仕事についていけない50代はどうすべき?困った時の解決策

50代

「もう50代だし、いまさら転職なんて無理?」

「仕事についていけない。毎日がつらい・・・」

そんなお悩みをお持ちではないでしょうか。

50代は若年者と違い経験の蓄積がありますが、その分悩みを抱えやすいです。

そんな仕事についていけない50代のために、どうすればよいのか、どのようなサービスを利用できるのか解説します。

当てはまる方はぜひご覧ください。

仕事についていけない50代|困ったときの解決策5選

仕事の悩みがある場合、何も対策せずに日々過ごしたところで解決できません。

もし、あなたが50代で仕事についていけないと感じているのであれば、以下のことを実践してみましょう。

スキルを磨く

苦手分野に関係したスキルを磨けば、悩みを解決できるかもしれません。

具体的には、

  • 専門書を読む
  • インターネットで調べる
  • スクールに通う

といった方法です。

50代の方が仕事についていけない理由として、新しい手法や技術についていけないということが挙げられます。

例えば、今でこそパソコンが普及していますが、少し昔は手書き文書を作ったりそろばんで計算したりするのが普通でした。

パソコンが導入された当初は使い方がわからず戸惑う人が多かったようですし、未だに年配の方でパソコンを苦手とする方もいます。

スキルを磨くことで苦手分野を克服し、新しい働き方に慣れれば仕事のつらさが軽減されるでしょう。

つらいことが何か書き出してみる

何についてつらいと感じているのか、具体的に紙に書き出してみるのも有効な方法です。

書き出すことで気持ちの整理がつきますし、書き出した内容を見直すことによって、これからどうすればよいのかも見えてきます。

書き出す内容については、

  • 雰囲気が悪くて職場に行きたくない
  • やりがいを感じない
  • このままでいいのか将来が心配

など、自分の気持ちを整理するためなのでどのようなことでもよいです。

書き出すことによって不安に思っていることを可視化できるので、落ち着いて考えることができるようになります。

頼れる人に相談する

仕事上の悩みを一人で抱えても、答えを見つけるのは難しいでしょう。

問題を解決できない場合は、他の人に打ち明けることで気持ちも楽になります。

客観的な視点から自分では思いつかないようなアドバイスをもらえるかもしれないので、一人で悩まずに、誰かに相談しましょう。

ただし、転職を視野に入れた相談なのであれば、転職を経験している人または柔軟な考えをできる人が相手としては望ましいです。

転職を経験していない人に相談した場合、

  • あと少しなのに、今さら辞めるべきではないのでは?
  • 我慢してもう少し続けた方がよい
  • 50代での転職先なんて、ろくなものがない

など、転職を否定するアドバイスしかもらえないかもしれません。

そのため、あなたの状況や考えを理解してくれるような、信頼できる人に相談するのがおすすめです。

キャリアコーチングを受けてみる

あなたの悩みを相談できる人が周りにいないなら、キャリアコーチングを受けてみるとよいでしょう。

キャリアコーチングでは、

  • 本当に転職した方がよいのか悩んでいる
  • 自分の適職を探すために相談したい
  • どのように生きればよいのかわからなくなった・・・

など、転職以外の悩みでも幅広く相談できて解決に導いてくれます。

今では50代を対象としたキャリアコーチングもありますので、今後の方針を決めるためにそのようなサービスを活用するのがおすすめです。

サービスを提供しているライフシフトラボでは無料で個別説明会をおこなっていますので、まずは軽い気持ちで参加してみましょう。

▶︎40〜50代におすすめのキャリアコーチング【ライフシフトラボ】に無料相談してみる

転職先を探す

今の仕事についていけずに不満があるのであれば、転職先をあらかじめ探しておくとよいです。

ついていけないのは能力の問題ではなく、そもそもあなたに向いていない仕事だという可能性もあります。

自分に合っている仕事に就くことができれば、今よりも心が軽い状態で働けるでしょう。

しばらく転職しないつもりでも、求人情報をチェックすることにより

  • 他の企業の雇用条件を知っておくことができる
  • 今の職場で働き続ける以外の選択肢があるとわかれば、精神状態が安定する
  • 今の年収が相場に比べてどうなのか知ることができる

というメリットがあるのでおすすめです。

また、あなたの適正年収を査定するためにdodaなどのサービスを活用する方法もあります。

利用料は無料なので、給料が安いと感じているのであれば適正年収について査定してみるとよいでしょう。

▶︎DODAに無料登録して年収査定をしてみる

仕事についていけない50代の理由とは?

50代が仕事についていけないと感じる場合、どのような理由が考えられるのでしょうか。

ここでは、その具体的な理由について見ていきましょう。

体力がなくなった

50代となり、昔に比べ体力がなくなったと感じている人も多いと思います。

40代まではどうにか仕事ができていたけれども、50代になると長時間働くのが難しくなったという人はとても多いです。

あなたが体力的に仕事を続けるのが難しいと感じているのであれば、もう少し体を酷使しない職種へ転職するのも選択肢の一つとなるでしょう。

業務内容を整理できていない

あなたが仕事についていけないと感じていると感じている場合、業務内容を整理できていない可能性があります。

まずは現在の仕事を振り返り、いつもの業務をもっと効率的にできないか考えてみましょう。

無駄を省くことによって作業時間が短縮され、仕事についていけるようになるかもしれません。

新しい技術や手法の理解に時間がかかる

50代になると、新しい技術や手法を理解できないという人もいるでしょう。

現代はパソコンの利用はもちろん、職種によってはタブレットを使ったりSNSで連絡を取り合ったりと、新しい技術や手法が職場で導入されています。

昔は当たり前とされてきた働き方が通用しなくなってきていることに対して、不安や焦りを感じている方もいるはずです。

人間関係がきつい

仕事についていけない要因の一つとして、周りの人との関わりもあります。

もし、職場の仲間との関係がよくないのであれば、仕事の進行に影響する場合もある

でしょう。

職場での仲間との関係を改善する方法としては、上司への相談が考えられます。

もし、それで何も効果がないようであれば、dodaなどの転職サービスを利用して転職先を探した方がよいでしょう。

仕事についていけない50代の退職を検討するときに気をつけること

仕事についていけないと感じている50代が退職を検討するとき、どのようなポイントに気をつければよいのでしょうか。

ここでは、気をつけなければならない注意点について見ていきましょう。

勢いで退職しない

働いていて辞めたいと思う瞬間があるかもしれませんが、その場の勢いだけで退職を選択しないよう気をつける必要があります。

仕事についていけないというストレスがある状況では、

「今すぐにでも辞めて自由になりたい・・・」

という考えが浮かぶかもしれません。

でも、何の準備もなく勢いに任せて辞めてしまうと、後悔することになるでしょう。

辞めたいと考えているのであれば、

  • 辞めたい理由
  • 辞めたあとにどうするのか
  • 転職先として自分に合っていると思われる仕事

などについて事前に整理しておくことをおすすめします。

退職後のキャリアについてしっかりと考える

退職するつもりなのであれば、その後のキャリアについてしっかりと考えておきましょう。

「つらいのでとにかく退職したい」

と考えてしまいがちですが、その後のことまでよく考えておかなければ、経済的に追い詰められてしまいます。

“具体的に辞めたあとどうやって生活していくのか?”

ということまで考えておくとよいでしょう。

考えてもなかなか答えを出せないのであれば、ライフシフトラボなどでキャリアコーチングを受けることをおすすめします。

悩みを周囲と共有する

仕事についていけないという50代の方は、自分一人で悩みを抱え込んでいるのではないでしょうか?

自分一人だけで悩んでいるとマイナスのことばかり考えてしまうので、ストレスが溜まっていく一方です。

それに、そのような悩みを自分の力だけで解決するというのはとても難しいでしょう。

一人で思い悩むよりも、誰かに相談した方が気持ちが楽になるはずです。

友人や上司、同僚や家族など、信頼できる身近な人に相談するとよいでしょう。

もし相談できる人が周りにいない場合は、dodaなどの転職エージェントを利用することができます。

仕事についていけない50代が利用できるおすすめサービス

仕事についていけないと感じている50代が利用できるサービスがいくつかあります。

ここでは、悩んだときに利用するべきおすすめサービスを見ていきましょう。

doda

doda(デューダ)は転職サイトで、パーソルキャリア株式会社が運営しています。

サイトに掲載されている求人情報の数は国内最大級で、こだわり検索機能もあるので細かい希望条件に沿った求人検索が可能です。

専任のキャリアアドバイザーがいて、転職相談のほかにも求人の紹介、面接対策や応募書類の作成サポートといったことまで手伝ってくれます。

求人企業からのコンサルティング料や求人広告掲載料によって運営されているため、利用料金は無料です。

転職を視野に入れているのであれば気軽に利用してみましょう。

▶︎DODAに無料登録して年収査定をしてみる

ライフシフトラボ

ライフシフトラボは、転職や起業など、人生後半のキャリア自律に着目したオンラインビジネススクールです。

利用者の多くは40代から50代が占めており、スクールの内容もその年代に特化したものになっています。

経験豊富なキャリアコーチがマンツーマンで支援してくれるので、充実した内容です。

受講時間については柔軟に対応してくれるので、忙しい人でも安心できます。

自分の商品価値を高めることを重視したスクールなので、転職に迷いがある場合でも受講する価値があるでしょう。

▶︎40〜50代におすすめのキャリアコーチング【ライフシフトラボ】に無料相談してみる

仕事についていけない50代|退職か継続かの基準とは?

仕事についていけない50代にとって、退職すべきか働き続けるべきかは悩ましいところです。

ここでは、退職か継続かの判断基準について具体的に見てみましょう。

今の仕事をあと10年以上続けられるか?

50代とはいえ、今の仕事を辞めない場合には、あと10年以上は働くことになる方が多いと思います。

10年以上の長い年月をこのまま今の仕事で耐えることができるのか、よく考えてみてください。

その結果、

「この先10年以上もなんて、とても耐えられそうにない・・・」

と思った場合には、早めに退職するべきです。

選択肢は無限に広がっているので、今の職業に固執する必要はありません。

自分に向いている仕事がないか、求人情報をチェックしてみましょう。

仕事にやりがいを感じているか?

あなたは今の仕事についてやりがいを感じていますか?

「嫌なことでもがんばるのが仕事だ」

「仕事なんだから、つらくてもしょうがない」

などと考えているのであれば、それは間違いです。

自分に合っている仕事であれば、そこには楽しさややりがいを感じることができるでしょう。

今の仕事がつらいのであれば、あなたに向いてないのかもしれません。

もし、今の仕事にやりがいを感じないのであれば、どのような仕事が自分に合っているのか分析してみることをおすすめします。

自分に合った仕事をした方が、毎日を楽しく過ごすことができるでしょう。

このまま仕事を続けて後悔しないか?

退職した方がよいかを判断するにあたってもっとも考えるべきことは、”このまま仕事を続けて後悔しないか?”ということです。

一度きりの人生なのに、長い期間苦痛に耐えながらやりたくない仕事をする必要はありません。

今の仕事を不満に思っていて、

「今のまま仕事を続けたくない」

と思っているのであれば、今後どうするべきか早めに考えた方がよいでしょう。

最近は50代向けのコーチングも充実していて、転職のみならず、副業や独立といった選択肢も含めて総合的に相談することができます。

悩んでいるのであれば、まずはライフシフトラボで無料個別説明会に参加するのがおすすめです。

まとめ

今回の記事では、仕事についていけないと感じている50代のための解決策と、利用できるサービスについて解説しました。

50代は仕事に悩みやすい時期ですが、悩みを解消する方法はいくつもありますし、キャリアコーチングや転職についてのサポートを受けることもできます。

一人で思い悩まずに、周囲の人や上記サービスの力を借りてこれからについて検討するのがよいでしょう。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました