退職代行の値段は?利用するメリットデメリットも詳しく解説!

退職代行の値段 退職

近年、退職代行サービスを利用する人が増えています。退職代行を利用すれば、ストレスを感じることなく退職することができ、スムーズに退職することが可能です。会社とのトラブルに巻き込まれている場合でも、問題を解決することができるでしょう。

退職代行の値段がいくらほどになるのかについて気になる方も多いはず。そこで今回の記事では、退職代行の値段について解説していきます。これから退職代行サービスを利用しようかお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

退職代行の値段は?

結論ですが、退職代行サービスの相場は3〜5万円ほどになっています。ただし、利用するサービスの内容によっても異なるため、注意が必要になるでしょう。大まかには以下のように料金が異なります。

退職代行における3つの種類と相場
  1. 弁護士による退職代行(50,000円ほど)
  2. 労働組合による退職代行(30,000円ほど)
  3. 通常の業者による退職代行(20,000円ほど)

このように、どのサービスを利用するのかによっても値段が異なるのです。

最も高い価格が設定されているのは、弁護士による退職代行サービスです。法の専門家からのサポートが受けられるだけあって、値段も比較的高めに設定されています。(それでも5万円台ですが)

次に、労働組合が運営している退職代行サービスは約3万円ほどが相場となっています。弁護士ほどではありませんが、労働組合による退職代行でも企業と交渉を行うことができます。そのため、一定の交渉を行ってもらいたい場合には労働組合が運営している退職代行を利用すると良いでしょう。

交渉などは行わず、退職の意向を伝えてもらうだけであれば、それ以外の一般業者を利用しても問題ありません。

退職代行のメリットとは?

退職代行を利用するメリットとは、具体的にどのようなものなのでしょうか。主に以下のことが考えられます。

  • どうしようもない状況を改善できる
  • コスパが良い
  • ストレスなく退職できる

どうしようもない状況を改善できる

まず、退職代行を利用すれば自分だけではどうすることもできない状況を改善することができます。例えば、現状以下のような状況にある方は、一人で問題を解決するのは難しいでしょう。

  • 退職を切り出すと恐喝される
  • 退職を拒否される
  • 嫌がらせを受ける

実際に退職代行サービスを利用した方も、こうした辛い環境にあった方が多いです。上司からパワハラを受けていたり、退職を切り出しても拒否されてしまえば、なかなか自分だけで退職を進めるのは難しいでしょう。

退職代行サービスを利用すれば、専門の業者の方が手厚いサポートを行ってくれます。そのため、困難な環境にある方でもスムーズに退職を進めることが可能です。

コスパが良い

先ほども解説した通り、退職代行の値段は約3〜5万円程度が相場になっています。10万円以上のコストが掛かるのであればなかなか利用しにくいケースもあると思いますが、これだけの資金でストレスなく退職できるのであれば、非常にお得なサービスであると言えるでしょう。

上記のように慰謝料を請求されていたり、退職金を支払ってくれないなど、会社から無理な要求を受けている場合には利用することでむしろプラスになるケースも少なくありません。

ストレスなく退職できる

退職代行サービスを活用すれば、会社の同僚や上司と顔を合わせずに退職をすることができます。退職をする際に一番気になるのは、退職時の気まずさでしょう。自分一人で退職を進める場合、退職日や退職金など、様々な交渉を自分だけで行わなくてはなりません。

しかし、代行サービスを活用することでこうしたストレスから解放されます。誰とも顔を合わせずに仕事を辞められることは、利用する最大のメリットと言えるでしょう。

しかし、代行サービスを活用することでこうしたストレスから解放されます。誰とも顔を合わせずに仕事を辞められることは、利用する最大のメリットと言えるでしょう。

おすすめの退職代行サービス

退職代行ガーディアン・・・労働経済組合が運営する退職代行です。誰でも安心して利用できます!

退職代行jobs・・・顧問弁護士による心理カウンセリングが受けられます。365日即日対応!

弁護士法人みやびの退職代行・・・手続きを専門の弁護士が行ってくれます。LINEで24時間気軽に相談可能!

退職代行のデメリットとは?

上記では退職代行を利用するメリットについて解説しましたが、もちろんデメリットもあります。主に以下のようなことがデメリットとして考えられるでしょう。

  • コストが掛かる
  • 会社からの印象は悪くなる

コストが掛かる

退職代行サービスを利用するデメリットとしては、コストが発生することが挙げられます。上記でも解説しましたが、退職代行は値段が3〜5万円程度に設定されています。

そのため、それだけの費用が掛かることは事前に押さえておきましょう。しかし、非常にコスパの良いサービスですので、利用する価値は十分にあると言えます。

会社からの印象は悪くなる

退職代行を利用するデメリットとしてあげられるのは、会社からの印象が悪くなることもあります。やはり自分で退職の手続きを行わないため、あまり良い印象をもたれません。

しかし、退職を切り出した時点でどのみち印象は悪いです。あまり人の評価を気にせずに、利用できるものは利用して有利な条件で退職することをおすすめします。

退職代行は恥ずかしい?結論、全くそんなことありません

まず、結論からお話すると、退職代行の利用は恥ずかしいことではありません。その理由としては以下のことが挙げられます。

  • 一人では解決できない問題がある
  • 退職代行サービスはまだ認知されていないだけ
  • 他のサービスと変わらない

以下では、ぞれぞれについて詳しく解説していきます。

一人では解決できない問題がある

まず、退職代行を利用しても恥ずかしくない理由として考えられるのは、どうしても一人では解決できない問題があることでしょう。

例えば、利用者の中には次のような状況に身を置いている方も少なくありません。

  • 日常の業務の中でパワハラを受けている
  • 退職を切り出しても拒否される
  • 退職するにあたって慰謝料を請求される
  • 退職するのであれば代わりになる人を連れてこいと言われる
  • 退職という言葉を出すと嫌がらせを受ける

このように、会社側からあらゆるプレッシャーをかけられていることも珍しくないのです。

特に、普段からパワハラを受けていたり、退職を切り出しても拒否されるのであれば、自分一人で問題を解決するのは非常に難しいと言えます。

そのため、できるだけ第三者に間に入ってもらい、退職のサポートを受けるのが望ましいでしょう。法に詳しい専門家がいなければ退職する際に不利な条件を突きつけられることも少なくありません。

このようなことからも、退職代行サービスを利用するのは恥ずかしいことではないと分かります。

退職代行サービスはまだ認知されていないだけ

次に、退職代行サービスの利用を恥ずかしいと感じる方は、知り合いや身近な人で利用者があまりいないことが挙げられるのではないでしょうか。

退職代行サービスという業者が登場したのは、ごく最近のことです。そのため、まだまだ認知されていないサービスであると言えます。

また、日本人はどうしても新しいサービスを利用することに抵抗感のある人が多いです。利用したいと考えていても、踏み切れずに使わないという方もいらっしゃるでしょう。

しかし、退職代行を利用する方はここ数年ほどで非常に増えています。まさに時代に求められるサービスと言えるため、今後も利用者の数は増え続けるでしょう。

今はまだ利用する人も周囲にいないかもしれませんが、いずれは退職する時に利用するのが当たり前という時代がくるはずです。また、退職代行の利用を恥ずかしいと考えている人は、あなたがどれほど過酷な環境で働いているのか、その実情を理解していません。

このようなことから、恥ずかしいなどと思わずに利用することをおすすめします。

おすすめの退職代行サービス

退職代行ガーディアン・・・労働経済組合が運営する退職代行です。誰でも安心して利用できます!

退職代行jobs・・・顧問弁護士による心理カウンセリングが受けられます。365日即日対応!

弁護士法人みやびの退職代行・・・手続きを専門の弁護士が行ってくれます。LINEで24時間気軽に相談可能!

他のサービスと変わらない

退職代行サービスとは異なりますが、転職をサポートするサービスとして転職エージェントがあります。こちらのサービスは転職したい人が効率よく転職するために利用するものです。

退職代行よりも普及しており、多くの人が利用しています。周囲の転職者も利用している人を見かけたことがあるのではないでしょうか。

この転職エージェントは気軽に利用する人が多く、恥ずかしいなどと感じている人はいないでしょう。にもかかわらず、退職代行の利用を恥ずかしいと感じるのはなぜでしょうか。

転職エージェントも、最初の頃はまだまだ普及しておらず、利用するのに抵抗感を持つ人もいました。つまり、新しいサービスというのは、実際に普及するまではやはりある程度の拒否反応を示してしまうものなのです。

先ほど申し上げたように、転職エージェントと同様、サービスが普及してくれば利用するのが当たり前になるでしょう。そのため、退職代行サービスも恥ずかしいと感じる必要はないのです。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。noteも作成中で、お仕事コラムを書いているのでぜひ見ていただければ!https://note.com/kakeru5151
タイトルとURLをコピーしました