公務員を辞めたい・辛い50代|対策5選を徹底解説!

公務員辞めたい50代

50代だけど、公務員を辞めたい・・・

日々の仕事が辛い・・・

このようにお悩みではないでしょうか。

今回の記事では、公務員を辞めたい・辛いと感じている50代の方に向けて、具体的な対策をご紹介します。

公務員のお仕事でお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

どうしても仕事が辛い方へ

明日仕事に行くのも辛い方へ
どうしても辛いなら退職代行を利用しましょう。
退職代行を利用すれば、あなたの代わりに退職の手続きを業者の方が全て行なってくれます

嫌な思いをせずに会社を退職できるため、ストレスがありません
退職代行なら、ニコイチなどのサービスがおすすめです。

▶︎退職代行サービス「退職代行ニコイチ」に無料相談してみる

やりたいことが分からない方へ
自分のやりたいことが見えない場合は、ポジウィルなどのキャリアコーチングサービスがおすすめです。

コーチングを受けることで、今後の人生の生き方や自分のやりたいことについて考えることができます

無料カウンセリングも行われているため、まずは相談してみましょう。

目次

公務員を辞めたい・辛い50代の対策とは?

公務員を辞めたい・辛い50代の対策とは?

公務員を辞めたい・公務員の仕事が辛いと感じている50代の方は、どのような対策を行えば良いのでしょうか。

ここでは、公務員を辞めたい・辛いと感じている50代の方に向け、具体的な対策をご紹介します。

60代以降の過ごし方について考えてみる

50代となれば、もうすぐ定年退職が見えてくる年代です。

60代以降、どんな生活がしたいのかについて考えてみると、気持ちが楽になることもあるでしょう。

定年退職後にやりたいことがあるなら、そのことについて今から考えてみると楽しくなりますよね。

退職したら国内を旅行してみたい

自分の趣味に没頭して生活を送りたい

など、退職後のイメージを膨らませておくのも良いでしょう。

趣味に没頭してみる

もし、自分の好きな趣味があるのであれば、それに没頭してみるのも選択肢の一つです。

生活と仕事のオン・オフがしっかりしていなければ、メリハリがつかずにストレスを溜め込んでしまいがちです。

ゴルフや旅行、スポーツなど、自分が好きなことに没頭してみる時間を作ってみるのも良いでしょう。

もし、そうした趣味がないのであれば、まずは趣味を探すことから始めてみることをおすすめします。

没頭できるような趣味が見つかれば、人生の幸福度も高めることができるでしょう。

なるべくストレスが掛からない仕事に転職する

公務員の仕事が辛いと感じているのであれば、なるべくストレスが少ない仕事への転職も検討してみましょう。

公務員と言っても業種は幅広く、市役所などの職場では激務になりがちです。

図書館司書など、比較的忙しくない業種への転職を検討してみるのも良いでしょう。

また、民間企業でなるべく負担の少ない仕事を探してみるのもおすすめです。

比較的労働時間も少なく、負担もない仕事も多いので、まずは求人をチェックすることから始めてみましょう

転職エージェントに登録して要望を伝えておけば、あなたに合った求人を紹介してもらえるため、公務員を辞めたい・辛いと思っているのであれば最初に登録しておくのがおすすめです。

転職エージェントこの2つに登録しておこう!

・DODA
地方求人も多く、地域に関係なく求人をリサーチできる。年代に関わらず求人が豊富

▶︎DODAに無料登録して相談してみる

・リクルートエージェント
求人数が業界トップ。担当者の対応が丁寧かつスピード感のあるエージェント

▶︎リクルートエージェントで求人をチェックしてみる

キャリアコーチングを受けてみる

公務員の仕事は辞めたいし、業務も辛いけど、退職してやりたいこともない

今後の人生、どう生きていけば良いのか分からない

本気で転職して良いのか分からない

このような人も多いのではないでしょうか。

正直、50代からの転職は難易度が高いですし、簡単に踏み切れるものでもありません。

仮に転職するとしても、まずはある程度計画を立てた上で行動に移すことが懸命です。

まだ迷いがあるのであれば、キャリアコーチングを受けてみましょう。

キャリアコーチングは、その名の通り、今後のキャリアや生き方についてアドバイスしてもらえるサービスです。

上述したようなエージェントとは異なり、必ずしも転職をベースに考えていません。

そのため、“絶対に転職したい”という方でなくとも気軽に利用できるのが特徴です。

ただし、利用はエージェントと異なり有料となっているため、ポジウィルやライフシフトラボのようなコーチングサービスでまずは無料カウンセリングを受け、受講するかどうか決めるのが良いでしょう。

▶︎全世代におすすめ!ポジウィルキャリアに無料相談してみる ▶︎40〜50代におすすめのキャリアコーチング【ライフシフトラボ】に無料相談してみる

どうしても辛いなら退職代行を利用する

この記事を読んでいる方の中には、

明日仕事に行くのも辛い

退職したいけど、自分で言い出すことができない

という方も多いのではないでしょうか。

公務員の退職は手続き上も面倒ですし、色々と不都合なこともあるかもしれません。

どうしても仕事が辛いなら、退職代行を利用するのも選択肢です。

退職代行なら、あなたの代わりに退職の手続きや有給取得の交渉まで行ってくれます。

ストレスが掛からずに退職できるのは何よりのメリットと言えるでしょう。

ニコイチなどの代行なら、公務員の退職実績も豊富です。

もし利用を検討している場合は、まず無料相談してみることをおすすめします。

▶︎退職代行サービス「退職代行ニコイチ」に無料相談してみる
あわせて読みたい
仕事辞めたい疲れた50代|責任のない仕事17選を紹介 「50代になってから仕事を辞めたい、疲れたと感じる・・・」 「責任のない精神的に楽な仕事って、どんな仕事があるの」 50代になり体力がなくなると、楽な仕事をしたい...

公務員を辞めたい・辛い50代の理由とは?

公務員を辞めたい・辛い50代の理由とは?

そもそも、公務員を辞めたい・辛いと感じている50代の理由にはどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは、公務員を辞めたい50代の方の理由についてみていきましょう。

業務が忙しすぎる

まず、業務が忙しすぎるというものがあります。

配属される部署や業種にもよりますが、50代となって管理職となると、どうしても多忙となってしまう方も多いようです。

中には、

「多忙すぎて家に帰れず、職場近くのホテルに泊まる」

「土日も関係なく仕事をしている」

といった方もいます。

いくら安定している公務員とはいえ、プライベートも関係なく働いていると、辞めたいと感じてしまうのも無理はありませんよね。

管理職が辛い

50代になると、管理職として働いている方も多いと思います。

「上司と部下の板挟みになり、毎日がきつい」

「トラブルがあればすぐに呼び出されるので、ストレスが溜まる」

など、管理職ならではの悩みを抱えている方もいらっしゃるでしょう。

とはいえ、公務員であるため、簡単に管理職を辞めさせてほしいと言える訳もなく、ただ耐える生活を送るのも辛いですよね。

どうしても辛いなら、休職や退職も視野に入れることをおすすめします。

日々の業務がマンネリ化している

公務員としての業務は、控えめに言っても面白いものではないと思います。

どのような業種であっても、日々の仕事は単調なものになりがちで、50代となって

「このまま退職まで淡々と働き続けて良いのだろうか・・・?」

と感じている方も多いのではないでしょうか。

中には、まだ体力のある50代のうちに早期退職し、自分のやりたいことを始める人もいます。

昔からやりたかったことや、これから挑戦してみたいことがあるなら、50代からでもトライしてみるのも選択肢の一つです。

今後の人生の生き方がよく分からないという場合は、上記でも紹介したキャリアコーチングサービスなどを活用すると良いでしょう。

▶︎全世代におすすめ!ポジウィルキャリアに無料相談してみる ▶︎40〜50代におすすめのキャリアコーチング【ライフシフトラボ】に無料相談してみる

職場の人間関係がキツい

これは年代に関係がないことかもしれませんが、どのような職場でも人間関係の悩みはつきものですよね。

「職場内でどうしても合わない人がいる」

「部下との関係がうまくいかない」

など、人間関係でストレスを抱えている人も多いでしょう。

特に公務員は職場も狭い環境になりがちなので、どうしても対人ストレスを感じている方もいらっしゃるはず。

どの職場でも人間関係上の悩みは避けられませんが、なるべく問題の少ない職場で働きたいものですよね。

もし、今の職場が辛いなら、他の職場も検討してみてはいかがでしょうか。

転職サイトに登録して求人をチェックしてみるだけでも、気持ちが楽になるはずです。

転職エージェントこの2つに登録しておこう!

・DODA
地方求人も多く、地域に関係なく求人をリサーチできる。年代に関わらず求人が豊富

▶︎DODAに無料登録して相談してみる

・リクルートエージェント
求人数が業界トップ。担当者の対応が丁寧かつスピード感のあるエージェント

▶︎リクルートエージェントで求人をチェックしてみる

公務員を辞めたい50代の注意点とは?

公務員を辞めたい50代の注意点とは?

これから50代で公務員を辞めたいとお考えの方は、いくつか注意すべきことがあります。

ここでは、50代で公務員を辞めたい・辛いと感じている方に向け、気をつけるべきことについてご紹介していきます。

退職する前に家族と相談する

まず、退職する前に家族とはよく相談しておきましょう。

50代であれば、結婚している方も多いと思います。

退職は自分だけの問題ではなく、家族にも大きく影響を与えるものです。

仮に何の相談もなしに退職してしまうと、辞めてからトラブルになってしまう恐れもあるでしょう。

例えば、

「なぜ相談もなしに辞めてしまったのか」

「自分のことを信用していないのか」

「今後の生活はどうするつもりなのか」

など、批判されてしまう可能性もあります。

その結果、熟年離婚などに繋がってしまうリスクもあるのです。

こうしたことにならないためにも、なるべく退職前に家族とよく相談しておくようにしましょう。

今後のキャリアについて考える

退職してしまう前に、今後のキャリアについてのイメージを固めておきましょう。

そもそも、退職後にどうすべきか決めないまま”とりあえず辞めてみる”ような形で退職してしまうのが最もよくありません。

勢い任せの退職をしても、その先が見えずにただ無職となってしまう可能性が高いでしょう。

ただでさえ公務員からの転職は簡単ではないため、具体的に退職してからどうしたいのかについてしっかりと考えておくことが重要になります。

・公務員時代のように長い拘束時間が嫌だ

・もっとやりがいのある仕事がしてみたい

・残業が少ない会社に就職したい

など、大まかで良いのでどうしたいのかの指針を定めておくだけでも方向性が定まります。

もし、こうしたことも自分だけで決めるのが難しいのであれば、先ほども紹介したキャリアコーチングサービスなどをうまく活用するのが良いでしょう。

▶︎全世代におすすめ!ポジウィルキャリアに無料相談してみる ▶︎40〜50代におすすめのキャリアコーチング【ライフシフトラボ】に無料相談してみる

転職のプロに相談することが大切

50代からの転職は、何度も言うように簡単ではありません。

特に、前職が公務員となれば、そもそもどのような会社に転職できるのかよく分からない方も多いでしょう。

もし、今の仕事に嫌気が差しているのであれば、早めに転職サイトに登録しておくのがおすすめです。

退職してしまう前に、ある程度の求人を確認しておけば、大まかな目安を知ることができます。

「自分の年代だと、これくらいの収入になるのか」

「民間企業ではこんな経験が求められるのか」

というふうに、新しい発見もあるでしょう。

そうした情報をリサーチし、条件が良いのであれば転職活動を行い、思っていたよりも公務員が高待遇で会ったことが理解できれば現職を続けるという選択肢も可能です。

何より、他の条件を知らないことには今の環境がどういったものなのかを知るのは難しいと言えます。

こうしたことも踏まえて、まずは大手の転職サイトやエージェントを活用し、求人のチェックや相談をしてみることが重要です。

転職エージェントこの2つに登録しておこう!

・DODA
地方求人も多く、地域に関係なく求人をリサーチできる。年代に関わらず求人が豊富

▶︎DODAに無料登録して相談してみる

・リクルートエージェント
求人数が業界トップ。担当者の対応が丁寧かつスピード感のあるエージェント

▶︎リクルートエージェントで求人をチェックしてみる

50代で公務員を辞めた後の選択肢は?

50代で公務員を辞めた後の選択肢は?

50代で公務員を辞めた後の選択肢には、どのようなものがあるのでしょうか。

ここでは、50代公務員を辞めた後のキャリアについてみていきましょう。

責任の少ない民間企業の仕事に転職する

なるべく責任の少ない職種に転職する方も多いです。

公務員といっても幅広いため、全く異なる職種に転職するというよりも、相性の良い職種を選んで転職する傾向にあります。

例えば、

・役所→民間の事務員

・教員→予備校の講師

・警察官→警備会社

など、公的なお仕事の経験を生かし、その職種と関連した責任の少ない仕事に再就職するという選択肢もあるでしょう。

なお、責任の少ない仕事については以下の記事でも解説してるので、ぜひ参考にしてください。

あわせて読みたい
仕事辞めたい疲れた50代|責任のない仕事17選を紹介 「50代になってから仕事を辞めたい、疲れたと感じる・・・」 「責任のない精神的に楽な仕事って、どんな仕事があるの」 50代になり体力がなくなると、楽な仕事をしたい...

同じ公務員に転職する

公務員から民間企業への転職に自信がないのであれば、同じ公務員に転職するという選択肢もあります。

役所から図書館司書、教員から市役所、警察官から教員へ、というふうに公務員内での転職をしてみるのもありでしょう。

ただし、公務員への転職は転職時に再度試験を受ける必要があります。

50代から再度試験を受けて転職するのは、体力的にも精神的にも簡単なことではありません。

そのため、あまり現実的な選択肢とは言えない可能性が高いです。

自営業として独立する

退職後のキャリアは、必ずしも就職だけではありません。

自営業者として独立するという選択肢もあります。

「公務員から自営業として独立するのは難しいのでは?」

と考える方も多いと思いますが、WEBライターなどの職種であれば難易度も簡単なので、誰でもトライすることができます。

また、WEB系が難しくとも、カフェを運営したり、何かしらのお店を開いて開業する人も多いです。

就職するだけではなく、自分で運営してみるという選択肢も念頭に置いておくと良いでしょう。

しばらく休んでキャリアについて考える

50代から仕事を辞めたとしても、すぐさまやりたいことが見つかるわけではないかもしれません。

必ずしもすぐさま就職するのではなく、しばらく休んで今後のキャリアについて考えてみるのも良いでしょう。

激務から解放されて一人の時間を作ることで、やりたいことが見えてくる場合もあります。

また、一人で考えるのが難しければ、上記でも解説したようなコーチングサービスを利用してみてください。

まとめ

今回の記事では、公務員を辞めたいと考えている50代の方に向けて対策をご紹介しました。

正直、公務員で50代からの転職は簡単ではありません。

まずは今後のキャリアについてじっくりと考えた上で、冷静な判断を行うことが大切と言えるでしょう。

The following two tabs change content below.
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

サービス比較WEBライター。オウンドメディアにて記事を執筆中。

目次