仕事(会社)辞めたい疲れた30代が辛い状況で行うべき対策10選とは?

仕事辞めたい疲れた30代 退職

仕事を辞めたい、もう疲れた

30代で転職するのは厳しい?

など、お悩みではないでしょうか。

30代で転職に悩まれる方は多いです。

今回の記事では、仕事を辞めたい、疲れたと感じている30代の方に向け、具体的な対策をご紹介していきます。

この記事を書いている人
カケル
カケル

元高校教師。現役WEBライター。
3年間教員として勤め、激務により体調を壊す。

現在はお仕事に役立つメディアを発信中。

  1. 仕事(会社)を辞めたい疲れた30代が行うべき対策とは?
    1. まずはゆっくり休む
    2. 趣味に没頭してみる
    3. 嫌なことを書き出してみる
    4. 自己分析を徹底する
    5. キャリア診断を受けてみる
    6. 転職先を探してみる
    7. キャリアコーチングを受けてみる
    8. スキルアップしてみる
    9. 副業してみる
    10. 明日会社に行くのも辛いなら退職代行を利用する
  2. 仕事(会社)を辞めたい疲れた30代。退職の判断基準5選
    1. やりがいを感じるかどうか
    2. 将来のキャリアと一致しているか
    3. 家族の同意を得られているか
    4. 精神的に追い込まれていないか
    5. あと2〜30年続けられるか
    6. 労働時間が長い
  3. 30代の転職は難しいの?
    1. 30代で転職する人はどれくらいいるの?
    2. 35歳が一つの分岐点になる
  4. 30代で転職するのが厳しい人とは?
    1. これまでの経験やスキルが不足している
    2. 企業のリサーチが足りない
    3. 自己分析ができていない
    4. これまでの転職数が非常に多い
    5. 完全未経験の職種に転職しようとする
  5. 仕事(会社)辞めたい疲れた30代が転職を成功させるには?
    1. 今後の方針を明確にする
    2. 自分の適性について理解する
    3. 信頼できる人に相談する
    4. スキルアップする
  6. 仕事(会社)辞めたい疲れたと30代で感じている人の声
  7. 仕事(会社)辞めたい、疲れたと思う理由とは?
    1. 人間関係が辛い
    2. 給料が安い
    3. 出世できない
    4. やりがいを感じない
    5. 体力的にきつい
    6. 家庭と両立が難しい
    7. 他にやりたいことができた
    8. 会社の将来が不安
  8. 退職した方が良い場合とは?
    1. 人間関係が劣悪すぎる
    2. 会社の将来性が危うい
    3. ブラック企業に勤めている
    4. 精神を病んでいる
  9. 退職しない方が良い場合とは?
    1. 結婚で退職しようとしている
    2. 辞めたい理由がはっきりしていない
    3. 無計画な退職
  10. 転職で失敗するパターンとは?
    1. なかなか転職先が決まらない
    2. 転職できても同じ理由で辞めてしまう
    3. 収入が下がった
    4. 思っていた仕事と違った
    5. 転職前は役職があったが、平社員になってしまった
    6. 家族からの同意が得られない
  11. まとめ
      1. カケル
      2. 最新記事 by カケル (全て見る)

仕事(会社)を辞めたい疲れた30代が行うべき対策とは?

仕事を辞めたい疲れた30代が行うべき対策とは?

では、ここからは仕事を辞めたい、疲れたと感じている30代の方が行うべき対策について解説していきます。

今現在、仕事にお悩みの方は以下のことに取り組んでみましょう。

まずはゆっくり休む

仕事を辞めたい、疲れたと感じている30代の方は、まずゆっくりと休むことが大切です。

あなたは今、次のような状況に陥っていないでしょうか?

  • 毎日夜遅くまで残業している
  • 土日も関係なく働いている
  • いつも仕事のことばかり考えている

もし、このような状態になっているのであれば、ひとまず1日休暇を取りましょう。

常に仕事に追われていると、どうしても冷静な判断力を失ってしまいます。

仕事を頑張ることも大切ですが、時にはゆっくりと休むことも必要です。

有給や土日の休暇を利用し、1日何もしない日を作ることをおすすめします。

何も考えずぼーっとしてみるだけでも、かなり気持ちが安らぐはずです。

趣味に没頭してみる

また、趣味がある場合にはそれに没頭してみるというのもおすすめです。

現在、ハマっていることがあれば、休日は趣味に使ってみると良いでしょう。

  • スポーツをして汗をかく
  • 友達と旅行にいく
  • パズルやゲームに没頭してみる

など、どのようなことでもありません。

とにかく仕事から離れることで、ストレスを緩和することができます。

趣味がない人は、何かしらの趣味を探してみるのも良いでしょう。

難しく考えず、フラッと外出するだけでも構いません。

うまく仕事から離れて、オンオフを切り替える癖を作ることも大切です。

嫌なことを書き出してみる

今の仕事について、どのようなことが嫌なのか書き出してみる方法もあります

あなたは、今の仕事についてどのようなことが不満なのでしょうか。

人によっても異なると思いますが、何かしらのストレスを抱えているはず。

  • 上司や同僚との関係がうまくいかない
  • クライアントのお付き合いが辛い
  • 仕事内容がキツい
  • 労働時間が長すぎる

など、さまざまなお悩みを抱えている方も多いでしょう。

こうしたことを、紙に箇条書きしてみましょう。

不思議と、悩みを視覚化するだけでも気持ちが落ち着くものです。

自己分析を徹底する

自己分析を行ったことはあるでしょうか。

自己分析とは、自分自身について理解を深め、適性や適職について考えることを言います。

「自分のことは自分が一番知っている」

「自己分析なんて時間の無駄」

そのようにお考えの方も多いです。

しかし、自己分析を軽く見てはいけません。

そもそも、今の仕事が辛いのも、自分の適性とマッチしていない仕事である可能性が高いからです。

自己分析を行うことで、本当に向いている仕事やうまくいかない原因を把握することができます。

  • 自分が本当にやりたいこと
  • 苦手なことや、絶対にできないこと
  • 長期的に続けられそうな仕事

などを紙に書き出してみましょう。

俯瞰的に自分を見つめることで、新たな可能性を発見することに繋がります。

キャリア診断を受けてみる

上記では、自己分析の重要性について解説しました。

ただし、自分一人で行える自己分析には限界があります。

また、自分の適性について理解できても、”適職”について把握するのは難しいものです。

そこで、自己分析に加えて、適職診断も行っておくのが良いでしょう。

VIEWなどの無料アプリを利用すれば、あなたの適職について3分程度で診断することが可能です。

キャリア診断を受ければ、一目で分かるようにあなたの天職を分析してもらえます。

利用は完全無料となっているため、まずは気軽に診断してみてはいかがでしょうか。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

転職先を探してみる

今現在、少しでも仕事に不満を感じているのであれば、事前に転職先を探しておくと良いでしょう。

今すぐに転職しない場合でも、今から転職先を探しておくと多くのメリットがあります。

  • 今の仕事以外の職種も選択に入れられる
  • 他の職場の条件について把握できる
  • アドバイザーに相談できる
  • 自分の適正年収を査定できる

転職エージェントに登録しておくことで、今の仕事以外にも視野が広がり、心理的にも楽になります。

まずは無料登録を行い、求人をチェックしてみてはいかがでしょうか。

▶︎リクルートエージェントで求人チェックしてみる

キャリアコーチングを受けてみる

  • 転職したいけど、やりたいことが見えない
  • 自分自身の適職について、専門家のアドバイスがもらいたい
  • カリキュラムに沿って自己分析を深めたい
  • そもそも、転職すべきかどうか迷っている

など、適職について不安があったり、転職すべきかどうかお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そのような方は、キャリアコーチングを受けてみるのがおすすめです。

コーチングを受けると、キャリア形成のプロのアドバイスをもらいながら、自分の適職について理解を深めることができます。

初回診断は無料で行われているため、気になる方は気軽に申し込んでみてはいかがでしょうか。

また、以下の記事ではキャリアコーチングの体験談も紹介しているので、参考にしてみてください。

▶︎ポジウィルキャリアに無料相談してみる

スキルアップしてみる

30代で働かれている中には、今の仕事で何のスキルも習得できず、不安を感じている方も多いのではないでしょうか。

  • 今の会社で働き続けても、レベルアップできない
  • 独立したいけど、何のスキルもなく不安
  • 転職で有利になるスキルを習得したい

そのような方は、個人でスキルアップしてみるのがおすすめです。

現代では終身雇用制度が崩壊し、老後の年金だけでは生活することが難しいと言われています。

誰しも、個人でスキルアップしていき、独自の収入を得ることで強みにすることができます。

中でも現在、最も需要が高まっているのは「動画編集スキル」でしょう。

みなさんご存知の通り、YouTubeのユーザーが増えており、動画編集者の需要は高まっている状況です。

動画編集は、

  • プログラミングよりもハードルが低い(習得しやすい)
  • 副業との相性が抜群に良い
  • スクール料金がプログラミングスクールより安い(月額6200円から受講可能)

など、スキル習得にお悩みの方にピッタリのスキルです。

「デジハク」などのサービスを利用すれば、月額6000円台から学習が行えます。

全ての年代の方におすすめできるスクール(10代〜60代まで)ですので、まずは無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

▶︎未経験でも安心オンライン動画制作スクール【デジハク】に無料相談してみる

副業してみる

  • 転職するほどではないが、何か新しいことがしてみたい
  • 自分で稼げるスキルが欲しい
  • ゆくゆくは独立も狙いたい

など、個人でのスキルを高めてお金を稼ぎたい方は、副業がおすすめです。

転職するのは大きな決断になりますし、なかなか誰でもできることではありません。

すでに世帯を持っている男性の方や、一人暮らしの女性の方は金銭的な不安もあるはずです。

そうした方でも、副業であれば誰にも迷惑をかけずにスタートできます。

先ほど紹介した「デジハク」などを受講すれば、早い方なら数ヶ月程度で案件獲得が可能です。

プログラミングスクールの4分の1くらいの資金で受講できますし、働きながらスキルを習得し、副業してみたい方には本当におすすめのサービスとなっています。

▶︎未経験でも安心オンライン動画制作スクール【デジハク】に無料相談してみる

明日会社に行くのも辛いなら退職代行を利用する

この記事を読まれている方の中には、

  • 明日会社に行くのも辛い
  • 死にたいほど、気持ちがきつい
  • 情緒不安定になっている
  • 退職したいけど、会社から拒否される

など、さまざまな理由で追い込まれている方もいらっしゃるはず。

もし、明日どうしても会社に行くのが辛い方や、精神的に追い詰められている方は、退職代行を利用しましょう

代行を利用することで、明日会社に行かずに済みます。

上司や同僚と顔を合わせずに退職できるため、ストレスをかけずに退職可能です。

まずは無料相談を行ってみてはいかがでしょうか。

▶︎弁護士法人みやびの退職代行サービス

仕事(会社)を辞めたい疲れた30代。退職の判断基準5選

仕事を辞めたい疲れた30代。退職の判断基準5選

仕事を辞めたい、疲れたと感じていたとしても、なかなか退職に踏み切るのは簡単ではありません。

ここでは、仕事を辞めたい、疲れたと感じている30代の方が、退職すべきかどうかの判断基準について解説していきます。

やりがいを感じるかどうか

まず、今の仕事にやりがいを感じるかどうかについて考えてみましょう。

あなたは、今の仕事についてやりがいを感じているでしょうか

もし、あまりやりがいを感じていないのであれば、退職も視野に入れてみるべきかもしれません。

  • 他の人に感謝されると嬉しい
  • 仕事は楽ではないが、達成感がある
  • 日々成長を感じている

など、人間は何かしらのやりがいを感じていなければ、継続的に仕事をこなすのが難しいです。

30代ですでにやりがいを感じないのであれば、この先の長い業務に耐えられないかもしれません。

将来のキャリアと一致しているか

あなたのキャリアは、今後も続いていきます。

40代、50代と、まだまだ長いです。

人によっては、これからのキャリアについて何らかの目標がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

例えば、

  • 将来的に独立したい
  • 出世したい
  • 早期退職して悠々自適に暮らしたい

など、その目標はさまざまでしょう。

しかし、現状の仕事の延長戦が目標と一致していなければ、辿り着くことはできません。

独立したいのに何のスキルや人脈も得られていないのであれば、その目標を達成することは難しいでしょう

キャリアと照らし合わせ、今後どうすべきか考えてみてはいかがでしょうか。

▶︎DODAに無料登録して年収査定をしてみる

家族の同意を得られているか

すでに世帯を持っている方や、女性の方で配偶者がいる方も多いのではないでしょうか。

30代ともなれば、仕事は自分一人の問題ではない可能性も高いでしょう。

独り身であれば問題ありませんが、家族がいる場合にはよく相談してから決めるようにしましょう

何の相談もなしにいきなり退職してしまうと、後から問題に発展するケースも少なくありません。

精神的に追い込まれていないか

退職すべきかどうかの判断基準として、「精神的なストレス度合い」が挙げられます。

現在、あなたは過酷な環境下で追い込まれていないでしょうか。

もし、以下のような状態になっているのであれば、すぐさま退職すべきであると言えます。

  • 理由もないのに涙が出てくる
  • 死にたいと感じることがある
  • 情緒不安定になっている
  • 会社に行く前に吐き気がする

このような症状が出ているのであれば、うつ病や適応障害になっている可能性も考えられます。

退職代行を利用しても良いので、すぐさま今の職場から逃げましょう。

あと2〜30年続けられるか

30代はまだまだ年代的に若い世代です。

あと2〜30年は働き続ける必要がありますし、やりがいも感じず、何の楽しみも見いだせない仕事をそれだけの期間ずっと続けるのは簡単ではありません

自分自身の問題になりますが、もし、それだけ長期間続けられそうにないのであれば早めに退職も検討した方が良いでしょう。

30代からの転職であれば、WEBマーケティング業界などの転職も人気です。

WEBマーケターエルモさんのマーケとキャリアの攻略法では、WEBマーケティング業界への転職に強いサービスなどが紹介されています。

マーケティング系に転職をお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

▶︎Webマーケティング転職に強い転職エージェント&転職サイトオススメ11選!【2022年9月最新】

労働時間が長い

今の職場の労働時間は適切なものでしょうか。

毎日遅くまで働かされていたり、土日も当たり前のように出勤していませんか?

もし、そうした職場で働いているのであれば、他の職種も検討した方が良いでしょう。

遅くまでの残業や土日の出勤は労働基準法に違反している可能性もあります。

他の求人などにも目を通し、もっと働きやすい職場を見つけてみてはいかがでしょうか。

30代の転職は難しいの?

30代の転職は難しいの?

ここからは、30代の転職は実際のところ難しいのかどうかについて解説します

データなどを参照しながら解説しますので、参考にしてください。

30代で転職する人はどれくらいいるの?

まずご紹介するのは、30代の転職者数です。

総務省統計局が発表しているデータによると、以下のような転職者数となっています。

年齢転職者数
15~24歳約65万人
25~34歳約78万人
35~44歳約65万人
45~54歳約53万人
55~64歳約53万人
65歳以上約20万人

全体としては、25歳〜44歳までの年齢が一番転職者が多いようです。

▶︎DODAに無料登録して年収査定をしてみる

35歳が一つの分岐点になる

30代の転職と言っても、30代前半なのか、それとも後半なのかによって状況が異なってきます

というのも、

  • 30~34歳・・・ポテンシャルを重視した採用になる傾向
  • 35~39歳・・・管理職経験やスキルなど、実績重視の採用

になるのが一般的と言われるためです。

30代前半であれば、20代後半とあまり変わりなく、体力やコミュニケーション能力など、若さを重視した採用基準となる傾向にあります。

しかし、30代後半になるとこれまでの管理職経験や特別なスキルなどを求められる傾向にあるでしょう。

このように、35歳が一つの基準として作用することになりそうです。

30代で転職するのが厳しい人とは?

30代で転職するのが厳しい人とは?

上記では同じ30代でも35歳を一つの基準として傾向が異なることを解説しました。

しかし、年齢によってだけではなく、転職するのが難しい人の特徴もあります。

ここでは、具体的な特徴について見ていきましょう。

これまでの経験やスキルが不足している

多くの企業では、30代で経験や実績、資格、スキルといった何かしらの強みが求められることが多いです。

しかし、そういったものを何も持っていないと、転職が成功する可能性は下がってしまうでしょう。

ただ、自分自身ではそうした強みを理解していないというケースも多いです。

「自分にはなんのスキルも、実績もない・・・」

と思っていても、実はコミュニケーション能力が優れていたり、隠れた才能を持っていることも

もし、自分の強みがよく分からないのであれば、コーチングなどを受けてみるのが良いでしょう。

プロの第三者に相談することで、自分でも気がついていない強みなどを発見することに繋がります。

▶︎キャリアに特化したコーチング・サービス【POSIWILL CAREER(ポジウィルキャリア)】

企業のリサーチが足りない

企業のリサーチが不十分で、転職がうまくいかないパターンも多いです。

例えば、

  • 企業で求められている人材を理解できていない
  • 面接対策を怠っている
  • 自分の強みをうまくアピールできない

転職に失敗するよくあるパターンとして、”企業が求めている人材”と、”応募者の適性”のミスマッチが挙げられます

応募している人が技術職向きであるのに、営業職などに応募しても採用されることはありません。

こうしたミスマッチは、事前の企業調査を行っていれば防ぐことができます。

転職活動を開始する前に、まずは企業のリサーチを徹底することから始めてみてはいかがでしょうか。

自己分析ができていない

上述したように、ミスマッチが生じた時に転職は失敗してしまいます。

そうしたリスクを下げるためには、自分自身の分析を行っておくことが欠かせません

自分の適性や向いていると思う職種についてはしっかりと分析しておくようにしましょう。

上記でも紹介した、適職診断アプリなどを活用すれば無料で適職診断を行うことができます

まずは自己分析のツールとして、無料診断してみてはいかがでしょうか。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

これまでの転職数が非常に多い

これまでの転職回数があまりに多いと、採用する側からすると敬遠されてしまいがちです。

例えば、4回、5回と転職歴があると、

「長続きせずに、すぐ転職しそう・・・」

「辞め癖がついているのではないだろうか・・・」

などと悪い印象を与えてしまいます。

キャリアアップやスキルアップなど、ポジティブな転職歴であれば問題ありませんが、ネガティブな転職を繰り返している人は面接でもしっかりと理由を説明できるように対策を行うことが大切です。

完全未経験の職種に転職しようとする

30代からの転職は、なるべく未経験の職種は避ける方が良いです。

先ほども解説したように、30代の方であればなるべく即戦力を取りたいと考える企業が多いです。

もし、未経験の業種にトライするのであれば、なるべく若い人を取るでしょう。

ライバルに20代の人がいた場合、よほどのことがない限りそちらの人材を優先します。

こうしたことから、できるだけこれまでと同じ業種で転職を行う方が得策です。

未経験の業種にトライしても良いですが、その際は事前にスキルを習得するなどの対策が必要になるでしょう。

例えば、IT系にトライする場合にはスクールに通っておくなどです。

また、最近では転職保証のついているスクールもあるため、そうしたスクールを検討してみるのも選択肢の一つです。

合わせて読みたい

プログラミングスクールで転職保証があるのは?おすすめスクールを解説

仕事(会社)辞めたい疲れた30代が転職を成功させるには?

仕事辞めたい疲れた30代が転職を成功させるには?

現状、仕事を辞めたい、疲れたと感じている30代の方が転職を成功させるには、さまざまなポイントがあります。

主に、以下のことを押さえておくと良いでしょう。

今後の方針を明確にする

退職してしまう前に、今後の方針について明確にしておきましょう

今後の計画を立てずに退職してしまえば、これからどうすれば良いのか分からなくなります。

主に、以下のようなことはあらかじめ決めておくようにしましょう。

  • どの業種に転職するのか
  • 3年後にどうなっていたいのか
  • 今回の失敗を次の転職にどう生かすべきか

まず、身近な将来のことについてはしっかりと考えておきましょう

5年,10年先のことを考えるのは大変です。

しかし、3年後くらいまでなら現実的に想像することは難しくありません。

  • ライフワークバランスを整えたい
  • スキルアップしたい
  • 収入を上げたい

など、大まかな目標で構いません。

小さな目標を設定し、そこから逆算して就職すべき業種を絞りましょう

また、今回の失敗を次回の転職にどう生かすのかも大切です。

“何がうまくいかなかったのか”ということを明確にした上で、転職活動を進めるのが良いでしょう。

自分の適性について理解する

上記でも述べましたが、自分自身の適性について理解しておくのは非常に重要です。

そもそも、今回の仕事も自分の適性を把握していなかったからこそ、失敗してしまった可能性があるでしょう。

そのため、”自分にできること”と、“自分にはできないこと”の両方についてしっかりと考えなければ、次の仕事についても同じような失敗を繰り返すことになります

自分で分析するのが難しければ、先ほどもご紹介した適職診断アプリVIEWなどを利用するのがおすすめです。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

信頼できる人に相談する

転職について、一人で悩んでいないでしょうか。

仕事で忙しい日々を送っており、精神的にも追い詰められている状況だと、冷静な判断を行うのは難しいです。

  • 友人
  • 同僚
  • 上司

など、誰でも良いので信頼できる人に相談しましょう。

自分一人の頭で考えていても、なかなか良いアイデアは浮かんできません。

誰かに悩みを話すことで、考えも整理することができます。

もし、身近に相談する人がいないのであれば、コーチングなどを利用するのも選択肢です。

▶︎ポジウィルキャリアに無料相談してみる

スキルアップする

上記でも解説したように、30代の転職は即戦力となる経験やスキルが求められることも多いです。

そのため、これまで特筆すべきスキルがないことをネックに感じている方も多いのではないでしょうか。

もし、そう思っているのであれば、今の会社に所属しながらスキルアップするのがおすすめです。

動画編集など、需要の高まっているスキルを習得することで転職にも有利になります。

また、個人で副業を行うという選択肢も持つことができますので、今後の展望を広げることができるでしょう。

仕事(会社)辞めたい疲れたと30代で感じている人の声

仕事辞めたい疲れたと30代で感じている人の声

ここからは、ネット上にあった30代で仕事を辛いと感じている人の声を紹介していきます。

久しぶりに仕事きつい。どういうキャリアを進むのか悩む。30代になったばかりで月収60万超えなんてなかなかない。その分、辛いし忙しいしこのまま続けていくべきなのか。新しい一歩もいいんじゃないか。分からない!

Twitterより

仕事きついのもだけど、年齢からくる体力低下かな・・・。
身体鍛えないと30代から目に見えてやばいなー
夜ふかしとか本当にきつい

Twitterより

今日は仕事辛い。疲労が・・・。
まさかの昨日は土曜日、休出(泣)
残業1週間やると、30代のカラダは死ぬ・・・。

Twitterより

仕事辛いwww
バカみたいに飲んで辛すぎるから、げぇして寝ます笑
ずっとやって来てるけど、30代になってほんと辛い泣
あと2時間後には起きます・・・。

Twitterより

やはり、

  • 30代になって体力面できつい
  • 残業がきつい
  • 睡眠時間がなくてきつい

などの声が多いようです。

仕事(会社)辞めたい、疲れたと思う理由とは?

仕事を辞めたい、疲れたと30代で感じる理由とは?

30代は、社会に出てから10年以上が経っています。

長い間仕事をしていると「もう辞めたい、疲れた」と思うこともありますよね。

ここからは、30代が仕事を辞めたいと思う主な理由を6つ紹介します。

人間関係が辛い

まず、仕事を辞めたい最も多くの理由として人間関係上の悩みが挙げられます。

職場によってお悩みはさまざまですが、30代は管理職になっているケースも多く、板挟みの関係性に悩まれている方もいらっしゃるようです

  • 上司との人間関係が辛い
  • 部下が言うことを聞かない
  • 同僚と性格が合わない

など、職場の人間関係が嫌で、仕事を変えたいと思われる方もいます。

給料が安い

働く上でどうしても切り離せないのが、給料の問題です。

どれほどやりがいのある仕事だったとしても、給料が安すぎるとモチベーションが上がりませんよね

もし、現状の仕事に対して収入面での不満を感じているのであれば、他の仕事も検討してみることをおすすめします。

出世できない

30代になってから仕事を辞めたいと思う理由には、思うように出世できないということがあります。

30代になれば、他の会社で働く友人や、会社の同期が出世したという報告を受けることも多いです。

しかし、時間が経てば誰もが出世できるというわけではありません。

  • 出社しにくい会社で働いている
  • 今の仕事が向いておらず、結果が出せない
  • 会社の評価システムがあいまい

こういった状況に陥っている場合、周りとの差を感じて辛くなってしまうことも。

年齢的に責任は増える一方、出世できず給料も上がらないと、仕事辞めたいと思ってしまいます。

やりがいを感じない

20代の頃は、入社して毎日新しいことに触れながら仕事を覚え、一生懸命働きます。

入社当時はできなかったことができるようになり、やりがいを感じることも多いでしょう。

しかし、30代はある程度仕事に慣れてくる時期です。

仕事の要領もある程度つかみ、新しいことに触れる機会も減るでしょう。

できるのが当たり前として扱われるので、上司や同僚から自分の仕事ぶりを評価される機会も減ります。

仕事がマンネリ化することでやりがいを感じにくくなり、辞めたいと考えてしまいます。

体力的にきつい

「デスクワークワークで、肩こりや目の疲れがひどくなってきた」

「体力仕事なので、最近の仕事終わりは一気に疲れがくる」

30代になると、身体が20代の頃のように若くはないので、疲れを感じることが増えます。

体力の低下を感じ、今の仕事がきついと感じてしまうことも。

部署移動をしたり業務内容を変更できたりするのであれば、仕事を辞めずに済みます。

しかし、実際は思うように異動できないことの方が多いです。

体力的にきついと、モチベーションが下がってしまい、仕事を辞めたいと思ってしまいます。

家庭と両立が難しい

30代は、ライフスタイルが大きく変化する時期です。

多くの人が結婚して家庭を持ち、子供を育てるようになります。

育児や家事をしながら仕事をしていると、休日は遊んだり休んだりする暇がなくなってしまいます。

その上30代は、親も高齢になって病気がちになったり、介護が必要になったりする年代です。

家庭を維持するだけでも大変なので、仕事を続けることが困難になり、30代で退職する人も多いです。

家庭の負担が増えていくと、仕事を辞めたいと考えてしまいます。

他にやりたいことができた

30代になると社会に出て10年以上経つので、さまざまなことを経験します。

その中で、自分の生き方や仕事を見つめ直し、本当にやりたいことを見つける場合も。

30代は、すでに家庭や家族に責任がある人も多く、やりたいことをやるのはリスクが大きいでしょう。

しかし、40代になってしまうと、リスクはさらに増えます。

新しいことを始めるのは、できるだけ早いうちが良いと思い、ポジティブな理由で仕事を辞めたいと考える場合もあります。

会社の将来が不安

20代の頃はまだ経験も浅く、会社についてもわからないことが多いです。

しかし、年齢を重ねるうちにさまざまなことを知る機会があります。

同期が転職に成功するのを目の当たりにしたり、違う仕事で輝いている友人の話を聞いたりすることも。

会社の体制のおかしな部分や、自分が働く業界の将来性のなさに気づいてしまい、不安になってしまうこともあります。

「自分はこの会社で働き続けていいのか?」

「勢いのある業界に転職したら、もっと待遇が良くなるのではないか?」

このように考えてしまうと、会社を辞めたくなるでしょう。

退職した方が良い場合とは?

30代で仕事を辞めるかどうかは、究極の選択です。

仕事を辞めたい理由はさまざまですが、その中でも退職した方が良い場合について解説します。

自分の状況が当てはまっているのか確認しましょう。

人間関係が劣悪すぎる

社会にでると、さまざまなタイプの人と一緒に働くことになります。

全ての人とうまくやっていくのは、正直に言うと難しいです。

仕事を辞めた方がいい場合は、職場の人間関係が以下のように劣悪な場合です。

  • 仲間はずれをする同僚
  • 感情的になって責めてくる上司
  • 言い訳ばかりする部下

人は知らず知らずのうちに、周りの人からさまざまな影響を受けています。

ろくでもない人に取り囲まれていると、気づかないうちに悪い影響を受け、自分も同じような人間になりかねません。

周りに尊敬できる人が一人もいない場合は、仕事を辞めた方が良いでしょう。

会社の将来性が危うい

以下の場合は、会社に見切りをつけて早めに転職する方が良いでしょう。

  • 業界自体に希望がない
  • ずさんな経営をしている
  • 赤字が続いて改善の見込みがない

転職に年齢制限はありませんが、一般的には30代半ばまでが有利です。

40代以降になると、一気に転職が難しくなる可能性があります。

限界が来た時にはもう遅いということも。

10年後も同じ状況が続いていると予想できる場合には、30代の有利なうちに転職しておきましょう。

ブラック企業に勤めている

何年もブラック企業に勤めていると、ブラックなのが当たり前になってしまい、感覚が麻痺してしまいます。

違和感を感じているなら、今の会社はブラック企業かもしれません。

ブラック企業の特徴は以下の通りです。

  • 違法行為が平然と行われている
  • パワハラ・セクハラが横行している
  • 上司や社長のトップダウンで全てが決まる
  • 精神論を押し付けられる

このような特徴に当てはまる場合は、会社に未来がない可能性が高いです。

見切りをつけて早めに会社を辞めるべきでしょう。

精神を病んでいる

以下のような症状が出ている場合は、精神を病んでいる可能性があります。

  • 食事がまともに取れない
  • よく眠れず睡眠不足が続いて居る
  • 理由がなく泣いてしまう
  • 何をしても楽しめなくなった
  • 感情の起伏が激しい
  • 見た目を気にしなくなった
  • 部屋を片付けられなくなった

一つでも当てはまったら、気づかないうちに追い詰められているかもしれません。

辛くなったら、心療内科や精神科の先生に相談しましょう。

病院で治療が必要だと判断されると、診断書をもらって休職できる可能性もあります。

治療をしても改善されない場合は、仕事を辞めるべきでしょう。

退職しない方が良い場合とは?

ここまでは、退職した方が良い場合について解説してきました。

しかし、以下の条件に当てはまる場合は、退職しない方が良いです。

自分が当てはまっていないか、しっかりと見ていきましょう。

結婚で退職しようとしている

結婚を機に退職し、専業主婦(主夫)になろうと考えている場合があると思います。

しかし、結婚して生活が安定するまでは退職しない方がよいかもしれません。

  • パートナーの収入だけで生活が成り立つかわからない
  • 貯金が十分にない
  • パートナーの仕事が不安定

このような場合は、仕事を続けた方が良いでしょう。

仕事を続けているうちに妊娠が発覚すれば、育休や産休の制度を利用し、仕事を辞めなくても休める可能性があります。

制度を利用できる可能性があるなら、退職するのは待った方が良いでしょう。

辞めたい理由がはっきりしていない

毎日一生懸命働いていると、疲れてしまい「辞めたいなぁ」と感じることもありますよね。

  • なんとなく仕事を辞めたい
  • めんどくさいから働きたくない
  • なぜ辞めたいのか自分でもわからない

このような場合は、仮に転職したとしても次の職場でも同じように感じ、転職を繰り返してしまう可能性が高いです。

すぐに退職せず、なぜ辞めたいのか今一度考えた方がいいでしょう。

生活を維持するためには、働いて収入を得なければいけません。

目的がないまま仕事を辞めてしまうことは、おすすめできません。

無計画な退職

転職を成功させる上で最も大切なのは、計画を立てることです。

  • 次のキャリアはどうするか
  • 転職活動の時間はどう確保するのか
  • いつまでに退職するか

このような計画を立てず、勢いで退職をしてしまうと、次の仕事を見つけるまでに時間がかかってしまいます。

時間がかかればかかるほど、金銭面や心の余裕がなくなり、転職活動がうまくいかない可能性が高まります。

退職の計画が何一つ立てられていないという人は、まずは転職のスケジュールについてしっかり考えることから始めましょう。

転職で失敗するパターンとは?

転職したいと考えている人は、何かしらの理由で追い詰められていることが多いです。

追い詰められた状態で転職をすると、失敗してしまうかもしれません。

失敗するパターンを知って、未然に防ぎましょう。

なかなか転職先が決まらない

仕事を辞めたからといって、すぐに次の仕事が見つかるわけではありません。

転職活動を頑張っても、すぐに仕事が決まらない場合があります。

なかなか転職先が決まらないと、貯金がどんどん減ってしまい、気持ちが焦ります。

焦っている状態で転職活動をしてしまうと、満足する結果を出せる可能性が低くなってしまいます。

なかなか転職先が決まらず途方に暮れてしまうことを防ぐためにも、すぐに退職するのではなく、在職中にできることはないか考え、計画を立てましょう。

転職できても同じ理由で辞めてしまう

仕事に不満を抱いて転職しても、転職先でまた同じことが起こることもあります。

  • 残業を減らしたくて転職したのに、転職しても残業している
  • パワハラ上司が原因で転職したけど、転職先でもパワハラを受けている
  • ノルマがきつくて辞めたのに、さらにきついノルマを課された

このように、仕事への不満が解決されないと、また転職したくなってしまいます。

すぐに退職してしまったり、転職回数が多過ぎたりしてしまうと、次の転職活動に不利になってしまう可能性も。

同じ失敗を繰り返さないためにも、しっかりと転職先のことを調べましょう。

収入が下がった

転職すると収入が増えるのが理想ですが、必ず収入が上がるわけではありません。

多少の減少は仕方ないかもしれませんが、大幅に収入が減少してしまうと、生活レベルを下げなければいけなくなります。

家賃が高くて引っ越さざるを得なくなったり、生活費を切り詰めなければいけなくなったりすると、後悔するかもしれません。

収入が下がっても仕事を辞めたいと考えるのであれば、仕事を辞めても良いでしょう。

絶対に収入を下げたくないのであれば、転職先で年収の交渉を行なったり、賞与の額を事前に調べたりしておいて、年収の減少を防ぎましょう。

思っていた仕事と違った

転職したらやりたかった仕事ができると思い、希望を抱いて転職することがあります。

しかし、実際に働いてみると、思っていた仕事と違うと感じるのはよくあること。

求人情報から得られる情報は、仕事のほんの一部です。

「こんなはずじゃなかった」

「これなら前の仕事の方がまだマシだ」

こんなふうに感じてしまうと、転職したことを後悔する場合も。

インターネットでしっかりと情報収集を行ったり、面接の時に面接官に質問したりして、ミスマッチを防ぎましょう。

転職前は役職があったが、平社員になってしまった

転職すると、新しい会社で一から自分の立場を築き上げなければなりません。

特に違う業界や業種へ転職をする場合、役職がなくなってしまうことがほとんどです。

役職がなくなると、以下の問題が起こります。

  • 給料などの待遇が下がる
  • 任される仕事の規模が小さくなり、やりがいがなくなる
  • 年下の社員が自分より上の役職につき、差を感じる

事前にこのような問題を覚悟していなければ、モチベーションが下がってしまい、転職が失敗したと感じるかもしれません。

家族からの同意が得られない

30代になると、家族に対して責任を持つ人も多いです。

もし転職に失敗してしまえば、ダメージを受けるのは自分だけではありません。

家族の同意が得られていないのにも関わらず、自分一人の独断で転職してしまうと、以下のような問題が起こる場合があります。

  • 家族の仲が悪くなる
  • 家族から信用されなくなる
  • 家族全員の生活を危うくしてしまう

転職する理由や目的を家族にしっかりと説明すると、このような問題を未然に防げます。

仕事よりも大切なのは、自分の家族との関係です。

家族には必ず相談をして、同意を得た上で転職しましょう。

まとめ

今回の記事では、仕事を辞めたい、疲れたと感じている方に向けて具体的な対策をご紹介しました。

30代は何かと悩みの多い年代です。

この記事が、仕事にお悩みの方の参考になれば幸いです。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました