50代で管理職に疲れた|対処法と役立つ支援サービス5選

50代で管理職に疲れた

50代になり、管理職を務めている人のなかには、仕事に疲れたという人が意外と多いです。

理由はさまざまですが、体力的な衰えや上司と部下の間に挟まれる精神的な負担が大きいでしょう。

この記事では、50代で管理職に疲れたときの対処法や役立つ支援サービスを紹介していきますので、参考にしてみてください。

仕事に悩んだら、エージェント・キャリアコーチングを利用しよう!

・ポジウィルキャリア
→自分に合った仕事を一緒に考えてもらえる。転職だけではなく、現職を上手く続ける方法も模索できる。無料カウンセリングも行われているため、まずは相談してみましょう。

▶︎全世代におすすめ!ポジウィルキャリアに無料相談してみる

・DODA
地方求人も多く、地域に関係なく求人をリサーチできる。年代に関わらず求人が豊富

▶︎DODAに無料登録して相談してみる

・リクルートエージェント
求人数が業界トップ。担当者の対応が丁寧かつスピード感のあるエージェント

▶︎リクルートエージェントで求人をチェックしてみる
目次

50代になって管理職の仕事に疲れたときの対処法

50代になって管理職の仕事に疲れたときの対処法

ここでは、50代になって管理職の仕事に疲れたときの対処法を紹介していきます。

まずは、以下の5つの対処法を試してみるといいでしょう。

  • 一度休職して考える時間を作る
  • 転職を検討する
  • 別部署への異動を申し出る
  • 早期退職制度への応募を検討してみる
  • キャリアコーチングを受けてみる

一度休職して考える時間を作る

50代で管理職をやっていて疲れてしまったときは、一度思い切って休んでみるといいでしょう。

まとまった有給や休職制度を使用して、心身ともにリフレッシュする時間も必要です。

働き詰めで脳が疲れていると思考が鈍ってしまうので、視野が狭くなり正常な判断ができなくなります。

まとまった休みを取ることで、体と脳がリセットされるので再び意欲が湧いてくるかもしれません

休みを申し出るのは気が引けるかもしれませんが、何よりも自分自身の体を優先するのが大切です。

転職を検討する

50代で転職するのは、ハードルが高く難しいというイメージがあるかもしれません。

しかし、五十代で転職する人は意外と多いです。

確かに20代・30代と比べると難しいですが、管理職に就いているという強みがあるので十分チャンスはあります

長年同じ会社に勤めている場合は、転職して新しい会社で仕事をすることでモチベーションが上がることもあるでしょう。

転職を検討する際は「doda」や 「リクルートエージェント」といった、転職エージェントを活用するのがおすすめです。

「doda」は担当者の質がよく「リクルートエージェント」は、業界トップの求人数を抱えているので選択肢の幅が広がります。 

転職エージェントこの2つに登録しておこう!

・DODA
地方求人も多く、地域に関係なく求人をリサーチできる。年代に関わらず求人が豊富

▶︎DODAに無料登録して相談してみる

・リクルートエージェント
求人数が業界トップ。担当者の対応が丁寧かつスピード感のあるエージェント

▶︎リクルートエージェントで求人をチェックしてみる

別部署への異動を申し出る

会社は辞めたくないが現在の部署に不満がある場合は、別部署への異動願いを出してみるのも良いでしょう。

別部署に異動して人間関係や仕事内容が変わることで、リフレッシュになり、新たな刺激を受けることもできるので50代でもスキルアップができます。

異動願いを通すためには、自分が戦力になるということを伝えられるように、異動先で活かせるスキルを習得しておくといいです。 

異動願いを出す際は、 ネガティブな理由だと通りづらいので、ポジティブな理由を伝えるようにしましょう。

早期退職制度への応募を検討してみる

会社に早期退職制度があるのであれば、有効に活用して退職することで、一般的な定年退職よりも多く退職金を受け取ることが可能です。

退職をすると定期的な収入はなくなりますが、退職金があれば一定期間は生活に困りません。

一度ゆっくり休んだ上で、管理職で培ったスキルを活かして事業を起こすのもいいでしょう。

ただし早期退職する際は、退職後の具体的なプランを立てた上で退職した方がいいです。

退職後、あまりにも長く休んでしまうと、新たなことに挑戦する意欲が湧かなくなってしまう可能性があるので注意してください。

キャリアコーチングを受けてみる

今後の人生のイメージができなかったり、そもそも自分がどうすればいいのか分からなかったりする場合は、キャリアコーチングを受けてみるのもいいでしょう。

キャリアコーチングでは、キャリアに関する相談やアドバイスができ、自己分析のサポートを受けることが可能です。

また、今後のキャリアプランを設計するための支援もしてくれます。

50代でキャリアコーチングを活用するのであれば「ポジウィル」や「ライフシフトラボ」がおすすめです

特に「ライフシフトラボ」は、40代・50代に特化してキャリアコーチングを行っており、マンツーマンでコーチングを受けられます。

▶︎40〜50代におすすめのキャリアコーチング【ライフシフトラボ】に無料相談してみる ▶︎全世代におすすめ!ポジウィルキャリアに無料相談してみる

50代で管理職をやっていて疲れたと感じる原因

50代で管理職をやっていて疲れたと感じる原因

ここでは、管理職をやっていて疲れたと感じる原因をあげていきます。

疲れたと感じる原因は、主に以下の3点が多いです。

  • 体力的・精神的負担が大きい
  • 働く意味を見出せなくなった
  • 新しい技術について行くのが大変

体力的・精神的な負担が大きい

50代になると、体力的な部分で衰えを感じる方が多いです。

休日に休んでも、なかなか疲れが取れないということもあるでしょう。

また、管理職は上司からプレッシャーをかけられたり、部下の不満を聞かされたりして板挟みにされるので精神的な負担も大きいです。

業務量が多く、責任のある立場なので心身が疲弊して疲れたと感じてしまう方は少なくありません。 

働く意味を見出せなくなった

50代で管理職をやっている方のなかには、働く意味を見出せなくなる方もいます。

毎日のように上司と部下の間に入り、さらに自分の仕事もこなさなければならないため「自分は何のために働いているのか」と疑問に思う方もいるでしょう。

若い頃は仕事に対するモチベーションが高く、新しい仕事にやりがいを見出すことも多いですが、50代になるとそれがなかなか難しくなってしまいます。 

新しい技術についていくのが大変

近年は、IT化やDX化が進み、新しい技術や仕事のやり方に苦労してしまう50代の方が多いです。

会社も時代に取り残されないように、 次々と新しい技術を導入していくので、その度に仕事のやり方を変えなければなりません。

うまく活用すれば業務効率化や会社の業績にも影響するものですが、 長年自分のやり方で仕事をしてきた50代の方にとってはつらいでしょう。 

若い世代は新しい技術の吸収が早いので、 それを見て時代に取り残されているような孤独感を覚えてしまう方もいます。

50代で転職を考えるときの注意点

50代で転職を考えるときの注意点

ここでは50代で転職を考える時の注意点を解説していきます。転職を検討する際は、以下の3点に注意してください。

  • 転職が決まる前に辞めない
  • 長期的なプランを計画する
  • 自分一人で考えるのではなく転職サービスなどを活用してみる

転職先が決まる前に辞めない

転職を検討する際、転職先が決まる前に会社を辞めてしまうのはリスクが高いです。

50代は、20代・30代と比べて転職が難しいため、転職先が決まる前に辞めてしまうと最悪の場合、どこにも就職できない可能性もあります。

ただし、管理職に就いていたという実績は強いアピール材料になるので、焦らず転職活動をすれば好条件の求人を見つけられる可能性は高いです。

早く辞めたいからといって、勢いで辞めてしまわないように計画的に転職しましょう。

長期的なプランを計画する

転職を考えるときは「自分が転職先で何をしたいのか」「あと何年働きたいのか」など、数年後を見据えた長期的なプランを立てるようにしましょう。

とりあえず今の会社を辞めたいという理由で、具体的なプランを立てずに辞めてしまうと転職してもすぐに仕事に疲れてしまう可能性があります。

長期的なプランを計画する上では、キャリアコーチングや転職エージェントが役立つので、うまく活用してみるといいでしょう

仕事に悩んだら、エージェント・キャリアコーチングを利用しよう!

・ポジウィルキャリア
→自分に合った仕事を一緒に考えてもらえる。転職だけではなく、現職を上手く続ける方法も模索できる。無料カウンセリングも行われているため、まずは相談してみましょう。

▶︎全世代におすすめ!ポジウィルキャリアに無料相談してみる

・DODA
地方求人も多く、地域に関係なく求人をリサーチできる。年代に関わらず求人が豊富

▶︎DODAに無料登録して相談してみる

・リクルートエージェント
求人数が業界トップ。担当者の対応が丁寧かつスピード感のあるエージェント

▶︎リクルートエージェントで求人をチェックしてみる

自分一人で考えるのではなく転職サービスなどを活用してみる

転職を検討する際は、 一人で考えるのではなく誰かに相談やアドバイスを求めると視野が広がります。

50代で管理職を務めていると、周りに相談できる人がいないという場合もあるでしょう。

相談したい気持ちはあっても、プライドが邪魔をしてなかなか言い出せないということもあるはずです。

家族がいる場合は家族に相談することができますが、それも言いづらいという人もいます。

キャリアコーチングや転職エージェントでは、転職に関する相談やアドバイスをしてもらうことが可能です。

人に相談することで選択肢が広がるので、活用してみることをおすすめします。

50代管理職が転職を検討するときに役立つサービス

50代管理職が転職を検討するときに役立つサービス

ここでは、50代管理職が転職を検討するときに役立つサービスを紹介していきます。

それぞれのサービスをうまく活用して、転職活動に役立ててください。

doda(転職エージェント)

dodaは業界・企業の内情に詳しいキャリアアドバイザーが多数在籍しており、求職者に有益な情報を提供してもらえます。

面接対策や応募書類の作成をサポートしてもらうことができ、給与や労働条件の交渉代行も可能です。

非公開求人を多く抱えているので、 インターネット上では見つけられない好条件の求人を見つけられる可能性もあります。

 全体的な求人数も多いので、非常におすすめです。

▶︎DODAに無料登録して相談してみる

  • 業界・企業の内情に詳しいキャリアアドバイザーが多数在籍
  • 給与や労働条件の交渉代行も可能
  • 非公開求人が多い

リクルートエージェント(転職エージェント)

リクルートエージェントは転職成功実績No.1の転職エージェントです。

業界トップの圧倒的な求人数を抱えており、サポートも充実しています。

doda同様、非公開求人が多くリクルートエージェントの独占求人を紹介してもらうことも可能です。

全国のさまざまな業種・職種の求人を網羅しているので、希望する条件の求人を見つけられる可能性も高いでしょう。

地方の求人も豊富なので、地方在住の方でも問題なく利用できます。

▶︎リクルートエージェントで求人をチェックしてみる
  • 転職成功実績No.1の転職エージェント
  • リクルートエージェントの独占求人がある
  • 全国のさまざまな業種・職種の求人を網羅している

ポジウィル(キャリアコーチング)

ポジウィルでは、専属トレーナーが自己分析や転職活動などのサポートをしてくれます。 

面接対策や自分だけでは気づけない強みを教えてくれるので、 新しい自分の強みを見つけることが可能です。

キャリアコーチングは転職エージェントと違い、転職に関することだけをサポートしてくれるわけではありません。

今の会社で自分がどう行動すればいいかを一緒に考えてくれるので、コーチングによって今の会社でやりがいを見出せるようになる可能性もあります。

▶︎全世代におすすめ!ポジウィルキャリアに無料相談してみる
  • 専属トレーナーが自己分析や転職活動などのサポートをしてくれる
  •  新しい自分の強みを見つけることが可能
  • コーチングによって今の会社でやりがいを見出せる可能性がある

ライフシフトラボ(キャリアコーチング)

ライフシフトラボは40代・50代をターゲットにしたキャリアコーチングサービスを提供しています。

コーチングはマンツーマンでの対応で、オンラインで受けることも可能です。

転職だけではなく複業や起業の相談もできるので、早期退職後に事業を起こしたいと考えている方も利用できます。

また、コーチングを行ってくれるキャリアコーチは同世代の方たちなので、利用しやすいでしょう。

▶︎40〜50代におすすめのキャリアコーチング【ライフシフトラボ】に無料相談してみる
  • 40代・50代をターゲットにしたキャリアコーチングサービス
  • 転職だけではなく複業や起業の相談もできる
  • キャリアコーチは同世代

ニコイチ(退職代行)

ニコイチは2004年創業の、業界トップクラスの退職成功率を誇っている退職代行サービスです。

料金は27,000円で、万が一退職できなくても全額返金保証付きなので安心して利用できます。

弁護士が監修しており、 すべての退職手続きを丸投げすることが可能です。

わざわざ会社に行って退職の手続きをする必要もないので、自分で退職を申し出るのが嫌だったり、なかなか辞めさせてもらえなかったりする場合は利用してみるといいでしょう。

▶︎退職代行サービス「退職代行ニコイチ」に無料相談してみる
  • 業界トップクラスの退職成功率を誇っている
  • 全額返金保証付き
  • すべての退職手続きを丸投げすることが可能
  • 業界トップクラスの退職成功率を誇っている
  • 全額返金保証付き
  • すべての退職手続きを丸投げすることが可能

まとめ

50代で管理職を務めていると、さまざまな苦労があり疲れてしまう方は多いです。

そういった方は今回の記事の内容を参考にして、まずは現状でできる対処法を試してみてください。

それでも解決しない場合は、キャリアコーチングや転職エージェントの活用を検討してみるといいでしょう。

The following two tabs change content below.
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

サービス比較WEBライター。オウンドメディアにて記事を執筆中。

目次