死にたいなら転職して!仕事が死ぬほど辛いあなたへ

死にたいなら転職して! 退職

「死にたい。辛い」

「もう嫌だ。仕事に行きたくない。転職したい」

そんなことを日々考えながら仕事をしてはいませんか?

あまりにも辛い仕事を我慢し続けていると、人は無意識のうちに自分を追い込み、 死にたいと思うようになります。

もし、仕事が死にたいと思うほどに辛いのであれば以下のようなことを考えてみてください。

きっと心が楽になるはずです。

死にたいなら転職すべき理由や対策を解説します

死にたいなら転職しよう!本当に今の仕事を続ける価値はありますか

あなたは今の仕事をなぜそれほどまでに頑張る必要があるのでしょうか。そもそも人は生きるために働いています。お金を得て生活をしなければならないからです。

しかし、死にたいと思うほど辛いのであれば何のために働いているのでしょうか。かく言う僕も、教師として3年ほど働き、忙しさのあまり死にたいと思ったことも何度もありました。

とりあえず3年は働けと周囲からも言われ、なかなか転職に踏み切れなかったんです。ところが、今では転職し、日々楽しい生活を送っています。

生活するためには働かなければなりませんが、正直なところお金を得ようと思うならば仕事は今の仕事だけではなく無数にあります。

本当に今の仕事にしがみつく必要があるのでしょうか

もし死ぬほど辛いのであれば転職を考えてみることをおすすめします。

死にたいなら転職を選択肢に入れる:転職することが悪だと言うのは間違い

「転職することは逃げることで、 いけないことだ」

そんなふうに考えていませんか。僕も昔はそうでした。

転職するというのは1つの仕事をやりきれなかったことを意味するので、ダメ人間の烙印を押されるのではないかとずっと不安だったのです。

しかし、辛い仕事は逃げたほうがいいです。断言してそう言えます。

僕も向いてないと感じたから仕事を辞めました。そして今では自分が向いていると思うライターの仕事をしています。

毎日が生き生きとしていて、とても楽しいです。このように、人には向き不向きがあるのです。辛い時は逃げていいんです。

むしろ逃げなければいけません。

まずは自分自身の向き不向きをよく考え、逃げる事は悪ではないということをしっかりと理解しておきましょう。

死にたいなら転職すべきである理由

ここまでの内容を読んで、まだまだ気持ちの整理がつかないという方もいらっしゃるでしょう。そこで、以下では死にたいなら転職を視野に入れるべき理由について解説していきます。主に次のような理由があるので、一つずつ解説していきます。

  • 人生の全てが仕事ということではない
  • 日本人は失敗すると死にたいと考えやすい
  • 現代では転職しやすい環境が整っている
  • 死にたいと感じる時こそ転職のサイン

人生の全てが仕事ということではない

多くの人が勘違いしていますが、仕事が人生の全てと言うわけではありません。 もし仕事を辞めたとしても、自分らしく生きていけるのであればそれで良いのです。

あなたには楽しいと思えることやこれをやってみたいと思う事はありませんか。

もしあるのであれば、思いっきり自分のやりたいことをやってみてはいかがでしょうか。それが趣味でも他の仕事でも何でもいいと思います。

とにかく仕事が死にたいと思うほど辛いのであれば、きっと今の仕事は向いていません。自分の可能性を信じて、向いている仕事を探してみることをおすすめします。

日本人は失敗すると死にたいと考えやすい

死にたいと考えてしまうのは、日本人独特の特徴でもあります。多くの方は「失敗」することを恐れており、生きて恥をかき続けるよりも、潔く死んだ方がマシだと考える方も多いです。

しかし、このような考えは間違っています。実際、私も昔はこうした考え方をしていました。人の評価を死ぬほど気にしており、失敗した時や恥をかいてしまった時などはいつも死にたいと考えていたのです。

ただ、一度本気で自殺を考えるほど追い込まれてから、考え方が変わりました。なぜなら、自分が死んでも誰も得しないし、損するだけだと考えるようになったからです。

例え死んだとしても、

「あの人自殺したらしい」

「そんなに辛いなら、仕事をやめればよかったのに」

などと人から言われて終わりです。他人なんて、所詮その程度しかあなたのことを気にしていません。それなのに、追い込まれて自殺するなんて悔しいと思います。

現代では転職しやすい環境が整っている

以下でも解説しますが、現代においては退職したい方に向けた退職代行サービスや、転職活動を行う上でさまざまなサポートをしてくれる転職エージェントなど、とにかく転職しやすい環境が整っています。

そのため、もし、現在において転職したいと考えているのであれば、そうしたサービスを積極的に活用することによって転職活動を効果的に進めることができるでしょう。これまででは、転職する際にも何かと一人で対処しなければなりませんでした。

退職するのが難しい職場や、人手不足で言い出しにくい職場であっても自分で切り出し、パワハラにも耐える必要があったのです。しかし、退職代行を利用すれば会社に一切顔を出さずに退職することも可能です。

また、転職先もわざわざ自分で探してくる必要はなく、転職エージェントに登録しておくことで自分に合った仕事をコンサルタントの方が紹介してくれます。一人で適職を考えなくても、カウンセリングを受けながら転職を進めることができるのです。

このように、現代ではかなり転職しやすい環境が整っている状況にあります。もし、死にたいと感じているのであれば積極的に転職活動を行っていくのが良いでしょう。

死にたいと感じる時こそ転職のサイン

これは自分もそうでしたが、死にたいと感じている時こそ転職のサインであると言えます。その理由としては以下の内容が考えられるでしょう。

  • 死にたいと感じる仕事はそもそも自分に向いていない
  • 死にたいと感じながらあと数十年働くことはできない
  • そもそも、仕事は今の仕事以外にもたくさんある
  • わざわざ辛い仕事を続ける必要がない
  • パワハラや暴言があるような職場はすぐに逃げたほうが良い

理由を挙げればキリがありませんが、どう考えても死にたいという感情は異常です。明らかに適していない職場に勤めていると言えるでしょう。

そのため、もし死にたいと今感じているのであれば転職のサインであると言えます。すぐさま逃げるようにしましょう。

死にたいと転職してから思った場合

中には、転職してから死にたいと考えるようになった方も多いでしょう。しかし、転職に失敗したからと言っても自殺する必要は全くありません。

もし、死にたいほど辛いと感じているのであれば、まずは何が辛いのかについてしっかり整理してみましょう。

  • 収入が下がり、貯金もなくなることによる経済的な不安
  • 今の職場を退職しても、次の転職先は見つからないのでは?という不安
  • 転職することで、世間的な評価が落ちてしまうのではないかという不安

このように、何が不安に感じているかについて可視化することが大切になります。転職することについて不安を感じている方の多くは、「将来に対する漠然とした不安」を感じており、視野が非常に狭くなっているのです。

こうした状態で転職活動を行ったとしても、ネガティブなイメージが先行してしまい、良い結果に繋がることは期待できません。

そのため、まずは現状の課題を整理し、自分自身に余裕のある状態を作り出すことが先決と言えるでしょう。

もし、本気で死にたいほど悩んでおり、自殺を考えている場合には、以下の番号から電話相談を行ってみてください。こちらは厚生労働省が運営している自殺相談センターです。気軽に相談してみましょう。

▶︎こころの健康相談統一ダイヤル

死にたいと感じて転職したら、人生が変わった

私の場合、一度仕事で追い詰められて死にたいと感じました。朝起きたら憂鬱な気分でしたし、職場に行く前は必ず吐いていました。本来嬉しいはずの金曜日ですら、すでに月曜日が来ることが恐怖で仕方がなかったのです。

そしてとうとう追い込まれ、勇気を出して退職しました。正直、「自殺」するか「仕事を辞める」かというところまで追い込まれていたのです。そこまで追い込まれて、ようやく退職するという決断ができました。

そこから色々とありましたが、今はWEBライターとして働いています。前職は教師でしたが、明らかに今の仕事の方が自分に合っていますし、楽しいです。転職して気がついたのですが、私はあまり人と接するのが好きではありませんでした。

なのに常に人と関わらないといけない教師という仕事に就いてしまった。だからこそ、精神を病んでしまったのだと思います。

私のように、環境を変えることで世界が一変するという人も必ずいると思います。転職はそれだけの可能性も秘めているのです。

死にたい、転職したいほど悩んでいるのに辞めにくい場合

もし、現状の職場環境があまりにも劣悪で、仕事を辞めたいと考えている場合でも、退職できない状態にある方もいらっしゃるかもしれません。

  • 退職を相談しても拒否される
  • 上司から日常的にパワハラを受けている
  • 上司が怖すぎて退職を伝えられない
  • 退職を切り出すと慰謝料を請求された

実際にこれらのことを経験している労働者の方は多いです。もし、こうした状態で仕事をしているのであれば、辞めたくても辞められない状態にあると言えるでしょう。

このような環境にあって辞められない場合には、退職代行サービスを利用することをおすすめします。退職代行サービスを活用すれば、自分の代わりに代行業者が退職に関する手続き、残業代の請求などを行ってくれます。

会社の同僚や上司と顔を合わせずに退職することができるため、利用者もストレスなく退職を進めることが可能です。

以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめの退職代行サービス

退職代行ガーディアン・・・労働経済組合が運営する退職代行です。誰でも安心して利用できます!

退職代行jobs・・・顧問弁護士による心理カウンセリングが受けられます。365日即日対応!

弁護士法人みやびの退職代行・・・手続きを専門の弁護士が行ってくれます。LINEで24時間気軽に相談可能!

死にたいほど辛いなら転職を!

死にたいほど辛いのであれば、今の仕事は辞めたほうが良いです。僕も同じ状況を経験したことがあるので、気持ちは痛いほど分かります。辛い仕事からは逃げましょう。現代は自分がやりたいことをやって生きていける時代なのです。

自分らしく生きる方法を探してみてはいかがでしょうか。先ほども解説しましたが、私は転職して世界が変わりました。実際、自分と合わない仕事をするほど辛い仕事はありません。

ただし、転職する際には自分に適している仕事に転職することが大切です。もし、また合わない仕事に転職してしまうと、同じことを繰り返してしまう可能性があるからです。

もし、これから転職を考えているのであれば、転職エージェントを利用することをおすすめします。転職エージェントを活用するメリットは以下の通りです。

転職エージェントを活用するメリット
  • 無料で利用できる
  • 企業と調整してもらえる
  • キャリアアドバイザーに相談できる
  • 自分に適した仕事を見つけやすい

そのため、自分に向いている職業がどのようなものか分からない場合でもコンサルタントと一緒に考えることができるでしょう。実際、僕も利用したことがありますがかなり丁寧に面談してくれるので、自分自身の特性について見つめ直すことができました。

特におすすめなのはマイナビエージェントです。マイナビエージェントでは専任のコンサルタントが丁寧に相談に乗ってくれます。全て無料で利用でき、転職したい人にはまさにメリットしかないサービスです。

無料ですので、とりあえず利用してみて相談してみるだけでもかなり価値があるでしょう。

▶︎マイナビエージェント
賢く転職するなら求人情報豊富な【マイナビエージェント】へご登録を!専任のキャリアコンサルタントが転職活動をしっかりサポートしてくれるから、書類選考通過率・面接突破力が違います!

死にたいなら転職して!:まとめ

今回の記事では、死にたいなら転職すべきことについて解説しました。上記でも述べた通り、仕事に命をかける必要はありません。

私もそうでしたが、転職することで人生が激変することもあります。ただし、自分から行動を起こさなければ何も変わることはないでしょう。

そのため、よく考えた上でより良い選択を検討することが大切です。

The following two tabs change content below.
カケル

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました