次を決めずに退職してもなんとかなる?対策4選を詳しく解説

次を決めずに退職してもなんとかなる 仕事

「次を決めずに退職してもなんとかなるってほんと?」

「仕事が辛すぎて退職したい…」

このような悩みを抱えている方のために、今回は次を決めずに退職してもなんとかなる方法や理由を詳しく解説していきます。

この記事を読めばわかること。

  • 次を決めずに退職してもなんとかなる方法
  • 次を決めずに退職してもなんとかなる理由
  • 次を決めずに退職してもなんとかなるために準備すること
  • 次を決めずに退職してもなんとかなるコツ
  • 次を決めずになんとかなるという気持ちが重要

それぞれ見ていきましょう。

この記事を書いている人
カケル
カケル

元高校教師。現役WEBライター。
3年間教員として勤め、激務により体調を壊す。

現在はお仕事に役立つメディアを発信中。

次を決めずに退職してもなんとかなる方法4選

次を決めずに退職してもなんとかなる方法4選

次を決めずに退職してもなんとかなる方法は、以下の4つです。

  • 自己分析を徹底する
  • キャリア診断を受ける
  • キャリアコーチングを受ける
  • どうしても辛い方へ

それぞれ見ていきましょう。

自己分析を徹底する

次を決めずに退職する場合、自己分析をして自分に合う職場の条件を明確にしておく必要があります。

なぜなら、自己分析を徹底しておかないと転職先を探す軸がいつまでも定まらず、自分に合う転職先を見つけることができないからです。

自己分析は、自分が体験した出来事や継続してきた理由を深掘りし、「なぜそう考えたのか?」「なぜ継続できたのか?」という分析を徹底的に行う必要があります。

そのため、紙に書き出して考えを視覚的に整理したり、わかりやすくメモにまとめるなどの工夫が必要でしょう。

「自己分析の仕方がわからない!」という方は、以下の項目で解説しているキャリア診断アプリを活用することをおすすめします。

キャリア診断を受ける

「自己分析をしたいけど時間がない!」という方は、キャリア診断アプリ「VIEW」を活用することをおすすめします。

なぜなら、「VIEW」の診断は簡単な質問に答えるだけで、最短3分で診断を終わらせることができるからです。

そのため、自己分析をする時間がなかなか取れない方でも、安心して診断を受けることができます。

また、自分が向いている職種だけでなく、企業もピックアップして紹介してくれます。

企業を比較しながら転職先を選ぶことができるので、質が高い転職活動ができるでしょう。

「VIEW」の利用は完全無料なので、まずはお気軽に診断してみることをおすすめします。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

キャリアコーチングを受ける

「AIによる分析だけじゃなくて誰かに相談しながら転職したい…」という方は、「ポジウィルキャリア」のキャリアコーチングサービスを受けることをおすすめします。

なぜなら、ポジウィルキャリアはプロの方が独自のカリキュラムを組んで、自己分析からキャリア設計までサポートしてくれるからです。

また、経営者が質が高いアドバイザーを選別して採用しているので、担当者の当たり外れを心配する必要がありません。

そのため、「せっかく受けているのに担当者が自分と合わない…」と心配する必要もなく、将来のキャリア設計を一緒に組んでくれるでしょう。

ポジウィルキャリアは、初回カウンセリングを無料で受けることができるので、まずはお気軽に相談申し込みからスタートしてみると良いでしょう。

▶︎キャリアに特化したコーチング・サービス【POSIWILL CAREER(ポジウィルキャリア)】

どうしても辛い方へ

「すぐにでも会社を辞めないと耐えられない…」という方は、「弁護士法人みやび」の退職代行サービスを活用することをおすすめします。

なぜなら、退職代行サービスに申し込んだその日から仕事にいく必要がなくなり、すぐに会社を退職することができるからです。

また、法的トラブルに発展した場合対応することができない退職代行サービスが多いですが、「みやび」はしっかり対応してくれます。

そのため、会社との退職手続きだけでなく、給料未払いや有休消化などもしっかりと対応してくれるでしょう。

「みやび」は、無料で相談に乗ってくれるので、まずはお気軽に相談してみることをおすすめします。

▶︎弁護士法人みやびの退職代行サービス

次を決めずに退職してもなんとかなる理由3選

次を決めずに退職してもなんとかなる理由3選

次を決めずに退職してもなんとかなる理由は、以下の3つです。

  • 就労支援を受けることができる
  • 失業手当をもらうことができる
  • 正社員以外でも稼ぎ方はいくらでもある

それぞれ見ていきましょう。

就労支援を受けることができる

次を決めずに退職してもなんとかなる理由の1つに、就労支援を受けられることが挙げられます。

なぜなら、就労支援を受けると、自分が未経験の業種に就くためのスキル・資格を無料で学習して習得することができるからです。

そのため、仕事を退職した後でもキャリアチェンジを狙うことができるので、前職よりも高い年収の職場に転職できる場合があります。

次を決めずに退職しても、しっかりと努力を積み重ねると、なんとかすることができるでしょう。

失業手当をもらうことができる

次を決めずに退職してもなんとかなる理由は、失業手当をもらうことができるからです。

失業手当は、退職前の給料の45%〜80%もらうことができるので、生活費に困らずに転職活動ができます。

そのため、転職活動に集中でき、自分の希望条件に合う職場を見つけることができるでしょう。

注意点として、自主都合退職の場合は1週間の待機期間の後3ヶ月後から給付されるので、最低3ヶ月分の生活費は用意しておく必要があります。

正社員以外でも稼ぎ方はいくらでもある

近年働き方の多様化が進んでおり、正社員以外にも稼ぎ方はいくらでも存在します。

非正規雇用者は、日本に2000万人ほどおり、6人に1人の割合で存在しています。

そのため、非正規雇用者でも生活ができ、正社員以外でも稼ぎ方が存在することの裏付けが可能です。

また、近年ではフリーランスの人口も増加しており、企業と個人が直接契約して仕事をしているケースもあります。

仮に、転職して年収が下がってしまった場合でも、副業やアルバイトをして収入を補うことができるでしょう。

次を決めずに退職してもなんとかなるために準備すること4選

次を決めずに退職してもなんとかなるために準備すること4選

次を決めずに退職してもなんとかなるために準備することは、以下の4つです。

  • 貯金と生活費を計算する
  • 失業手当が貰えるか確認する
  • 転職したい業種と希望条件を決めておく
  • 家族とよく話し合う

それぞれ見ていきましょう。

貯金と生活費を計算する

次を決めずに退職する前に、貯金と生活費を計算する必要があります。

なぜなら、転職活動の途中に生活費が底をついて生活ができなくなるなどのトラブルを防ぐことができるからです。

貯金と生活費を計算する際に、3ヶ月分の生活費があるのかは絶対に把握するようにしましょう。

3ヶ月分あれば、貯金が底をついてしまっても失業手当をもらいながら転職活動を継続することができます。

「心の余裕は財布の余裕」という言葉がある通り、生活費に余裕を持つと精神的に追い詰められずに転職活動を行うことができるでしょう。

失業手当が貰えるか確認する

次を決めずに退職する前に、失業手当が貰えるか確認する必要があります。

なぜなら、失業手当が貰えるかどうかで、転職に専念できる時間が大きく異なるからです。

失業手当が貰えない場合、自分の貯金だけが転職活動中の生活費になるので、かなり時間が限られてしまいます。

一方で、失業手当が貰えた場合は給付金で生活費を賄えるので、余裕を持って転職活動に臨むことができるでしょう。

そのため、失業手当が貰えるかどうかで、仕事を辞めるべきか判断する必要もあります。

転職したい業種と希望条件を決めておく

次を決めずに退職する前に、転職したい業種と希望条件を決めておく必要があります。

なぜなら、希望条件を決めておくと、自分に合う職場をスムーズに見つけることができるからです。

例えば、年収・通勤時間・労働時間・職場環境などは、妥協範囲も含めてしっかり決めておく必要があります。

特に妥協範囲は重要で、全て希望条件通りの職場はなかなか見つからないので、細かく設定しておくと良いでしょう。

曖昧な条件で探してもいつまでも見つけることができず、転職活動に時間がかかってしまいます。

家族とよく話し合う

次を決めずに退職する前に、家族とよく話し合う必要があります。

なぜなら、自分は大丈夫と考えていることでも家族は不安に感じ、家庭内トラブルに発展する可能性があるからです。

話し合いは、会社を辞めてからの人生設計や辞める理由を明確に伝える必要があり、お互いの妥協点なども設定して進めていきましょう。

仕事が原因で家庭崩壊や事件に発展してしまう事例も少なくないので、事前に話し合いを行ってから計画的に退職する必要があります。

次を決めずに退職してもなんとかなるコツ3選

次を決めずに退職してもなんとかなるコツ3選

次を決めずに退職してもなんとかなるコツは、以下の3つです。

  • 絶対に譲れない条件を1つだけ絞る
  • 空白期間をあまり空けない
  • 信頼できる人に相談する

それぞれ見ていきましょう。

絶対に譲れない条件を1つだけ絞る

次を決めずに退職してもなんとかなるコツの1つに、絶対に譲れない条件を1つだけ絞ることが挙げられます。

なぜなら、自分の希望条件を全てクリアしている職場を見つけることは、難しいからです。

例えば、「年収が低くてモチベーションが上がらない…」という方は、今よりも多少労働時間が長くても年収が高い職場に転職することをおすすめします。

自分が現職で抱えている不満が満たされることで、多少の人間関係や労働時間は気にならなくなり、仕事にやりがいを感じるでしょう。

そのため、全ての条件は満たしていなくても、絶対に譲れない条件はしっかりと満たしている職場に転職することをおすすめします。

空白期間をあまり空けない

次を決めずに退職してもなんとかなるコツの1つに、空白期間をあまり空けないことが挙げられます。

なぜなら、採用担当者によってはマイナスなイメージがついてしまい、転職しづらくなる可能性があるからです。

そのため、仕事を辞める前から上記で紹介している事前準備を徹底して、スムーズに転職活動を進める必要があるでしょう。

また、現職を続けながら転職活動をする余裕がある方は、次の仕事を決めてから退職することをおすすめします。

次の仕事を決めてから退職すると、空白期間を全く空けずにスムーズに転職することができるでしょう。

信頼できる人に相談する

次を決めずに退職してもなんとかなるコツの1つに、信頼できる人に相談することをおすすめします。

なぜなら、第三者の意見を取り入れると、自分では思いつかなかった解決策や転職方法を知ることができるからです。

例えば、「信頼できる友達に相談したら職場を紹介してくれた」などの事例があります。

そのため、自分1人で抱えるのではなく誰かに相談することで、思わぬ打開策を提案してくれる可能性があるでしょう。

次を決めずになんとかなるという気持ちが重要

次を決めずになんとかなるという気持ちが重要

次を決めずに退職してもなんとかなるには、気持ちが重要です。

「退職したから人生終わった…」という気持ちでは、次の転職先を見つけても上手くいく確率は低いでしょう。

以下の項目では、次を決めずに退職する場合に重要な考え方を紹介していきます。

危険信号には気をつけよう

「仕事のことを考えるだけで憂鬱…」「最近食欲が減ってきた…」という方は、危険信号の可能性があるので注意しましょう。

危険信号とは、心や身体が「今の生活を続けると負荷がかかり危険だ!」と伝えてくれる信号のことです。

危険信号を無視して仕事を続けてしまうと、取り返しがつかない心の病気になる場合があります。

そのため、最近身体や心に異変を感じている方は「自分に限ってそんなことはないだろう!」と油断せず、1度病院で診てもらうことをおすすめします。

仕事が人生の全てではない

仕事は生きるために必要なことですが、今の会社を辞めたからといって人生が終わる訳ではありません。

なぜなら、仕事を辞めてからの行動次第でその後の自分の人生は左右されるからです。

例えば、「辛かった職場を退職して新しい職場に転職してから人生が楽しくなった!」という方もいます。

そのため、今の職場が辛ければ依存せずに、新しい職場にチャレンジする努力をすることが大事でしょう。

まとめ

今回は、次を決めずに退職してもなんとかなる理由や対策方法を詳しく解説しました。

次を決めずに退職してもなんとかするためには、事前準備や対策を徹底して転職活動をスムーズに進めることが重要です。

上記で解説したキャリアコーチングやキャリア診断を活用すると、転職活動をスムーズに進めることができるでしょう。

「今すぐ仕事を辞めたい!」という方は、上記で紹介した退職代行サービスを活用することをおすすめします。

この記事を最後まで読んでいただいた方が、今よりもやりがいがある自分に合う職場に巡り合えることを祈っています。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました