仕事を辞めたい50代男性がやるべき「自分の棚卸し」の解決法

仕事辞めたい50代男性 50代

定年が現実的になる50代男性だからこそ「仕事を辞めたい」「このままでいいのか」と考えてしまう人は多いのではないでしょうか。

早急に結論を出すのではなく、じっくりと「自分の棚卸し」をして、より良い将来のために答えを見つけてみてください。

この記事では「仕事を辞めたい」と考えている50代の男性に向け、自身の考えを整理し判断する参考にしていただければ幸いです。

50代男性が仕事を辞めたいと考えた背景

まず、50代男性が「仕事を辞めたい」と考えた理由とはどのようなものなのでしょうか。

自身のことと照らし合わせて読み進めてみてください。

人間関係・職場環境のストレス

年代に関係なく、人間関係のストレスが退職への引き金になることは多々あります。

上司や同僚・部下など様々な人間関係が存在しているので仕方がないことかもしれません。

価値観や考え方の違いにより、許容できないことも多々あるでしょう。

それが良い刺激になるならまだしも、精神的な病を引き起こすほどのストレスになっているのであれば、退職を検討したほうが良いのではないでしょうか。

会社の方針・将来性を不安視

コロナ禍や世界情勢により不景気が続いている昨今、会社の業績不振や将来性を不安に感じている50代男性もいると思います。

また、買収や合併などにより会社の方針が以前とは全く違うと違和感を感じている人もいるかもしれません。

このような場合は受け身ではなく「いつでも転職できる」準備をしておきましょう。

現状を維持しつつ良い条件の仕事が見つかった際、すぐに動けるようにしておくことが大事になります。

そうすれば気持ちに余裕もでき、色々な気付きを得ることもできるでしょう。

やりがいを感じない

「50代になるまで何の矛盾もなく働いてきた、今の仕事が嫌というわけではなく、やりがいが感じられない」このように考えている人もいるのではないでしょうか。

まずは自分に問いかけ自己分析してみてください。

考えや思いが明確になってくるかもしれません。

ただ自己解決というのは、なかなかハードルが高いものです。

そんな時は『POSIWILL CAREER』の利用をおすすめします。

転職先を紹介するのではなく、後悔なく歩める人生のプラン作りの手助けをするサービスです。

自身の悩みを言語化することから始めてみてください。

▶︎全世代におすすめ!ポジウィルキャリアに無料相談してみる

病気・体力の低下

「仕事への情熱や気概があっても、病気や体力の低下で思うように働けない」という場合もあるでしょう。

肉体的な病気はもちろんのこと、精神的な病気は無理をしてしまうと長引く恐れもあります。

自分を守るために視野を広げ、勇気ある決断をするのも得策かもしれません。

家庭の事情

親族の介護等、時としてプライベートでは予期せぬことが生じます。

会社への相談や様々の工夫を凝らしても解決できない場合は、人生の転機と考え前向きに行動するのが良いのではないでしょうか。

50代男性が仕事を辞めたいと考えた時の試み8選

ここまで「仕事を辞めたい」と考えるに至るまでをみてきました。改めて自身の背景を確認して、どのような感想を持ちましたか。

次に「仕事を辞めたい」と考えた時に取り組むことを提案していきましょう。

休みをとりリラックスする時間を持つ

仕事に追われ、空いた時間は悩み事ばかり考えていませんか。

本当の意味で休めていないかもしれません。人は忙しすぎるとネガティブな考えしかできなくなってしまうものです。

たまには何も考えず、楽しいことに没頭するなど日常から離れてみてください。そうすると悩みが吹き飛ぶかもしれません。

社内外の人脈を作り情報収集する

50代になると交友関係が限られてきます。

特に男性は会社内の固定された交友関係に偏りがちです。

共通の情報や同じ価値観の中にばかりいると、自分を客観視することが難しくなるでしょう。

様々な人と交流することで考え方に変化が生まれたり、ビジネスや転職のチャンスが広がるかもしれません。

自分の視野を広げるために、少しずつでも人脈を充実させることをおすすめします。

今後の人生をどうしたいかを自問する

今後のライフプランを考えた時、あなたはどのように生きていきたいですか? 

このまま会社員を続ける、独立して開業を試みる、転職する、仕事人生を卒業する、など色々な選択肢があります。

資産やキャリアによって実現の度合いが変わってきますが、なるべく自分の意思に沿った生き方を選びたいものですね。

そのためにも優先順位をつけて自分の考えを固めていきましょう。

今後のマネープランについて専門家に相談

やはり、退職するにしても現場を維持していくにも、現在の資産を把握しておくことは無駄にはなりません。

「マネープラン」は大きく分けて「住宅ローン」「教育費」「貯蓄額」の3つとなります。

退職、転職後の収入と支出の把握・老後資金等、専門家に相談すると、ぼんやりとしていたお金の流れが可視化され、進む道が見えてくるかもしれません。

部署異動・役職回避を希望してみる

今の会社で頑張ることを決めた人は、社内での環境を変える働きかけをしてみてはいかがでしょうか。

現在の業務が適正ではないと判断した場合は部署異動・担当職務の変更を上司に相談してみてください。

また意外に多いのが役職回避です。役職=重責を担うことが負担となっている場合もあります。

生き方や考え方は人それぞれ、世間で当たり前と思われていることを疑ってみてはいかがでしょうか。

副業を始めて適性を探る

副業であればチャレンジしてみたかったことも気軽に始められるのではないでしょうか。

自分に合っているかどうかの判断もできますし、転職・起業の足掛かりにもなります。

本業とは異なるやり方や内容に触れることで、知識やノウハウ、スキルなども習得できます。

強いては、そのことが本業へのフィードバックにもなり、全く違った視点から見ることによって、現在の悩みが解決できる場合もあります。

今後のキャリアについて専門家に相談する

ここまで自問自答を繰り返してきたと思います。

それでも行き詰まってしまったのなら、専門家の手を借りることも一つの手段です。

転職の悩み、定年後を見据えた独立開業、資格を活かして組織に頼らず働きたい、このような悩みを解決するパーソナルトレーニングとして『ライフシフトラボ』というサービスがあります。

『ライフシフトラボ』では50代男性が持つ悩みを解決するべく、難しいと言われる転職・独立起業支援をしています。

人生後半のキャリアに活路を切り開くため、人材マーケットに精通したトレーナーがマンツーマンで具体的なビジネスの方法を伝授してくれます。

自分のスキル、資格、経験をビジネスに活かしたい人は検討してみてはいかがでしょうか。

▶︎40〜50代におすすめのキャリアコーチング【ライフシフトラボ】に無料相談してみる

早期退職制度があれば検討してみる

色々、検討し退職を選んだのであれば福利厚生の中で「早期退職制度」の募集がないか調べてみてください。

希望退職制度を利用すれば「会社都合での退職」扱いとなり、失業保険の給付を早めに受けることも可能になります。

また定年後のキャリア形成支援のために、退職金を割り増しにしている企業も多くあります。

昨今、退職金が減額傾向にあるなか、考え方次第ではお得ともいえます。

50代男性が仕事を辞めたい時の注意点

50代男性が「仕事を辞めたい」と考えた時、考慮に入れることは多々ありますが、特に注意する点を取り上げておきます。再度、確認しておきましょう。

感情的にならない

時に人は冷静さを欠く行動に出てしまう時があります。投げやりになってしまったり、自分のためらいを自ら絶つために無意識に後戻りできない行動をとるというような具合です。

ただ、このような感情的な行動は後悔することがほとんどです。

人生の大きな転機を一時の感情に流されないよう、肝に銘じましょう。

退職時の振る舞いが今後の人脈に影響を及ぼす可能性も考え、社会人として最低限のマナーとして円満な退職を心掛けるべきです。

自分の資産・貯金額を把握しておく

退職するとなると、端的に言って収入がなくなるということです。いくら節約しようとも食費や住居費など生活費はかかってしまいます。

また転職までに時間がかかる場合、退職することで発生する費用も考慮に入れなければなりません。

会社で働いている時は、健康保険や厚生年金に加入していますが退職と同時に加入は解除されます。

そして自分で国民年金保険や国民健康保険に加入しなければならず、その負担も考慮に入れなければならないでしょう。

ですので現在の貯蓄額や1ヶ月にかかる支出を把握しておくことは重要です。

資産額を把握しておけば、焦って不本意な転職をする危険を冒さずに済むでしょう。

退職後のキャリア計画を立てる

生活環境の整備や医療技術の進歩で「人生100年時代」と言われる現代、寿命が延びることでシニアライフが長くなりました。

50代で退職した場合、セカンドライフを充実させるためには、しっかりとキャリアプランを立てる必要が不可欠になるでしょう。

50代男性が転職を成功させる方法

次に「仕事を辞め転職しよう」と決断した50代男性が転職を成功させるポイントについて解説します。

在職中から転職活動を始めることを意識する

転職活動は在職中から始めることをおすすめします。転職先がすぐに見つかれば良いですが、なかなか決まらず長引くと経済面から焦りが出て、不本意な仕事を選んでしまうリスクが増えるからです。ただし現職が多忙でままならない場合は、退職後でも然りです。

信頼できる第三者や家族に相談しておく

信頼できる第三者へ相談しておきましょう。

人との会話で考えを整理し、冷静な判断を心掛けましょう。そのような人が見当たらない場合は、前述の『POSIWILL CAREER』や『ライフシフトラボ』といったサービスを利用するのもおすすめです。

また、事後報告で動揺させないよう、家族への相談は必要となります。

後々、家族の助けが必要になる場合も想定して、事前の相談を心掛けましょう。

▶︎40〜50代におすすめのキャリアコーチング【ライフシフトラボ】に無料相談してみる

▶︎全世代におすすめ!ポジウィルキャリアに無料相談してみる

50代男性の転職に強いエージェントの特徴を把握する

プロのアドバイザーがサポートしてくれる「転職エージェント」は、メリットが大きいことから年々、利用者が増えています。

自分に合ったエージェントを見つけることが転職活動のカギとなると言っても過言ではありません。

ただ数あるエージェントの中から、どこを選べば良いのか迷ってしまいます。

そんな時はやはり最大手の『doda』『リクルートエージェント』から手始めに相談に行くことをおすすめします。

求人数の多さや担当者の質の高さから見ても、安心して利用できるエージェントと言えるでしょう。

転職エージェントこの2つに登録しておこう!

・DODA
地方求人も多く、地域に関係なく求人をリサーチできる。年代に関わらず求人が豊富

▶︎DODAに無料登録して相談してみる

・リクルートエージェント
求人数が業界トップ。担当者の対応が丁寧かつスピード感のあるエージェント

▶︎リクルートエージェントで求人をチェックしてみる

50代男性が直面する退職時の煩わしさ

仕事を辞める決心がついたものの上司に伝えることが難しい場合や、申し出ても退職を受理してくれない場合は、退職代行サービスの利用を検討してみましょう。

退職代行サービスを利用して仕事を辞める

会社に出向いて退職手続きをすることなく、スムーズな退職が可能なサービスです。

自分で解決できない不安がある場合は、無料相談も行っている『退職代行ニコイチ』に一度、相談してみませんか。

弁護士監修の下、成功率100%を誇る退職代行です。

さらに追加料金も一切かからず、2ヶ月間のアフターフォローもついていて、利用者にとって安心のサービスです。

▶︎退職代行サービス「退職代行ニコイチ」に無料相談してみる

まとめ

この記事では「仕事を辞めたい」と考えている50代男性の本当の思いに気づくためのお手伝いをするべく、解説してきました。年齢的にも不安や焦りを抱いてしまうことも多いでしょう。

ですが孤独になることは決してありません。以前とは比べものにならないほど、サポートサービスも充実してきています。これらのサービスをうまく活用し、より良い将来のための行動を選択してください。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました