デンソーを辞めたい|みんなの退職理由と解決策

デンソーを辞めたい 仕事

「デンソーを辞めたい」

「転職したいけど、何から始めれば良い?」

このようにお考えではないでしょうか。

今回の記事では、デンソーを辞めたいとお考えの人が、どのような理由で退職したのか、

また、辞めたいと感じている時にはどのようなことに気をつければ良いのかについて詳しく解説していきます。

デンソーを辞めたいと考えてしまう理由とは?

デンソーを辞めたいと考えてしまう理由とは?

そもそも、デンソーを辞めたい理由にはどのようなものが挙げられるのでしょうか。

ここでは、ネット上にあった実際の退職理由について詳しく解説していきます。

希望した部署とは全然違う部署に配属されたが、海外トレーニー制度で海外に行きたいと考えていたので上司に相談したところ、配属された部署にはトレーニー制度が存在せず、入社数年でトレーニーに行っても実務経験がないので海外に行かせるのは難しいと言われた。それが契機になり、仕事も教育ばかりでプロジェクトに参画していない時期が長かったのでこの会社にいる気持ちが薄れていき退職を考えるようになった。

openworkより

いろいろなことを任せてもらえ、やりがいを感じる一方で、給料の低さに不満をもつことがある。職種的には昇給も遅い。総合職転換は難しいし、転換すると職制に向けて育成されると聞き、転職した方が良いと考えた。

openworkより

技術をつけたいが、プロマネや調整ばかりを求められることと、ビジネスセンスも人を見る目もなく、マネジメントもろくにできない管理職が多いのに嫌気が差したため

openworkより

仕事の裁量に偏りがあり、無理難題に対して上司からのサポートもなく、常に手探りで業務をこなす毎日になっている。数年後を見据えてもスキルが身に付くように思えず、また上司や先輩をみてもスキルを有しているようには見えないため、この会社で時間を潰すのはもったいないと感じたから。

openworkより

現在の機能で一通り業務を経験することができ、他の業種に踏み込むことにより自身の総合力をさらに高めて行きたいと考えたため。

openworkより

成長が遅いと感じた。何を重要視するかだが、より成長を加速させたいと考える若手にはオススメできない。逆に、一つの会社で働き続け、仕事はそこそこという方にはオススメである。

openworkより

自分と合わない上司に当たるとストレスにしかならない。

openworkより

自部署内に生き生きと仕事をしている人がおらず、自分の将来に希望を見いだせなくなってしまった。

openworkより

デンソーを辞めたい理由別の対策方法

上記では、デンソーを辞めたい方の具体的な理由について解説しました。

ここでは、それぞれの理由別の対策方法について詳しくご紹介していきます。

上司と合わない時の対策

これは、デンソーだけの問題ではないと思いますが、中には上司と合わないと感じている方も多いのではないでしょうか。

もし、上司と合わない場合には、以下の3つの対策があります。

  1. さらに上の管理職へ相談し、直属の上司を変えてもらう
  2. 人事異動を願い出る
  3. 転職して環境を変える

まず、上司と合わない場合には、さらに上の管理職へ相談してみましょう。

その際にはなるべく合わない理由についてしっかりと説明することが大切です。

「パワハラやセクハラを受けている」

「職務に支障が出るほど、コミュニケーションが取れない」

など、正当な理由があれば上司を変えてもらえることもあるでしょう。

もし、相談しても上司を変えてもらえないのであれば、人事異動を願い出るのも選択肢です。

それでも問題が解決しないのであれば、転職を視野に入れましょう。

給料が安くて辞めたい時の対策

現在、デンソーに勤めていて給料が安いと感じているのであれば、転職して給料アップを狙うのがおすすめです。

ただし、株式会社デンソーの給料は2021年段階において721万円(DENSO 有価証券報告書より)となっており、これは自動車部品製造業界において平均年収693万円よりもかなり高い水準と言えます。

また、日本人の平均年収が約433万円(民間給与実態統計調査より)であることを踏まえると、非常に恵まれた環境であることが分かるでしょう。

そのため、転職して給料アップを狙うのであれば特筆すべきスキルや経験が求められそうです。

もし、ハイキャリアの転職を狙っているのであれば、ハイキャリア向けの適職診断アプリなどを活用してみてください。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

成長が遅いと感じている時の対策

上記の退職理由にもある通り、中には成長が遅いと感じている方もいらっしゃいました。

もし、成長を感じているのであれば、以下のような対策を行ってみましょう。

  1. 今の環境でスキルアップできる方法を模索する
  2. 転職してキャリアアップを狙う

まず、退職するほどの不満がないのであれば、今の環境でスキルアップするのも選択肢です。

必ずしも退職や転職が良いというわけではなく、例えば資格の取得や役職への昇格など、今の環境でも成長できることはあるはずです。

もし、現状に対して特に不満がないのであれば、今の環境でスキルアップできないか考えてみるのも良いでしょう。

しかし、どうしても今の環境でキャリアアップできないと思うのであれば、転職するしかありません。

より活躍できる環境がないか、模索してみてはいかがでしょうか。

場合によっては、コーチングなどのサービスを活用してみるのも選択肢です。

▶︎ポジウィルキャリアに無料相談してみる

将来性に不安を感じている時の対策

将来性に不安を感じている場合、もっとより良い企業に転職することをおすすめします。

デンソーは大手企業ですが、大手だとどうしても日々の業務が単調なものになって飽き飽きしているかもしれません。

安定しているのは非常に魅力ではあるものの、もっとスキルを習得しながら働きたいというのであればベンチャー企業などに転職するのがおすすめです。

大手ではなく、規模の小さな会社も視野に入れてみると、今後のキャリアアップにつながるかもしれません。

デンソーを辞めたい!退職すべきかどうかの判断基準とは?

デンソーを辞めたいと考えているものの、

「大手企業だし、退職するのはもったいないかも?」

と感じている方も多いのではないでしょうか。

ここでは、退職すべきかどうかの判断基準について詳しく解説していきます。

日々の仕事にやりがいを感じているか

まず、日々の仕事にやりがいを感じているかどうか考えてみましょう。

あなたは、今の仕事を毎日生き生きとできているでしょうか。

  • 毎日の仕事が、ただの作業になっている
  • とにかく日々仕事がしんどい
  • 明日会社に行くのも辛い

このような状態では、お金のためだけに働いている状態になります。

お金のために働くというのは、簡単に思えても辛いものです。

やはり、どうせ働くのであれば、毎日ワクワクしながら働きたいですよね。

もし、やりがいを感じながら働きたいのであれば、転職して環境を変えてみるのも選択肢でしょう。

10年後も働いているイメージがつくか

今の会社で、あと10年程度働くイメージができるでしょうか。

もし、10年という言葉を聞くだけで、

「あと10年も働くなんて、絶対にむり」

「考えただけでも吐きそう・・・」

と思ってしまうのであれば、退職を検討しましょう。

どの年代であっても、退職しない場合にはあと10年、20年と働かなければなりません。

10年単位で嫌な仕事をやり続けると、うつ病になってしまう恐れもあります。

一度きりの人生、どうせならやりたいことをやったほうが良いです。

転職も視野に入れ、今後どうすべきか真剣に考えてみてはいかがでしょうか。

周囲に相談できる人がいるか

あなたの周りには、相談することができる人はいるでしょうか。

  • 周囲に相談できる人が全くいない
  • ミスすることができない空気感がある
  • 仕事で失敗した時に、誰もフォローアップしてくれない

など、堅苦しい環境で働いていませんか。

もし、こうした環境で働いているのであれば、もっと働きやすい環境がないか探してみるのがおすすめです。

周囲に相談できる人がいないと、どうしても一人で悩みを抱えがち。

まずは悩みを誰かに相談し、今後どうすべきか決めるのが良いです。

転職エージェントや、コーチングなどのサービスを活用すれば、プロに相談することができます。

どうしても辛いのであれば、まずはこうしたサービスを活用してみてはいかがでしょうか。

▶︎ポジウィルキャリアに無料相談してみる

デンソーを辞めたい!と思った時に利用すべきサービスは?

最後に、現在デンソーを辞めたいと感じている方に向け、利用すべきサービスをご紹介します。

もし、退職や転職にお悩みの場合は以下のサービスをうまく活用してみてください。

適職診断アプリVIEW

適職診断アプリVIEWは、あなたの適性に合わせて最適な企業を紹介してもらえるアプリです。

利用することで、あなたに最適な企業をすぐさま診断してもらえます。

完全無料で診断できるため、まずは自己分析のツールとして活用してみるのがおすすめです。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

DODA

DODAは、転職エージェントとしてお馴染みの転職サービスです。

取り扱っている求人も豊富で、多様な求人からあなたに合ったものを選ぶことができます。

転職までエージェントが徹底してサポートしてくれるため、不安を感じている方でも安心です。

こちらも、利用は完全無料なので、まずは登録しておくと良いでしょう。

キャリアコーチング

  • そもそも、転職すべきかどうか分からない
  • 転職したいけど、自分に向いてる仕事ってなんだろう
  • 誰かに相談しながら転職を進めたい

このように感じている方も多いのではないでしょうか。

もし、こうしたお悩みを抱えているのであれば、キャリアコーチングの利用がおすすめです。

コーチングは”必ずしも転職をベースにしていない”サービスで、転職しないとしても今の企業であなたらしく働ける方法なども模索することができます。

コーチングのプロの意見を聞きながら、今後の方針を決められるのが大きな魅力。

初回カウンセリングは無料となっているため、まずはお気軽に申し込んでみるのがおすすめです。

▶︎ポジウィルキャリアに無料相談してみる

退職代行

この記事を読まれている方の中には、

  • 明日会社に行くのも辛い
  • 死にたいと感じることがある
  • 出勤前に涙が出てくる

など、私生活にも支障が出るほど悩んでいる人もいらっしゃるのではないでしょうか。

もし、上記のような症状が出ているのであれば、退職代行の利用がおすすめです。

退職代行を利用すれば、明日会社に行かなくて済みます。

退職の手続きも、あなたの代わりに代行業者が行ってくれるのです。

ストレスなく退職できるため、どうしても辛い方は利用してみると良いでしょう。

▶︎弁護士法人みやびの退職代行サービス

まとめ

今回の記事では、デンソーを辞めたいと感じている方に向けて対策を解説しました。

  • まずはゆっくりと休む
  • 上司に相談してみる
  • 転職も視野に入れる
  • コーチングを受けてみる
  • 適職診断してみる

現代では、上記で紹介したようにさまざまなサービスが登場しています。

あまり無理をせず、仕事が辛いのであれば、早めに転職や退職も視野に入れるのがおすすめです。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました