仕事辞めてもなんとかなる?50代で仕事に悩むあなたへ

仕事辞めてもなんとかなる50代 退職

「仕事辞めてもなんとかなる?」

「50代で仕事を辞める時のコツとかあるのかな」

このような悩みを抱えてる方は、多いと思います。

今回は「50代で仕事辞めてもなんとかなるのか?」という疑問を解決できるように、対策方法・デメリットについて詳しく解説していきます。

それぞれ見ていきましょう。

50代で何も対策せずに仕事をやめてもさらに辛くなる

仕事を辞める場合、何も対策せずに辞めたら、なんとかなりません。

なんとかするためには、しっかりと対策をしないと、先の人生がさらに辛くなる可能性が高いです。

「仕事辞めてもなんとかなる」と感じるためには、どのような対策をすればいいのか、それぞれ見ていきましょう。

退職を選択する場合しっかりと対策をしよう

今の職場を辞める場合、対策をしっかりしないとなんとかなりません。

企業の数はたくさんあるため、条件を選ばなければ、拾ってくれる企業はどこかしら存在します。

しかし、拾ってもらった企業が今よりも労働環境が悪い企業だった場合、さらに辛い思いをする必要があります。

「仕事辞めてもなんとかなる!」と感じるためには、今よりも労働環境がいい職場に転職しないといけません。

自己分析を徹底して自分に合う仕事を知ろう

「50代で仕事辞めてもなんとかなった」と感じるためには、転職を成功させないといけません。

転職を成功させるためには「自己分析を徹底して自分に合う職場を見つけること」

が重要です。

自己分析のやり方は、自分の趣味・継続できること・継続できないことなどを紙に書き出し、質問に一つずつ答えていきましょう。

そうすることで、自分の適している仕事が視覚化でき、自己PRなどの志望動機も作成することができます。

転職先のリサーチが成功の鍵

仕事を辞めてなんとかする鍵は、転職先のリサーチをしっかりすることです。

自分に適している仕事がわかっても、リサーチの方法を間違えてしまうと「書いてある条件と全然違った」という問題も発生してしまう可能性があります。

ホームページ・企業が運営しているSNSをチェックするのはもちろん、その企業で働いてる方にコンタクトを取るなどして、総合的な情報で判断しましょう。

仕事辞めてもなんとかなる?50代でも成功する転職のコツとは

仕事辞めてもなんとかなる?50代でも成功する転職のコツとは

「50代で転職するのは年齢的にきついのではないか」と考える方は多いと思います。

やり方を工夫することで、50代でも転職を成功させることができるでしょう。

どのような工夫をすれば成功させることができるのか、それぞれ詳しく解説していきます。

個人でできる対策には限界がある

転職活動は「個人でできる対策には限界」があります。

プロの力を借りることで、非公開の求人募集の情報を聞いたり、自分の市場価値をプロ目線で教えてくれるため、自分に適した職場を選びやすくなります。

50代まで生きているとはいえ、転職を何度も経験した方は少ないため、経験が少ない分野はプロの力を頼ることが重要でしょう。

キャリアコーチングを活用しよう

「自分の人生をプロと一緒に考えたい」「今後どの分野に進めばいいのかわからない」という方は、キャリアコーチングを活用することをおすすめします。

キャリアコーチングは、相談者が潜在的に目指してる目標も、一緒に見つけてくれるため「自分が何を目指しているのかわからない」という方でも見つけてくれます。

キャリアコーチング利用を考えてる方は、「ポジウィルキャリア」がおすすめです。

1分で無料カウンセリングの予約ができるため、お気軽に相談することができます。

▶︎キャリアに特化したコーチング・サービス【POSIWILL CAREER(ポジウィルキャリア)】

転職エージェントを活用しよう

「自分の目標は決まったけどその目標を達成できる会社が見つからない」という方は、転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェントは、キャリアコーチングと違い、転職にフォーカスしており、面接対策・非公開求人紹介など、転職エージェント限定のサービスを受けることができます。

転職エージェントは「リクルートエージェント」がおすすめです。

業界トップクラスの求人数に加え、面接対策などのサポートも手厚いため、自分の目標を達成することができる会社がきっと見つかるはずです。

10分で無料登録できるため、まずは無料登録からおすすめします。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

副業も選択肢の一つ

「仕事辞めてもなんとかなりそうにない」と不安な方は、副業してみるのも選択肢の一つです。

小さく始めることができる動画編集の副業は、年齢に関係なく未経験でも始めやすい副業と言えるでしょう。

最近はYouTubeなどで、動画編集スキルの需要は高まっているため、独立まで目指すことが可能です。

動画編集をおすすめする理由は、以下の4つあります。

  • 未経験でも数ヶ月でマスターできるため、他の副業に比べて早い
  • 年齢に関係なく仕事がもらえる
  • 他の副業に比べ、高度な専門知識・資格などが必要ない
  • プログラミングスクールの4分の1ほどの値段で学ぶことができる

動画編集を学べるおすすめスクールは、「デジハク」がおすすめです。

月額6000円台からスタートでき、全てオンラインで完結するため、地方の方でも関係なく学ぶことができます。

無料で相談もできるため、まずはお気軽に相談してみることをおすすめします。

▶︎未経験でも安心オンライン動画制作スクール【デジハク】に無料相談してみる

上司に仕事を辞めると言い出せないあなたへ

「仕事を辞めると言い出せない…」という方は、退職代行サービスを活用するのがいいでしょう。

退職代行サービスは、自分で会社に伝える必要なく退職することができます。

サービスに申し込んだその日から、会社へ出社する必要もなくなるため、職場の人達と気まずい関係になることなく辞めることができます。

退職代行サービスは「弁護士法人みやび」がおすすめです。

会社との手続きも全て変わりに行ってくれるだけでなく、もし法的な問題に発展しそうになっても、しっかりと最後まで対応してくれます。

無料で相談することも可能なので、「仕事を辞めると言い出せない…」という方は、まずは相談してみてはいかがでしょうか。

▶︎弁護士法人みやびの退職代行サービス

50代で仕事やめてもなんとかなる?デメリットを紹介

「50代で仕事を辞めても本当になんとかなるのか?」と不安に思う方も多いと思います。

このような方のために、50代で仕事を辞めたらどのようなデメリットがあるのか紹介していきます。

大手企業への転職が厳しくなる

大手の企業は、新卒の学歴が高い人・スキルが高い人などしか採用しないため、転職で大手企業に入るのはかなり難しいです。

大手の企業は、給料がよく待遇もいいと考えがちですが、その分サービス残業が多かったり、自分の成果を認めてもらえないなどのデメリットも多いです。

大手じゃなくても、自分のスキル・成果などを認めてくれるホワイト企業はたくさんあるため、そこまで気にすることでもありません。

退職金が少なくなる

退職金が少なくなるのは、自分で副業を始める・今よりも年収がいい企業に入るなどして、対策することは可能です。

「仕事を辞めたら人生終わり・生きていけなくなる」と考える方は多いですが、今の時代正社員以外にも、多種多様な働き方があるため気にする必要はありません。

大事なのは、自分の目標・生きがいになるような仕事をして生きていくことです。

50代で仕事を辞めてもなんとかなる理由を解説

「50代で仕事を辞めてもなんとかなる」と主張していますが、しっかりとした根拠があり主張しています。

50代で仕事を辞めてなんとかなる理由は、以下の3つです。

  • 正社員を募集している企業は無数に存在する
  • キャリアを活かし好条件での転職も狙うことができる
  • 今の時代稼ぎ方はいくらでもある

それぞれ見ていきましょう。

正社員を募集している企業は無数に存在する

日本の企業は、およそ400万社あり従業員数は4000万人ほどいます。

そのため、50代で転職したからといって雇ってくれる企業が一つもないといった問題にはなりづらく、むしろキャリアを積んだ50代の方なので企業も即戦力として雇ってもらえる可能性が高いです。

雇ってもらえる企業が無数に存在することから「50代で仕事を辞めてもなんとかなる」と言えるでしょう。

キャリアを活かし好条件での転職も狙うことができる

50代で転職すると、会社もこれから教育するという目線よりは、即戦力になるかどうかで判断されます。

そのため、自分の学歴などが低かったとしても、前職のキャリアとスキルを活かせば今よりもいい会社に転職を狙うことも可能です。

学生時代は、就職する場合学歴重視でしたが、50代の転職となるとこれまでのキャリア・スキルの面を評価されるため、学生時代よりも自分の実力を評価されて企業に転職することができます。

今の時代稼ぎ方はいくらでもある

2010年に入った頃から、フリーランス・非正規雇用で生計を立てている方が急増しました。

そのため、昔の頃のように「正社員で働かないと人生終わり」ということはなく、自分に合った仕事・働き方で生きていける時代になったため、50代で仕事を辞めてもなんとかなります。

今よりも収入は低いけど、環境がいい職場に転職できた場合、副業などで収入を補うなど、自分次第でいくらでも収入を上げることができます。

50代で仕事を辞めるときに準備するべきこと

50代で仕事を辞める前に準備しないといけないことが以下の3つあります。

  • 貯金と生活費を計算する
  • 退職後の計画をしっかり考える
  • 資格勉強をスタートする

それぞれ見ていきましょう。

貯金と生活費を計算する

会社を辞める前にしっかりと貯金額・毎月の生活費を計算しておかないと、退職後の計画を立てることができなくなってしまいます。

退職後のリフレッシュ期間に、どれだけお金を使うことができるのか、など転職のモチベーションを上げるためにも必要になります。

生活費は、最低3ヶ月分用意しておく必要があるでしょう。

理由は、失業手当を受け取るための待機期間が3ヶ月と1週間なので、受け取れるまでの生活費は用意しておかないと生きていけません。

退職後の計画をしっかり考える

退職後の行動計画を立てておくことで、計画的に転職を進めることができるため、スムーズに転職活動を進めることができます。

行動計画を立てるコツは、以下の3つです。

  • どれだけ転職活動に専念できるのか、カレンダーに詳しく記載する
  • 手続きなどやらないといけないことは、14日以内に終わらせる
  • リフレッシュ期間と転職活動の期間をしっかりと線引きする

この3つを意識して、カレンダーに細かく行動をメモしていくと、スムーズに転職活動を進めることができます。

資格勉強をスタートする

転職活動をする上で、自分が持っていない資格を取得しておくと、今よりもキャリアアップできる可能性が高いです。

そのため、転職活動を始める前から資格勉強をスタートしておくことで、仕事を辞めてからの転職活動も自信を持って転職活動に取り組むことができます。

自信を持って転職活動をすれば、条件がいい企業の面接なども自信を持って話すことができるため、採用される確率も上がります。

仕事を辞めたら絶対にしなければならないこと

仕事を辞めたら絶対にしなければならないことは、以下の3つあります。

  • 健康保険を切り替える
  • 失業手当を貰えるか確認する
  • 国民年金の免除申請

それぞれ見ていきましょう。

健康保険を切り替える

仕事を退職した後に、前の健康保険証を使ってしまうと、後で多額のお金を請求される可能性が高いです。

そのため、健康保険の切り替えを行う必要があり「14日以内に行うこと」と法律で決まっています。

14日を過ぎてしまっても後から切り替えることはできますが、いつ健康保険証を使うかわからないため、早いうちに切り替えておく必要があるでしょう。

手続きは、必要書類を持参して、お近くの市役所・町役場で手続きを行うことができます。

手続きのやり方がわからない場合、窓口などで聞くとスムーズに案内してくれるでしょう。

失業手当を貰えるか確認する

仕事を辞めると、失業手当を受け取れる可能性があります。

失業保険を受ける条件は以下の3つです。

  • ハローワークでの求職者登録
  • 離職する前の過去2年間に、雇用保険の被保険期間が合計12ヶ月あること
  • 自主都合退職の場合、1週間の待機期間の後、3ヶ月後から給付されます。

「条件を見て自分が当てはまっているかわからない!」という方は、ハローワークに直接聞くと、自分がいつから受け取れるのか・該当者なのかなどがわかります。

国民年金の免除申請

仕事を辞めた後、収入がゼロになるため、支出を減らすことが重要です。

仕事を辞めてから14日以内に、お近くの市役所・町役場で必要書類を持参すると国民年金の免除申請を行うことが可能です。

必要書類は以下4点あります。

  • 退職日がわかる書類
  • 年金手帳
  • 身分証明書
  • 印鑑

「年金免除についてもっと詳しく知りたい」という方は、お近くの年金事務所に電話すると、詳しく手続きの方法や質問などに答えてくれます。

仕事のことを考えると辛い方は危険な可能性がある

「仕事のことを考えると辛い気持ちになる」という方は、危険な状態にある可能性があります。

この項目では、心・身体の危険信号はどのようなものがあるのか解説していきます。

自分の身体が1番大事なので、危険信号に当てはまっているのかよく確認しましょう。

危険信号に気をつけよう

「会社のことを考えると辛い・憂鬱な気持ちになる」という気持ちに頻繁になる方は、心からの危険信号の可能性があります。

また、朝から身体がだるい・最近あまり眠れない・食べる量が減ったなどの症状がある方は、身体からの危険信号の可能性があります。

危険信号は、このように心から・身体から・両方からと様々なパターンがありますが、いずれも無視してしまうと、うつ病などの完治が難しい心の病気になってしまう危険性があるでしょう。

身体を壊すと今の状況よりもさらに悪化し、転職どころではなくなるため、一度病院で診てもらうことをおすすめします。

人生は仕事をするためにあるのではない

人生は、仕事をするためにあるのではありません。

自分の目標・生きがいなどを達成して豊かな人生にするために、仕事はあります。

そのため、生活のためにやりがいもない仕事をして人生を消費してしまうのは、物凄くもったいないです。

50代で仕事を辞めてもなんとかなるので、どうしても仕事が辛かったら転職・副業など新しい仕事を見つけ、人生を豊かにする行動が重要です。

まとめ

今回は「50代で仕事辞めてもなんとかなる?」という疑問を解説しました。

50代で仕事を辞めても、対策さえすれば転職することもでき、今の状況が改善される可能性が高いです。

そのため「仕事が辛くて辞めたい」という方は、勇気を出して退職の準備を始めて退職しても大丈夫です。

この記事を最後まで読んでいただいた方の、人生が少しでも豊かになることを祈っています。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました