教員を辞めたい40代|辞めるときのポイントは?

教員辞めたい40代

教員の仕事がしんどい…40代だけど辞めたい

40代で教員から転職したいけど、どうせ無理だ…

このような悩みを抱えていませんか。

40代になると、教員になってから20年ほど経ち、定年まであと約20年の折り返し地点です。

あと20年、我慢しながら仕事をするのは辛いですよね

この記事では、教員を辞めたいと考える40代の人が取るべき行動や、辞める時の注意点を解説しています。

悩んでいる人は必ず確認してくださいね。

この記事を書いている人
カケル
カケル

元高校教師。現役WEBライター。
3年間教員として勤め、激務により体調を壊す。

現在はお仕事に役立つメディアを発信中。

どうしても仕事が辛い方へ

明日仕事に行くのも辛い方へ
どうしても辛いなら退職代行を利用しましょう。
退職代行を利用すれば、あなたの代わりに退職の手続きを業者の方が全て行なってくれます

嫌な思いをせずに会社を退職できるため、ストレスがありません
退職代行なら、ニコイチなどのサービスがおすすめです。

▶︎退職代行サービス「退職代行ニコイチ」に無料相談してみる

やりたいことが分からない方へ
自分のやりたいことが見えない場合は、ポジウィルなどのキャリアコーチングサービスがおすすめです。

コーチングを受けることで、今後の人生の生き方や自分のやりたいことについて考えることができます

無料カウンセリングも行われているため、まずは相談してみましょう。

目次

40代で教員を辞めたい時に取るべき行動

40代で教員を辞めたい時に取るべき行動

40代で教員の仕事を辞めたいと感じた時、どのような行動をとるべきでしょうか。

今からできることから順番に解説していきます。

辞めたい理由を分析しておく

悩んでいる場合、辞めたい理由を必ず分析しておきましょう

仕事を辞めたいという理由は人それぞれです。

なぜ自分は辞めたいと思っているのか、何がしんどいのかを把握するために、理由を箇条書きにしてみてください。

  • 責任が重くプレッシャーがしんどい
  • 同僚との関係がしんどい
  • 残業が多い
  • 体力がきつい

このように、辞めたい理由を分析しておけば、転職して同じ状況に陥ることを避けられます。

自分がなぜ辞めたいのかを把握し、転職して同じような仕事は選ばないようにしましょう

キャリアコーチングを受けてみる

教員を辞めたいと考えている場合、キャリアコーチングを受けてみましょう。

キャリアコーチングでは、キャリアに悩んでいる沢山の人にアドバイスをしてきたプロが相談に乗ってくれます。

転職するかどうかを迷っている段階でも、話を聞いて一緒に考えてくれるのです。

さまざまな事例を知っているので、自分の選択肢や考えを広げることができるでしょう。

おすすめはキャリアコーチングサービス「ポシヴィル」や、40代に特化した「ライフシフトラボ」です。

こうしたサービスでは無料相談ができるので、迷いがある人は相談してみましょう。

▶︎40〜50代におすすめのキャリアコーチング【ライフシフトラボ】に無料相談してみる ▶︎全世代におすすめ!ポジウィルキャリアに無料相談してみる

周りの教員には相談しない

辞めたいと悩んでいる人は、ずっと教員一筋で働いてきた同僚の教員には相談しないようにしましょう。

教員には、公務員志向の人が多く、給料の良さや安定性に価値を見出している人がほとんどです。

「40代で教員を辞めたい」と聞くと、なんとかしてとめようと考えるでしょう。

また、新卒で教員になり、他の仕事に抵抗があるため「教員ほどいい仕事はない」と盲信している人もいます

私が実際に教員を辞めるとき、40代の教員にこのようなことを言われとめられた過去があります。

教員以外の仕事の経験がなく、偏った考えを持つ人には相談しないでください。

それよりも、転職についてしっかりとした知識を持っている、転職エージェントなどに相談する方がおすすめです。

情報収集を徹底する

40代で教員を辞めたいと考えている人は、情報収集は欠かせません。

まずは、転職エージェントに登録し、求人の情報を徹底して集めてください

  • 40代で転職が可能な求人はどのくらいあるのか
  • 自分はどんな仕事が向いているのか

求人票を見ることで、このようなことがわかり、不安が解消されてきます

どんな求人があるのかわからないまま退職するのは危険です。

まずは「リクルートエージェント」や「doda」などに登録して情報を集めることから始めましょう。

転職エージェントこの2つに登録しておこう!

・DODA
地方求人も多く、地域に関係なく求人をリサーチできる。年代に関わらず求人が豊富

▶︎DODAに無料登録して相談してみる

・リクルートエージェント
求人数が業界トップ。担当者の対応が丁寧かつスピード感のあるエージェント

▶︎リクルートエージェントで求人をチェックしてみる

「辞めたい」なんていい出せない!40代が教員を辞める方法

「辞めたい」なんていい出せない!40代が教員を辞める方法

「すぐにでも教員を辞めたいと思っているけど、言い出せない」

このように考えている人は、以下の2つの方法ができないか考えてみてください

1つずつ解説していきます。

辛いなら休職してから辞める

今、教員の仕事がどうしても辛くて悩んでいる場合、休職をしてみるのも良いでしょう。

教員は、ストレスの多い仕事なので、心の病になる人は多いです。

気づかないうちに追い詰められてしまっている可能性も否定できません。

まずは、心療内科やメンタルクリニックを受診し、先生と話をしてみて休職できないか考えてみてください。

私は、実際に教員を辞める前に休職をしました。

休職して数ヶ月休んだことで心を落ち着かせ、次の仕事のことを考えることができましたよ。

どうしても辛い人は、通院を検討してくださいね。

退職代行を使う

「退職したいが、とてもじゃないけど言い出せない」という人は退職代行を使うという手段もあります。

退職代行とは、退職に関わる手続きや交渉などを全て代行してくれる業者のことです。

退職したいという旨を管理職に伝えると、責められたり、長時間説得されたりするリスクがあります。

しかし、退職代行に丸投げすることで、ストレスを感じなくて済むのです。

弁護士が監修している「ニコイチ」は、27,000円ポッキリで退職を代行してくれます。

退職手続きをする自信がない人は利用を検討してみましょう。

▶︎退職代行サービス「退職代行ニコイチ」に無料相談してみる
あわせて読みたい
教員は退職代行を使える?今すぐ辞めたいあなたへ 教師を辞めたい・・・。 毎日が忙しすぎる・・・。 そのようなことを考えながら、日々の業務を行なっていないでしょうか。 私は高校教師として3年間現場で働いた経験が...

40代で教員を辞めたい理由

40代で教員を辞めたい理由

40代で教員を辞めたいと考える人は、どのような理由で辞めたいのでしょうか。

主な理由を紹介していきます。

仕事に飽きてきた

40代の人は、もう20年以上も教員を続けている人がほとんどで、飽きてきたという理由も考えられます。

教員の仕事は、相手にする児童や生徒は毎年変わっても、やること自体は変わりません。

入学式から始まり、修学旅行や林間、運動会や体育祭を実行し、合唱コンクールや学習発表会を作り上げ、卒業式を迎える。

1年間のうちにさまざまな行事がありますが、毎年新しいことをするわけではないのでマンネリ化してきます

同じような一年を20回以上繰り返していれば、飽きるのも仕方ないでしょう。

体力が落ちてきた

40代にもなると体力が落ちてきて、辞めたいと考える教員は多いでしょう。

教員の仕事は、子供と一緒に休み時間に遊んだり、体育の授業をしたりしなければなりません。

中学校や高校であれば、部活の指導を任されることもあります。

20代や30代の若い頃は平気でも、40代になるときついと感じるようになる人は多いようです。

体力の低下で気持ち的にもしんどくなり、辞めたいと考えてしまいます。

責任ある仕事を任される

40代になると、学年主任など責任のある仕事を任されることが増えます。

学年の代表としての会議が増えたり、若手教員の指導をしたりしなければなりません。

自分の仕事に加えて、新たな仕事が増える上、責任が重くなるのでしんどいと感じる人が多数います。

実際、私の勤務していた学校では、学年主任の先生が若手教員の保護者への謝罪に付き添ったりしている場面も多くみられました。

責任が増えることでストレスを感じると、辞めたくなってしまうのも仕方ないでしょう。

管理職への昇進を迫られる

学校は慢性的な管理職不足のため、40代を過ぎると管理職への誘いが必ずきます。

管理職は、教員よりもハードな上に子供と接する機会も少なく、教員の仕事の醍醐味が少ない役職です。

管理職にはなりたくないと考える人がほとんどなので、管理職不足で困っている学校は多数あります。

そのため、管理職への勧誘を強引に行う学校もあるようです。

管理職への昇進を断り続けることにストレスを感じてしまい、辞めたくなる人も多いでしょう。

人間関係のストレス

教員の仕事で多いのは、人間関係のストレスです。

どんな仕事でも折りの合わない人が職場にいることは多く、人間関係が原因で辞めたいと考える人は多いでしょう。

しかし、教員は我が強く熱血な人が多いので、意見のぶつかり合いが起こりやすいです。

私の働いていた学校の職員会議では、意見の対立が原因で、常に怒号が飛び交っていました。

教員の仕事につく人の性格上、人間関係のストレスが生じやすい職業なので、辞めたくなる人は多いでしょう。

ライフスタイルが変わった

40代になると、子供も成長してライフスタイルが変化し、辞めたくなる人も少なくありません。

20代から30代のうちは子育てに追われ、家庭を支えるために必死で働きます。

毎日の生活に精一杯で、自分のキャリアについて考える時間は少ないでしょう。

しかし、40代になり、ある程度子供が成長して落ち着くことで、自分のことゆっくりと考える時間が増えます。

「自分はこのまま仕事を続けていいのか」「今のままでいいのか」などと考え、辞めたいと思うようになるのです。

このように生活が変わることで、40代になってから教員以外の道について考える人も多いでしょう。

40代で教員を辞めるメリット

40代で教員を辞めるメリット

40代で教員を辞めたいと考える人は「本当に辞めても大丈夫?」と不安を抱えることが多いでしょう。

冷静に判断できるよう、辞めるメリットとデメリットを紹介します。

まずはメリットを見ていきます。

新しいことに挑戦できる

40代で思い切って教員を辞めると、新しいことに挑戦できる絶好の機会になります

年齢を重ねると、同じような毎日を送り、新しいことを始められる機会は減ってしまいますよね。

しかし、今教員を辞めることは、新しいことを始める絶好の機会なのです。

私は、教員を辞めることで今の仕事に転職し、毎日新しいことに挑戦してとても充実しています。

40代で辞めるという判断をすることで、新しいことに挑戦できるというメリットが隠れているのです。

今後の人生を変えられる

40代で教員を辞めて転職することで、今後の人生を大きく変えることができるかもしれません

転職したら、新しい環境で新しいことを始められます。

教員の仕事では経験できないことにも挑戦し「人生変わった!」と感じることもあるでしょう。

私は、教員の仕事が好きになれずに転職したことで、教員時代には考えられないくらい仕事が充実するようになりました。

あの時、転職せずに今も我慢して教員を続けていれば…と考えると、少し怖くなるほどです。

挑戦することで、今後の人生を変えられるのは大きなメリットでしょう。

心が安定する

教員を退職すると「辞めたい」と思い悩んでいる状態から脱却できるので、心が安定するでしょう。

教員の仕事は、本当にストレスが多いです。

モンスターペアレントや他の教員との関係など、抱えているストレスはキリがありません。

しかし教員を辞めると、肩に乗っているこれらの重荷が全て解消されます。

私は退職した後ストレスを感じることがほとんどなくなり、心が安定して過ごせるようになりました。

ストレスから解放され、より良い生活が送れるのは1番のメリットでしょう。

40代で教員を辞めるデメリット

40代で教員を辞めるデメリット

ここまで、40代で教員を辞めることのメリットを紹介してきました。

ここからは、デメリットを順番に紹介していきます。

ほとんどの場合年収が下がる

40代で教員から転職すると、ほとんどの場合には年収が下がってしまいます。

今、教員の仕事で給料が高いのは、それまで教員としてのキャリアを積んできたからです。

教員以外の仕事に新しく就職しようとすると、新人扱いになるので、給与が下がるのは仕方ないでしょう。

教育関連の仕事に就職すれば、キャリアを活かせるので給与を維持できる可能性もあります。

しかし、ほとんどの場合年収は下がるので、お金と辞めたい理由を天秤にかけてよく考える必要があるでしょう

退職金が大幅に減る

40代で教員を辞めると、最終的にもらえる退職金は大幅に減るでしょう。

もちろん、現時点まで積み立てていた退職金はもらえます。

しかし、定年まで働いた場合の退職金と比べると、大幅に減ることが考えられます。

辞める場合には、現時点で退職すると退職金はいくらもらえるのか、その額に満足いくのかどうかを調べておいてください。

退職金を定年後の生活に使おうと考えている人は、定年後の生活資金の確保も必要になります。

定年後にもらえる退職金が減ってしまうのは大きなデメリットでしょう。

雇用が保証されなくなる

40代で教員を辞めると、公務員という身分がなくなり、この先の雇用が保証されなくなります。

40代から転職すると、派遣社員や契約社員になることが多いです。

正社員になっても、あと20年働くうちに会社が倒産して職を失う可能性も否定はできません。

公務員であれば、どれだけ仕事ができなくても、犯罪者にでもならない限りはクビにはなりません。

しかし、会社員は仕事ができない場合、雇用が継続されないこともあるのです。

終身雇用という安定がなくなるのは、デメリットの1つでしょう。

あわせて読みたい
教員の退職で引き止められたらどうすべき?元教員が解説! 「教員を退職したいけど、引き止められた・・・」 「引き止められた時の対策とは?」 このようにお悩みではないでしょうか。 僕自身も元々教員をしており、退職する時に...

40代で教員を辞めたくなったら?

40代で教員を辞めたくなったら?

ここまで、40代で教員を辞めることのメリットやデメリットを紹介してきました。

デメリットを知った上で辞めたいと考えた時、今すぐにでもやるべきことはなんでしょうか。

順番に解説していきます。

まずは家族の理解を得る

家庭を持っている場合、まずは家族の理解を得られるように相談してください。

即答で「辞めてもいいよ」と言われる可能性は少ないですが、なぜ辞めたいのかをきちんと説明し、説得を試みてください。

反対されるのが怖くて言い出しにくいという人もいるかもしれません。

しかし、いくら家族に反対されたかといえども、最終的に決めるのはあなた自身です。

結婚して子供や配偶者に対して責任がある場合、何も言わずに転職を決めるとトラブルになります。

最終的な決定権は自分にあっても、家族への相談は必ず行ってください

今後の人生設計について考え直す

辞めたいという決心がついている人は、今後の人生設計をやり直してみましょう。

定年まであと20年働くことを考えたとき、20年後どうなっていたいかということから考えます。

お金が欲しいのか、安定した生活がしたいのか、自分が求めている理想の姿を想像しましょう。

20年後どうなっているかなんて想像がつかない、という人は、まずは5年後どうなっていたいか考えてみてください。

理想の姿から逆算することで、求めている理想の人生設計を追求できるでしょう。

また、退職してもやりたいことが見えないというのであれば、先ほど紹介したコーチングサービスを利用するのがおすすめです。

▶︎40〜50代におすすめのキャリアコーチング【ライフシフトラボ】に無料相談してみる ▶︎全世代におすすめ!ポジウィルキャリアに無料相談してみる

とりあえず求人をみてみる

辞めたいけれどどんな仕事に転職したいかわからない場合は、毎日求人票のチェックを始めましょう。

求人票を見ることで、さまざまな選択肢を知ることができます

実際に私自身、教師を辞めた後にどんな仕事をしたいのか全く見当がついていませんでした。

しかし、求人票を毎日眺める中で「これだ」というものを見つけ、現在はその会社で働くことができています。

「リクルートエージェント」や「doda」などの大手転職サイトは求人数が豊富なので、今すぐ登録して確認してください。

転職エージェントこの2つに登録しておこう!

・DODA
地方求人も多く、地域に関係なく求人をリサーチできる。年代に関わらず求人が豊富

▶︎DODAに無料登録して相談してみる

・リクルートエージェント
求人数が業界トップ。担当者の対応が丁寧かつスピード感のあるエージェント

▶︎リクルートエージェントで求人をチェックしてみる

40代で教員を辞めるときの注意点

40代で教員を辞めることはリスクが伴うため、転職は必ず成功させたいですよね。

では、成功させるにはどのようなことに気をつければ良いのでしょうか。

実体験をもとに解説していきます。

2度と戻れないと覚悟する

40代で教員を辞めるときは、2度と戻らないという覚悟を持って転職活動をしてください

民間企業であれば、一度退職すれば再就職することは難しいです。

しかし、教師の場合は教員免許さえあれば講師として再び教壇に戻ることができます。

そのため、中途半端な気持ちで転職活動を始めれば、失敗して出戻りすることになるでしょう。

実際に、軽い気持ちで辞めた同僚が、数ヶ月後他の市町村で講師として復帰していた、ということもありました

「ダメだったら戻ればいいや」という軽い気持ちであれば、転職活動するのは辞めておきましょう。

必ず転職エージェントに相談する

40代で転職する際には、必ず転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントは、さまざまな人の転職活動を支えてきた実績やノウハウを持っています。

相談することで、過去に教員から転職した人の成功事例などを教えてくれることもあります

私も実際に「リクルートエージェント」や「doda」に登録して転職活動を行った経験があります。

キャリアアドバイザーが、教員から転職した人の話をしてくれたので、「自分以外にも転職した人がいるんだ」と安心しました

無料なので必ず登録し、うまく活用してみてください。

転職エージェントこの2つに登録しておこう!

・DODA
地方求人も多く、地域に関係なく求人をリサーチできる。年代に関わらず求人が豊富

▶︎DODAに無料登録して相談してみる

・リクルートエージェント
求人数が業界トップ。担当者の対応が丁寧かつスピード感のあるエージェント

▶︎リクルートエージェントで求人をチェックしてみる

キャリアコーチングを受ける

40代からの転職は大きな決断なので、少しでも迷いがある人はキャリアコーチングを受けましょう。

キャリアコーチングサービス「ポシヴィル」は、アドバイザーがキャリアの悩みについて相談に乗ってくれます

あなたが「どう生きたいか」を軸にしてキャリア形成の方法をアドバイスしてくれますよ。

転職するか迷っているという場合、第三者の冷静な意見を聞けるので、良い判断材料になるかもしれません。

無料相談の申し込みは1分でできるので、相談に乗ってもらってください。

▶︎全世代におすすめ!ポジウィルキャリアに無料相談してみる

キャリアスクールに通う

40代からの転職を成功させるには、キャリアスクールに通うことも1つの手段です。

キャリアスクールでは、転職の成功のためFの講座の受講や、マンツーマンの面接指導などを受けられます。

おすすめは、40代向けのキャリアスクール「ライフシフトラボ」。

プロのスタッフがマンツーマンで60日間転職活動をサポートしてくれます。

「どんな仕事に向いているかわからない」「転職活動が初めて」という方でも徹底的にサポートしてくれるので安心です。

転職活動に自信がない人は、まずは無料の相談会に参加してみてください。

▶︎40〜50代におすすめのキャリアコーチング【ライフシフトラボ】に無料相談してみる

まとめ|40代での転職は可能

いかがでしたか。

この記事では、教員を辞めたい40代の人が今すぐ取るべき行動や、辞める時の注意点を紹介しました。

ここまで続けてきた教員の仕事を辞めるのは、大きな決断になります。

40代になってから辞めることのメリットやデメリットを必ず把握しておいてください。

それでも辞めたい人は、今から転職に向けての下準備は欠かせません。

転職エージェントに登録し、求人をチェックしていきましょう。

さらに、キャリアコーチングやキャリアスクールを利用し、今後についてしっかりと考えてみてください。

The following two tabs change content below.
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

サービス比較WEBライター。オウンドメディアにて記事を執筆中。

目次