仕事を辞めた後に後悔する人の特徴5選

仕事を辞めた後に後悔する人 退職

日々の業務があまりにも忙しかったり、人間関係に悩んでいたりすると、仕事を辞めたいと感じることもあるかもしれません。社会人ともなれば、何かとストレスも多く、誰しもが一度はそのように考えたことがあるのではないでしょうか。

しかし、勢いに任せて辞表を出してしまったり、無計画に退職してしまい、後々後悔する人も少なくないようです。そのようなことにならないためにも、退職する際は慎重になる必要があります。

どのような人が後から後悔することになるのかを把握しておけば、反面教師にすることができるでしょう。以下では、仕事を辞めた後に後悔する人の特徴を5つほど紹介していきます。

特にやりたいことが無いのに辞めてしまった

まず、特にやりたいことが無いのに仕事を辞めてしまった人は、後々後悔しやすい傾向にあると言えます。勢いだけで退職してしまうと、

「仕事を辞めたのは良いけど、これから何をすれば良いのだろう・・・」

というようなことになりかねません。どうしてもやりたいことがあり、確固たる意思で仕事を辞めるのであれば良いでしょうが、無計画に仕事を辞めるのは避けた方が賢明です。

もし、どうしても仕事を辞めたいとお考えなのであれば、今の仕事を辞めた後に自分は何がしたいのかということについてよく考えてみてはいかがでしょうか。

感情に任せて辞めてしまった

「こんな仕事、辞めてやるよ!」

と、退職届を机に叩きつけるドラマはよく見かけます。しかし、現実でそれをやってしまうと、後々の後悔につながるでしょう。このように衝動的に仕事を辞めてしまう場合には、冷静に自分自身を見つめられているとは言えません。後になってから、

「なんであんなこと言ってしまったんだろう・・・」

と、悔やむことになってしまいます。社会人であれば多少のストレスはつきものです。少々気に食わないことがあったからと言って、その度に辞表を出しているのではどこへ行っても勤まらないでしょう。

決して感情的にならず、冷静な状態で仕事を本当に辞めたいのか考えることが大切です。

お金の管理ができていない

仕事を辞める時にまず考えなければならないのは、お金のことでしょう。

転職先が決まっていない状態で仕事を退職してしまえば、しばらくの間無収入で生活することになりかねません。

最悪の場合、無職となり路頭に迷うということもあり得るのです。

あなたは、貯蓄が現在いくらあるのか把握しているでしょうか。もし、ごくわずかな貯金も無いのであれば、もう一度冷静になって考えた方が良いかもしれません。

やはり、お金がないと冷静にもなれません。転職活動を行うにも、生活費に苦労していれば焦って転職先を探してしまい、より良い企業に入ることも難しい場合もあります。

このようなことにならないためにも、現状の資金の計算や退職後にいくらのお金が必要になるのかなどをしっかりと計画しておくことが大切です。

退職しなくても解決できる問題である

今あなたが辞めたいと思っている理由はなんでしょうか。例えば他にやりたいことがあり、今の仕事をしていてはできない場合などであるならば、辞めた方が良いと言えます。

しかし、仕事を覚えられず、辛いから辞めたいといった場合や、今の部署に不満があるというような場合は状況が異なるでしょう。

これのケースでは、自分の努力で課題を解決できたり、部署が変わることによって状況が変化することも考えられるからです。もし、こういったことが原因で仕事を辞めたいとお考えなのであれば、一度踏みとどまった方が良いかもしれません。

もう一度自分自身を見つめ直してみてはいかがでしょうか。

以前の職場と比較している

現在の職場が転職後の仕事である場合、前職と比較してしまう場合もあるでしょう。中には、

「前の職場の方が良かった・・・」

と思われている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、本当にそうでしょうか。このような方は現状を冷静に捉えていなかったり、現在の仕事を一生懸命に頑張れていない可能性があります。そのため、どのような職場だったとしても現状に不満を漏らし、転職を繰り返すということもあるのです。

また、前職の職場を美化してしまっている場合もあります。人間は昔のことを美化してしまう習性がありますので、過去の職場と比較してしまうのも仕方がないかもしれません。ただ、いつまでも昔のことばかりを思い返していても状況を変えることはできないでしょう。

過去と比較し、現状を嘆くばかりではなく、まずは今の仕事を精一杯努力してみてはいかがでしょうか。その上で、どうしても仕事を辞めたいと感じるのであればもう一度退職について考えてみても良いかもしれません。

仕事を辞めた後に後悔しないための方法とは?

仕事を辞めた後に後悔してしまう人については上記で解説しましたが、どのようにすれば後悔せずに済むのでしょうか。

後になって後悔しないためには、辞表を出す前に行うべきことをあらかじめ理解しておく必要があります。

以下では仕事を辞めや後に後悔しないための方法について解説していきます。これから退職をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

なぜ、今の仕事を辞めたいのか整理する

仕事を辞めてから後悔しないためにまず行うべきことは、なぜ今の仕事を辞めたいのかについてよく考えることです。今すぐに辞めてしまいたいと考える気持ちは分かりますが、冷静な状態でもう一度考えてみましょう。

上記でも述べましたが、一時の感情に任せて仕事を辞めてしまうと後々の後悔につながることが多いです。そのため、しっかりと自分自身を見つめ、辞めたい理由を整理しておくことが大切なのです。

この時、頭の中で考えるだけではなく紙に書き出して思考を整理するのがおすすめです。とりあえず箇条書きで良いので、仕事を辞めたい理由を書き出してみましょう。

人は視覚化することによってより自分を冷静に捉えることができます。実際に書いてみると、そんなに大した悩みではなかったということも少なくありません。書くだけであれば今すぐにでもできるので、一度試してみてはいかがでしょうか。

時間が解決する問題ではないか考える

仕事を辞めたい理由は、時間が解決してくれるものでないかについてもよく考えてみましょう。例えば、上司と性格が合わずに悩んでいる場合、部署移動や定年退職などで上司がいなくなる可能性もあるでしょう。また、今働いている部署の仕事がつまらないと感じている場合も同様です。

これらの場合には、時間がたてば状況が変わる可能性があるでしょう。そのため、衝動的に仕事を辞めてしまえば、後になって後悔することになりかねません。今すぐに仕事を辞めるのではなく、直面している問題が少し我慢することで解決できるものでないかについてよく考えるようにするのが大切です。

お金の計算をする

仕事を辞めるときに最も大切になるのは、やはりお金でしょう。最悪の場合、無職になったとしても貯金が十分にあれば生活に困窮することもありません。そのため、事前に収支計算などを入念に行なっておくことが非常に大切です。

生活費にいくらほどかかり、現状の貯金額であればどれくらいの期間働かなくとも生活できるのかについてよく考えてみましょう。お金のことをしっかりと考えておけば、心理的にも不安になることがありません。

ノートやパソコンなどに計算結果などを書き込み、しっかりと把握するようにしましょう。

真剣に自分のやりたいことが何か考える

仕事を辞める際に大切なのは「次に何をするのか」を明確にしておくことでしょう。上述したように、何をするのか決めずにとりあえず仕事を辞めてしまえば、いざ辞めた時にはどうすれば良いか分からなくなります。

そのため、自分が本当にやりたいことは何かということをよく考えなければなりません。また、このようなことを考えておけば、実際に転職活動をする際の指針とすることもできるでしょう。

まとめ

仕事を辞めた後に後悔しないためには、その場の感情に流されたり無計画に決断するのではなく、冷静に状況を判断することが大切です。

具体的には仕事を辞めた後にやりたいことを明確にしていたり、お金の計算を入念に行なっておくことが必要になるでしょう。

上記に記載したようなことを参考にして、後々に悔いが残らないようにしましょう。

The following two tabs change content below.
カケル

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました