50代女性が仕事で限界を感じたときの解決方法を5つ徹底解説

50代女性で仕事に限界 50代

体力的に今の仕事を続けるのは難しそう

仕事量を減らして責任のない仕事に変わりたい

子どもが自立したから仕事を辞めようかしら

このように限界を感じて仕事を辞めたいと考えてはいませんか?

50代女性は子どもが自立したり、身体の変化が出てきたりと人生の変化が訪れる時期ですよね。

今回この記事では、

  • 50代女性でもできる仕事で限界を感じたときの対処法
  • 仕事を辞めたい理由トップ5
  • 50代で退職したときの最悪な末路
  • 体力の限界状態から現役に戻れる工夫の仕方

について紹介しています。

最後まで読めば、楽しく働く方法が分かって人生に輝きを取り戻せますよ

50代女性でもできる!仕事で限界を感じたときの対処法5選

50代女性でもできる!仕事で限界を感じたときの対処法5選

はじめに、仕事で限界を感じたときの下記対処法について解説していきます。

  • 限界を感じた理由を洗い出す
  • 異動を願い出る
  • 自分のスキルや経験を棚卸してやりたいことを考える
  • 転職活動を視野に入れる
  • 副業をしてみる

それでは順に解説していきます。

対処1|限界と感じた理由を洗い出す

「この仕事を続けるのは限界!」と感じた理由を考えてみます。

理由は人それぞれですが、50代女性の多くは体力的な問題が一番ではないでしょうか

健康やケガによる退職は年齢とともに高まるのは事実です。

しかし、働くのを辞めると筋力が衰えて更に体力低下につながります。

働くのは健康につながるため病気でない限り仕事を続けてみてはいかがでしょうか。

対処2|異動を願い出る

「人間関係に悩んでいる」「仕事内容が合っていない」と感じている方は、会社に配置転換を申し出てみてください

例えば、営業や販売の方は事務に移るなどです。

事務作業に自信が無ければ、売り場を変えてもらうのも良いでしょう。

異動はあらかじめ会社や組織の情報が分かっているためストレスを感じにくいメリットがあります。

他部署や他業務を経験すれば給料や時給アップの交渉に使えるので、異動を申し出てみてはいかがでしょうか。

対処3|自分のスキルや経験を棚卸してやりたいことを考える

これまで取得した資格や経験を棚卸してみましょう

「自分にはこれといったスキルがない」と思っていても、他人からすれば羨むようなスキルをお持ちの可能性があります。

もし、自分自身のスキルや価値が今ひとつ分からないのであれば、ライフシフトラボなどのコーチングサービスを利用してみましょう。

ライフシフトラボでは、転職が難しいといわれる40〜50代の転職・起業独立支援をしています。

名の知れた大企業でキャリアを積んできたビジネスマンがあなたと一緒に目標設定をし、具体的なビジネスの方法を教えてくれます

これまで諦めていたことをビジネスにできるチャンスです。

自分のスキル、資格、経験を活かしたいと考えている方はライフシフトラボを検討してみてはいかがでしょうか。

▶︎40〜50代におすすめのキャリアコーチング【ライフシフトラボ】に無料相談してみる

対処4|転職活動を視野に入れる

女性活躍推進法により、2022年4月から101人以上300人以下の中小企業にも『管理職に占める女性労働者の割合』を公表しなくてはならなくなりました

そのため子育てが終わっている50代女性は企業に重宝される存在となっています。

特に上場している会社は女性を管理職として積極採用したいのですが、在籍している女性社員が管理職になりたくないと断るケースが多いようです。

こうしたことも踏まえて、まずは求人チェックしてみましょう。

管理職や経験重視のお仕事など、求人をチェックすればあなたに合った求人が必ずあります。

dodaでは女性が活躍できる求人が多数あります。

非公開求人もあるため、登録してエージェント担当者に相談してみてはいかがでしょうか。

▶︎DODAに無料登録して求人チェックしてみる

対処5|副業をしてみる

事務職レベルのパソコン操作が可能な方は、在宅でできる副業にチャレンジしてみるのも1つの方法です。

始めは本業と副業の両立が大変かもしれませんが、副業での成果が出てくれば本業の割合を減らしたり退職したりするのも可能です。

文章をパソコンで書くWebライティングは始めやすい副業の1つ。

資格不要でできるため、最初に少し勉強すれば仕事を受注できます。

本ブログの管理者はWebライティングの講座を行っております

Webライティングの基礎を学び、クラウドソーシングでのお仕事ができるようサポートしておりますので、気になった方は下記の無料カウンセリングからお申し込みください。

カケルのWEBライター育成講座
副業WEBライター5つの魅力|WEBライターカケル|note
こんにちはカケルです。僕はライティングメンターとして1年と半年、駆け出しライターの方や案件が獲得できずにお悩みのライターの方に向け、サポートを行ってきました。 アドバイスした人数としては、現状60名ほどです。 僕自身も、元々は高校教師をしており、全くの未経験からWEBライターとして独立した経緯があります。 この記...

50代女性が仕事を辞めた理由トップ5を徹底調査

50代女性が仕事を辞めた理由トップ5を徹底調査

ここでは厚生労働省の調査票『雇用の構造に関する実態調査 転職者実態調査 【令和2年】』より、どのような悩みがあって職場を辞めたのか徹底調査しました。

あなたと同じ悩みで仕事を辞めていると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

1位|体力的にきつい

「休日が少ない」や「残業時間が長い」など労働環境が合わずに退職しています

人生100年時代、定年70歳と言われる昨今で身体にムチ打って働くのはつらいものです。

更年期などの体調不良が出てくる50代女性には、融通の利きやすい職場環境が求められていると分かります。

転職する場合は、「今よりも休日が多い」「休みを取りやすい」「残業がない・少ない」職場を選びましょう。

2位|賃金が低い

賃金が低く、長年働いても賃金が上がらないのが理由で退職しています

日本は世界と比べても賃金が低く、生産性も低い国です。

さらに女性の賃金は男性のように上がっていきません。

厚生労働省による令和3年賃金構造基本統計調査では、30代女性が248〜260万円、50代女性が273〜277万円と年齢による収入は大差ありませんでした。

一方、アメリカの女性の年収は60,736ドル(1ドル120円の場合 728万円)。

サービス業で働く女性の年収は30,212ドル(1ドル120円の場合 362万円)と、日本より100万円程多くなっています。(参考:アメリカ(USA)の平均年収)

アメリカと比べてもどうしようもありませんが、日本女性はどんなに働いても年収は上がらないと覚悟すべきなようです。

3位|人間関係で悩んでいる

若い上司と合わなかったり、陰口を言う人との付き合いに疲れたりと人間関係に悩んで退職しています。

派閥を作り陰口を言う人は自分自身が不安を抱えているため、他人より優れた自分をアピールすることで不安がなくなります。

陰口を言う人の近くにいると心がすさむ人は、陰口を言う人から離れてみませんか。

相性がいいと思う人としか付き合わないと決め、職場は職場と割り切るのも必要でしょう。

4位|会社の将来が不安

会社の経営不安で自分の将来が不安になり退職している人がいます

日本の会社のうち99%は中小企業と言われており、中小企業の起業後5年後生存率は81.7%という統計があります。(参考:中小企業のライフサイクルより)

中小企業の約20%は5年以内に廃業するため、1つの会社で一生働くというのは不可能です。

1社に依存せず「どこに行っても働く!」くらいの気持ちでいましょう。

会社に依存しないと決心すればきっと働き方が変わって5年、10年後の未来は明るくなりますよ。

5位|雇用不安定

雇用の不安定により退職した方がいます。

この方たちは主にリストラが原因です。

会社の経営状態が悪くなると人件費の高い50代がリストラ対象となるため、リストラのうわさが出てきているのであれば、スキルを身につけて転職するか副業するか対応を考えなければなりません。

実は、今まで色々と挑戦してきた人は雇用が不安定になっても焦りません。

例えリストラにあっても不安にならない理由は、不安材料を減らすために自ら資格取得やスキルを身につけて来たためです。

リストラをチャンスと捉え、次のステージに進んでいます。

【厳しい現実】50代女性 退職後の末路とは

【厳しい現実】50代女性 退職後の末路とは

ここでは、特に資格取得や勉強・副業などでスキルを磨いてこなかった50代女性の退職後について解説します。

全員これから説明する道筋ではありませんが、周囲に流されるように働いてきた方々には厳しい現実があるようです。

それでは解説していきます。

社会復帰が難しい

退職後に転職活動をしても「覚えが悪いだろう」「人間関係が築きにくいのでは」と警戒されて採用されません

実は50代で転職活動した方々は、在職中に次の転職先を見つけている人が多いのです。

転職先の見つけ方はハローワーク、求人サイトに続いて職場からの紹介や縁故という順番になっています。

30代と転職先の見つけ方が違うのは「職場からの紹介」「縁故」が上位に入るところです。

退職後また働きたいと思っている方は、空白期間を作らず転職活動をしましょう

貯金は少なく生活費が足りない

老後が目前に迫った50代が退職してしまうと、老後のお金を先食いしてしまいます

旦那様の稼ぎで生活すればいいと考えている方は要注意。

共働きから片働きになると収入が減るため生活水準を下げなくてはなりません。

何十年と染み付いたお金の使い方を変えるのは大変です。

旦那様が定年退職したときに「貯金ってこれだけなの?」と言われたくなければ働き続けた方がいいでしょう。

やりたいことが無いから時間を持て余してしまう

趣味がない方は時間を持て余してしまう可能性があります。

働いてきた時間が丸々空白時間になり、人によっては半日以上ヒマになる可能性があるのです。

50代で退職する場合は、何のために仕事を辞めるのか決めておきましょう。

「時間は人生そのもの」と言われるため、余生を何にささげるか考える時間を作ってください。

これまで仕事・家事・育児で諦めてきた夢や目標にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

上記でも解説したライフシフトラボでは、50代の新たなチャレンジを応援してもらえます

▶︎40〜50代におすすめのキャリアコーチング【ライフシフトラボ】に無料相談してみる

50代女性も工夫次第で体力が限界から現役に戻れる

50代女性も工夫次第で体力が限界から現役に戻れる

ここでは身体の変化が訪れる50代女性が体力的に限界から現役に戻れる2つの方法を紹介します。

  • 便利家電を使いこなして体力温存
  • 家族を巻き込んで定年準備

それでは順に解説していきます。

便利家電を使いこなして体力温存

あなたは家事・子育てを一人でこなして来たのではないでしょうか?

食器洗いは「2,3人分だからすぐに洗い終わるわ」と思っていませんか?

掃除機は毎日かけていませんか?

昭和生まれの50代女性は食洗機やロボット掃除機、電気調理器などの便利家電に触れる機会が少なかったため、自分でやった方が早いと家事を行う傾向があります。

便利家電は高価と思われがちですが、食洗機は2,3人分の工事不要のものが数万円から売られています。

ロボット掃除機においては2〜3万円出せばスマートフォンから遠隔操作できるものまであるのです。

20〜30代の共働き家庭は便利家電に頼りながら仕事・家事・育児をしています。

スマホが操作できる方なら便利家電は簡単に使いこなせますので、取り入れてみてはいかがでしょうか。

家族を巻き込んで定年後準備

65歳になって定年を迎えるとき、あなたは健康でしょうか。

旦那様は一人で家事ができますか?

料理、洗濯、お金の管理や様々な手続きは任せられますか?

もし不安に思っているのであれば、50代から徐々に定年後の準備に入るといいかもしれません。

週1回料理や洗濯を任せ、1人で生活できるくらいになってもらいましょう。

旦那様が料理や洗濯をやってくれれば、あなたは身体を休められます。

長期的に考えればお互いメリットしかありません。

旦那様は嫌がるかもしれませんが「私が倒れたらあなたの食事は誰が作るの?子どもに帰ってきてなんて、そんな格好悪いことが言える?」とカマかけていいかもしれません。

「倒れた母のそばに父親がいるのに、父は家事1つできない」と子どもが知ると、子どもは父親をどう思うでしょうか。

子どもは親の姿をよく見ていると伝えてあげてください。

まとめ

50代女性が仕事で限界を感じたら、今の環境から抜け出す具体的な方法を5つ紹介しました。

  • ベストな行動を選択するために限界を感じた理由を洗い出す
  • 異動を願い出て同じ職場で働く
  • 職場を辞めるために自分のスキルや経験を棚卸してみる
  • 転職活動を視野に入れる
  • 副業で副収入を得て本業の割合を減らしていく

もしかするとあなたの周りには自分で人生を拓いている50代は少ないかもしれません。

しかしあなたが現状、つらい・変わりたいと思っているなら自分で人生を拓くチャンスです。

自分に選択権があって自由に働けるのは意外と楽しいものですよ。

60歳でライフネット生命保険株式会社を創業した出口治明さんは、2022年現在74歳で立命館アジア太平洋大学の学長をされています。

学びは学生だけのものではないと仰っており、何歳になっても学び続けて挑戦して人生を楽しむそうです。

「私には無理だわ」と思われている方は、自分が死ぬ直前について考えてみてください。

やり残したことがあれば今挑戦すべきです。

年を重ねて更に限界が近づいてくる前に、一生懸命になれることに挑戦してみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました