仕事辞めたい疲れた30代が行うべき対策とは?疲弊したあなたへ

仕事辞めたい疲れた30代 退職

「仕事を辞めたい、疲れた」

と感じている30代の方も多いのではないでしょうか。

30代は何かとストレスを抱えやすく、年代的にも将来への不安を感じやすい時期です。

今回の記事では、そんな仕事を辞めたい30代の方に向けて具体的な対策やなどをご紹介していきます。

仕事を辞めたい、疲れたと感じている30代の方に向けて対策を解説します

この記事を読めば分かること
  • 仕事を辞めたい疲れた30代、その理由は?
  • 仕事を辞めたい疲れた30代、辞めるかどうかの判断基準は?
  • 仕事を辞めたい30代はどうしたら良いのか?

仕事辞めたい疲れた30代、その理由とは?

仕事辞めたい疲れた30代、その理由とは?

仕事を辞めたいと考える30代の方は多いです。

実際、30代での転職は20代の次に多いというデータがあります。

つまり、この記事を読まれている仕事をやめるかお悩みの30代の方は、決して珍しいことではないのです。

ここでは、仕事を辞めたい30代の理由について詳しく見ていきましょう。

昇給や給料アップが望めない

30代にもなると、今の会社や組織で自分がどれほどのポジションに行けそうかおおよその想像がつく頃ではないでしょうか。

出世コースに乗っていれば良いですが、必ずしもそういうことばかりではありません。

普段の仕事は頑張っているものの、これ以上出世できないと感じている方も多いです。

また、出世できたとしても名ばかり管理職と言われるように、給料アップしないことも。

こうした状況だと仕事を辞めたいと思うのも無理はありませんよね。

出世コースに乗っていなかったり、今後の給料アップが見込めないと、辞めたいと感じる30代も多いです

モチベーションの低下

30代はモチベーションの低下も発生しやすい時期です。

20代から働き始め、まもなく10年が経過しようかという頃ですので、一通りの仕事は覚えているはず。

しかし、だからこそのマンネリ化も起きやすく、日々の業務にやりがいを見出せずにいる人も多いのではないでしょうか。

仕事に慣れすぎてマンネリ化しているという人もいます

将来への不安

これまでは生き生きと仕事をしてきたものの、漠然とし将来への不安を感じ始める人もいます。

「本当に自分のやりたかった仕事なのだろうか」

「このまま会社の歯車になるだけの人生なのか」

このように、会社に対する不信感や自分のやりたいことは何かについて考えを巡らせる人も。

40代や50代になると転職が難しくなることを踏まえ、今後のキャリアについて不安を感じてしまうケースも多いようです。

今の会社でこのまま終わるのか・・・?という不安を感じてしまうことも。

ストレス

30代にもなると、仕事にも慣れてきており、役職に就いている人も多いのではないでしょうか。

役職になると、20代の頃にはなかった様々なストレスを感じるようになります。

例えば、上司と部下の板挟みでストレスを感じている人も多いようです。

そうした立場的な苦しさゆえに、仕事を辞めて転職したいと考える方もいます。

30代は何かとストレスを感じやすい年代。辞めたいと感じる人も多いです

仕事を辞めたい30代、辞めるべきか残るべきかの判断基準

仕事を辞めたい30代、辞めるべきか残るべきかの判断基準

では、仕事を辞めたいと感じる30代の人はどのような基準で辞めるべきかを判断すれば良いのでしょうか。

もし、現状仕事をやめようかお悩みの方は、次の判断基準に照らし合わせてどうすべきか考えてみてはいかがでしょうか。

  • 今のまま続けて自己実現できるかどうか
  • 今の仕事は本当に自分がやりたいことか
  • 適職かどうかを冷静に見極める
  • 無職期間を貯蓄でどれだけカバーできるか
  • 転職して勝算はあるか

今のまま続けて自己実現できるかどうか

まず、このまま仕事を続けて自己実現できそうかどうか考えてみましょう。

5年後、10年後とキャリアを歩む中で、今の会社にいて自分がなりたい姿になれるでしょうか。

仕事で自己実現など必要ないという人もいますが、やはりなりたい自分になれるような会社でないと続けるのはきついです。

もし、このまま続けても自分の思い描くキャリアを歩めないのであれば、転職を考えるのも選択肢の一つと言えるでしょう。

入社当時に描いていた自分に、このまま続けてなれるでしょうか?

今の仕事は本当に自分がやりたいことか

今の仕事は本当にあなたがやりたかった仕事でしょうか。

「仕事がやりたいことでないのは当たり前」

と考える人もいますが、果たして本当にそうなのでしょうか。

現在は仕事も多様化し、誰しもが自分のやりたいことを仕事にできる時代になりました。

適切なスキルを身につけたり、市場価値を高めることでなりたい自分になれるような状況にあります。

にも関わらず、本当にやりたいと思えない仕事で耐え続けるままで良いのかはよく考えた方が良いでしょう。

今の仕事を本当にやりたいと思えるかどうか

適職かどうかを冷静に見極める

上記ではやりたい仕事かどうかについて記載しましたが、仮にやりたいと思えなくとも、適職かどうかは判断することができます。

例えば、特段面白みは感じないけれども、苦手ではないと思えるかどうかです。

誰しもが自分のやりたい仕事ができるわけではありません。

しかし、少なくとも苦手ではないような職に就くことはできます。

反対に、向いていない仕事をしていると極度のストレスが溜まります。

例えば営業が苦手なのに訪問があったり、反対に人と関わりたいのに事務仕事メインなどです

人間、向き不向きがありますので、向いていないと思う場合は転職を検討したほうが良いかもしれません。

今の仕事が適職かどうか、考えてみましょう

無職期間を貯蓄でどれだけカバーできるか

また、お金の計算をしておくことも非常に大切です。

具体的には、今どれくらいの貯金があるのかを計算しておきましょう。

もし退職してから転職活動をする場合、無職期間を挟むことになります。

無収入になるのは想像以上にプレッシャーの掛かることです。

仮に無職になったとしてもしばらく生きていける蓄えがあれば焦らずに転職を進めることができるでしょう。

貯金額を計算して、どれくらい働かなくても生きていけるのか計算しましょう

転職して勝算はあるか

最後に、現状のスキルやこれまでのキャリアと照らし合わせて、転職活動で勝てそうか真剣に考えましょう。

30代の転職は現場での経験を求められたり、スキルを求められることが多いです。

そのため、転職して本当に成功できるかについては事前によく考えることが重要になります。

一番ダメなのは思い切りで退職してしまうことです。

勢いで退職してもし転職で上手くいかなければ完全に収入がなくなってしまいます。

まずは以下で解説するような対策を行い、転職や今後の方針を決めるようにしましょう。

現状のスキルや経験を見極めて転職活動に踏み切りましょう

30代の転職における注意点は?

30代の転職における注意点は?

30代からの転職には注意しなければいけないことも存在しています。

具体的には次のことに気をつけましょう。

  • 転職の目的が曖昧だと危険
  • 20代の転職よりも狭き門になる
  • なるべく間隔をあけずに転職するのがベスト

転職の目的が曖昧だと危険

まず、転職の目的が曖昧だと危険です。

30代からの転職は20代と比べて慎重に考えていかなければなりません。

というのも、30代から転職した場合にはそのあと何度も転職できるわけではなく、本当にキャリアとして必要な選択なのかよく考えなければならないからです。

そのため、曖昧な気持ちで転職してしまわないように注意することが大切と言えるでしょう。

なぜ転職するのか、どんなことがしたいのかまで綿密に考えた上で行動に移してください。

20代の転職よりも狭き門になる

30代の転職は20代の頃と比べて狭き門となることも注意しなくてはなりません。

求人としても即戦力や何かしらのスキル、キャリアを求められることも多く、なんの技術もなければすんなりと転職できないケースもあります。

もし不安であれば、転職エージェントに登録しておき事前にリサーチを行ったり、スクールに通うなどしてスキルを身につけておくことが大切です。

重要な選択だからこそ、事前準備を怠らないようにしましょう。

なるべく間隔をあけずに転職するのがベスト

30代の転職では、なるべく間隔をあげずに行うのが良いです。

間隔を空けてしまうと面談の際に不利になってしまうということもありますが、収入面で不安があると焦って転職活動をしてしまいがちになります。

また、家族がいれば不安を与えてしまうことにつながるでしょう。

以下でも解説するように、転職エージェントなどをうまく活用しながら無職期間を作らずに転職することをおすすめします。

仕事を辞めたい疲れた30代が行うべき対策

仕事を辞めたい疲れた30代が行うべき対策

では、ここからは仕事を辞めたい30代に向けて具体的な対策を解説していきます。

これから本気で状況を変えようと思うのであれば、以下のことを実践してみましょう。

  • 自分の市場価値について知る
  • 転職先をリサーチしてみる
  • スキルを身につける

自分の市場価値について知る

まず、自分の市場価値について正確に知る必要があります

先ほども解説したように、30代からの転職ではスキルや経験を重視される傾向があるのです。

そのため、これまでのキャリアや今持っている技術などと市場の求人を照らし合わせて考えることが重要になるでしょう。

市場価値について知る方法として一番簡単なのは転職エージェントを利用することです。

転職エージェントに登録すれば、コンサルタントの方と面談しながら自分の市場価値を見極めることができます。

まずは自分の適正な市場価値について把握してみましょう

リクルートエージェントへ無料登録

退職する前に、まずは転職エージェントに登録しておき、求人情報などを集めておくようにしましょう。事前に準備しておくことで、ストレスなく退職することができます。

▶︎リクルートエージェントに申し込む

転職先をリサーチしてみる

次に、実際に出ている求人をリサーチしてみて、転職先を探しておく方法も有効です。

今の会社を辞めたいと考えている時には視野が狭まっており、悩みやすい状態になっています。

また、「今の仕事を辞めたら他の会社で通用するはずがない」などと思い込んでしまう人も多いです。

こうした心情になるのも、やはり他に転職先を見つけられないことによる不安から来るものでしょう。

そのため、先ほども解説したように転職エージェントなどに登録して実際に求人を探してみるのが心理的な安心に繋がります。

転職先を実際にリサーチして、今の会社以外にも働ける場所があることを知りましょう

スキルを身につける

転職する上で、もし有利になりそうなスキルがない場合には今のうちにスキルを身につけておくのも良いでしょう。

IT系のスキルは汎用性が高く、習得できれば多くの企業で求められる人材になることが可能です。

また、スクールに通うことで副業で稼げるスキルが身につき、今すぐ辞めずとも小さくお金を稼ぐこともできるでしょう。

RaiseTechなどのスクールには副業専門の講座もあり、未経験者からでも稼げるスキルが身につきます。

まずは無料説明会などに申し込んでみてはいかがでしょうか。

まとめ

30代は働き始めて10年ほど経過する頃であり、誰しもが悩みやすい時期です。

しかし、勢いや感情だけで転職や退職してしまうと後からの後悔に繋がりかねません。

もし、これから転職をお考えになるのであれば、冷静に状況を分析した上で転職活動を開始するのが良いでしょう。

不安であればスクールに通ってスキルを身につけておくのも選択肢の一つです。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。noteも作成中で、お仕事コラムを書いているのでぜひ見ていただければ!https://note.com/kakeru5151
タイトルとURLをコピーしました