仕事辞めたい疲れた30代に伝えたい解決策。どうしても辞めたいあなたへ

仕事辞めたい疲れた30代 退職

「仕事辞めたい、疲れた」

と感じている30代の方も多いのではないでしょうか。

30代は何かとストレスを抱えやすく、年代的にも将来への不安を感じやすい時期です。

今回の記事では、そんな仕事辞めたい、疲れた30代の方に向けて具体的な対策をご紹介していきます。

仕事を辞めたい、疲れたと感じている30代の方に向けて対策を解説します

この記事を読めば分かること
  • 仕事を辞めたい疲れた30代、その理由は?
  • 仕事を辞めたい疲れた30代、辞めるかどうかの判断基準は?
  • 仕事を辞めたい30代はどうしたら良いのか?

仕事を辞めたい30代に向けて、辞めるべきかの判断基準や対策を解説します!

  1. 仕事辞めたい疲れた30代が行うべき対策8選
    1. まずはゆっくり休むことが大切
    2. 自己分析を徹底する
    3. AIによるキャリア診断を受けてみる
    4. 転職先を探しておく
    5. 30代におすすめのエージェント
    6. 求人数が多いエージェント
    7. キャリアコーチングを受けてみる
    8. 小さく副業を始めてみる
    9. スキルを習得して転職する
    10. どうしても辛いなら退職代行を利用する
  2. 仕事辞めたい疲れた30代、辞めるべきか残るべきかの判断基準
    1. 今のまま続けて自己実現できるかどうか
    2. 今の仕事は本当に自分がやりたいことか
    3. 適職かどうかを冷静に見極める
    4. 無職期間を貯蓄でどれだけカバーできるか
    5. 転職して勝算はあるか
  3. 仕事辞めたい疲れた30代は自分を見つめ直すことが大切
    1. 仕事を辞めたいと思う時、必ず理由がある
    2. 人の評価を気にしてはいけない
    3. とにかく我慢するのは絶対にダメ!
  4. 仕事辞めたい疲れた30代、その理由とは?
    1. 昇給や給料アップが望めない
    2. モチベーションの低下
    3. 将来への不安
    4. ストレス
  5. 仕事辞めたい疲れた30代の注意点は?
    1. 転職の目的が曖昧だと危険
    2. 20代の転職よりも狭き門になる
    3. なるべく間隔をあけずに転職するのがベスト
  6. 仕事辞めたい疲れたと感じる30代の転職事情は?
    1. 実際の30代の意見と実情とは?
      1. 転職する際に不利だと感じた人は少数
      2. 30代後半からの転職は要注意
    2. 30代後半からでも転職に成功できる人の特徴は?
    3. 転職に向けた準備を怠らない
    4. 隙間時間をうまく活用する
    5. 意志をしっかり持っている
    6. 30代におすすめの転職方法は?
  7. 仕事辞めたい疲れた30代が利用すべき転職サービスは?
    1. リクルートエージェント
    2. みんなのエージェント
    3. doda
    4. JACリクルートメント
    5. パソナキャリア
  8. 明日仕事に行くのも辛い方へ
  9. よくある質問
    1. 仕事を辞めたい30代は辞めない方が良い?
    2. 辞めた方が良いケースは?
    3. 転職を成功させるためには?
  10. まとめ
      1. カケル
      2. 最新記事 by カケル (全て見る)

仕事辞めたい疲れた30代が行うべき対策8選

仕事を辞めたい疲れた30代が行うべき対策

では、ここからは仕事を辞めたい30代に向けて具体的な対策を解説していきます。

これから状況を変えようと思うのであれば、以下のことを実践してみましょう。

  • まずはゆっくり休むことが大切
  • 自己分析を徹底する
  • AIによるキャリア診断を受けてみる
  • キャリコーチングを受けてみる
  • 転職先を探しておく
  • 小さく副業してみる
  • スキルアップする
  • どうしても辛いなら退職代行を利用する

まずはゆっくり休むことが大切

現在、仕事に疲れたと感じている方はゆっくり休むことが大切です。

心身が健全な状態でないと、冷静な判断を下すことができません

  • 1日ぼーっとしてみる
  • 読書など、仕事とは関係のないことをしてみる
  • 趣味に没頭する

など、なんでも良いので気持ちを仕事から離れさせましょう。

ゆっくりと休めば、視野も広がり良い考えが浮かんでくるはずです。

まずはゆっくり休んでメンタルを回復させましょう

自己分析を徹底する

次に、自己分析を徹底しましょう。

これからどのように行動するにしても、自分の方向性が明確になっていなければ曖昧な意思決定になります。

  • 自分が本当にやりたいことは何か
  • 仕事を辞めてどうするつもりか
  • 何が嫌だと感じているのか

など、自分自身のことをしっかり見つめてみることが大切です。

自己分析について詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

紙に考えを箇条書きして、自分自身について知りましょう

AIによるキャリア診断を受けてみる

自己分析が重要であることは上記でも解説した通りです。

しかし、自分で分析するのが難しいという方は、AIによるキャリア診断を受けてみるのも良いでしょう。

現在では30代向けのキャリア診断も充実しており、「VIEW」などのアプリでは無料で診断することができます。

診断は3分ほどで完了でき、ハイキャリアの企業を中心に今どの企業を受けられるのか一目で分かります。

診断しても応募する必要などはありませんので、まずは以下のリンクから実際に診断してみてはいかがでしょうか。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

転職先を探しておく

仕事を辞めたい方の一番簡単な解決策としては、転職先を探しておくことです。

転職先を探しておくことで、様々なメリットがあります

転職先を探しておくメリット
  • 今の職場以外に働ける場所があると分かれば気持ちが落ち着く
  • 自分の市場価値をリサーチできる
  • 専任のアドバイザーに無料で相談できる

このように、すぐさま転職せずとも転職先をリサーチするだけで心理的にも余裕が生まれ、状況が改善される可能性があるのです。

そして、効率的に転職先を探すのであれば転職エージェントに登録しておくのがおすすめ。

転職エージェントとは?

転職エージェントとは、仕事を探している人と企業の仲介として転職をサポートしてくれるサービス

すぐに転職しない場合でも、ひとまず登録しておくことで求人情報が無料で手に入ります。

また、これまでの経歴を元に、キャリアアドバイザーがキャリアプランや適正年収を教えてくれるのも大きなメリットでしょう。

仕事でお悩みの方は、まずは転職エージェントに無料登録しておくのがおすすめです。

30代におすすめのエージェント

  • 30代に特化したサービスを利用したい
  • 年収800万円以上のハイクラス転職を狙いたい
  • 非公開求人にも応募してみたい

など、30代に特化した転職エージェントで、高収入を狙えるようなハイクラス転職を目指している方は、JACリクルートメントがおすすめです。

こちらの転職エージェントでは利用者の大多数が30代以上となっており、30代以上の転職に強みがあります。

また、紹介求人の8割が年収800万円以上の求人と言われており、高水準での転職を実現可能。

非公開求人なども広く取り扱っているため、ハイキャリアの転職を狙いたい方は最初に登録しておくべきエージェントと言えるでしょう。

▶︎JAC Recruitmentの無料転職サポートはコチラ

求人数が多いエージェント

これから転職活動を開始するのであれば、まずリクルートエージェントに登録しておきましょう。

こちらのエージェントは10万件もの求人を取り扱っており、自分に合った求人に応募することができます。

業界の中でも大手となっており、信頼も厚いです。

上述したみんなのエージェントと合わせて両方登録しておけば、それだけ多くの求人に目を通せるため、どちらも登録しておくことを推奨します。

転職エージェントは無料で手軽に利用できます!まずは登録しておきましょう!

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

キャリアコーチングを受けてみる

  • そもそも、転職したいかどうか分からない
  • 今後のキャリアがイメージできない
  • 自己理解を深めたい

など、今後の生き方そのものが分からないという方は、キャリアコーチングを受けてみましょう

コーチングを受けることで、今後の人生に対する考え方が見えてくることもあります。

ポジウィルなどのサービスを利用すれば、独自のカリキュラムに沿って自己分析が進められます。

初回カウンセリングは無料となっているので、まずはお気軽に申し込んでみてはいかがでしょうか。

▶︎キャリアに特化したコーチング・サービス【POSIWILL CAREER(ポジウィルキャリア)】

小さく副業を始めてみる

  • 自分で稼げるスキルが欲しい
  • 手軽に副業を始めてみたい
  • 会社に依存せずにお金を稼ぎたい

など、転職するほどではないものの、なんとなく自分のスキルアップがしてみたい方や、会社に依存せずに収入を得たい方には副業がおすすめです。

現代では誰でもネット上から副業を始められるようになっており、副業のハードルも下がっています。

これから副業を始めたい方は、ライティングなどの未経験からでもスタートしやすいものが良いでしょう。

WEBライティング副業のメリット
  • 未経験からでも開始できる
  • 1~2ヶ月ですぐに収入化できる(1~3万円は普通に稼げる)
  • 年齢に関係なくトライできる
  • 独立を狙うことも可能

など、ライティングならすぐに副業を開始することができます。

かくいう僕自身も、完全未経験からライティングを開始し、今では独立しています

もし興味があるのであれば、以下の記事で月収1万円を稼ぐ手順を解説していますので参考にしてください。

また、僕自身がライティングの講師も行なっていますので、お気軽に以下のメンター相談リンクからご相談ください。

ライター完全育成プラン~ライティングに関するサポート~|プログラミング学習ならMENTA。メンターをつけて未経験から自走できるエンジニアになろう。
ライティング案件に関するお仕事をサポートいたします。質問プランと完全育成プランのそれぞれ用途に応じて選択していただけます。お仕事を獲得され、安定するまでは基本的に「完全育成プラン」をおすすめします。ポ....

スキルを習得して転職する

  • 転職したいものの、スキルがなくて不安
  • なんのスキルを身につければ良いか分からない
  • 転職に失敗したくない

という方は、あらかじめスキルを習得して転職するという選択肢もあります。

プログラミングなどの市場価値が高い技術を身につけることで、転職を有利に進めることができるでしょう。

また、現代では月額3,000円から学習できるサブスク型のサービスも登場しています。

こうしたサービスを利用することで、転職に失敗することなくスムーズに転職が可能です。

▶︎月額3,000円から開始できるサブスク型プログラミングスクール「SAMURAI ENGINEER Plus+」

どうしても辛いなら退職代行を利用する

  • 明日会社に行くのも辛い
  • 死にたいと思うほど仕事で悩んでいる
  • とにかく辛い、苦しい

中には、明日会社に行くのも辛く、死にたいと思ってしまうほど深刻に悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。

僕自身、あなたと同じように悩んだことがあるので、本当によくわかります。

もし、どうしても辛いのであれば退職代行を利用しましょう。

退職代行サービスを活用すれば、明日会社に行かずに済みます

退職の手続きもあなたが行う必要がないので、上司や同僚と顔を合わせる必要がありません

死にたいほど辛いのであれば、利用して退職することをおすすめします。

▶︎弁護士法人みやびの退職代行サービス

仕事辞めたい疲れた30代、辞めるべきか残るべきかの判断基準

仕事を辞めたい30代、辞めるべきか残るべきかの判断基準

では、仕事を辞めたいと感じる30代の人はどのような基準で辞めるべきかを判断すれば良いのでしょうか。

もし、現状仕事をやめようかお悩みの方は、次の判断基準に照らし合わせてどうすべきか考えてみてはいかがでしょうか。

  • 今のまま続けて自己実現できるかどうか
  • 今の仕事は本当に自分がやりたいことか
  • 適職かどうかを冷静に見極める
  • 無職期間を貯蓄でどれだけカバーできるか
  • 転職して勝算はあるか

今のまま続けて自己実現できるかどうか

まず、このまま仕事を続けて自己実現できそうかどうか考えてみましょう。

5年後、10年後とキャリアを歩む中で、今の会社にいて自分がなりたい姿になれるでしょうか。

仕事で自己実現など必要ないという人もいますが、やはりなりたい自分になれるような会社でないと続けるのはきついです。

もし、このまま続けても自分の思い描くキャリアを歩めないのであれば、転職を考えるのも選択肢の一つと言えるでしょう。

入社当時に描いていた自分に、このまま続けてなれるでしょうか?

今の仕事は本当に自分がやりたいことか

今の仕事は本当にあなたがやりたかった仕事でしょうか

  • 仕事は辛いもの
  • 我慢していればいつか報われる
  • 他の仕事なんて自分にはできない

と考える人もいますが、果たして本当にそうなのでしょうか。

現在は仕事も多様化し、誰しもが自分のやりたいことを仕事にできる時代になりました。

適切なスキルを身につけたり、市場価値を高めることでなりたい自分になれるような状況にあります。

にも関わらず、本当にやりたいと思えない仕事で耐え続けるままで良いのかはよく考えた方が良いでしょう。

  • 自分に合った仕事は必ずある
  • 向いてない仕事を続ける必要はない
  • 30代ならまだやり直せる

30代はまだまだ可能性がある世代です。

自分で自分の首を絞めず、視野を広く持ってキャリアを計画し直してみましょう

今の仕事を本当にやりたいと思えるかどうか、しっかりと考えてみましょう!

適職かどうかを冷静に見極める

上記ではやりたい仕事かどうかについて記載しましたが、仮にやりたいと思えなくとも、適職かどうかは判断することができます。

例えば、特段面白みは感じないけれども、苦手ではないと思えるかどうかです。

誰しもが自分のやりたい仕事ができるわけではありません。

しかし、少なくとも苦手ではないような職に就くことはできます。

反対に、向いていない仕事をしていると極度のストレスが溜まります。

例えば営業が苦手なのに訪問があったり、反対に人と関わりたいのに事務仕事メイン行っている場合などです

人間、向き不向きがありますので、向いていないと思う場合は転職を検討したほうが良いかもしれません。

今の仕事が適職かどうか、考えてみましょう。
自分で判断するのが難しければ、無料で利用できる適職診断を利用してみるのがおすすめ!

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

無職期間を貯蓄でどれだけカバーできるか

また、お金の計算をしておくことも非常に大切です。

具体的には、今どれくらいの貯金があるのかを計算しておきましょう。

もし退職してから転職活動をする場合、無職期間を挟むことになります。

無収入になるのは想像以上にプレッシャーの掛かることです。

仮に無職になったとしてもしばらく生きていける蓄えがあれば焦らずに転職を進めることができるでしょう。

貯金額を計算して、どれくらい働かなくても生きていけるのか計算しましょう

転職して勝算はあるか

最後に、現状のスキルやこれまでのキャリアと照らし合わせて、転職活動で勝てそうか真剣に考えましょう。

30代の転職は現場での経験を求められたり、スキルを求められることが多いです。

そのため、転職して本当に成功できるかについては事前によく考えることが重要になります。

一番ダメなのは思い切りで退職してしまうことです。

勢いで退職してもし転職で上手くいかなければ完全に収入がなくなってしまいます。

まずは上記で解説したような対策を行い、転職や今後の方針を決めるようにしましょう。

現状のスキルや経験を見極めて転職活動に踏み切りましょう

仕事辞めたい疲れた30代は自分を見つめ直すことが大切

仕事辞めたい疲れた30代は自分を見つめ直すことが大切

仕事を辞めたいとお考えの30代の方は、自分自身を見つめ直すことが大切です。

ストレスが溜まると、とにかく頑張りすぎたり、耐えたりする人が多いですが、そうした行為はNGです。

ここでは、自分を見つめ直すことの重要性について解説していきます。

仕事を辞めたいと思う時、必ず理由がある

仕事を辞めたい時、必ず何かしらの理由があります。

あなたが辞めたいと感じている理由はなんでしょうか。

  • 本当は他にやりたいことがある
  • 仕事にやりがいを全く感じない
  • もっと輝ける仕事がしたい
  • どうしても上司と性格が合わない

など、人によって理由は様々でしょう。

しかし、こうしたことに目を向けず、人はとにかく我慢してしまいがちです。

辞めたいなんて甘えている

うまくいかないのは自分の努力が足りていない

など、自分を責めていませんか?

もしそうなら、自分自身の心に耳を傾けてみましょう。

ただひたすら耐えるのではなく、自分がどうしたいのかについて深く考えることが大切です。

人の評価を気にしてはいけない

行動基準が他人の評価になっていないでしょうか。

他の人の評価を気にして行動していると、いつまで経っても誰かにとって都合が良い存在にしかなれません

  • 仕事を辞めたいけど、他の人に迷惑が掛かる
  • 無職になったら家族からどう思われるか・・・
  • 世間体が気になって退職できない

など、自分で自分の首を絞めてしまっている人が非常に多いです。

しかし、誰かの評価を気にする必要はありません。

なぜなら、あなたの人生の責任は、あなたにしか取ることができないからです。

あなたが不幸になっても、他の人は責任を取れないんです。

それなのに、他の人の評価を気にしていつまでもやりたいことができないままで良いのでしょうか。

世間体さえ気にしなければ、人は自由になれます。

もし、気にしすぎていると思う方は、もう少し我儘になってみてはいかがでしょうか。

とにかく我慢するのは絶対にダメ!

なんでもかんでも我慢していませんか?

責任感が強い人ほど、とにかく自分を責めがちです。

もっと頑張らなくては

周囲の期待に応えないと

など、周りの評価を落とさないために頑張りすぎてしまいます。

しかし、我慢の果てにあるものは救いではなく破滅です。

ひたすら我慢し続け耐え続けたとしても、報われることはありません。

ストレスを溜め込みうつ病や適応障害になってしまうだけでしょう。

誰しも、向き不向きが存在しています。

もし、今現在の仕事が辛いと感じているのであれば、他の職場の求人も見てみることをおすすめします。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

仕事辞めたい疲れた30代、その理由とは?

仕事辞めたい疲れた30代、その理由とは?

仕事を辞めたいと考える30代の方は多いです。

実際、30代での転職は20代の次に多いというデータがあります。

つまり、この記事を読まれている仕事をやめるかお悩みの30代の方は、決して珍しいことではないのです。

ここでは、仕事を辞めたい30代の理由について詳しく見ていきましょう。

昇給や給料アップが望めない

30代にもなると、今の会社や組織で自分がどれほどのポジションに行けそうかおおよその想像がつく頃ではないでしょうか。

出世コースに乗っていれば良いですが、必ずしもそういうことばかりではありません。

普段の仕事は頑張っているものの、これ以上出世できないと感じている方も多いです。

また、出世できたとしても名ばかり管理職と言われるように、給料アップしないことも。

こうした状況だと仕事を辞めたいと思うのも無理はありませんよね。

出世コースに乗っていなかったり、今後の給料アップが見込めないと、辞めたいと感じる30代も多いです

モチベーションの低下

30代はモチベーションの低下も発生しやすい時期です。

20代から働き始め、まもなく10年が経過しようかという頃ですので、一通りの仕事は覚えているはず。

しかし、だからこそのマンネリ化も起きやすく、日々の業務にやりがいを見出せずにいる人も多いのではないでしょうか。

仕事に慣れすぎてマンネリ化しているという人もいます

将来への不安

これまでは生き生きと仕事をしてきたものの、漠然とし将来への不安を感じ始める人もいます。

「本当に自分のやりたかった仕事なのだろうか」

「このまま会社の歯車になるだけの人生なのか」

このように、会社に対する不信感や自分のやりたいことは何かについて考えを巡らせる人も。

40代や50代になると転職が難しくなることを踏まえ、今後のキャリアについて不安を感じてしまうケースも多いようです。

今の会社でこのまま終わるのか・・・?という不安を感じてしまうことも。

ストレス

30代にもなると、仕事にも慣れてきており、役職に就いている人も多いのではないでしょうか。

役職になると、20代の頃にはなかった様々なストレスを感じるようになります。

例えば、上司と部下の板挟みでストレスを感じている人も多いようです。

そうした立場的な苦しさゆえに、仕事を辞めて転職したいと考える方もいます。

30代は何かとストレスを感じやすい年代。辞めたいと感じる人も多いです

▶︎JAC Recruitmentの無料転職サポートはコチラ

仕事辞めたい疲れた30代の注意点は?

30代の転職における注意点は?

30代からの転職には注意しなければいけないことも存在しています。

具体的には次のことに気をつけましょう。

  • 転職の目的が曖昧だと危険
  • 20代の転職よりも狭き門になる
  • なるべく間隔をあけずに転職するのがベスト

転職の目的が曖昧だと危険

まず、転職の目的が曖昧だと危険です。

30代からの転職は20代と比べて慎重に考えていかなければなりません。

というのも、30代から転職した場合にはそのあと何度も転職できるわけではなく、本当にキャリアとして必要な選択なのかよく考えなければならないからです。

そのため、曖昧な気持ちで転職してしまわないように注意することが大切と言えるでしょう。

なぜ転職するのか、どんなことがしたいのかまで綿密に考えた上で行動に移してください。

転職する際には、しっかりとした軸を持って行うようにしましょう

20代の転職よりも狭き門になる

30代の転職は20代の頃と比べて狭き門となることも注意しなくてはなりません。

求人としても即戦力や何かしらのスキル、キャリアを求められることも多く、なんの技術もなければすんなりと転職できないケースもあります。

もし不安であれば、転職エージェントに登録しておき事前にリサーチを行ったり、スクールに通うなどしてスキルを身につけておくことが大切です。

重要な選択だからこそ、事前準備を怠らないようにしましょう。

20代よりも難易度は高まるので、転職エージェントなどのサービスを活用しましょう

なるべく間隔をあけずに転職するのがベスト

30代の転職では、なるべく間隔をあげずに行うのが良いです。

間隔を空けてしまうと面談の際に不利になってしまうということもありますが、収入面で不安があると焦って転職活動をしてしまいがちになります。

また、家族がいれば不安を与えてしまうことにつながるでしょう。

以下でも解説するように、転職エージェントなどをうまく活用しながら無職期間を作らずに転職することをおすすめします。

無職期間を作らずに転職活動を行うのがおすすめ!

▶︎JAC Recruitmentの無料転職サポートはコチラ

仕事辞めたい疲れたと感じる30代の転職事情は?

仕事を辞めたい、疲れたと感じる30代の転職事情は?

では、ここからは実際に30代で転職を検討している方の実情や、意見などについて見ていきましょう。

30代からの転職に不安を感じている方も多いと思いますが、実際の声を把握しておくことで転職に備えることができます。

実際の30代の意見と実情とは?

まず、30代で転職した人の声と、30代後半の方に向けた注意点をご紹介します。

転職する際に不利だと感じた人は少数

30代からの転職に不安を感じている方は多いと思いますが、実情は少し異なるようです。

リクナビNEXTが実施したアンケート結によれば、転職をスタートさせた30代の方の6割程度が3ヶ月以内に転職を成功させています。

つまり、30代であっても必ず転職に不利となるとは言えないことが分かるでしょう。

ただし、あくまでもデータ上の結果であるため、事前準備や対策をしっかりと行うことは重要です。

30代後半からの転職は要注意

これから転職を検討されている場合、30代前半か、後半かによっても状況は異なるでしょう。

特に、30代後半の方であれば転職先でマネジメント経験が求められる可能性が高いです。

これまでと同じ業界であれば転職する上で有利でしょうが、全くの未経験業種となると難易度は高まってしまうでしょう。

これまでの経験と照らし合わせた上で、今後本当に転職して良いかについて考えることが大切です。

30代後半からでも転職に成功できる人の特徴は?

では、ここからは30代後半からの転職であっても、うまくいく人の特徴を解説していきます。

次の3つのポイントを押さえておくことで、転職成功率を高めることができるでしょう。

転職に向けた準備を怠らない

まず、自分自身のスキルを棚卸ししたり、転職先企業のリサーチを徹底するなど、転職に向けた準備を怠らないようにしましょう

同じ30代の方が面接を受けた時、当然スムーズに受け答えができたり、これまでの経験をうまくアピールできるような人が採用されます。

相手先の会社理念や求める人材像に合わせた面接対策を行うことが大切です。

隙間時間をうまく活用する

30代の方は働きながら転職活動を行うケースが多いでしょう。

普段の業務と並行して転職活動を行うのは簡単なことではありません。

通勤時間や休憩時間など、隙間時間をうまく活用しながら転職先の情報収集を行うことが大切です。

こうした時間を作り出すのが難しかったり、一人で対策するのが厳しい場合には転職エージェントなどをうまく活用して転職すると良いでしょう。

意志をしっかり持っている

転職先でどのようなことを貢献できるかについてアピールできれば採用されやすいです。

そのためには、自分にできることや今後のキャリアでやりたいことを入念に考えておく必要があります。

意志もなく、ビジョンもないような人を採用したいとは思いません。

事前に自分の気持ちや考えをまとめておき、面接ではそうしたことをしっかりと伝えられるようにイメージしておきましょう。

30代におすすめの転職方法は?

30代の方が転職する場合、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

現代では転職サービスも充実しており、利用すればスムーズに転職を進めることができます。

おすすめの転職エージェントについては以下でご紹介しますので、参考にしてください。

仕事辞めたい疲れた30代が利用すべき転職サービスは?

ここからは、仕事を辞めたいと考える30代の方におすすめの転職サポートサービスについてご紹介していきます。

リクルートエージェント

今現在、仕事を辞めたいとお考えの30代の方は、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

転職エージェントを利用すれば、次のようなメリットがあります。

転職エージェントに登録するメリット
  • 無料で転職サポートをしてもらえる
  • 市場に詳しいアドバイザーに相談することができる
  • 面接の日程調整も行ってもらえる

転職エージェントを利用すると、無料でアドバイザーに相談することができます

僕も利用したことがありますが、面談の時間を設けてもらえて丁寧に話を聞いてもらえました。

未経験の業界の情報も教えてもらうことができます。

また、実際に転職活動を行う場合にはスケジュール調整まで行ってもらえるので、普段の仕事が忙しくても働きながら転職を進められます

無料で利用でき、登録しても必ず転職する必要はないので、まずは無料で登録しておくのがおすすめです。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

みんなのエージェント

みんなのエージェントは30~40代に特化した転職エージェントです。

ハイクラス求人から未経験の職種まで、幅広く取り扱いがあります。

こちらの転職エージェントの特徴は担当してくれるエージェントを指名することができる点にあります。

自分に合ったエージェントを利用者が指名できるため、最適なエージェントを選択することができます。

また、エージェントは何人でも指名して相談可能です。

会員登録は無料となっているため、まずはお気軽に利用してみてはいかがでしょうか。

▶︎みんなのエージェントに相談してみる

doda

dodaエージェントは転職のイベントやセミナーなど、転職に関するスクールが充実しているエージェントサービスです。

セミナーでは、

  • 転職をスムーズに進めるポイント
  • 転職に向けた心構え
  • 転職先の決め方

など、さまざまなことをアドバイスしてもらえます。

個々の強みやキャリアに合わせて適切なフォローをしてもらえるので、まずは気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

▶︎今すぐdodaに登録して求人を見てみる

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、30~50代の転職をターゲットにしているハイクラスの転職エージェントです。

これまでに管理職経験のある方や外資系の企業に興味のある方におすすめのサービスとなっています。

利用者の要望やニーズをしっかりと把握した上で転職サポートを行なってもらえます。

▶︎JAC Recruitmentの無料転職サポートはコチラ

パソナキャリア

パソナキャリアの特徴は、女性に関するサポートが徹底されていることです。

パソナキャリアには女性活躍推進チームが用意されており、女性への転職サポートが非常に充実しています。

また、元々は人材派遣事業を展開していた会社であるため、多種多様な業界にパイプを持っています。

質の高い求人が多いので、信頼度の高い企業に応募したいという方は利用してみると良いでしょう。

大手総合型転職エージェント【パソナキャリア】

明日仕事に行くのも辛い方へ

この記事を読まれている方の中には、明日会社に行くのも辛いと考えている方もいらっしゃるかもしれません。

もし、死にたいほどに疲れているのであれば退職代行サービスを利用してください

退職代行とは?

退職代行は自分の代わりに業者が退職の手続きを請け負ってくれるサービスです。利用すれば明日会社に行く必要がなくなります。ストレスなく退職したいとお考えの方におすすめ

死ぬくらいならどんな手法を使ってでも退職した方が良いです。

僕自身もかなり仕事で追い込まれた経験がありますが、一度退職し、業種を変えることで今は毎日楽しく生活しています。

どうしても辛い場合は以下のリンクから代行を利用できるので、一度無料相談をしてみてはいかがでしょうか。

▶︎後払い可能な退職代行「辞めるんです。」に無料相談してみる

よくある質問

仕事を辞めたい30代は辞めない方が良い?

辞めるべきかどうかは人によります。

しかし、辞めたいという気持ちが少しでもあるのであれば、我慢し続けるだけではいけません。

  • なぜ辞めたいのか?
  • 何が辛いのか?
  • 自分は今後どうしていきたいのか?

など、根本的な問いを自分に向けることが大切です。

自分がどうしたいのかを明確にして、今後どうすべきか考えるようにしましょう。

辞めた方が良いケースは?

  • ストレスを溜めすぎて病気になりかけている
  • 会社の労働環境が劣悪すぎる
  • 陰湿ないじめやパワハラ、セクハラを受けている
  • 他にやりたいことが明確になっている

などの場合は仕事を辞めた方が良いでしょう。

上記の内容に当てはまらない場合でも、自分が辞めたいという気持ちを持っているのであれば退職も視野に入れておくのが賢明です。

転職を成功させるためには?

転職を成功させるには、

  • 自分の適性について真剣に考える
  • 信頼できる人に相談する
  • 転職先を事前に探しておく
  • なるべく働きながら転職活動する

などが大切です。

勢いで退職してしまうのではなく、転職活動を開始する前に適性を分析したり、転職先を探したりしておくようにしましょう。

まとめ

30代は働き始めて10年ほど経過する頃であり、誰しもが悩みやすい時期です。

しかし、勢いや感情だけで転職や退職してしまうと後からの後悔に繋がりかねません。

もし、これから転職をお考えになるのであれば、冷静に状況を分析した上で転職活動を開始するのが良いでしょう。

不安であればスクールに通ってスキルを身につけておくのも選択肢の一つです。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました