次を決めずに退職してもコロナの影響はない?対策方法や理由を解説

「転職したいけどコロナの影響が心配…」

「退職したいけどコロナの影響は大丈夫かな…」

このような方のために、今回は次を決めずに退職してもコロナの影響を受けない対策方法や理由を詳しく解説していきます。

この記事を読めばわかること。

  • 次を決めずに退職してもコロナの影響を受けない方法
  • 次を決めずに退職してもコロナの影響を受けない理由
  • 次を決めずに退職したらコロナの影響を受けやすい業種
  • 次を決めずに退職するときにコロナの影響を利用する方法
  • 次を決めずに退職するときに考えるべきこと

次を決めずに退職してもコロナの影響を受けない方法4選

次を決めずに退職してもコロナの影響を受けない方法は、以下の4つです。

  • 自己分析を徹底する
  • キャリア診断を受ける
  • キャリアコーチングを活用する
  • どうしても辛い時は?

それぞれ見ていきましょう。

自己分析を徹底する

次を決めずに退職してもコロナの影響を受けないためには、自己分析を徹底して自分の適性を明確にする必要があります。

なぜなら、コロナ禍で求人募集が減っている業界が多いので、転職に失敗してしまったらもう1度転職活動することが難しいからです。

そのため、自己分析を徹底して自分の適性に合う職場の軸を定め、質が高い転職活動をする必要があるでしょう。

自己分析のコツは、自分が過去に頑張っていたことや継続していた趣味を深掘りし、継続できた理由を把握することです。

携帯のメモや紙に書き出して考えを整理しながら進めると良いでしょう。

「自己分析のコツが掴めない!」という方は、以下の項目で解説しているキャリア診断アプリを活用することをおすすめします。

キャリア診断を受ける

「自己分析が苦手!」という方は、キャリア診断アプリ「VIEW」を活用することをおすすめします。

なぜなら、簡単な質問に答えるだけで向いている職業や企業をピックアップして紹介してくれるからです。

そのため、自己分析が苦手な方でも、AIが判断して適性を教えてくれるので楽に分析することができます。

また、診断は最短3分で終わるので、スキマ時間で診断することも可能です。

短時間で質が高い自己分析をすることができるのは、キャリア診断アプリ「VIEW」の1番の特徴です。

「VIEW」の利用は完全無料なので、まずはお気軽に登録してみることをおすすめします。

キャリアコーチングを活用する

「プロのアドバイザーに相談しながら転職活動をしたい!」という方は、「ポジウィルキャリア」のキャリアコーチングサービスを受けることをおすすめします。

なぜなら、ポジウィルキャリアには大手企業に勤めていたアドバイザーが多数在籍しており、厳しい審査を突破した人だけが相談者の担当を務めることができるからです。

また、自己分析からキャリア形成まで独自のカリキュラムを組んでサポートしてくれるところも魅力的です。

転職活動が成功するだけでなく、その後の人生が上手くいくようにアドバイザーがしっかりサポートしてくれます。

ポジウィルキャリアのカウンセリングは、初回無料で受けることができるので、まずはお気軽に相談してみると良いでしょう。

どうしても辛い時は?

「毎日辛すぎて耐えられない…」という方は、「弁護士法人みやび」の退職代行サービスを利用することをおすすめします。

なぜなら、退職代行サービスが会社の退職手続きを代わりに進めてくれるので、サービスに申し込んだその日から会社に行かなくて済むからです。

また、「みやび」は有給の消化や給料未払いなどの法的トラブルにもしっかりと対応することが可能です。

他の退職代行サービスの中には、民間企業が運営しているケースもあり、その場合は法的トラブルに一切関与することができません。

しかし、「みやび」の場合は弁護士法人が運営しているので、法的トラブルにもしっかり対応できる頼りになるサービスです。

「みやび」は、無料で相談に乗ってくれるので、まずはお気軽に相談してみることをおすすめします。

次を決めずに退職してもコロナの影響を受けない理由3選

次を決めずに退職してもコロナの影響を受けない理由は、以下の3つです。

  • 2022年以降求人数が増加している
  • 特定の業種では逆に需要が上がっている
  • 企業が優秀な人材を積極的に採用している

それぞれ見ていきましょう。

2022年以降求人数が増加している

次を決めずに退職してもコロナの影響を受けない理由の1つに、2022年以降求人数が増加していることが挙げられます。

求人数が増えた理由は、感染者数が減ったおかげで経済活動が再開し、自粛をしている人達が減ってきたことが要因です。

例えば、日本空港(JAL)は退職者の呼び戻しや運行乗務員の採用を検討しており、23年度には客室乗務員の採用を再開する方針を発表しています。

そのため、コロナの影響を受け始めた3年前と比べると、コロナの影響を受けずに転職しやすいと言えるでしょう。

特定の業種では逆に需要が上がっている

次を決めずに退職してもコロナの影響を受けない理由の1つに、特定の業種では逆に需要が上がっていることが挙げられます。

例えば、SEやプログラマーなどのIT系の企業は求人数が増加しており、転職市場も活発です。

そのため、現職でIT企業に勤めている方は、転職市場でも需要があり転職しやすいでしょう。

また、人材不足の業界なので、現在IT企業に勤めていない方でも資格を取得することでキャリアチェンジが可能です。

企業が優秀な人材を積極的に採用している

次を決めずに退職してもコロナの影響を受けない理由の1つに、企業が優秀な人材を積極的に採用していることが挙げられます。

優秀な人材を採用している理由は、コロナの影響で不景気が続いており、企業側も新規採用にかけるコストを削っているからです。

そのため、経験者や高い技術力を持っている、企業の即戦力になる人材を優先的に採用しています。

また、未経験の場合テスターと呼ばれるシステムの検証作業を行う仕事から、システム開発の仕事に挑戦することが可能です。

次を決めずに退職したらコロナの影響を受けやすい業種3選

次を決めずに退職したらコロナの影響を受けやすい業種は、以下の3つです。

  • 観光業界
  • 飲食業界
  • エンタメ業界

それぞれ見ていきましょう。

観光業界

次を決めずに退職したらコロナの影響を受けやすい業種の1つに、観光業界が挙げられます。

なぜなら、外出自粛の流れにより、国内旅行者が激減しホテルや旅行会社の需要が激減したからです。

コロナが流行った時期に就職活動を始めたホテルの専門学生が、「生徒の9割以上が別の業種に就職した」と発言し、当時話題になりました。

そのため、観光業はダメージが大きく、徐々に需要が高まっている現在でも転職はまだまだ厳しい業界です。

飲食業界

観光業界と同様に、飲食業界も外出自粛の影響を受け、倒産してしまった企業も多数存在します。

特に、緊急事態宣言下の時は営業時間の短縮やアルコール類の提供が制限されてしまい、数々の居酒屋さんが廃業に追い込まれてしまいました。

そのため、徐々に自粛の意識が緩まっている現在でも、転職はまだまだ厳しい業界です。

飲食業界の方は、資格やスキルを身につけ、別の業種にキャリアチェンジすることも選択肢の1つでしょう。

エンタメ業界

エンタメ業界も飲食・観光業界同様に、外出自粛の影響を受けて活動できなくなった企業が多数あります。

例えば、「ディズニーランド」では従業員の8割以上が冬のボーナスを7割カットされ、非常に厳しい状況になりました。

また、イベント業やコンサートホールなども一部客席の入場制限など、現在でも影響を受けてしまっている業界です。

そのため、エンタメ業界はまだまだコロナの影響を受けてしまい、転職が厳しい状況であると言えるでしょう。

次を決めずに退職するときにコロナの影響を利用する方法3選

次を決めずに退職するときにコロナの影響を利用する方法は、以下の4つです。

  • オンライン面接の対策をする
  • 需要が高まっている業界にキャリアチェンジ
  • リモートワークのプロになる

それぞれ見ていきましょう。

オンライン面接の対策をする

次を決めずに退職するときにコロナの影響を利用する場合、オンライン面接の対策をする必要があります。

なぜなら、緊急事態宣言が初めて出された2020年4月から5月の間に、オンライン面接を導入する企業が一気に増加したからです。

そのため、対面とは違うオンライン面接のマナーをしっかりと学習し、オンライン面接も完璧にこなす必要があるでしょう。

また、オンライン面接は自宅で受けるので、対面の面接よりもリラックスして受けることが可能です。

リラックスして受けると、本来の実力を発揮して自分の能力に見合う企業に合格することができるでしょう。

需要が高まっている業界にキャリアチェンジ

需要が高まっている業界にキャリアチェンジすることで、現職よりも高い年収になる可能性があります。

なぜなら、コロナで需要が高まっている業界はIT企業が多く、人手不足になりがちな企業ばかりだからです。

そのため、資格やスキルを習得することで、需要が高まっているうちに採用される可能性が高いでしょう。

「コロナを逆に利用して年収を上げてやる!」という意気込みで資格習得に専念することも選択肢の1つです。

リモートワークのプロになる

テレワークやリモートワークが普及したことで、仕事が効率よく進む企業が増えてきました。

しかし、「新人社員の教育がうまくできない」という課題に直面している企業も多数存在しています。

そのため、リモート環境でも社員にしっかりと教育することができるマネジメント能力は、どの企業でも重宝される能力です。

現職でリモートワーク下でも部下を育てる方法を模索し、成功実績を作ると、転職を有利に進めることができるでしょう。

次を決めずに退職するときに考えるべきこと3選

次を決めずに退職するときに考えるべきことは、以下の3つです。

  • 危険信号に気をつけよう
  • 自分より辛い人はたくさんいるという考えは捨てる
  • 自分の強みを見つけよう

それぞれ見ていきましょう。

危険信号に気をつけよう

「最近身体がだるい…」「自分に自信を持てない…」このような方は、危険信号に気をつける必要があります。

危険信号と向き合うと、うつ病や適応障害などの完治が難しい心の病を回避することができます。

うつ病や適応障害になってしまうと、転職活動が難しくなったり、自分がこなせる業務に制限がかかってしまう場合が多いです。

そのため、「自分はそんな弱い人間じゃない!」と思っている方も、1度病院で診察を受けることをおすすめします。

自分より辛い人はたくさんいるという考えは捨てる

「自分よりも辛い人はたくさんいるから耐えられる…」という考えを持っている方は、非常に危険な状態です。

なぜなら、職場の環境がひどく、自分よりも辛い思いをしている人を多く見ている方がこのような考え方になってしまうからです。

また、上司や会社の同僚から「お前より辛い奴はたくさんいる」と言い聞かせられ、このような考え方になってしまった方もいるでしょう。

この考え方を持ってしまうと、心が麻痺してしまい、自分のメンタルが崩壊するまで限界に気づくことができない状態になります。

手遅れにならないうちに、上記で紹介している危険信号に該当していないか確認してみましょう。

自分の強みを見つけよう

コロナ禍の転職は、スキルや経験を持った優秀な人材が優先的に採用されます。

そのため、自分の強みを見つけ、採用担当者に自分の強みをしっかりとアピールできるようにする必要があるでしょう。

また、「強みが特にない…」という方は、資格を取得すると新しく強みを作ることができるでしょう。

コロナ禍の転職は優秀な人材が必要とされているので、常に努力することを忘れずにスキルを磨く必要があります。

まとめ

今回は、次を決めずに退職してもコロナの影響を受けない対策方法や理由を詳しく解説しました。

コロナの影響を受けている業種が多いですが、上記で紹介した対策方法やコロナを利用するコツを活用することで転職できるでしょう。

また、コロナ禍で需要が高まったIT業界に参入すると、現職よりも高年収を目指すことが可能です。

コロナ禍の転職は、企業が慎重に採用を検討しており、優秀な人材が優遇される状態です。

そのため、常にスキルを磨き続け、キャリアアップできるように努力する必要があるでしょう。

この記事を最後まで読んでいただいた方が、コロナの影響を受けずに、素晴らしい職場に出会えることを祈っています。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました