仕事がつまらない50代|退屈な毎日を変える対策とは?

仕事がつまらない50代

「そろそろ定年も見えてきた。

真面目に仕事を続けてきたけど、なんとなく閉塞感を感じる。

今の仕事を続けてもこの先の見通しが立たないし、辞められるものなら辞めたい。

そうかといって、こんな自分が転職なんてできるのだろうか…?」

このように悩む50代は多いようです。

思い切って会社に要望を伝えてみるか。

今の仕事を続けるか、辞めるか。

自分にはどんな選択肢があるのか?

本記事では仕事を辞めたいと考えている50代の方に向けて、どのような選択肢があるかを解説します。

本記事を読むことで、意外な道が見えるかもしれませんよ。

仕事に悩んだら、エージェント・キャリアコーチングを利用しよう!

・ポジウィルキャリア
→自分に合った仕事を一緒に考えてもらえる。転職だけではなく、現職を上手く続ける方法も模索できる。無料カウンセリングも行われているため、まずは相談してみましょう。

▶︎全世代におすすめ!ポジウィルキャリアに無料相談してみる

・DODA
地方求人も多く、地域に関係なく求人をリサーチできる。年代に関わらず求人が豊富

▶︎DODAに無料登録して相談してみる

・リクルートエージェント
求人数が業界トップ。担当者の対応が丁寧かつスピード感のあるエージェント

▶︎リクルートエージェントで求人をチェックしてみる
目次

仕事がつまらない50代の対策

仕事がつまらない50代の対策

気晴らしのような眼前のリラックス方法から、先々を見据えた具体的なキャリア転換など、できることは沢山あります。

①趣味を見つける

②管理職を辞めさせてもらう

③休職してみる

④部署異動を願い出てみる

⑤求人をチェックしてみる

⑥キャリアコーチングを受けてみる

上記の通り。

漠然と考えていても不安や不満が大きくなるだけなので、早めに「じゃあどうするか」という具体策に考えをシフトした方が良いです。

それでは1つずつ見ていきましょう。

①趣味を見つける

これは単純に「気晴らしでもしましょう」という話ではありません。

「何のために仕事をしているか?」という働く理由が、仕事を楽しくもつまらなくもする大きな要因だということです。

意外と見落としがちですが、仕事がつまらない人は「仕事のために仕事をしている」という傾向が強いです。

とはいえ、「毎日が楽しい」と感じるほどの天職に巡り合う人は非常に少ないですし、長年取り組んできた仕事に若手のような情熱を持ち続けている人もほとんどいません。

ここに「趣味」という要素が加わるとどうなるか、ちょっと想像してみましょう。

趣味の時間を増やすために、仕事を早く切り上げようとするかもしれません。

趣味の予算を確保するために、仕事でもう少し上を目指してみる気になるかもしれません。

このように、趣味(または他の目的)のために仕事をしている人は、往々にして業務のパフォーマンスが上がります。

業務のパフォーマンスが上がると仕事に張り合いが生まれ、ついでに評価も上がるかもしれません。

②管理職を辞めさせてもらう

もしあなたが管理職をされているなら、プレイヤーに比べてストレスを感じる要素はさらに多いと思います。

・責任ばかり増え、給与が業務内容に見合わない

・仕事ができない部下の対応

・無茶振りばかりの上長の対応

・管掌部門の成果に対するコミットと責任

筆者にも経験がありますが、本人にしかわからない重圧が山程あります。

これはあくまで個人的な意見ですが、「管理職も数ある職種の1つに過ぎない」と割り切ると気持ちが楽になるかもしれません。

そう考えると、よりパフォーマンスが発揮できる別のポジションに移るのも選択肢の一つだと思います。

③休職してみる

・不安を抱えたまま続けるのはしんどい

・そうかといって今すぐ辞めるほど切羽詰まっているわけでもない

・とはいえ、心身ともに疲れた

このような状況であれば、一度仕事から離れてみるのも一つの手です。

休職は自身を冷静に見つめ直し、疲れを癒やすにはとても良い方法です。

心身の疲れから思考力や判断力が下がった結果「なんだかつまらない」と感じているケースもあると思います。

どこか恋愛に似ている気がしますが、「一度距離を置いてみて、自分にとって本当に必要かを確かめる」ということですね。

ただし、休職には一つだけリスクがあることを理解しておきましょう。

それは、休職期間が長くなるほど復職時に元のポジションに戻れなくなる可能性があるということです。

リスクは有るものの、強制的に仕事と距離を置くのは短期間でも効果が高いので、試してみる価値はあると思いますよ。

④部署異動を願い出てみる

現在の人間関係に疲れてつまらないと感じている場合、異動願いを出してみるというのはどうでしょうか。

これはシンプルに、部署異動することで同僚が総入れ替えとなるので、疑似的に転職したような状況を作り出せます。

企業規模が大きければ大きいほど、部署や支店の数が多いほど効果が期待できます。

人間関係に悩んでおり、且つ転職のリスクが気になる方には効果的な方法として選択肢に入ると思います。

⑤求人をチェックしてみる

「仕事がつまらないと感じるなら転職しましょう!」といった安直な記事をよく見かけますが、年齢を重ねるにつれ難易度が上がるというのは周知の事実です。

さすがに30〜40代ほど気軽に転職は検討できませんよね。

そこで筆者が提案したいのは、転職する意思があってもなくても「とりあえず求人をチェックしてみる」という方法です。

なぜなら、今の状態を維持したまま、客観的に自分の市場価値やキャリアの可能性といった「外的な情報」が入ってくるから。それも無料で。

「仕事がつまらない」と感じている時は、全て過去と現状について頭の中で悩んでいる状態なので、外から情報を入れることで視野が広がる可能性があります。

・意外にも、他の会社と比べると今の自分は給料が高かったのか…!

・転職なんて無理だろうと思ってたけど、まだこんな可能性があったのか…!

・異業種の仕事なんて考えてもいなかったけど、募集条件を満たしてるぞ…!

上記のような感じです。

具体的にはdodaなどの転職サイトを見てみる方法や、リクルートエージェントなどの転職エージェントでキャリアカウンセリングを受けてみるというもの。

筆者自身も何気なくやってみたことで予期せぬ転職に成功した経験があるので、後述します。

転職エージェントこの2つに登録しておこう!

・DODA
地方求人も多く、地域に関係なく求人をリサーチできる。年代に関わらず求人が豊富

▶︎DODAに無料登録して相談してみる

・リクルートエージェント
求人数が業界トップ。担当者の対応が丁寧かつスピード感のあるエージェント

▶︎リクルートエージェントで求人をチェックしてみる

⑥キャリアコーチングを受けてみる

唐突ですが、「キャリアコーチング」というものをご存知でしょうか?

読んで字の如くですが、現状のあなたについてプロの客観的な意見・アドバイスを聞いてみるというアプローチです。

個人的にはこの「第三者のプロのアドバイス」に何度も助けられた経験があるので、非常におすすめです。

というのも、悩んでいる時の根本的な問題は「視野狭窄に陥っていること」であり、「知識の無い友人知人に相談すること」だからです。

そもそも自分の中に答えが無いから悩んでいるし、どんなに信頼していても知識の無い人に答えを委ねるのは賢明な判断とは言えないはずです。

冷静に考えてみると当たり前の話ですよね。

近年は世の中の変化も一層激しくなっており、年齢層に関係なくキャリアに対する悩みや迷いは増加しているようで、ポジウィルやライフシフトラボのようなキャリアコーチングのサービスが活況になってきています。

▶︎全世代におすすめ!ポジウィルキャリアに無料相談してみる ▶︎40〜50代におすすめのキャリアコーチング【ライフシフトラボ】に無料相談してみる

仕事がつまらない50代の理由とは?

仕事がつまらない50代の理由とは?

ここまで、仕事がつまらないと感じる50代の具体的な選択肢について解説しました。

今度は少し視点を変えて、同じように悩む方々に多い理由をリサーチしてみました。

業務が忙しすぎる

50代のビジネスパーソンは特有の忙しさが山積しています。

・プレイヤーとして高い成果やクオリティを求められる

・役職の有る無しに関わらず、若手の育成も任されがち

・気疲れする上司、会社の上層部の相手など

自身の業務だけでも忙しいのに、社内の様々な人達との関わりが(ある程度高いクオリティで)求められるのですから、若手や個人プレイの専門職でもない限り、その忙しさは比較になりません。

業務内容よりも人間関係の悩みが多く、仕事がつまらないと感じる大きな部分を占めているようです。

体力的にきつい

あまり認めたくはないものの、体力の衰えを感じずにはいられないのも50代ではないでしょうか。

さすがに30代〜40代のような働き方は難しくなってきますよね。

今より更に体力が落ちる定年までの10年あまりを考えた時に、さすがに不安を覚える人は多いようです。

マンネリ化している

長く勤めていればマンネリ化は避けて通れません。

若い頃はやることなすことが初めてで、目に映る景色がどれも新鮮に見えて、それだけでも仕事は楽しいと思えたもの。

50代ともなると、そういった新鮮さは全くありません。

業務上も何かしらのエキスパートとしての役割を求められるので、部署異動なども滅多にありません。

「日々同じことの繰り返し」が楽しいと思えるはずありませんよね。

管理職が辛い

選択肢の項でも解説した管理職問題、やはりここでも出てきました。

プレーヤー時代は高い実績を上げていたにも関わらず、管理職になった途端に調子を崩す人も一定数おり、管理職になった辺りから仕事がつまらなく感じるようになったという人も珍しくありません。

当たり前ですが、管理職にも適正や「得手・不得手」が必ずあります。

不得手なことをやるのは誰にとっても苦痛であり、つまらないと感じるのはごく自然なことだと思います。

あわせて読みたい
50代で管理職に疲れた|対処法と役立つ支援サービス5選 50代になり、管理職を務めている人のなかには、仕事に疲れたという人が意外と多いです。 理由はさまざまですが、体力的な衰えや上司と部下の間に挟まれる精神的な負担が...

定年退職目前でやる気が出ない

こちらは前項「趣味を見つける」の逆パターン。

繰り返しになりますが、「夢中になれる趣味があれば、趣味を充実させる手段として仕事を見ることができる」という話でしたね。

こちらは「今の仕事の先にある、見通しの立たない未来」を見ながら仕事をしてしまっているせいで、目の前の仕事のやる気まで削がれてしまっているという状態です。

どちらも目の前の業務が変わるわけではなく、「どこを見て仕事をしているか」という脳内の違いだけだったりします。

未来予想が暗いものだと、直接関係ないはずの今すらもつまらなく感じてしまうようです。

仕事に悩んだら、エージェント・キャリアコーチングを利用しよう!

・ポジウィルキャリア
→自分に合った仕事を一緒に考えてもらえる。転職だけではなく、現職を上手く続ける方法も模索できる。無料カウンセリングも行われているため、まずは相談してみましょう。

▶︎全世代におすすめ!ポジウィルキャリアに無料相談してみる

・DODA
地方求人も多く、地域に関係なく求人をリサーチできる。年代に関わらず求人が豊富

▶︎DODAに無料登録して相談してみる

・リクルートエージェント
求人数が業界トップ。担当者の対応が丁寧かつスピード感のあるエージェント

▶︎リクルートエージェントで求人をチェックしてみる

仕事がつまらない50代の注意点とは?

仕事がつまらない50代の注意点とは?

仕事がつまらない50代には、ありがちな失敗というものが存在します。

ここではそんな失敗に繋がらないよう、注意点を先取りしてお伝えします。

退職前に家族とよく相談しておく

ありがちな失敗例の1つは「家族関係」です。

もしあなたが家族を養う身であれば、当然金銭的な責任を負っていることでしょう。

もし何の予告もなく急に退職してきたとしたら、家族が驚いたり混乱するのも無理はありません。

これは途中経過を知らせていないことによる「落差」が原因で起きるので、考えや状況の節目で相談しておくことで防止できます。

感情に任せて退職しない

これは本当に辞めておきましょう。

断言しますが、「50代で突然の失業」で良いことなんて1つもありません。

若手ならこのような未熟さもまだ許せますが、50代ともなると取り返しがつかない事態になる可能性だって決して低くはありません。

つい感情的になってしまったとしても、一度その場を離れて頭を冷やすことくらい難しいことではないはず。あなたは今日まであらゆる局面を乗り越えてきた、素晴らしい大人なのですから。

退職前に今後のキャリアについてもしっかり考えておく

前項と繋がりますが、退職を考えるならば「見通しが立ってから」です。

・つまらないと感じる原因を究明する

・解決すべき課題を見つける

・具体的な選択肢を検討し、アクションを起こす

悩みを課題に変えることができれば、解決は難しくありませんよ。

50代が退職前に考えるべきこととは?

50代が退職前に考えるべきこととは?

色々な方面から検討した結果、やはり退職が妥当という答えに行き着いたならば、続けて今後のことを1つずつ考えてみましょう。

退職して貯金がどれくらい持つか

基本的には「転職先が決まってから退職」を推奨します。

なぜなら、貯金が減っていく恐怖は想像以上だからです。

焦りから面接などでのパフォーマンスが下がると、転職が遠のくことにもなりかねません。

もし転職の目処が立っていないうちに退職するのであれば、生活費の6ヶ月分くらいは余力が欲しいところですかね。個人差が大きいので、一概には言えませんが…。

今のスキルを生かして転職が可能か

自分の知識と経験だけで考えると、同職種や同業他社しか無いと考えがちですが、全くそんなことはありません。

一例ですが、店長職を経験していた方は「スーパーバイザー」や「塾講師」などにも適正があるのをご存知ですか?

これは、シフト管理やスタッフの育成といった職能スキルに親和性が有るからです。

このように、自分では想像も付かないような道が誰にでもあるものですが、それを知らないから選択肢に入らないというだけの話だったりします。

先にお伝えした通り、職業やキャリアのプロに自分の経歴やスキルを見てもらうことで、このような新たな道が見える場合があります。

退職しないと解決しない問題なのか

まず何が問題なのかを明確にし、課題を切り分けて考えてみましょう。

冒頭の対策でもお伝えしたように、自主降格、部署異動、休職などで乗り切れるケースも少なくありませんので。

転職はあくまでも、情報収集をして活路が見い出せた場合の選択肢としておくべき。

50代で転職するデメリットは?

50代で転職するデメリットは?

ここで挙げるデメリットは50代特有のものではありません。

どの年齢層にも当てはまるデメリットであり、50代は他の年齢層に比べその傾向が強い、という程度です。

求人数が少ない

一番の理由は言うまでもなく、年齢制限です。

これだけは避けようがなく、転職を考える全ての年齢層の中で最も不利なのが50代というのは紛れもない事実です。

じゃあ求人が多ければ選び放題かというと、そうでもありません。

結婚や不動産のように、会社との出会いもご縁の要素が強いです。

多くても無いときは無いし、少なくても有る時は有る、そういうものです。

今の待遇や年収を維持できない可能性もある

これは現職の経験やスキルがどの程度マッチするか、転職先の会社でどの程度希少性があるかなど、その時々の要因でかなり変動します。

50代で転職するメリットは?

50代で転職するメリットは?

年齢によるデメリットに目が行きがちですが、50代ならではのメリットも存在します。

これまでの経験を活かせる

一番不利なのが年齢だとすると、一番有利なのは経験ですよね。

過去のあなたと比べてみても、今が最も経験豊富なはずです。

現職の人脈を活かせる

こちらも年齢がアドバンテージになる部分だと思います。

仕事でもプライベートでも、これまでに多くの人達と関わってこられたことでしょう。

元々の人脈で転職に成功するケースもあるくらいです。

仕事がつまらない50代におすすめのサービス

仕事がつまらない50代におすすめのサービス

この記事の前半で2つの有効な選択肢をご紹介しました。

①求人をチェックしてみる

②キャリア相談をしてみる

繰り返しになりますが、これらの目的はすぐに転職をすることではなく、「視野を広げ、自分の可能性の幅を知ること」にあるとお伝えしました。

今後の身の振りを考える上でも情報収集は生命線になりますので、面倒がらずに行動を起こしてみることを強くおすすめします。

求人サイトと転職エージェントの違い

先に結論からお伝えすると、この2つから選ぶのであればエージェントがオススメ。

理由は簡単で、エージェントではキャリアカウンセリングをしてもらえるから。

同じ理由で、キャリアコーチもオススメです。

求人サイトを眺めるのも悪くありませんが、自分の狭い視野でぼんやり求人サイトを見ても可能性を感じられず落ち込む可能性が高いです。

「今の自分にどんな可能性があるか」ということだけは、第三者のプロに聞いてみないことにはわからないのです。

以下で代表的なサービスを簡単にご紹介します。

キャリア・コーチング

その名の通り、継続的にキャリアサポートをしてくれるサービスです。

最大の特徴は1:1で対応してもらえるところ。

同サービスは人材紹介事業・教育研修事業での支援ノウハウを持っており、カウンセリング・コンサルティング・コーチングと、状況やステージに応じた適切なサポートが期待できます。

ポジウィルキャリア

こちらは「どう生きたいか?でキャリアを決める」というキャッチコピーを掲げたキャリア支援サービスです。

オンラインで無料相談を申し込み、カリキュラムに沿って可能性の棚卸しをしていきます。

具体的には、

・ゴール設定、自己分析

・人生の軸、ギャップ分析

・キャリア戦略、転職支援

・転職後のサポート

といった内容で、現状の把握から最終的には転職先でのサポートまでを含んでいます。

転職するかどうかがわからない状態でも、無料面談を受けてみると視野が広がると思いますよ。

▶︎全世代におすすめ!ポジウィルキャリアに無料相談してみる

ライフシフトラボ

こちらは少し毛色が違いますが、非常に面白いので紹介させてください。

ライフシフトラボは「45歳からの複業スクール」というコンセプト。

副業が流行ではなく、個人の必修科目になってきたのはご存知かと思います。

大手企業はこの辺りのことを真摯に受け止めており、ソニーやドコモ、リコーといった有名企業はリスキリングの1つとしてこのライフシフトラボのサービスを取り入れています。

定年後のリスクヘッジとしても有効だと思うので、興味があれば覗いてみるといいでしょう。

▶︎40〜50代におすすめのキャリアコーチング【ライフシフトラボ】に無料相談してみる

doda

「doda」というブランド名で様々な転職サービスを提供しています。

こちらは転職情報サイトとエージェントをかけ合わせた独自のサービスを展開しているので、情報を眺めることとキャリアカウンセリングしてもらうことを並行できます。

▶︎DODAに無料登録して相談してみる

リクルートエージェント

言わずとしれた求人業界の最大手、リクルートの転職エージェントです。

過去の実績やデータの保有量、案件の保有量は業界トップクラスなので、転職エージェントに興味があるなら真っ先に利用すべきサービスです。

▶︎リクルートエージェントで求人をチェックしてみる

まとめ

ということで、仕事がつまらないと感じている50代の方に向けて、具体的な選択肢や注意点を解説しました。

悩んでばかりいても堂々巡りになってしまいがちですので、未来と外に目を向けつつ、納得の行く道を見つけて頂けたらと思います。

本記事が参考になれば幸いです。

The following two tabs change content below.
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

サービス比較WEBライター。オウンドメディアにて記事を執筆中。

目次