよね。

自分も、サービス残業ばかりで当時はかなり大変な思いをしました。

定額働かせ放題というふうになっているケースも多く、普段の業務が忙しすぎて辞めたいと感じている方も多いようです。

仕事にやりがいを感じない

地方公務員全体に言えることかもしれないけど、地元ということでもなければ特にやりがいを感じる機会がない。

openworkより

毎日のルーティンワークに飽き、将来が見えているような気がして転職しました。

openworkより

公務員あるあるかもしれませんが、仕事にやりがいを感じないという人も多いです。

どうしても市役所の業務はルーティンワークになりがちで、面白みが少ないと感じる人もいらっしゃるでしょう。

成長やキャリアアップしたいなら、民間企業の方がおすすめと言えます。

▶︎DODAに無料登録して求人チェックしてみる

市役所を辞める前にやっておくべきこととは?

市役所を辞める前にやっておくべきこととは?

ここからは、市役所を辞めたいと感じた時にやっておくべきことについて解説していきます。

現状、仕事に疲れてしまっているなら、以下のことを試してみると良いでしょう。

退職後のキャリアについて真剣に考える

まず、市役所を退職した後、具体的にどうするのかについて考えておきましょう。

そもそも、退職後にやりたいことがはっきりしていなければ、退職後にどうすれば良いのか迷ってしまいます。

  • スキルを高められるような仕事に就きたい
  • もっと自分らしく働いてみたい
  • 将来的には独立したい

というふうに、自分のなりたい姿をイメージしてみてください。

そして、そこから逆算して就職先をどうすべきか考えるのがおすすめです。

もし、こうしたことがイメージできないのであれば、本記事でも紹介しているキャリアコーチングなどを受講して、今後の方向性について考えるのが良いでしょう。

働きながら転職活動を行う

転職活動を開始する場合、なるべく働きながら行うのがおすすめと言えます。

一度無職になってから職を探すという選択肢もありますが、無職になってしまえば次のようなリスクがあるんです。

  • 無職というイメージが悪く、周囲からの視線が痛い
  • 収入がなくなり、精神的に余裕がなくなる
  • 早く就職したいという気持ちから、適当な転職先を選びがち

実際、僕も退職してから1年ほど無職だった期間があるのですが、想像以上にきついです。

貯金を切り崩しながら生活するのもしんどいですし、何より友人や家族からの冷たい視線が半端ではありませんでした。

そのため、なるべく在職中に転職活動を行うのがおすすめです。

転職サービスに登録しておく

ただし、市役所の仕事は激務である場合が多く、

「今の仕事を続けながら転職活動も行うなんて、到底無理!」

と、思われる方もいらっしゃるでしょう。

実際、働きながら転職活動を行うのは非常にきついです。

スケジュール管理も難しいですし、自分一人でリサーチするにも限界があります。

そのため、本格的に働きながら転職先を探すなら転職エージェントがおすすめ。

エージェントに登録しておけば、自分の代わりにスケジュールの管理をしてくれたり、最適な就職先を紹介してもらえます。

リサーチする手間も省けるので、まずは無料登録しておくのがおすすめです。

福岡市役所を退職すべきかどうかの判断基準

福岡市役所を退職すべきかどうかの判断基準

この記事を読まれている方の中には、

「今の仕事を辞めた方が良いのか、それとも続けるべきか?」

と、お悩みの方も多いのではないでしょうか。

ここでは、福岡市役所を辞めたい方に向け、辞めるべきかどうかの判断基準についてご紹介します。

毎日生き生きと仕事できているかどうか

これは、実際に自分も公務員として働いていて感じたことなのですが、公務員の仕事って基本的にルーティンワークですよね。

ところが、現場にはなぜか生き生きと働いている人っていませんか?

同じ公務員で、同じ仕事をしているはずなのに、なぜか毎日楽しそうな人。

そうした人は、実際に仕事を楽しんでやっているのです。

同じ事務作業でもやりがいを感じていたり、自分とは違った感じ方をしていたりします。

もし、そうした人のように、自分自身が働くことができないと感じるのであれば、退職した方が良いです。

僕も公務員を退職して、全く違う仕事に就職しています。

そして毎日が楽しいんです。

つまり、何事も向き・不向きがあるということです。

あなたにも、毎日の仕事が楽しいと思えるような仕事がきっとあります。

このまま人生を終えることをイメージできるか

仕事はこの後の人生も、一生続くことになります。

今の仕事で一生を終える、ということをイメージしてみてください。

もし、

「このまま人生を終えるなんて、絶対に嫌だ!!」

と感じるのであれば、早めに転職も視野に入れましょう。

正直、辞めたいと毎日感じながら今後も過ごすのは非常にきついです。

あと数十年、嫌な仕事をし続けるだけの生活なら、その過程でうつ病になってしまう恐れもあるでしょう。

“骨を埋めてできる仕事”だと感じていないなら、転職すべきです。

地位と安定性以外の魅力を感じているか

市役所職員の大きな魅力は、何よりもその社会的地位と安定性でしょう。

自分もそうでしたが、

「社会的にも信頼された仕事に就職したい」

「安定した収入を得たい」

と感じ、公務員になった方が多い(というか、ほとんどそうでは?)ではないでしょうか。

しかし、実際に働く中で、そうした魅力以外の辛い部分もかなり見えてきたはずです。

今の仕事について、地位と安定性を除いた時に、どれほどの魅力があるのかを考えてみましょう。

もし、

  • 安定性以外にはなんの魅力もない
  • 許されるならこんな仕事早く辞めたい
  • 安定性がなければ、正直他の仕事をしている

というのであれば、これほど悲しいことはありませんよね。

もし、そうなら、まずは自分にあった求人探しからスタートしてみてください。

▶︎DODAに無料登録して求人チェックしてみる

まとめ

今回の記事では、福岡市役所を辞めたいと感じている方に向け、具体的な対策をご紹介しました。

  • 自分に合った求人をチェックしてみる
  • 適職診断をしてみる
  • キャリアコーチングを受けてみる

など、さまざまな対策方法があります。

まずはこうしたことを試してみて、今後どうすべきか考えてみましょう。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました