公務員を辞めたい40代|辛い時の対策や辞めたい理由とは?

公務員辞めたい40代 公務員

公務員として頑張って来たけど、もう限界

辞めたいけど、40代で転職先が見つかるか不安

このような悩みを抱えていませんか?

この記事では、公務員を辞めたいと悩んでいる40代の方に向けて、辛い時の対策や、辞めたい理由、転職活動のメリット・デメリットなどをまとめました

仕事が辛い、公務員を辞めたい、と悩んでいる方は、よかったらチェックしてみてくださいね。

どうしても仕事が辛い方へ

明日仕事に行くのも辛い方へ
どうしても辛いなら退職代行を利用しましょう。
退職代行を利用すれば、あなたの代わりに退職の手続きを業者の方が全て行なってくれます

嫌な思いをせずに会社を退職できるため、ストレスがありません
退職代行なら、ニコイチなどのサービスがおすすめです。

▶︎退職代行サービス「退職代行ニコイチ」に無料相談してみる

やりたいことが分からない方へ
自分のやりたいことが見えない場合は、ポジウィルなどのキャリアコーチングサービスがおすすめです。

コーチングを受けることで、今後の人生の生き方や自分のやりたいことについて考えることができます

無料カウンセリングも行われているため、まずは相談してみましょう。

公務員を辞めたい40代の対策とは?

公務員を辞めたい40代の対策とは?

ここでは、公務員を辞めたい40代へのおすすめの対策を紹介していきます。

おすすめの対策は以下の6つです。

  • 趣味を作ってみる
  • 上司に相談する
  • 管理職を外してもらう
  • 部署異動を願い出る
  • 休職してみる
  • 違う業種に転職する

趣味を作ってみる

まずは、趣味を作ってみることをおすすめします。

学生時代は趣味があったのに、社会人になっていつの間にか趣味がなくなってしまった…という人は意外と多いようです。

趣味に没頭している間は仕事のことを忘れられますし、仕事から離れることでオンオフの切り替えも上手くできるようになります

スポーツ、ゲーム、ふらっと散歩するなど、なんでも良いので、まずはとにかく趣味を作ってみましょう。

また、趣味を持つことには、生活にメリハリがでる、ストレス解消になる、出会いが増える、などのメリットもあります

プライベートを充実させて、仕事以外のところにも目を向けられるようにしてみましょう。

上司に相談する

上司に相談してみるのもおすすめの対策です。

上司は一緒に過ごす時間が長く、あなたの仕事ぶりをよく知っています。

あなたが「仕事を辞めたい」と感じる原因に対しても、きっと具体的なアドバイスをしてくれるはずです。

また、精神的に追い詰められている状況で冷静な判断を行うのは難しいですし、1人で考えていても良いアイデアは浮かんできません

悩みを話すことで考えも整理できるので、まずは上司に相談をしてみましょう。

管理職を外してもらう

管理職の方は、管理職を外してもらうことも検討してみましょう。

社会人として年数を重ねると、「管理職」を任される人が増えてきます。

ところが、管理職は思った以上にストレスが多く、それが原因で「仕事を辞めたい」と思う人は少なくありません

もし、管理職の役割が負担に感じているならば、思い切って降格希望を出してみましょう。

幸い公務員には「希望降格制度」という制度があり、希望すれば降格が必ず認められます

退職を考える前に、まずは降格希望を出すなど、責任を軽くできる取り組みを試してみると良いでしょう。

部署異動を願い出る

部署異動を願い出て、環境を変えてみることもおすすめです。

部署や仕事内容が自分にあっていないと、仕事がうまくいきづらく、職場にとってもあなたにとっても良いことはありません。

辛いと思ったら我慢せずに、部署異動を願い出てみることをおすすめします。

休職してみる

どうしても辛いのであれば休職制度を利用しましょう。

休職制度は、心療内科で診断書を取れば利用することができます。

休職してしっかりと休めば、精神的に回復し今後のことを冷静に判断することができるでしょう。

休職には医師の診断書が必要なため、ハードルが高く、少し取りづらい選択肢かもしれません。

しかし、ゆっくり休んで冷静な判断をするために、試してみることをおすすめします。

違う業種に転職する

思い切って違う業種に転職し、大きく環境を変えることもおすすめです。

40代の転職活動は一般的には厳しいと思われていますが、キャリア採用をしている企業もあります。これまで培ってきたスキルを活用し、公務員から一般企業へ転職することも検討してみましょう。

また、実際に転職することはリスクを伴いますが、転職活動自体にはリスクがありません

まずは転職サービスに相談して、自分に合う企業を探してみることをおすすめします。

転職エージェントこの2つに登録しておこう!

・DODA
地方求人も多く、地域に関係なく求人をリサーチできる。年代に関わらず求人が豊富

▶︎DODAに無料登録して相談してみる

・リクルートエージェント
求人数が業界トップ。担当者の対応が丁寧かつスピード感のあるエージェント

▶︎リクルートエージェントで求人をチェックしてみる

公務員を辞めたい40代が転職を成功させるには?

公務員を辞めたい40代が転職を成功させるには?

では、40代が公務員を辞めて転職をするにはどうすればよいでしょうか?

ここでは、転職を成功させるための3つのポイントをご紹介します。

  • 事前にキャリア設計を徹底する
  • 転職サービスをフル活用する
  • キャリアコーチングを受ける

1つずつ解説していきますので、転職を成功させるためにもチェックしていきましょう。

事前にキャリア設計を徹底する

まずは、転職活動を始める前にキャリア設計を徹底しておきましょう。

40代になると、自分の向いている仕事・向いていない仕事などが比較的はっきりしてきます。

あらためて「キャリア設計」と言われても、自分が進んでいく道筋はすでに決まっていると感じてしまう人も多いのではないでしょうか?

しかし、40代の今だからこそ、改めてこれまでのキャリアを総括し、今後自分がどのように働いていきたいのか、何を目指したいかを明確にしておくことが大切です。

キャリア設計があいまいなままだと、転職活動の途中で「あの会社よさそう」「こっちの会社もよさそう」と迷いがでてしまいかねません

事前にキャリア設計を徹底しておけば、どんな会社でどんな実績を積みたいかが明確となり、転職成功への近道となるでしょう。

転職サービスをフル活用する

転職サービスをフル活用することも大事なポイントです。

40代からの転職は、求人の選定が難しかったり、時間的な余裕が無かったりするため、転職エージェントの活用は必須です。

すぐには転職しないつもりでも、転職エージェントを通じて求人情報をチェックすることにより、他の企業の雇用条件や年収相場を知ることができます

まずは登録して、情報収集をしてみてはいかがでしょうか。

ここで、40代におすすめの転職エージェント2つをご紹介しておきます。

doda

「doda」は自分で求人をチェックして応募する転職サイト機能と、エージェントから紹介してもらって求人に応募するエージェント機能の2種類のサービスを両方使えることが魅力です。

また、独自案件が多い、地方の案件も豊富などの特長があります。

▶︎DODAに無料登録して相談してみる

リクルートエージェント

「リクルートエージェント」は求人の保有件数・転職決定実績ともに豊富で、スピーディーなサポートが期待できるエージェントです。

なるべく多くの求人に目を通したい方におすすめです。

まずは転職エージェントに登録して、無料で求人をチェックしてみてはいかがでしょうか。

▶︎リクルートエージェントで求人をチェックしてみる

キャリアコーチングを受けてみる

「転職したいけど何がやりたいのか分からない」「現職をこのまま続けるかもしれない」と悩んでいる方は、キャリアコーチングを受けてみることをおすすめします。

キャリアコーチングとは、あなたのキャリアについて、プロが相談に乗ってくれたり、アドバイスをしてくれたりするサービスです。

転職するかどうかを迷っている段階でも相談可能ですし、プロの意見を聞くことにより自分の選択肢や考えを広げることができるでしょう。

おすすめは40代に特化したコーチングサービス「ライフシフトラボ」や、どの世代にも人気の「ポジウィル」です。

これらのサービスでは初回カウンセリングが無料となっているため、自分のキャリアに迷いがある人は気軽に相談してみてください。

▶︎全世代におすすめ!ポジウィルキャリアに無料相談してみる

▶︎40〜50代におすすめのキャリアコーチング【ライフシフトラボ】に無料相談してみる

40代公務員が転職活動を行う時の注意点とは?

40代公務員が転職活動を行う時の注意点とは?

ここでは、40代公務員が転職活動を行う際に注意すべきことを3点紹介します。

  • なるべく在職中に転職活動を行う
  • 職場にバレないように行う
  • 転職における優先条件を明確にする

理由も合わせて詳しく解説していきますので、確認してみてくださいね。

なるべく在職中に転職活動を行う

まず、転職活動はできるだけ在職中に行うようにしましょう。

在職中に転職活動を行うメリットは「収入があるため、金銭的な心配がない」ということです。

公務員の場合は民間企業と異なり失業保険が適用されないため、退職すると無収入になってしまいます

無収入の状態で転職活動を行っていると、金銭的な心配から妥協して転職先を決めてしまうことにもなりかねません

また、転職活動は思った以上に厳しく、一般的に100人の応募者がいた場合、内定を得るのは4〜5人と言われています。

転職活動の厳しさを理解した上で、収入源と「自分には今仕事がある」という心のよりどころを確保し、余裕を持って転職活動を行うことをおすすめします。

職場にバレないように行う

転職活動は職場にバレないように行いましょう。

大半の職場の人は転職活動について良く思わないでしょうし、バレてしまうとその後の仕事がやり辛くなる可能性が高いです。

早めに退職を告げた結果パワハラにあってしまった…なんていう話も聞きますので、転職活動をしていることなど、退職の意図はできるだけ隠しておくほうが安心ですよね。

また、話が漏れてしまう可能性があるので、転職活動をしていることは仲の良い同僚や友人にも内緒にしておきましょう

無用なトラブルを避けるためにも、職場に報告するのは転職が決まった後にすることをおすすめします。

転職における優先条件を明確にする

転職における優先条件を明確にしておくことも大切です。

転職活動を始める前に、まずは自分にどんな希望があるのか、何を大事にしているのか、軸をはっきりさせる必要があります。

なぜなら、軸がはっきりしていないと、転職活動中に「あれも良いな」「これも良いな」と迷ってしまうおそれがあるからです。

  • とにかく年収重視
  • 休みがたくさん欲しい
  • 残業はしたくない
  • 会社の雰囲気が良いところが良い

など、自分にとっての優先順位をしっかりとつけていきましょう。

今後、自分がどんな働き方をしたいのか、どんな人生を歩んでいきたいのか、を考えた上で転職活動を進めていってみてくださいね。

公務員を辞めたい40代の理由とは?

公務員を辞めたい40代の理由とは?

ここでは、公務員を辞めたい40代の方が抱えている悩みをまとめてお伝えします。

理由としては以下のようなものがあげられます。

  • 業務が忙しすぎる
  • 職場の人間関係が合わない
  • やりがいを感じない

業務が忙しすぎる

ホワイトなイメージのある公務員ですが、実は激務の部署も多いです。

忙しすぎたり、残業が多すぎたりすれば、疲れて辞めたくなるのも当然ですよね。

また、公務員は労働基準法適用外の職種も多く、残業や時間外労働の給与が発生しないこともあります。

そのため、残業代がしっかりと支給される民間企業への転職を考えて、公務員を辞めたくなってしまうケースもあるようです。

公務員は「定時で帰りやすい」「事務ばかりで忙しくないのでは」などと勘違いされやすいです。しかし、忙しい部署も多く、心も体も疲れ果ててしまい辞めたいと考えるようになってしまいます。

職場の人間関係が合わない

社会人の悩みで最も多いものは、人間関係についてと言われています。

40代の場合、管理職についている場合も多く、上司と部下の板挟みになってしまうことも少なくありませんし、同僚や取引先との関係性など、とにかく悩みはつきません

もちろん、人間関係については誰しも多少の悩みはあると思います。

しかし、どうしようもないくらいに悩んでいるのであれば、我慢せずに退職や人事異動を願い出てみましょう。

やりがいを感じない

日々の業務にやりがいを感じず辞めたくなる、というのも理由のひとつです。

この理由は「安定しているから」と公務員になった方に多くみられます。

安定を目的に公務員になると、働きはじめてから仕事に興味が持てなかったり、単調な仕事内容にやりがいが感じられなかったり、ということになってしまうようです。

また、公務員は非営利の仕事であり、民間企業のように「売り上げをアップさせる!」といった明確な目標がありません

そのため、仕事へのモチベーションが上がらないという問題も発生します。

もちろん、公務員にもやりがいのある仕事はたくさんありますが、一度でもつまらないと感じてしまうと、仕事に行くこと自体が辛くなってしまうでしょう。

管理職が辛い

40代の公務員が辞めたいと感じる理由には、管理職の辛さもあげられます。

管理職は上司と部下の板挟みになる、責任が重い、プレッシャーが強まる、業務量が多い、仕事の悩みを相談しづらい、など辞めたくなってしまうような理由が盛りだくさんです。

管理職が辛い場合は、我慢せずに降格や、業務量の調整を申し出ることをおすすめします。

公務員を40代で転職するデメリットとは?

公務員を40代で転職するデメリットとは?

ここでは、40代で転職するデメリットを3つご紹介します。

  • 求人数が若手ほど多くない
  • 安定性を失う
  • 公務員の空気感に染まっている

「40代で転職したいけど、なんとなく不安」と考えている人はデメリットもしっかりチェックしてみてくださいね。

求人数が若手ほど多くない

40代向けの求人数は、20代や30代向けの求人と比べると少ない傾向があります。

この理由として、企業側が40代を募集する時は、「専門性とマネジメント力をもつ人材を管理職として採用しようとしている」ということがあげられます。

つまり、20代や30代のように数多く採用して育てていくというよりも、即戦力となる良い人材を少数採用している傾向があるというわけです。

よって、40代の場合は求人サイトを利用するだけでは、求人をなかなか見つけられないかもしれません。

安定性を失う

公務員として働く一番のメリットは安定性であり、公務員を辞めるということはその安定性を失うことになります。

なぜなら、一般企業ではリストラや倒産により職を失う可能性がありますが、公務員は懲戒といった事由を除いて、基本的に解雇されないからです。

また、公務員は年に2回必ずボーナスが支給されますが、一般企業の場合ボーナスが出ないこともあります。

どんなに業績の安定した企業でも雇用の安定性は公務員より低いです。

公務員を辞めてしまえば、その安定性を失うことになるでしょう。

公務員の空気感に染まっている

公務員の空気感に染まってしまっている場合、それは転職活動をする上ではデメリットとなります。

公務員の場合「いかにミスをしないか」「クレームを言われないか」「現状をそつなくこなせるか」ということに重きをおいている組織が多いです。

ミスやクレームを恐れるこの体制は、新しいチャレンジや組織の活性化、よりよい仕事環境づくりを阻みます。

このような組織で働いているうちに、いつの間にか思考停止になってしまうことがあるのです。

一方、一般企業で働くためには、思考を停止させず「自分の頭で考えて行動する」ことが必要となります。

自分が公務員の空気感に染まっているかも、と感じた方は、「自分の頭で考えて行動する」ことを意識してみましょう。

公務員を40代で転職するメリットとは?

公務員を40代で転職するメリットとは?

では、公務員を40代で転職するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは3つのメリットをご紹介します。

  • 狭い人間関係から抜け出せる
  • 公務員としての信頼があるので面接で印象が良い
  • 対人スキルやこれまでの経験を活かせる

ひとつずつ詳しく解説していきます。

狭い人間関係から抜け出せる

公務員の人間関係はどうしても狭く閉鎖的になりがちだと言われています。

なぜなら、公務員は外部と関係を持つことが少なく、毎日同じ職員と顔をあわせて働くことになるからです。

この狭く閉鎖的な人間関係では、派閥が出来たり、噂話がすぐに広まってしまったり、みんなと長期的にうまくやっていくことはかなり難しいと言えるでしょう。

転職して一般企業にいくことで、この狭く閉鎖的な人間関係から抜け出せることは大きなメリットです。

公務員としての信頼があるので面接で印象が良い

公務員には「真面目」「安定」「安心」というイメージがあります。

このイメージは保守的な人や、年配の方々からは良い印象を持たれやすいです。

転職活動をしようとする方の中には「いままで公務員をしてきた自分は、民間では通用しないんじゃないか?」と心配される方もいます。

しかし、これまで公務員として勤めてきた真面目な人材が欲しい!という企業もあります

自分が良い印象を持たれやすいということを意識して、自信をもって面接に臨んでみましょう。

対人スキルやこれまでの経験を活かせる

公務員は激しい人事異動がつきものです。

この人事異動では以下のようなことが起きます。

  • 毎回人間関係が大きく変わる
  • 仕事内容によっては専門性を求められるのに、研修も無くいきなり業務に就く

このような一見無茶とも思える人事異動を繰り返すうちに、公務員には「対人スキル」と「適応力」がいつの間にか身についているのです。

これらのスキルは簡単に身に付くものではないので、転職活動をするあなたの大きな強みになるでしょう。

どうしても仕事が辛い方へ

明日仕事に行くのも辛い方へ
どうしても辛いなら退職代行を利用しましょう。
退職代行を利用すれば、あなたの代わりに退職の手続きを業者の方が全て行なってくれます

嫌な思いをせずに会社を退職できるため、ストレスがありません
退職代行なら、ニコイチなどのサービスがおすすめです。

▶︎退職代行サービス「退職代行ニコイチ」に無料相談してみる

やりたいことが分からない方へ
自分のやりたいことが見えない場合は、ポジウィルなどのキャリアコーチングサービスがおすすめです。

コーチングを受けることで、今後の人生の生き方や自分のやりたいことについて考えることができます

無料カウンセリングも行われているため、まずは相談してみましょう。

どうしても仕事が辛い40代の方へ

「どうしても仕事が辛いけど、なかなか退職を言い出せない」

このように悩んでいる方は、退職代行を利用してみましょう。

退職代行を利用すれば、あなたの代わりに業者が退職の手続きを全ておこなってくれ、気まずい思いをせずに退職することができます

退職代行なら、ニコイチなどのサービスがおすすめです。

ニコイチは、即日退職可能、追加料金なし、アフターサポート付き、全て丸投げOKという心強いサービスが特徴です。

退職代行業者が気になるという方は、チェックしてみてくださいね。

▶︎退職代行サービス「退職代行ニコイチ」に無料相談してみる

まとめ

この記事では、公務員を辞めたいと悩んでいる40代の方に向けて、辛い時の対策や、辞めたい理由、転職活動のメリット・デメリットなどをご紹介しました。

公務員は安定していて社会的信用がある魅力的な職業ですが、つらい気持ちを我慢して、働き続けるのは難しいですよね。

まずは転職することのメリット・デメリットをしっかりと確認し、転職をするのであればキャリアコーチングや転職エージェントをしっかり活用していきましょう。

この記事が、悩んでいるあなたが一歩を踏み出すきっかけになれば幸いです。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました