50代のストレスのない仕事10選|おすすめや特徴を解説

50代でストレスのない仕事

ストレスで仕事をやめたいけど、50代で転職できるのかな…?

50代からできる、ストレスのない仕事なんてあるの?

このような疑問を抱えていませんか。

50代になると環境や体力の変化も多く、仕事にストレスを感じることが多くなりますよね。

この記事では、50代の方におすすめの、ストレスのない仕事やその特徴を紹介します

ストレスを感じて悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

仕事に悩んだら、エージェント・キャリアコーチングを利用しよう!

・ポジウィルキャリア
→自分に合った仕事を一緒に考えてもらえる。転職だけではなく、現職を上手く続ける方法も模索できる。無料カウンセリングも行われているため、まずは相談してみましょう。

▶︎全世代におすすめ!ポジウィルキャリアに無料相談してみる

・DODA
地方求人も多く、地域に関係なく求人をリサーチできる。年代に関わらず求人が豊富

▶︎DODAに無料登録して相談してみる

・リクルートエージェント
求人数が業界トップ。担当者の対応が丁寧かつスピード感のあるエージェント

▶︎リクルートエージェントで求人をチェックしてみる
目次

50代におすすめのストレスのない仕事10選

50代におすすめのストレスのない仕事10選

50代の方におすすめの、ストレスがないと言われている仕事には、どのようなものがあるのでしょうか。

順番に見ていきましょう。

ルート営業

ルート営業は、営業職の中でもストレスが少ない仕事です。 

新規開拓の営業などでは、初めて会う顧客に営業をかける必要があります。

しかし、ルート営業はすでに知っている顧客である、取引先に行って営業を行うのでストレスが少ないです。

取引先に向かって仕事を行うので移動時間も多く、実際の労働時間が少ないことや、家に直帰できるというメリットもあります。

正社員でできる仕事の中では比較的楽なので、正社員で仕事をしたい人にはおすすめです。

軽作業

軽作業の仕事とは、主に倉庫や工場での作業を指します。

倉庫では、荷物の仕分けをおこなったり、梱包を行なったりすることが多いです。

近年ネットで買い物する人が増えているため、倉庫の軽作業員の需要は高まっていて、求人数も増えています

大きな荷物を運ぶ際には台車等を使うので、力仕事に自信がない方でも安心して働けます。

工場では、工程が機械化されているので、単純なチェックなどの作業をするだけです。

業務で人と関わることが少なくてすむのが、一番の魅力でしょう。

職場でのコミュニケーションを避けたい方におすすめです。

清掃

清掃員の仕事では、ビルや施設などの清掃を行います。

基本的には、任されたエリアを清掃するだけなので気楽に働けます。

人と協力したり、会話をしたりする必要がないので人間関係のストレスが少ないことが1番の魅力です。

清掃員は、一見体力がいるように感じますが、大きな施設向けの清掃用具などが充実しているので、それほどしんどくはありません。

50代以上の方や、すでに定年退職した方が中心で働いています。

掃除が苦手ではない人にはおすすめです。

スーパーマーケット

スーパーマーケットでの仕事は、レジやお惣菜作り、品出しなど多岐に渡ります。

レジは接客スキルが必要ですが、バーコードをかざして会計をするだけの単純作業なので、40代〜50代に人気です。

お惣菜などその場で調理する職は、料理が得意な主婦の方などが多い傾向にあります。

棚出しは、バックヤードに運ばれてきた品物を棚に並べるだけなので、人と関わらなくて済むのが魅力です。

筆者も過去に品出しの経験がありますが、一人で黙々と作業に集中するため、時間が経つのが一瞬でした。

体力が必要ですが、作業自体は単純なため、ストレスが少ない仕事です。

警備員

警備員の仕事は、楽でストレスが少ない仕事だといって良いでしょう。

警備員の職場は、建物から駐車場、イベント会場などさまざまです。

特におすすめなのが、駐車場など混雑が少ない場所での警備員です。

ほとんどの場合立っているだけなので、しんどいことをする必要はありません。

混雑する傾向にあるイベント会場などの警備は、人が多いのでトラブルも多くて大変です。

何もしないことに苦痛を感じない人は、商業施設やビルなど、混雑がない場所での警備がおすすめですよ

トラック運転手

トラックの運転手は、トラックを運転して荷物を運ぶ仕事です。

仕事中は1人でトラックに乗り込むので、人と関わることが少なく、ストレスを感じにくい傾向にあります。

荷物の積み下ろしに体力が必要だったり、運転中長時間座るので腰が痛くなったりするといったデメリットもあります

しかし、運転中は音楽やラジオを聴いたりすることもできるので、楽しく仕事ができるのが良いポイントです。

免許を取得する必要があるので、車の運転に自信がある人はおすすめです。

事務やデータ入力

事務やデータ入力は、最も簡単でストレスのない仕事の一つだと言えるでしょう。

パソコンで決まった作業をするだけなので、一度慣れればとても楽に感じるます。

眼精疲労や肩こりなど、50代にとってはしんどい面もありますが、座るだけなので体力は消耗されません。

筆者は、立ち仕事を経験した後にデスクワークの仕事に転職しましたが、圧倒的にデスクワークが楽だと感じています。

パソコンの作業などが苦手でない人にはおすすめです。

販売職

販売職は、場所によってはストレスが少なく楽な仕事です。

物を販売する仕事には、アパレルや雑貨、食料品店などさまざまあります。

おすすめなのは、混雑することが考えにくいエリアやビルでの販売職です。

店員が1人から2人ほどしかいない店舗は、基本的に混雑することがないと予想されます。

混雑しているショッピングモールなどでは、常に忙しいのでストレスが少ないとは考えにくいでしょう。

働く前に忙しくないかをチェックをしておけば、販売職はストレスのない仕事になるでしょう。

仕事に悩んだら、エージェント・キャリアコーチングを利用しよう!

・ポジウィルキャリア
→自分に合った仕事を一緒に考えてもらえる。転職だけではなく、現職を上手く続ける方法も模索できる。無料カウンセリングも行われているため、まずは相談してみましょう。

▶︎全世代におすすめ!ポジウィルキャリアに無料相談してみる

・DODA
地方求人も多く、地域に関係なく求人をリサーチできる。年代に関わらず求人が豊富

▶︎DODAに無料登録して相談してみる

・リクルートエージェント
求人数が業界トップ。担当者の対応が丁寧かつスピード感のあるエージェント

▶︎リクルートエージェントで求人をチェックしてみる

コールセンター

コールセンターの仕事は、受電をしてお客さんの要望を解決することです。

接客をするため、時にはクレーム対応をしなければならず、ストレスが溜まる一面もあります。

しかし、お客さんとの会話は対面ではなく電話で行われますし、クレームは一部なので意外としんどくありません。

筆者も受電の経験がありますが、クレーマーは基本的に話を聞いて欲しいだけなので、慣れればとても楽ですよ。

人と話すことが苦痛ではない人にはおすすめです。

ビルやマンションの管理人  

マンションの管理人は、50代以降の人向けのストレスフリーな仕事です。

主な仕事内容は、設備の点検や建物の清掃、新しい入居者との立ち会いなど多岐に渡ります。

住人同士のトラブルなどが起こらない限り、平和な環境で仕事ができるのです。

マンションの場合、勤務は住み込みで働く形態と、駐在する形態があります。

住み込みでは、マンションの住人と仲良くなれることもあるのでやりがいを感じることも多いでしょう。

特別な資格は必要ないので、楽で人の役に立つ仕事がしたい方にはおすすめです。

受付スタッフ

受付スタッフは、簡単でストレスのない仕事だといえるでしょう。

受付スタッフとして働ける場所は、病院から商業施設、オフィスビルなどさまざまです。

基本的に座っているだけで、カウンターに訪ねてきた人に対して案内を行います。

ルーティンワークなので、業務でストレスを感じることが少ないでしょう。

商業施設などは混雑しがちなので、職場を選ぶ時には人が少なそうな場所を選んでください。

人と話すことが苦痛ではない方にはおすすめの仕事です。

塾講師や家庭教師

塾講師や家庭教師は、子供相手の仕事なので比較的ストレスがない仕事です。

大人を相手にする仕事は、やはり一定の緊張感があります。

しかし、塾講師や家庭教師などは子供相手なので、気持ち的に楽なことが多いです。

スパルタな家庭や、学力の高い生徒でなければ、子供と楽しく過ごしているだけで仕事が終わります。

筆者も過去に家庭教師をした経験がありますが、学力が低い生徒は親からのプレッシャーもありませんでした。

子供が苦手でない人にはおすすめの仕事です。

フリーランスや自営業

フリーランスや自営業は、好きな時に好きな相手と働けるのでストレスが溜まりにくいです。

会社であれば、決まった時間に、折りが合わない人と一緒に仕事をしなければなりません。

しかし、フリーランスや自営業では、始業時刻や労働時間を自分で決められます。

朝早く起きる必要もなくなるので、時間に対してのストレスが一気に減ります。

気に入らない相手とは取引をやめればいいので、人間関係のストレスもありません。

安定性はないですが、ストレスは感じにくいでしょう。

仕事に悩んだら、エージェント・キャリアコーチングを利用しよう!

・ポジウィルキャリア
→自分に合った仕事を一緒に考えてもらえる。転職だけではなく、現職を上手く続ける方法も模索できる。無料カウンセリングも行われているため、まずは相談してみましょう。

▶︎全世代におすすめ!ポジウィルキャリアに無料相談してみる

・DODA
地方求人も多く、地域に関係なく求人をリサーチできる。年代に関わらず求人が豊富

▶︎DODAに無料登録して相談してみる

・リクルートエージェント
求人数が業界トップ。担当者の対応が丁寧かつスピード感のあるエージェント

▶︎リクルートエージェントで求人をチェックしてみる

50代が仕事をストレスだと感じる主な原因2選

50代が仕事をストレスだと感じる主な原因2選

仕事でストレスを感じる原因は、大きく2つに分けられます。

1つずつ解説していきますね。。

家庭環境の変化

50代になると、家庭環境が大きく変わる人も多く、仕事にストレスを感じやすくなります。

20代〜30代で子供を産んで育てると、50代になれば子供は成人しているでしょう。

若い頃は、家庭を支えるためにがむしゃらに働いていたので、仕事について深く考える時間もありません。

しかし、50代になって時間に余裕が出ると、自分の仕事や残りの人生について考え始めます

「今の仕事がストレスでしんどい、このままでいいのか・・・」などと考え、ストレスを感じるようになってしまうのです。

家庭の状況は仕事に大きな影響を及ぼすので、家庭環境の変化はストレスの原因になるでしょう。

体力の変化

50代になると人生の折り返しを過ぎるので、さらに老化が始まり、体に変化が現れてきます。

今まではしんどいと感じていなかった力仕事も辛く感じるようになるのです。

特に、力仕事をしている人は「この先この仕事を続けられるのか」と考え不安になることもあるでしょう。

50代をすぎると、休んでも疲れがなかなか取れにくくなってきます

体が変化し、体力が低下すると仕事にストレスを感じてしまうでしょう。

仕事に悩んだら、エージェント・キャリアコーチングを利用しよう!

・ポジウィルキャリア
→自分に合った仕事を一緒に考えてもらえる。転職だけではなく、現職を上手く続ける方法も模索できる。無料カウンセリングも行われているため、まずは相談してみましょう。

▶︎全世代におすすめ!ポジウィルキャリアに無料相談してみる

・DODA
地方求人も多く、地域に関係なく求人をリサーチできる。年代に関わらず求人が豊富

▶︎DODAに無料登録して相談してみる

・リクルートエージェント
求人数が業界トップ。担当者の対応が丁寧かつスピード感のあるエージェント

▶︎リクルートエージェントで求人をチェックしてみる

50代で転職するメリットとデメリット

50代で転職するメリットとデメリット

「50代で転職したら後悔しそう…」と考えている方も多いのではないでしょうか。

転職することは、もちろんデメリットもありますが、実はメリットも多いんです。

ここからは、メリットやデメリットを紹介していきますね。

50代で転職するメリット

50代で転職するには勇気がいりますよね。

しかし、実は転職には以下のようなメリットがあるのです。

  • 生活の質が上がる
  • 人生が好転する
  • 仕事が楽しく意欲的になる

現状に不満があるまま10年以上働き続けると、精神的に病んでしまう可能性も否定できません。

50代は、人生の折り返し地点です。

現状を変えるために挑戦すれば、残りの人生が好転し始めます。

仕事がうまくいけば生活の質が上がり、毎日が楽しくなる可能性もあります

挑戦することで得られるメリットは、実はとても大きいのです。

50代で転職するデメリット

50代で転職することには、デメリットもあります。

主なデメリットは以下の2つです。

  • 給料が下がる可能性がある
  • 失敗すると再度転職しにくくなるリスクがある

50代で異業種に転職してしまうと、今より給料が下がる可能性があります。

また、転職がうまくいかずに再度転職したくなった場合、面接などに通りにくくなることも。

転職したい理由とデメリットを天秤にかけ、どちらを優先すべきか考えて決断しましょう。

50代がストレスがないと感じる仕事の特徴5選

50代がストレスがないと感じる仕事の特徴5選

ストレスを感じる原因は、人によってそれぞれです。

ここでは、50代がストレスがないと感じる仕事の特徴を5つ挙げていきます。

あなたにとっては何がストレスなのか、チェックしてみてください。

体力的にしんどくない

50代になると体力的に衰えてくるので、体力を使わない仕事はストレスを感じにくいです。

年齢を重ねると、十分に休んで睡眠を取っても疲れが取れにくくなります。

工事現場や飲食店のスタッフなど、一日中動き回る仕事はだんだんとしんどくなるでしょう。

若い頃は苦ではなくても、年齢を重ねるうちに辛くなり辞めたくなってしまう人は多くいます。

体力を使わない仕事は、50代にとってストレスの少ない仕事だといえるでしょう。

残業が少ない

残業が少ない仕事は、ストレスの少ないといって良いでしょう。

どんな仕事でも、繁忙期に残業をしなければならない場合は仕方ありません。

しかし、一年中毎日残業しなければならないとなると、ストレスが溜まるのは当然です。

筆者は転職して残業時間が10分の1になり、一気にストレスがなくなりました。

必要以上の残業がなく、基本的に定時で終わることの出来る仕事は、ストレスが少ないでしょう。

人間関係が良好か希薄

人間関係が良好、もしくは希薄な仕事はストレスが少ない傾向になります。

仕事をする上で、人との関わりは避けられません。

しかし、仕事内容によってはできる限り他の人と関わることなく、一人で完結するものもあります。

職場に穏やかな人が集まれば、人間関係で問題が起こらず楽しく働けることも。

職場にどんな人がいるのかは、実際に働いてみないとわからないことが多いです。

人と関わるのが苦手な人の場合は、人間関係が希薄な仕事を選んでおけば、快適に感じるでしょう。

ルーティン化されている

作業がルーティン化されている仕事は、ストレスのない仕事だと言って良いでしょう。

仕事がうまくいかない時やミスをした時、ストレスを感じやすくなりますよね。

しかし、作業が単純であれば、慣れてしまえばミスをすることがないので、プレッシャーを感じずに仕事ができます。

ミスをしなければ、上司や同僚から嫌味を言われたりすることもないので、人間関係のトラブルも起こりにくくなります。

ルーティン化された簡単な仕事は、トラブルの要因がなくなるのでストレスが少なくなるのです。

責任がない

責任がない仕事は、当然ストレスが少なくなります。

仕事で昇進すれば、待遇が良くなる上、努力が評価されたと感じて嬉しいですよね。

しかし、上の立場になれば責任が伴うようになり、ストレスを感じやすくなってしまいます。

部下のミスが自分の責任になるので、部下にも厳しく指導をしなければならないことも。

立場が低ければ、ミスをしても責任は上司にあるのでそれほどストレスを感じることはありません。

責任のない立場は、待遇は低いですがストレスがないのでおすすめです。

仕事に悩んだら、エージェント・キャリアコーチングを利用しよう!

・ポジウィルキャリア
→自分に合った仕事を一緒に考えてもらえる。転職だけではなく、現職を上手く続ける方法も模索できる。無料カウンセリングも行われているため、まずは相談してみましょう。

▶︎全世代におすすめ!ポジウィルキャリアに無料相談してみる

・DODA
地方求人も多く、地域に関係なく求人をリサーチできる。年代に関わらず求人が豊富

▶︎DODAに無料登録して相談してみる

・リクルートエージェント
求人数が業界トップ。担当者の対応が丁寧かつスピード感のあるエージェント

▶︎リクルートエージェントで求人をチェックしてみる

50代がストレスのない仕事に就くためには?

50代がストレスのない仕事に就くためには?

50代で転職するなら、絶対に失敗したくはないですよね。

転職を成功させ、ストレスのない仕事に就くにはどうしたらいいのでしょうか。

私自身の転職経験をもとに解説していきます。

自分がストレスだと感じる要因を把握する

ストレスのない仕事につくためには、自分がストレスを感じる要因を把握しておきましょう

仕事で感じるストレスには、大きく分けて2つあります。

  • 精神的なストレス
  • 体力的なストレス

例えば、職場の人との関わりで仕事にストレスを感じているとします。

その場合、精神的なストレスを感じやすいタイプなので、人との関わりが少ない仕事を選びましょう

仕事の疲れが取れずストレスが溜まっている場合は、体力的なストレスを感じやすいです。

自分がストレスを感じる要因を把握することで、次の転職先をうまく選んでください。

エージェントを利用して転職する

転職を成功させるには、エージェントの利用は欠かせません。

50代になってから転職する人はあまりおらず、周囲の人からも転職経験の話を聞くのは難しいと思います。

そのため、エージェントに登録し、過去に転職した人の情報を収集をしなければなりません。

エージェントを使うと、担当のスタッフが転職の市場動向を教えてくれます。

大手の転職エージェントは、履歴書の添削や面接の対策のサポートもあります。

担当のスタッフがいてくれると、初めて転職する人や転職経験が少ない人でも安心ですよね。

50代からの転職では求人数が多い「doda」と「リクルートエージェント」の2つは必ず登録しておいてください

転職エージェントこの2つに登録しておこう!

・DODA
地方求人も多く、地域に関係なく求人をリサーチできる。年代に関わらず求人が豊富

▶︎DODAに無料登録して相談してみる

・リクルートエージェント
求人数が業界トップ。担当者の対応が丁寧かつスピード感のあるエージェント

▶︎リクルートエージェントで求人をチェックしてみる

キャリアコーチングを受ける

どんな仕事があっているのか、客観的な意見を知るにはキャリアコーチングの受講がおすすめです。

キャリアコーチングとは、キャリアについて熟知した専門家が、キャリアを一緒に考えてくれるサービスです。

さまざまなパターンの人をコーチングしてきたプロのスタッフが、あなたの状況を分析してくれます。

客観的なアドバイスをくれるので、今の自分の考えにはないキャリアを発見できるかもしれません。

「ポジウィル」では、自分がどうしたいかを軸に考えてくれるので、無理に転職を進められることもありません

迷いがある人や、客観的な意見が欲しい人は60分の無料相談を受けてみてください

▶︎ポジウィルキャリアに無料相談してみる

ライフシフトラボでスキルを身につける

ライフシフトラボは、45歳以上の人に向けた転職支援サービスです。

2ヶ月間マンツーマンで転職のサポートを行ってくれるため、他の候補者と差をつけることができます。

50代で転職をする人は珍しいですが、ライフシフトラボでは45歳以上の転職に特化しているので安心して任せられるでしょう。

転職を成功させる方法を学び、スキルアップしたい人は利用を検討してみてください。

ライフシフトラボは転職だけでなく、自営業や複業のための講座なども提供しています

迷っている場合、登録して無料の相談会に参加してみるのがおすすめですよ。

▶︎40〜50代におすすめのキャリアコーチング【ライフシフトラボ】に無料相談してみる

まとめ

いかがでしたか。

この記事では、50代におすすめのストレスのない仕事やその特徴などを紹介しました。

50代で転職したい場合、準備万端で転職活動をする必要があります。

自分がストレスを感じる要因をしっかりと分析した上で、それを避けて転職先を探しましょう。

さらに、エージェントを利用したりキャリアコーチングを受けたりすることでスキルアップし、他の候補者と差をつけてくださいね。

転職活動を成功させ、ストレスのない仕事で人生を充実させましょう。

The following two tabs change content below.
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

サービス比較WEBライター。オウンドメディアにて記事を執筆中。

目次