仕事が辛いなら逃げるべきという事実。そのお悩みを解決します。

転職 死にたくなる 辞めたい
  • 今の仕事が辛い。
  • この苦しい日々から逃げたい。

そんなことを考えていないでしょうか。もし、死にたいと思うほどに追い詰められているのであれば、転職したほうが良い可能性が高いです。

僕も過去に教師として3年ほど働いて体を壊した経験があります。精神を病んでしまっては、そもそもなんのために働いているのか分からなくなってしまうでしょう。

今回の記事では仕事をしていて死にたいと思った際の対処法を具体的に解説します。

現状がどうしようもなく辛い方は、ぜひ参考にしてみてください。

カケル
カケル

僕も昔は死にたくなるほど働いて、体を壊した過去があります。今日は死にたいと思う時の対処法を解説していきます。

仕事で死にたいと思う時の対処法を解説します

仕事で死にたくなるときは転職するべき

結論からお話しますが、仕事をしていて転職したいと感じる時には転職を考えた方が良いでしょう。

なぜなら、死にたいという感情が芽生えている時というのは精神的にかなり追い詰められている状態だからです。

ひょっとすると、軽度のうつ状態にある可能性もあります。

そのような不安定な状態で仕事をしているあなたは、本当によく頑張っています。

しかし、少し休んでみてはいかがでしょうか。

そして環境を変える努力をしましょう。

これまで毎日努力し続けてきたからこそ、その真面目さが今の辛さに繋がっているかもしれません。

以下では死にたいと感じるときに転職を考えるべき理由について詳しく解説していきます。

今の仕事が向いていない可能性がある

死にたいという感情が芽生えているということは、今の仕事に対してネガティブな感情を持っているということだと思います。

例えば上司からよく叱責を受けていたり、職場内で使えない人材だと思われているなど、何かしらの自信を失くす要因が存在しているのではないでしょうか。

こうした状態が続くと自己肯定感が下がっていきます。

「自分は使えないやつだ」

「自分には価値がないんだ」

そんな感情が芽生えてきてしまうのです。

実は私もそうでした。

教師時代、クラスを上手く統率できず、職員室内ではいつも使えない人材として扱われていたのです。

しかし、そうした私も転職してWEBライターとなり、今では様々な人に感謝されるようになりました。

別の職場ではお荷物扱いだったのに、場所を変えてみると「無くてはならない人材」とまで言われます。

つまり、人には向いている仕事とそうではない仕事が存在していて、環境を変えることで人生も激変するのです。

死にたいと感じる仕事は間違いなく不向きな仕事であると言えるでしょう。

このようなことからも、そういった負の感情になる仕事は早めに辞めてしまうべきであると分かります。

死にたくなるときは、そもそも命の危険性がある

ひと昔前に、ある企業に勤めていた女性が自殺したことが話題になりました。

長時間労働で休みもなく、毎日疲れ果てた末に自ら命を絶ってしまったそうです。

死にたくなる瞬間が少しでもある時というのは、本当に命の危険が差し迫っていると言えます。

私も教師時代に追い込まれ、自ら命を絶とうと思ったことが何度もありました。

毎日死にたいと考え、自ら命を絶つための縄を買ってきていたほどです。

そして、とうとうベッドから起き上がれなくなりました。

しかし、その時に思ったのです。

今の自分が辛いのは、なぜなのだろう。

もしかして、職を変えれば世界が変わるかもしれない。

当時の自分はよく紙に自分の気持ちを書き出していました。

そうすると、どう考えても今の仕事が向いていないと思ったんですよね。

実際、仕事を変えると本当に状況が大きく変わりました。

もし、死にたいと思っているのであれば少しだけ立ち止まって考えてみてください。

ひょっとすると、環境を変えるだけで大きく世界が変わる可能性もあります。

3年は頑張れってよく言われますが、それは嘘です

「とりあえず、3年は頑張ろうよ」

「3年頑張ってみないと、仕事のことなんてわからないよ」

そんな言葉を言われたこと、ありませんか?

実は私も新卒で働き始めてからずっと言われました。

正直、1年目から辛くて辞めたかった。

でも、とりあえず3年続ければ状況も変わって、仕事も楽になると思っていたのです。

そうして、なんとか3年続けました。

じゃあ楽になったのかといえば、全くそんなことはありません。

相変わらず仕事は辛いし、忙しさも増しました。

ようやく辞めようと思った時、今度はなんと言われたと思いますか?

「3年続けたのに辞めるのはもったいないよ。あと5年頑張ろう」

そう言われました。

正直、何言ってんだ?

と思ったのは今でも忘れません。

結局、上司や親族は絶対に仕事を辞めさせたくないんですよね。

最初は3年と言われ、続けたら5年と言われ、そしてズルズルと辞めさせない。

気づいた時にはもう40代を迎えようとしているなんてこともあるでしょう。

そのようなことにならないためにも、早めに転職したほうが人生はより良いものになるはずです。

死にたくなるほど辛い人が転職する前に考えた方が良いこと

自分自身、死にたくなるほどに追い込まれた経験があります。

当時は本当に余裕がなくて、毎日生きるので精一杯という状況でした。

もし、現在当時の私と同じような状態で、転職に踏み切れないという方は以下のことを一度考えてください。

本当に、今の仕事をやりたいのか

あなたは今、死にたいと思うほどに悩んでいます。

なぜ、そこまでして今の仕事にこだわり続けるのでしょうか。

当時の自分自身がそうだったのでよく分かりますが、転職しようと思っても以下のような悩みが発生します。

  • 他の人にはできていることなのに、自分だけ辞めるなんてまずいのでは?
  • 転職=逃げることで、悪いものなのでは?
  • 他の人にもとにかく3年頑張れって言われるし、続けた方が良いのでは?
  • 転職したとしても同じようなことで悩んでしまうのでは?
  • 辞めたら親や上司、同僚の評価を落とすことになるのでは?

結論、こんなことは全く気にしなくて良いです。

そもそも、死にたいという感情は異常な状態にあります。

人の評価などよりも、守るべきはまずあなたの命なのではないでしょうか?

他人の評価 < あなたの命

転職はダメなことではない

転職に踏み切れない人の多くは、転職することは逃げることであり、いけないことだと考えています。

ひどい人になると「罪」であると思い込んでいることもあるのです。

実は過去の自分もそうでした。

転職する前は職を変えること自体がおかしなことだと思っていましたし、転職した人は「負け組」だと考えていたのです。

しかし、こういった考え方は間違っています。

今の時代、最初の職で合う仕事に出会える方がレアなことですし、なかなかそういったことはないでしょう。

だからこそ、仕事を変えつつ自分の適正に応じた仕事を求める必要があるのです。

転職とは、自分の未知なる可能性への挑戦

「転職しても、その先でうまくやっていける保証はない」

このようにお考えの方もいらっしゃるでしょう。

確かにその通りです。

しかし、よく考えてみてください。

そもそも、死にたくなるほど辛い現状が上手くいっていると言えるのでしょうか。

これから数十年、その生活が続きます。

環境を変えなければ、その状態が継続するのはほぼ確実でしょう。

そう考えると、むしろ行動を起こさない方がリスクであると言えるかもしれません。

私は実際、教師を辞めてから2回転職しています。

一度目の転職は会社員として働きましたが、ベストな仕事とは言えなかったです。(それでも教師時代よりはだいぶ楽になった)

転職で成功できるかは分かりませんが、少なくとも辛い現状を変えるきっかけになることは間違いないでしょう。

転職を決めたらエージェントを利用するのがおすすめ

上記の内容を読んで、転職をお考えの方もいらっしゃるかもしれません。

もし、これから転職活動を始める場合には転職エージェントを活用することをお勧めします。

以下では、転職活動を行う上でなぜエージェントを利用すべきなのかについて具体的に解説していきます。

普段の生活が忙しくても、転職活動を行うことができる

死にたくなるほど辛いということは、現状のお仕事がかなり忙しいという方も多いのではないでしょうか。

実際、私も当時は毎日忙しく、土日も休みはありませんでした。

そのような状況でしっかりとした転職活動を行うのはかなり難しいと思います。

しかし、転職エージェントに登録しておけば自分に合った仕事などを紹介してもらえます。

このような作業は本来ならば適性などを加味して自分で転職先を見つける必要があるのです。

エージェントはそうした手間を省略するのに役立つため、普段の仕事が多忙でも充実した転職活動を行うことを可能にしてくれます。

キャリアコンサルタントによる面談を受けられる

エージェントではそれぞれの業界に詳しい専門のエージェントがいます。

そのため、転職活動を行う際には丁寧にお話を聞いてくれるのです。

自分も一度利用したことがありますが、時間をかけて本当に丁寧に話を聞いてくれます。

他業種などであればその業界がどうなっているのかなどについての情報がなく、困ってしまう方もいるでしょう。

転職エージェントはそうした情報もしっかりとサポートしてくれるので、他の業界に詳しくない方でも安心できます。

もし、転職エージェントを利用する場合にはマイナビエージェントがおすすめ

転職する時には転職エージェントを利用することがおすすめであることはご理解いただけたと思いますが、もしこれから利用するのであればマイナビエージェントがおすすめです。

マイナビエージェントでは専属のコンサルタントがサポートしてくれるため、利用者にもメリットがあります。

もし、これから転職をお考えの方は、一度利用してみてはいかがでしょうか。

利用したとしても必ず転職しなければいけないわけではありませんので、話を聞いてみるだけでも価値があるはずです。

スキルを身につけてから行動するという方法も

ここまでの内容を読んで、

「状況は変えたいけど、転職するほどの勇気はない」

という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

もし、そのようにお考えなのであればスキルを身につけておくことをお勧めします。

なぜなら、他の業種へ行ってもやっていけるだけのスキルを持っておけば、いつでも転職できるからです。

「自分はこの職場じゃなくてもやっていける」

というふうに思えれば、自己肯定感も高めることができ、しかも選択肢が広がります。

能力をつけるだけでも、状況は大きく変化するでしょう。

もし、スキルを身につけるならプログラミングがおすすめ

今からスキルを身につけたいとお考えなのであれば、プログラミングがおすすめです。

ITスキルは今後の時代に必ず必要とされるスキルですので、

「転職に有利なスキルが欲しいけど、何をすれば良いか分からない」

という方はまずプログラミングで間違いないでしょう。

ちなみに、高収入を得られるお仕事ランキングでも上位に入っています。

詳しくは以下の記事を参考にしてみてください。

プログラミングを学習するなら、スキルハックスがおすすめ

もし、これからプログラミングを勉強しようと思っているのであれば、SkillHacks(スキルハックス)がお勧めです。

プログラミングスクールは非常に多く、どこへ通えば良いのかわからない方も多いでしょう。

SkillHacks(スキルハックス)では全ての授業をオンラインで受けることができるため、わざわざ通う必要がありません。

また、受講期間に制限がないため、一度受講してしまえば永久にカリキュラムを閲覧することができます。

こうしたことからも、今すぐ転職に踏み切れない方におすすめのサービスであると言えるのです。

もし、これから転職に向けてスキルを身につけたい方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

プログラミング学習なら、スキルハックス!

自分の人生は、自分で切り開きましょう

自分の人生は自分で切り開くしかありません。

何か行動を起こさなければ、一生苦しい状態が続くかもしれません。

転職すれば全てが解決するわけではありませんが、状況を好転させるきっかけになる可能性があります。

もし、現状が死ぬほど辛いのであれば、一度検討してみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
カケル

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました