【20代後半】仕事で何がしたいのか分からない時の解決策6選

仕事で何がしたいか分からない20代後半 仕事


仕事で何がしたいか分からないけど、どうすればいいの?

転職したいけど、20代後半で大丈夫なのかな…

そんな悩みをお持ちではないでしょうか。

実際のところ、入社時から惰性で仕事を続けている人は多いようです。

考えてみれば、仕事は星の数ほどありますが、やりがいを感じる仕事に最初から出会える人はよほどの幸運の持ち主だと言えます。

今回は仕事で何がしたいか分からない20代後半の方を対象に、具体的な解決策を見ていきましょう。

この記事を書いている人
カケル
カケル

元高校教師。現役WEBライター。
3年間教員として勤め、激務により体調を壊す。

現在はお仕事に役立つメディアを発信中。

仕事で何がしたいか分からない20代後半が直面するリスク

仕事で何がしたいか分からない20代後半が直面するリスク

何がしたいか分からないまま20代後半の方が仕事を続けると、いろいろと不都合なことが起こるかもしれません。

ここでは、具体的に抱えることになるリスク3つについて解説します。

昇給・昇進しない

まず、昇給や昇進しなかったり、同期に比べてそれらが遅くなるという可能性があるでしょう。

何がしたいか分からなければ、仕事に対して真剣に取り組むことは難しいはずです。

上司や人事担当者はあなたの仕事に取り組む姿勢を見ていますので、それは当然昇給や昇進に影響してきます。

職場内で険悪になる

仕事で何がしたいか分からないと、職場内では他の社員との仲が険悪になるかもしれません。

仕事内容にもよりますが、多くの仕事では係やチームとして他の社員と共に取り組むことがほとんどです。

何がしたいか分からないと仕事に身が入らず、他の社員から足を引っ張っていると思われ、関係が険悪になるリスクがあります。

家族関係が冷え込む

仕事での無気力はプライベートにも影響を与えて、家族関係が冷え込むかもしれません。

仕事とプライベートはお互いに影響を与えており、仕事にやりがいを感じているとオフの時間も潤いのあるものとなります。

仕事で何がしたいか分からないと、帰宅してからの時間や休日も味気ないものとなり  、家族にも冷めた感情が伝わるので関係が冷え込むことでしょう。

仕事で何がしたいか分からない20代後半が行うべき対策

仕事で何がしたいか分からない20代後半が行うべき対策

ここからは、仕事で何がしたいか分からない20代後半の方が行うべき対策についてご紹介します。

自分を見つめ直す

仕事で何がしたいか分からない場合、最初に取り組むべきなのは自己分析です。

自己分析をやったことがない方も多いのではないでしょうか。

自己分析をしなくても自分のことは分かっている

やるだけ時間の無駄だ

などと思い自己分析を省略してしまう方はたくさんいます。

でも、自己分析は自分の適性や得手・不得手を理解するために必要不可欠です。

思いつくままでいいので、

  • 続けていけそうな業種、避けたい業種
  • 職場環境で希望すること
  • 将来的に目指すこと
  • どのようなことにやりがいを感じるか

などを箇条書きしてみましょう。

転職するか今の職場に残るかも含めて、今後の方針が見えてくるはずです。

適職診断してみる

仕事で何がしたいか分からない場合には自己分析が重要ですが、どうしても自分だけで分析するのが難しいという方もいるでしょう。

自己分析が苦手な方は、適職診断サービスを利用するのがおすすめです。

たとえば、キャリア診断アプリであるVIEWを使えば、3分程度でAIが診断結果を教えてくれますし、無料なので手軽に利用できます

本格的な転職活動をする前に、まずは自己分析をするためのツールとして活用するとよいでしょう。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

周囲の人に相談する

誰か信頼できる人に相談するのも、仕事で何がしたいか分からない場合の対策として有効です。

具体的には、

  • 先輩
  • 上司
  • 家族

など、経験豊富な年上の人に相談すれば思いもよらない選択肢を見つけることができるかもしれません。

もし信頼できる人が周囲にいない場合には、アーシャルデザインなどの20代に特化した転職エージェントを利用しましょう。

▶︎20代に特化した転職エージェント【アーシャルデザイン】に無料登録してみる

副業をする

仕事で何がしたいか分からない場合、副業をしてみることもおすすめです。

副業には

  • 気軽に職種を変更できる
  • 他の業種の雰囲気がわかる
  • 好きな仕事内容を選べるのでやりがいを感じることができる
  • 副収入により生活が豊かになる

などのメリットがあります。

ただし、勤め先によっては副業禁止になっている場合もありますので、事前に確認してください。

副業の内容は興味があることなら何でもかまいませんが、選べない場合はライティング業が始めやすいのでおすすめです。

ライティング業の始め方が分からない場合は、わたしがマンツーマンでサポートすることもできます。

ご相談・お申し込みについてはこちらをご覧ください。

カケルのWEBライター育成講座

キャリアコーチングを受けてみる

自分が転職するべきなのか、転職するならどのような仕事が合っているのか分からないという方は、キャリアコーチングサービスを利用するとよいでしょう。

キャリアコーチングサービスには、

  • 自分の「強み」や「好き嫌い」を再確認できる
  • 自分に合っている仕事を一緒に探してくれる
  • 自分一人では気がつかない新たな発見がある

などのメリットがあります。

明確に今後の方向性が決まっていない人にはピッタリのサービスです。

たとえば、ポジウィルキャリアでは自己分析やキャリア分析を経て転職するまで、一連のサポートをしてくれます。

今後に悩んでいる20代後半にはおすすめのサービスですので、興味があればまずは無料相談に申し込んでみるとよいでしょう。

▶︎ポジウィルキャリアに無料相談してみる

転職先を探してみる

すぐに転職する予定でないとしても、何がしたいか分からないのであれば求人情報は確認しておくべきです。

転職先を探すことのメリットとしては、

  • どのような仕事があるのか分かる
  • 今の仕事と他の仕事の待遇を比較できる
  • 転職に必要な資格やスキルが分かる

などが挙げられるでしょう。

dodaなどの転職サイトに登録しておけば、求人検索はもちろん、よい求人情報がある場合にアドバイザーが紹介してくれます

面接や履歴書作成などについても、手厚いサポートを受けられる点が便利です。

無料で利用できますので、まずは軽い気持ちで登録してみましょう。

▶︎20代に特化した転職エージェント【アーシャルデザイン】に無料登録してみる

仕事で何がしたいか分からない20代後半の理由とは?

仕事で何がしたいか分からない20代後半の理由とは?

20代後半の方が仕事で何がしたいか分からないと感じるのには、いくつかの原因があります。

その考えられる原因について、具体的に見ていきましょう。

他の職種を経験していない

何がしたいか分からない20代後半の方の多くは、転職の経験がないと思います。

学生から就職活動を経て入社しそのまま現在に至るのであれば、他の職種についてのイメージはわきづらいでしょう。

世の中にどのような仕事があるかよく分かっていないため、自分が目指すべきビジョンが見えてこないと考えられます。

想像していた仕事と違った

ポジティブなイメージを持って入社したけれども理想と違っていたというのはよくある話です。

仕事は実際には地味な作業が多く、20代後半の方にはつまらないと感じてしまうかもしれません。

もし理想と現実のギャップが大きいのであれば、仕事で何がしたいか分からないと思ってしまう可能性があります。

やりがいのある仕事ではない

仕事に就くまではよかったものの、いざ始めるとやりがいを感じられないという20代後半の人もいるでしょう。

外部の人間として見る仕事と自分が実際におこなう仕事では違って感じられることがよくあります。

「このままあと数十年働けるだろうか」

と不安に感じるのであれば、転職も選択肢として視野に入れるべきです。

自分自身の適性を知らない

そもそも自分自身の適性について分からず、内定をもらったからという理由で入社した20代後半の方は多いことでしょう。

自分の適職を知るためには自己分析が必要ですが、自力で分析するというのは難しいと考えてしまうかもしれません。

自分の適性、適職を知りたいと悩んでいるのであれば、適職診断アプリVIEWやポジウィルキャリアなどのキャリアコーチングを利用しましょう。

20代後半が仕事を選ぶ時のポイント

20代後半が仕事を選ぶ時のポイント

仕事で何がしたいか分からない20代後半の方が仕事を選ぶ時、どのようなポイントを押さえればよいのでしょうか。

転職を成功させるために注意する点について解説します。

興味よりも持続可能かを優先させよう

まず、転職活動をするにあたって、自分がやりたいと思う仕事かではなく、”続けられる”仕事かという基準で選ぶべきです。

やりたい仕事だと思い転職したけれども、実際に働いてみると思っていた仕事と違うという可能性があります。

自己分析により自分の能力や適性を把握し、”続けられる”仕事を選ぶことが重要です。

転職に対する悪いイメージを持たない

転職することに対してネガティブなイメージを持っている20代後半の方は多いでしょう。

  • 転職するなんて逃げてるだけだ
  • 今の仕事を続けられないなら、どこへ行っても同じだ
  • 次の仕事もきっと失敗するに違いない

などという、転職に対する周りの目も気になるかもしれません。

厚生労働省によると、若者全体の30%ほどは入社してから3年以内に転職するというデータがあります。

今や転職は普通のことですので、ネガティブなイメージを持たないようにしましょう。

一人で悩まずに誰かに相談しよう

仕事で何がしたいか分からないのであれば、他の人を頼ってみるということも方法の一つです。

自分一人だけで悩んでいても、どうすればよいのか答えを出すのは難しいかもしれません。

解決できない場合には、ポジウィルキャリアなどのキャリアコーチングサービスを利用してみるとよいでしょう。

あなたの長所や適性をもとに、転職に向けた準備を全面的にサポートしてくれます。

雰囲気をつかむためにまずは無料相談をしてみましょう。

20代後半が利用できるおすすめサービス

20代後半が利用できるおすすめサービス

仕事で何がしたいか分からない20代後半が利用できるサービスには、どのようなものがあるでしょうか。

ここでは、悩んだときに利用できるおすすめサービスをご紹介します。

適職診断アプリVIEW

適職診断アプリVIEWは、20代から30代を対象にAIで天職を見つけるキャリアシミュレーションアプリです。

経歴と価値観を登録すれば、自分に合うキャリアの方向性や転職すべきポジションをランキング形式で表示してくれます。

登録に必要な時間は約3分間で負担も少ないので、試しに診断してみましょう。

doda

doda(デューダ)はパーソルキャリア株式会社が運営している転職サイトです。

国内最大級の求人情報数がサイトに掲載されており、こだわり検索機能で細かい希望条件に絞って求人検索できるのが魅力と言えます。

転職の相談以外にも、求人紹介、応募書類の作成や面接対策のサポートといったことまで、専任のキャリアアドバイザーが手伝ってくれるので便利です。

利用料金は無料なので、転職を考えているのであれば気軽に利用してみましょう。

▶︎DODAに無料登録して年収査定をしてみる

ポジウィルキャリア

ポジウィルキャリアは、どう生きたいかによりキャリアを決めることに特化したパーソナル・トレーニングです。

自己分析やキャリア分析を踏まえ転職活動を終了するまでの一連の流れをサポートしてくれます。

自分の適性が明らかになるので、仕事で何がしたいか分からないという人におすすめのサービスです。

まずは無料相談により、今抱えている悩みを明らかにしていく所から始めるとよいでしょう。

▶︎40〜50代におすすめのキャリアコーチング【ライフシフトラボ】に無料相談してみる

ライティング講座

現在わたしはWEBライター育成講座を運営していますので、興味のある方はぜひご相談ください。

副業として働くならライティングがおすすめですが、未経験の方はどうすればよいか戸惑いもあると思います。

マンツーマン指導により文章作成や案件獲得を徹底サポートしますので、未経験の方でも安心です。

詳細は以下のURLからご覧ください。

カケルのWEBライター育成講座

まとめ

今回の記事では、仕事で何がしたいか分からない20代後半の方を対象に、具体的な解決策について解説しました。

まずは自己分析をして、自分の強みや適性を確認するところから始めましょう。

おすすめサービスとして、VIEWなどによる適職診断、ポジウィルキャリアなどのコーチングサービス、dodaなどの転職エージェントがあります。

ライティングの副業をしたいのであれば、わたしもお手伝いできますのでご相談ください。

利用できるものはうまく活用していき、より良いキャリアを実現するようにしましょう。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました