仕事辞めたい50代女性はどうするべき?具体的な対処法を解説!

現在の職場に満足していて、今後も続けて働けるなら何の問題もありません。

しかし、50代で現在の仕事に不満を感じ辞めたいと考える女性は多くいます。

50代ともなれば、若い頃とは違い転職をするのも一苦労です。

そんな苦労をしてまで転職する気力もなく、今の職場での不満を我慢しながら毎日を過ごしてはいませんか?

今回は仕事を辞めたい50代女性が考えるべきことや対処法について詳しく解説していきます。

仕事を辞めたい50代女性が行うべき対処法6選

50代女性が仕事を辞めたい理由は、職場での人間関係の苦悩や、やりがいを感じられないなど様々なことが挙げられると思います。

現在の仕事を長く続けてきた場合は、それなりのポジションに就いている人もいるはずです。

そのため、仕事を辞めることを前向きに捉えることが難しいかもしれません。

しかし、不満を感じながら働き続けても良い方向に進むことはないでしょう。

ここからは、仕事を辞めたいと感じた時に試していただきたい対処法を5つご紹介します。

まずはゆっくり休む

あなたが仕事を辞めたいと感じる理由は何ですか?

その理由が分からないまま、ただ漠然と仕事を辞めたいと感じていても問題は解決できません。

家庭がある人は、仕事に加え家事もこなしていることでしょう。

そんな忙しい毎日を過ごしている女性にとって自分と向き合う時間を作ることは容易ではないはずです

しかし、そんな時こそ一度立ち止まり自分の気持ちと向き合う時間を作りましょう

家族や職場の協力が得られるならば、1日2日何もせずにゆっくり休んでみてください。

趣味に没頭する

夢中になれる趣味を持っている人は、その趣味に没頭してみるのもひとつの手です。

日々のストレスが蓄積されると、気持ちが沈んでしまい物事を悪い方に考えてしまいがち。

仕事を忘れて趣味に夢中になることで気持ちが切り替わり、頑張ろうと意欲が湧いてくる場合もあります。

ストレス発散のため、趣味を上手く活用してみてください。

部署異動が可能であれば願い出る

社内でチャレンジしてみたい仕事がある場合は、思い切って異動願いを申請してみても良いでしょう。

配属された部署で何年も勤めてきたけれど、本当は違う部署の仕事に興味があった。

このような場合、チャレンジしないまま時間が過ぎてしまっては勿体無いです。

やりたい仕事をすることで、これまでよりもやりがいを感じる機会が増え仕事が楽しくなるかもしれません。

人事の配置の都合等により必ず異動できるわけではありませんが、試してみる価値はあるでしょう。

何が辛いのか紙に書き出してみる

現状自分の感じていること、思っていることを書き出してみるのもオススメです。

書き出すことで辞めたい理由が明確になり、自分の気持ちの整理が出来ます。

辞めたい理由は思いつく限り書き出してください。

その方が、辞めるか辞めないかの判断がしやすくなるはずです。

この書き出すという行為は、ストレスを軽減する心理的効果も兼ね備えています。

書き出す前と書き出した後では、モヤモヤとした不安や苛立ちが落ち着き、気持ちが楽になっていると実感するでしょう。

キャリアコーチングを受けてみる

  • そもそも退職や転職すべきか分からない
  • 今後のキャリアのイメージが湧かない
  • これからどう生きていくべきか想像できない

など、そもそも転職すべきか分からない方はコーチングを受けてみましょう

今ではポジウィルなどのコーチングサービスが大人気になっています

こうしたコーチングサービスを受けることで、今後のキャリアについて一緒に考えてもらえます。

無料でカウンセリングが行われているため、まずはお気軽に申し込んでみてはいかがでしょうか。

▶︎キャリアに特化したコーチング・サービス【POSIWILL CAREER(ポジウィルキャリア)】

転職先を探してみる

引用:リクルートエージェントホームページより

先にも少し触れましたが、50代の転職活動は容易ではありません。

しかし、現状を変えるためには一歩踏み出すことも大切です。

そこで、転職エージェントを活用してみましょう。

転職エージェントは、転職のプロです。

登録をすると、専属の担当者があなたの市場価値を把握し、どんな企業が向いているか等を相談することが出来ます。

また、実際転職をすることになった場合には万全のサポートを受けられるので、とても心強いはずです。

そのため安心して転職活動を進めることが出来ます。

転職エージェントは無料で利用可能なので、ひとまず登録をして面談で詳しい話しを聞いてみてはいかがでしょうか。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

どうしても辛いなら退職代行も選択肢

  • 明日会社に行くのも辛い
  • 上司や同僚の顔を見たくない
  • 死にたいほど悩んでいる

この記事を読まれている方の中には、上記のように深刻なお悩みを抱えている方もいらっしゃるはずです。

どうしても辛いのであれば、退職代行を利用しましょう

代行を利用すれば、明日会社に行かなくて済みます。

上司や同僚とは一切顔を合わせずに退職できるため、ストレスもありません。

死ぬほど追い込まれているのであれば、迷わず利用してください。

▶︎弁護士法人みやびの退職代行サービス

仕事を辞めたい50代の女性が退職する前に考えるべきことは?

上記の対処法を試した結果、今の会社を退職する方向に向かっているならば、その前に考えておくべきことをご紹介します。

人生100年時代と言われる現代において、50代は折り返し地点です。

これまで積み重ねてきたキャリアを無駄にせず、今後の人生をより良い日常にするため冷静に分析してみましょう。

綿密に計画を立て下準備をしておくことで、スムーズに事が運ぶはずです。

経済状況を把握する

退職する前に考えるべきこととして、非常に重要なお金の問題があります。

莫大な資産を持っているなら別ですが、50代は住宅ローンや子供の教育費、親の介護費用など出費が少なくないはずです。

よく考えずに会社を辞めて、生活できなくなってしまうことのないように注意しましょう。

貯蓄や収支の状況をきちんと把握してください。

そして、転職する場合はどれくらい活動出来る期間があるかなど、今後の見通しをしっかり立てましょう。

今までのキャリアを見直す

次に、ご自身のこれまでのキャリアについて見直してみてください。

人は、現在従事している仕事の内容の方が鮮明に記憶されるので、過去にどんな仕事をしてきたか遡って整理することも大切です。

これまで従事してきた仕事内容や、勤め先の構成、取引先との関係性など細かく紙に書き出してみましょう。

書き出すことで、忘れていたキャリアに改めて気付くかもしれません。

そして、転職する時に自分の強みとなるキャリアをしっかり押さえておくと良いでしょう。具体的に数値化できる成果があると採用面接では有利です。

どんな働き方が自分に合っているか考える

これまで正社員としてフルタイムで勤務してきた方なら、ある程度の金銭的余裕もあるでしょう。

その場合、今後はパートタイムや派遣社員など時短勤務を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

空いた時間に趣味などのやりたいことをすることで気持ちに余裕が生まれ潤った生活が送れるはずです。

金銭面に縛られて働くよりも、自己実現や社会貢献などを目的として考えてみましょう。

そうすると、視点が変わり社会とどのようにつながるのが理想的か見えてくるかもしれません。

今後チャレンジしてみたいことにトライしてみる

今、やってみたいことはありますか?

やりたいことを本業に出来るなら幸せですが、そんなに甘くはありません。

そこで、もしやりたいことがあるならば副業から少しづつ始めていくという手段もあります。

やってみて自分には向いていないと感じても、副業であればリスクは少ないはずです。

反対にやってみて自分に向いていると感じたならば、ゆくゆくは本業として仕事にしても良いのではないでしょうか。

いくつになっても、何かを新しく始めてみることは自己成長につながりますのでオススメです。

家族や信頼している人相談する

家族がいる人にとっては仕事を辞めるか否かは、1人で決められる問題ではないでしょう。

そのため、家族の意見を聞く必要があります。

あなたを側で見ている家族は、どのように考えているのか話し合うことで見えてくるものがあるかもしれません。

また、家族とは別に友人など信頼できる人がいれば、相談してみましょう。

第三者としての客観的な意見を聞くことで、違う視点からこの事柄を見ることができます。

50代女性が早期退職する際に注意すべきことは?

長年正社員として勤めてきたならば、会社によっては早期優遇退職制度を利用できます。

この制度は、定年を迎えるよりも早く退職する代わりに退職金が割り増しで支給されるというものが一般的です。

しかし、定年よりも早く退職するため将来的な年金の受給額が減ってしまう可能性は否めません。

ここからは、早期退職をする際に注意すべきことをお話しします。

後々後悔しないように、ぜひ参考にしてください。

退職金がいくらもらえるか調べる

早期優遇退職制度を導入する企業は年々増えています。

企業の規程や勤続年数によって支給される退職金は異なりますので、一度おおよそ貰える退職金を調べてみると良いでしょう。

想定しているよりも金額が少ない場合は、あと何年と決めて勤務を続けるのも手です。

目安があることで、気持ちが少し軽くなり頑張れる可能性が出てくるかもしれません。

年金の支給額を計算してみる

50代で早期退職した場合、定年まで勤めて貰える年金額と比較すると4分の1程度下がる可能性が考えられます。

再就職をして再度、厚生年金に加入するのであれば問題はありません。

しかし、専業主婦など国民年金に切り替わる場合は減額になります。

詳しく知るために、日本年金機構のWEBサイト「ねんきんネット」でシミュレーションをしてみましょう。

これまでの加入条件での年金額を算出するだけでなく、これからの加入履歴を踏まえた年金額をシミュレーションできます。

早期退職後の人生設計を考える

早期退職後、どのように生きていくのか考えておくことは非常に重要です。

いざ早期退職をしたものの、何もやることがない状態に陥ってしまうと人生がつまらないものになってしまうでしょう。

そうならないためにも、事前に人生設計を立てておくことをおススメします。

下記の3つを参考に、今後ついて考えてみましょう。

  • 生きがいとは何か?
  • 自己成長するために必要なことは?
  • 自分らしさとは?

50代女性が転職の際に注意すべきことは?

50代女性が転職を考えた際、その年齢から不安を感じる人も多いでしょう。

しかし、近年50代で転職する人は増加しています。

20代30代と比べると求人数も少なく、希望する企業に転職するのは難しいかもしれませんが、転職することは可能です。

ここからは50代女性が転職の際に注意すべきことをお話しします。

転職が難しいことを覚悟する

実際に転職する判断に至った際、想像以上に厳しい現実が待っていることを覚悟しておく必要があります。

若年層は人件費が安く育てやすいため、大抵の企業はこうした若年層を対象に求人を出しているのです。

そのため、50代を対象とした求人は必然的に少なくなります。

そして、50代女性が転職する場合そのほとんどは即戦力を求められるはずです。

そのため、これまでのキャリアを活かせる職種に応募した方が難易度は下がります。

体力や健康状態を考慮する

50代は生活習慣病などの健康リスクの増加や、体力の低下を意識しなければならない年代です。

さらに、女性は更年期障害の症状が出ている場合もあるでしょう。

女性ホルモンの減少と精神的なストレスが重なると自律神経が乱れ、この症状が重くなると言われています。

転職活動中や、転職先で業務に慣れるまでの過程で大きなストレスがかかる可能性があるでしょう。

そのため、こうしたストレスと上手に付き合っていく必要があります。

生活の変化を受け入れる

50代女性は先にお話ししました体の変化に加え、家族の形態にも変化が出やすい年代です。

子供が社会人になり独立したり、親の介護が始まったりと生活スタイルが変わってきます。そのため、時間に余裕が出来たなら副業を始めてみたり、反対に時間に融通のきく職場を探してみたり。

さまざまな状況の中で、無理のない生活スタイルの確立を目指しましょう。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

まとめ

50代女性が仕事を辞めたいと感じた場合、20代や30代に比べ事前に考えておかなければならないことが多くあります。

これまでの自分の頑張りを無駄にしないためにも、冷静に考えて行動しましょう。

そして、どんな選択をしても自己成長を忘れず生き生きと日々を過ごしていただけたら幸いです。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました