仕事(会社)に行きたくない50代|辛い時の対策や転職成功のコツ

仕事(会社)に行きたくない50代 50代

仕事に行きたくない

朝、会社に行こうと思うと涙が出てくる

仕事を辞めたいけど、転職先が無いかも…

こんな辛い気持ちで過ごしていませんか?

無理して仕事に行くのはとても辛いですよね。

この記事では、仕事に行きたくない50代の方に向けて、辛い時の対策や転職のメリット・デメリット、転職成功のポイントなどについてまとめました

50代の転職は厳しいですが、道が無いわけではありません。

この記事を読むことで転職のメリット・デメリットや成功ポイントを確認し、あなたにとってより良い選択が出来るでしょう。

仕事(会社)に行きたくない50代は多い

仕事(会社)に行きたくない50代は多い

50代になると体力的な衰えから疲れやすくなったり、やる気がでなかったり…。

周りには言わずとも、仕事に行きたくない、辞めたい、と感じている人は多くいます

「朝、仕事に行こうとすると泣いてしまう」という方もおり、このような辛い気持ちを我慢し続けていると、うつ病など、心の病気になってしまうリスクがあります

一番大切なのは、あなたの心身の健康です。

まずは「仕事に行きたくない」原因と対策を考えて、少しでも楽な気持ちで働けるようにしていきましょう。

50代が仕事(会社)に行きたくないと思う原因

50代が仕事(会社)に行きたくないと思う原因

仕事に行きたくないと思う原因には以下のようなものがあります。

  • 仕事に疲れた
  • 働く意味を見失った
  • 管理職がつらい
  • 人間関係のストレス

自分がどんなことを辛いと感じているのか見極めるためにも、チェックしてみてくださいね。

仕事に疲れた

原因のひとつは疲れです。

残業や休日出勤が続くと、どんどん疲れはたまっていきます。

疲れがたまり体調がすぐれないと、仕事に行きたくないと思うのは当然ですよね。

また、50代になると健康面の不安も出てきます。

調子が悪い状態が長期間続いていないか、何か病気は無いか、自分の体としっかり向き合って、体調を整えるようにしましょう

働く意味を見失った

働く意味を見失ってしまうことも原因のひとつです。

50代になると、仕事がルーティン化してつまらなく感じ、働く意味を見失ってしまうケースがあります。

また「子供が自立した」「住宅ローンの支払いが終わった」など、これまで張り合いとなっていたものが無くなることも、働く意味を見失う原因のひとつでしょう。

それでも多くの人は定年まで仕事を続けますが、心の中では「仕事を辞めたい」と思っている方は多いのかもしれません。

管理職がつらい

管理職のつらさも原因としてあげられます。

管理職は上司と部下の板挟み、業務量が多い、責任が重い、プレッシャーが強い、などなど、辞めたくなる要素が盛り沢山です。

50代になると、多くの方が管理職となり日々プレッシャーと闘いながら働いていることでしょう。

先ほども言いましたが一番大切なのはあなたの心身の健康です。

管理職をおりるなど、無理をしないように対策していきたいですね。

人間関係のストレス

仕事に行きたくない原因で一番多いのは、人間関係のストレスと言われています。

上司からのパワハラ、同僚からのいじめ、職場に馴染めないなど、ストレスの原因はさまざまです。

どこへ行っても大なり小なり人間関係のトラブルはありますが、辛い時は無理せず異動や転職で環境を変えることも検討しましょう。

仕事(会社)に行きたくない50代がとるべき対策

仕事(会社)に行きたくない50代がとるべき対策

ここでは仕事に行きたくない50代がとるべき対策を紹介します。

とるべき対策は以下の6つです。

  • 頑張りすぎない
  • 人脈を充実させる
  • 管理職を外してもらう
  • 休職してみる
  • 部署異動を願いでてみる
  • 転職する

ひとつずつ詳しく解説するので、自分に合いそうな対策はどれなのか、チェックしてみてくださいね。

頑張りすぎない

1つめの対策は頑張りすぎないことです。

責任感の強いタイプの人は、つい頑張りすぎてしまい、気が付かない間に心身ともに消耗してしまうことがあります。

言い出しにくいかもしれませんが、業務を減らすようにお願いしたり、人に仕事を振ったりして、業務量を調整してみましょう

人脈を充実させる

人脈を充実させることもおすすめです。

50代になると、ある程度付き合う人が固定されてしまい、新しい発想が出にくくなったり、思考が凝り固まったりしてしまいます。

50代の方が「会社に行きたくない」と悩んだ時は、ぜひ社内・社外問わずに人脈を充実させることをおすすめします。

人脈を充実させることには、以下のメリットがあります。

  • 新しい発想が得られる
  • 自分を客観視できる
  • 転職のチャンスに繋がる可能性がある

なかでも、転職のチャンスに繋がる可能性があることは最大のメリットと言えるでしょう。

実際、転職先を決める人の約4人に1人は縁故によるものとも言われています。

私の知人も50代後半の時に、知人の会社に「役職アップ・年収アップ、実質定年なし」という好条件で転職しました。

人脈から新しいキャリアの選択肢が生まれるケースは多く、50代の転職ではとくにその傾向が強いと言われています

もちろん、自分にとっての損得ばかり考えてはいけませんが、少しずつ人脈を広げるよう意識してみましょう。

管理職を外してもらう

管理職の方は、管理職を外してもらうことも検討してみましょう

管理職はとにかくストレスが多く、それが原因で仕事を辞めたいと思う人は少なくありません。

もし負担に感じているならば、思い切って降格希望を出してみましょう。

休職してみる

どうしても辛いのであれば休職制度を利用しましょう。

仕事に行きたくないと感じる理由は人それぞれですが、特に共通しているのが「仕事のしすぎ」です

休職をしてゆっくり休み、体調が回復すると、頭の中がすっきりして今後のことを冷静に判断できるでしょう。

部署異動を願い出てみる

現在の部署での人間関係や仕事内容が合わない場合は、部署異動を願い出て環境を変えてみることもおすすめです。

異動願いを出す際は、希望を通しやすくするために、異動先で使えるスキルをアピールすることも忘れずに行うと良いですね。

辛いと思ったら我慢せずに、部署異動を願い出てみましょう。

転職する

転職で大きく環境を変えてみる選択肢もあります

50代の転職が他の年代に比べると厳しいのは事実です。

しかし、2022年7〜9月のデータでは、全体の正社員転職者数の内、45〜54歳が約17%、55歳〜64歳が約15%を占めていると示されています。

出典:「労働力調査結果」(総務省統計局)

これまでに培ってきた経験や人脈など、50代だからこそアピールできる点もあり、自身の長所と企業の需要があえばまだチャンスはあります。

メリット・デメリットをしっかり考えながら、転職も一つの選択肢として考えてみましょう。

50代が転職する前に考えるべきこと

50代が転職する前に考えるべきこと

ここまで「会社に行きたくない」理由や対策についてお伝えしてきましたが、ここでは50代が転職する前に考えるべきことを解説します。

考えるべきことは以下の3つです。

  • 退職後の生活資金は問題ないか
  • これまでの経験を活かして転職できるか
  • 会社に残った時の将来についても考える

転職をするべきなのか判断するためのポイントなので、チェックしてみてくださいね。

退職後の生活資金は問題ないか

まず最初に考えるべきことは、退職後の生活資金に問題がないかどうかです。

住居費、食費、子供がいる場合は教育費など、生きていく上では何をするにもお金が必要です。

退職後は転職活動が長引く可能性もありますし、転職後に年収が下がる可能性もあります

生活していくために十分な貯蓄が準備できているか、まずはしっかりと確認してみましょう。

これまでの経験を活かして転職できるか

これまでの自分の経験を活かして転職ができそうかも考えておきましょう。

企業が50代を採用するには

  • コストが高い
  • すぐに定年になってしまう
  • 体力面が不安

などデメリットが多く、実際のところ転職活動は厳しいです。

そのため転職活動が長引いたり、転職後の給料が下がってしまったりする可能性があります。

そうならないためにも、自分のスキルや経験を活かして転職できそうか、確認することが大事なのです。

企業は50代にマネジメント力や教育力、プロジェクトの実績などを求めています。

自分の経験やスキルを数字を使って具体的にアピールできるか、その経験やスキルを求めている企業がありそうか、しっかりと分析してみましょう。

会社に残った時の将来についても考える

退職を考える前に、会社に残った時の将来についても考えてみましょう。

会社に残ることには、今の給料を維持できる、生活が安定する、新しい環境に飛び込むストレスがない、などのメリットがあります。

今、自分が仕事に行きたくないと感じている理由は本当に解決できない問題なのか、問題を解決して今の仕事を続けていく将来はどうか、一度冷静に考えてみてくださいね。

50代で転職するデメリットは?

50代で転職するデメリットは?

ここでは50代で転職するデメリットについて解説していきます。

主なデメリットは以下の3つです。

  • 求人数が若手に比べて少ない
  • 50代の転職活動は長引きやすい
  • 今の待遇や年収を維持できない可能性が高い

難しい50代の転職を乗り切るためにも、デメリットはしっかりと確認しておきましょう。

求人数が若手に比べて少ない

デメリットのひとつは、若手に比べて50代向けの求人が少ないことです。

この理由として、企業側が50代を募集する時は、「専門性とマネジメント力をもつ人材を管理職として採用しようとしている」ことがあげられます。

つまり、20代や30代のように数多く採用して育てていくというよりも、良い人材を即戦力として少数採用している傾向がある、というわけです。

よって、50代の場合は求人サイトを利用するだけでは、求人をなかなか見つけられないかもしれません。

50代の転職活動は長引きやすい

50代の転職活動は長引きやすいこともデメリットのひとつです。

一般的な転職活動の期間は3か月から半年ほどですが、50代の転職活動期間は、半年ほどかかるケースが多いと言われています。

やはり、若い世代に比べると少し長引きやすいことがわかりますね。

転職活動が長引く可能性があることを念頭におき、スケジュールを立てるようにしましょう。

今の待遇や年収を維持できない可能性が高い

今の待遇や年収を維持できない可能性が高いことも、デメリットのひとつでしょう。

50代の多くは年収が高かったり、役職についていたりするため、現職と同レベルを求めてしまうと転職の難易度は上がります。

なぜなら、どれほど実績があっても自社で同じ活躍ができるとは限らないため、採用側が同じレベルの役職や年収を提示することが難しいからです。

よって、50代の転職では待遇や年収ではなく「自分のスキルを活かせてモチベーション高く働けるかどうか」を重視して転職先を選ぶとよいでしょう。

自分のスキルを活かせる転職をすれば、一時的に年収やポジションが下がっても、入社後に評価され、昇給や昇格の可能性があるからです。

「転職すると今の待遇や年収を維持できないかもしれない」ということは認識しておきましょう

50代で転職するメリットは?

50代で転職するメリットは?

50代の転職は厳しいと言われていますが、実は50代の転職者数は増加傾向という嬉しいデータもあります。

総務省統計局「労働力調査」によると、2022年7〜9月のデータでは、全体の正社員転職者数の内、45〜54歳が約17%、55歳〜64歳が約15%を占めていると示されています。

上記の割合を合計すると、45歳以上の転職者数は全体の約32%を占め、転職市場におけるミドル世代の割合は決して少なくないと言えるでしょう。

そこで、ここでは50代の転職メリット2つを解説します。

  • 経験を活かせる
  • 人脈を活かせる

詳しく説明していくので、チェックしてみてくださいね。

経験を活かせる

50代の強みの一つは、経験が豊富だということです。

30年近く社会人として働いてきた経験はとても貴重なもので、どこへ転職しても前職で経験したことは必ず活かせます

どこでも通用するようなスキルをいくつも持っており、その経験を活かせるところは50代で転職するメリットと言えるでしょう。

人脈を活かせる

人脈を活かせることもメリットのひとつです。

長い社会人経験の中で獲得した人脈は、若い人材にはない50代ならではの魅力です。

転職しても前職で得た人脈を活かせる場合が多いので、転職先の企業からも喜ばれるでしょう。

50代の転職を成功させるためのポイント

50代の転職を成功させるためのポイント

ここでは、転職を成功させるための5つのポイントをまとめました。

  • 現職を辞めずに転職活動を行う
  • キャリアコーチングを受ける
  • 自分の市場価値を明確にする
  • 転職エージェントを活用する
  • 年収や待遇が下がることを受け入れる

転職成功のための大事なポイントなので、ぜひチェックしてみてくださいね。

現職を辞めずに転職活動を行う

ここまででお伝えしてきたように、50代の転職は厳しく、転職活動が長引く可能性を考えて計画しなければなりません。

現職を辞めずに、転職活動をするようにしましょう。

仕事が決まらない状況が続けば焦りが生まれ、妥協して転職先を決めてしまうことにもなりかねません。

退職の手続きは、転職先の入社日が決まってから始めるようにしてくださいね。

キャリアコーチングを受ける

「仕事に行きたくないけど、これからどうしたら良いかわからない」と悩んでいる方は、キャリアコーチングを受けることもおすすめです。

キャリアコーチングとは、あなたの今後のキャリアについて、プロがアドバイスをしてくれるサービスです。

転職するかどうかを決めていない段階でも相談可能ですし、プロの意見を聞くことで、自分では思いつかないような選択肢を得ることができるでしょう。

おすすめはミドル世代に特化したコーチングサービス「ライフシフトラボ」や、どの世代からも人気の「ポジウィル」です。

どちらも初回カウンセリングは無料となっているため、自分のキャリアに迷いがある人は、相談してみると良いでしょう。

▶︎全世代におすすめ!ポジウィルキャリアに無料相談してみる

▶︎40〜50代におすすめのキャリアコーチング【ライフシフトラボ】に無料相談してみる

自分の市場価値を明確にする

転職活動を始める時、まず明確にしておきたいのは自分の市場価値です。

人材の市場価値は、「誰もが共通認識を持てる価値」ではないため、判断が難しいですよね。

まずは自分のスキルや経験が、他社でどれくらいの待遇条件で求められるか、求人サイトで確認してみましょう。それが「あなたの市場価値」になります。

または、転職エージェントに「自分の市場価値はどれくらいか」と確認してみることもおすすめです。

自分の市場価値を明確にすれば、希望の条件で転職するには何が足りないのか、業種や職種を変更すべきかなど、さまざまな判断が容易になります。

自分のスキルや経験の棚卸をして、しっかりと市場価値を確認していきましょう。

転職エージェントを活用する

転職サービスをフル活用することも大事なポイントです。

50代からの転職は求人の選定が難しく、転職エージェントの活用は必須です。

また、すぐには転職しないつもりでも、転職エージェントを通じて求人情報をチェックすることにより、他の企業の雇用条件や年収相場などの情報を得ることができます

まずは登録して、情報収集をしてみてはいかがでしょうか。

50代におすすめの転職エージェントとしては以下の2つがあげられます。

転職エージェントこの2つに登録しておこう!

・DODA
地方求人も多く、地域に関係なく求人をリサーチできる。年代に関わらず求人が豊富

▶︎DODAに無料登録して相談してみる

・リクルートエージェント
求人数が業界トップ。担当者の対応が丁寧かつスピード感のあるエージェント

▶︎リクルートエージェントで求人をチェックしてみる

年収や待遇が下がることを受け入れる

年収や待遇が下がることを受け入れる覚悟をもつことも、成功のための大切なポイントです。

残念ながら50代の転職では、年収や待遇が転職前より下がってしまうことがあります。

理想の年収と自分の市場価値に大きな差がないか、冷静に判断をしてみましょう。

また、年収や待遇にこだわると転職先が決まりにくく、転職活動が長引きやすいとも言われています。

転職の目的をはっきりさせて、年収や待遇にこだわりすぎず、転職活動に臨みましょう。

どうしても辛いあなたへ

「どうしても仕事に行きたくないけど、退職を言い出せない」

このように悩んでいる方は、退職代行の利用も検討してみましょう。

退職代行を利用すれば、あなたの代わりに業者が退職の手続きを全ておこなってくれ、スムーズに退職することができます。

退職代行なら、ニコイチなどのサービスがおすすめです。

ニコイチは、即日退職可能、追加料金なし、全て丸投げOK!という心強いサービスが特徴です。

退職代行業者が気になる方は、チェックしてみてくださいね。

▶︎退職代行サービス「退職代行ニコイチ」に無料相談してみる

まとめ

今回は仕事に行きたくない50代の方に向けて、辛い時の対策や転職のメリット・デメリット、転職成功のポイントなどについてまとめました。

50代の転職は実際のところ厳しいです。

まずは転職のメリット・デメリットをしっかりと確認し、本当に転職するべきかのかしっかり検討することをおすすめします。

それでも転職をするのであれば、キャリアコーチングや転職エージェントをフル活用して転職活動に臨みましょう。

この記事が、悩んでいるあなたのお役に立てれば幸いです。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました