仕事辞めたい疲れた40代は甘え?どうしても辛いあなたへ

40代 仕事やめたい

40代で仕事を辞めたいと思うのは甘えているのだろうか。

40代なってから仕事を辞めたいと感じる方は意外と多いです。

40代は体力的にも厳しくなってくる方もいらっしゃり、なかなか思い悩むことが多い年代と言えるでしょう。

今回の記事では40代の方が働きたくないと感じる理由や、その対処法について具体的に解説していきます。

どうしても仕事が辛い方へ

明日仕事に行くのも辛い方へ
どうしても辛いなら退職代行を利用しましょう。
退職代行を利用すれば、あなたの代わりに退職の手続きを業者の方が全て行なってくれます

嫌な思いをせずに会社を退職できるため、ストレスがありません
退職代行なら、ニコイチなどのサービスがおすすめです。

▶︎退職代行サービス「退職代行ニコイチ」に無料相談してみる

やりたいことが分からない方へ
自分のやりたいことが見えない場合は、ポジウィルなどのキャリアコーチングサービスがおすすめです。

コーチングを受けることで、今後の人生の生き方や自分のやりたいことについて考えることができます

無料カウンセリングも行われているため、まずは相談してみましょう。

「40代で仕事を辞めたいのは甘えなのか?」について解説します

目次

仕事を辞めたい疲れた40代が行うべき対処法8選

仕事を辞めたい40代が行うべき対処法とは?

今現在、仕事を辞めたいとお考えの40代の方は、何かしらの対策を行わなければなりません。

とはいうものの、具体的に何をすれば良いのか分からない方も多いでしょう。

ここでは、仕事を辞めたい40代が行うべき対処法について解説します。

  • まずはゆっくり休むことが大切
  • なぜ辞めたいのか理由を明確にする
  • プライベートの時間を大切にする
  • 自己分析を徹底する
  • 資格の勉強を始めてみる
  • キャリアコーチングを受けてみる
  • 転職先を探しておく
  • どうしても辛いなら退職代行を利用する

まずはゆっくり休むことが大切

今現在、仕事が辛いと感じている40代の方は、まずゆっくりと休むことが大切です。

あなたは今、次のような状況に陥っていないでしょうか。

  • 毎日遅くまで残業が続いている
  • 土日も出勤することがある
  • 自分や家族との時間を持てない

あまりにも忙しい日々が続いていると、心身ともに疲弊してしまいます。

そうした状況では正しい判断をすることが難しく、何か行動を起こしてもうまく行きません。

そのため、まずは1日でも良いので休む日を作りましょう

仕事から離れて、ぼーっとしてみるのがおすすめです。

なぜ辞めたいのか理由を明確にする

まず、なぜ仕事を辞めたいと思っているのか、その理由を明確にしておきましょう

一言で仕事を辞めたいと言っても、その理由は様々です。

・人間関係が辛い
・仕事にやりがいを感じない
・日々の業務が忙しすぎる
・今後のキャリアが不安

など、どのような理由かによって具体的な解決策は異なるでしょう。

曖昧な気持ちのままでは、今後どのような対策を行えば良いのか分かりません。

そのため、まずは仕事を辞めたい理由をはっきりさせることが大切です。

まずはなぜ仕事を辞めたいと感じているのか明確にしましょう!

プライベートの時間を大切にする

普段、仕事ばかりで自分の時間を持てていないのではないでしょうか。

休日なども出勤して仕事をしていると、プライベートの時間が無くなってしまいます。

真面目な方ほど一生懸命働こうとするため、自分の時間を犠牲にしがちです。

しかし、仕事ばかりしていてはやがて疲労で仕事の効率も落ちてしまうでしょう。

ある程度自分の時間を確保することで、仕事にも生かすことができます。

もし、プライベートの時間が全く確保できていないのであれば、スケジュール管理を徹底してみてはいかがでしょうか。

しっかりと自分の時間を確保し、趣味などにあてることができれば、リフレッシュすることができるはずです。

プライベートを充実させることで、余裕が生まれることもあります

自己分析を徹底する

次に、自己分析を徹底するのが良いでしょう。

「自己分析なんて、やる意味があるの?」

と思われるかもしれません。

しかし、今後の方針を決める上でも自己分析は非常に大きな意味を持っています。

そもそも、自分自身がどのような状況にあるのかが分かっていなければ、対策の仕様がありません。

・自分はどのようなことをしたいと思っているのか
・今後のキャリアをどう描いていきたいのか
・今の仕事は自分に適しているか

など、紙に自分の気持ちを書き出してそれを俯瞰してみましょう。

そうすることで、不思議と気持ちも穏やかになるはずです。

紙に自分の気持ちを箇条書きして、現状の分析を行いましょう!自己分析のやり方は以下の記事にて解説しています!

転職先を探しておく

今の仕事に少しでも不安を感じているのであれば、転職先を探しておきましょう

すぐさま転職しない場合でも、求人をチェックしておくと次のようなメリットがあります。

求人をチェックするメリット
  • 今の会社以外の視野を広げることができる
  • 転職エージェントを利用すれば、無料で相談することができる
  • 自分の適切な年収について知ることができる

転職エージェントでは40代向けの求人も多く、あなたに合った転職先を探すことができます。

利用は完全無料なので、まずは登録して気軽に年収査定を行なってみてはいかがでしょうか。

転職エージェントこの2つに登録しておこう!

・DODA
地方求人も多く、地域に関係なく求人をリサーチできる。年代に関わらず求人が豊富

▶︎DODAに無料登録して相談してみる

・リクルートエージェント
求人数が業界トップ。担当者の対応が丁寧かつスピード感のあるエージェント

▶︎リクルートエージェントで求人をチェックしてみる

資格の勉強を始めてみる

今後のキャリアや転職を検討しているのであれば、今のうちに資格の勉強を始めてみるのも良いでしょう。

市場価値の高いスキルを身につけておくことで、転職にも有利に働きます。

例えば、

・簿記
・中小企業診断士
・TOEIC

など、現状のキャリアに合わせて相性の良い資格の勉強をしてみるのがおすすめです。

資格の勉強を始めることで、精神的にも落ち着く効果も期待できます。

今のうちから市場価値の高い資格を勉強するのも選択肢の一つです!

この他にも、もし現段階で仕事を辞めたいとお考えであれば、今のうちに転職先を探しておくことをおすすめします。

キャリアコーチングを受けてみる

  • そもそも、転職すべきか分からない
  • 今後のキャリアのイメージが湧かない
  • 一緒に人生について考えてもらいたい

など、そもそも転職した方が良いのか分からない方や、今後のキャリアに対してイメージが湧かない方もいらっしゃるでしょう。

そのような場合、キャリアコーチングを受けてみるのがおすすめです。

現代では、このように生き方そのものに悩む40代の方が増えています

そこで、多くの方に大人気なのがポジウィルキャリアやライフシフトラボというコーチングサービスです。

こちらのサービスを利用すれば、今後のキャリアについてコーチングを受けながら考えることができます。

初回カウンセリングは無料で行われているため、まずはお気軽に申し込んでみてはいかがでしょうか。

▶︎全世代におすすめ!ポジウィルキャリアに無料相談してみる ▶︎40〜50代におすすめのキャリアコーチング【ライフシフトラボ】に無料相談してみる

どうしても辛いなら退職代行を利用する

  • 明日会社に行くのも憂鬱
  • 死にたいと考えてしまう
  • うつ病や適応障害を発症している

仕事を辞めたいと考える方の中には、明日会社に行くのがどうしても嫌になっている方も多いのではないでしょうか。

実際、この記事を書いている僕自身も同じ気持ちだったので、辛さは本当によくわかります。

もし、どうしても辛いのであれば退職代行を利用しましょう

代行を利用すれば、明日会社に行かずに済みます

退職の手続きも代行業者がやってくれるので、あなたは何もする必要はありません。

利用するだけで、気持ちが楽になるはずです。

▶︎退職代行サービス「退職代行ニコイチ」に無料相談してみる

仕事を辞めたい疲れた40代は甘えではない

40代で仕事を辞めたいと思うのは、甘えではない

結論からお話すると、40代で仕事を辞めたいと思うのは甘えではありません。

その理由には以下のことが挙げられるでしょう。

甘えではない理由
  • 40代で仕事に悩む人は多い
  • 年齢を理由に転職を諦めてはいけない
  • 甘えで片付けてはいけない

40代で仕事に悩む人は多い

40代で仕事を辞めたいのは、おかしい?

と、思い悩む方も多いかもしれません。

しかし、そのように考える必要はないんです。

むしろ、40代で仕事を辞めたいと感じる人は多く、辞めたいと感じるのは普通の感情です。

  • 長年のストレス
  • 管理職としてのプレッシャー
  • 今後のキャリアに対する不安

など、40代は辞めたいと感じる様々な要因があります。

自分は甘えているかもしれない

と、責めるのではなく、

どうすれば悩みを解決できるか?

というプラスの考え方を行うことが大切です。

甘えていると自分を責めすぎず、問題がどうすれば解決するか考えましょう

年齢を理由に転職を諦めてはいけない

もう40代だから、きっと転職は難しいだろう

ここまで頑張って来たのだから、辞めてしまうのはもったいない

など、年齢を理由にして転職を諦める人も多いです。

しかし、実際に求人を見てみると、40代の求人はたくさんあります

そのため、年齢だけを理由にして退職を諦めてしまわないことが大切です。

年齢だけを考慮して、転職を諦めてしまうのはもったいないです

「甘え」で片付けてはいけない

「仕事を辞めたいのは甘えだ!」

と、考えることは簡単です。

なぜなら、そう考えれば転職などせずにそのまま仕事を続けるだけで良いからです。

しかし、本当にそれで良いのでしょうか

大切なのは、甘えているという言葉で片付けるのではなく、どうすれば現状を変えられるのか努力することです。

「甘え」という二文字で思考停止するのは楽ですが、それでは状況は変わりません。

まずは自分自身としっかり向き合うことから始めましょう。

どうしても仕事が辛い方へ

明日仕事に行くのも辛い方へ
どうしても辛いなら退職代行を利用しましょう。
退職代行を利用すれば、あなたの代わりに退職の手続きを業者の方が全て行なってくれます

嫌な思いをせずに会社を退職できるため、ストレスがありません
退職代行なら、ニコイチなどのサービスがおすすめです。

▶︎退職代行サービス「退職代行ニコイチ」に無料相談してみる

やりたいことが分からない方へ
自分のやりたいことが見えない場合は、ポジウィルなどのキャリアコーチングサービスがおすすめです。

コーチングを受けることで、今後の人生の生き方や自分のやりたいことについて考えることができます

無料カウンセリングも行われているため、まずは相談してみましょう。

40代の転職市場とは?

40代の転職市場とは?

これから転職を検討されている40代の方は、現状の転職市場について理解しておくことが大切です。

ここでは、40代の転職市場について詳しく解説していきます。

40代の転職は厳しい現状にある

まず、厳しい意見にはなりますが、40代の転職市場は非常に厳しい現状にあります。

というのも、40代からの転職は企業側には以下のようなデメリットがあるからです。

  • 人件費が高くつく
  • 長期間働いてもらえない
  • 人格的な扱いが難しい

人件費が高くつく

40代の方は、20代や30代よりも人件費が掛かります。

これまでの経験やスキルを踏まえて総合的に判断する必要があるため、若手よりも高額な費用が必要になる可能性が高いです。

こうした予算面でのデメリットが、40代の方を採用しにくい理由の一つと言えるでしょう。

場合によっては、会社サイドから、

この経歴に対して適正な対価を支払うことができない

と、採用を見送るケースもあるようです。

予算面の都合から、採用が見送られることもあります

長期間働いてもらえない

また、40代の転職は年齢的な問題も関わってきます。

当然、20代や30代であれば働くことができる期間も長く、企業サイドにも採用するメリットがあるでしょう。

その点、40代は採用したとしても、10年〜20年ほどしか会社に貢献してもらえません

体力面でも、若手よりも効率的に動けないという問題もあります。

こうした肉体的なデメリットも、40代の採用を難しくしている原因と言えるでしょう。

年齢的な問題から、採用しにくいと考える企業も・・・

合わせて読みたい

会社辞めたい疲れた40代はどうするべき?具体的な対策を解説!

人格的な扱いが難しい

40代にもなると、すでに社会人としての人格が形成されているはずです。

そのため、採用しても上司が指導しづらく、採用しにくいと感じるケースもあります。

また、新たに入社しても上司の方が若手であることもあり、なかなか採用するのが難しいと思う採用者もいるようです。

採用しても教育しにくいと感じるケースも・・・

ただ、40代でも転職は十分可能!

ただ、40代でも転職は十分可能!

上記では40代の転職が厳しい理由について解説しましたが、だからと言って転職ができないわけではありません。

その理由としては以下のようなものが挙げられます。

  • どの業界も慢性的な人手不足だから
  • 特に管理職を求めている
  • 経験が豊富なら転職に有利!

どの業界も慢性的な人手不足だから

現在、どの業界も慢性的な人手不足に陥っています。

転職サイトを見れば40代向けの求人も増えており、業界に関わらず40代の需要は高いです。

そのため、年齢的に難しいからと、諦めてしまうのは非常にもったいないでしょう。

確かに、状況的に厳しい求人もあるのは事実ですが、まずは転職サイトに登録して求人を自分の目で見極めることが大切と言えます。

転職エージェントこの2つに登録しておこう!

・DODA
地方求人も多く、地域に関係なく求人をリサーチできる。年代に関わらず求人が豊富

▶︎DODAに無料登録して相談してみる

・リクルートエージェント
求人数が業界トップ。担当者の対応が丁寧かつスピード感のあるエージェント

▶︎リクルートエージェントで求人をチェックしてみる

特に管理職を求めている

また、40代の求人は特に管理職経験を求めているものが多いです。

これまでに管理職経験があったり、プロジェクトなどでリーダー経験のある人材は転職市場でも強いと言えるでしょう。

そのため、豊富な知識と経験を備えている40代の方は転職でも有利に働きます。

管理職の経験があると、転職でも有利です!

経験が豊富なら転職に有利!

管理職経験がない場合でも、経験として専門的な知識やスキルなどがあれば強みとなります。

ただ、人によっては自分でも強みとなるような経験があるか分からないという方も多いのではないでしょうか。

そうした方は、第三者の意見を聞いてみることをおすすめします。

転職エージェントなどのサービスを利用すれば、専任のアドバイザーから適切な意見を聞くことができますので、一度利用してみてはいかがでしょうか。

自分の強みが分からない方は、転職エージェントのカウンセリングを受けてみましょう!

転職エージェントこの2つに登録しておこう!

・DODA
地方求人も多く、地域に関係なく求人をリサーチできる。年代に関わらず求人が豊富

▶︎DODAに無料登録して相談してみる

・リクルートエージェント
求人数が業界トップ。担当者の対応が丁寧かつスピード感のあるエージェント

▶︎リクルートエージェントで求人をチェックしてみる

40代が転職活動を成功させるには?

40代が転職活動を成功させるには?

40代の方がこれから転職活動を始める場合、転職を成功させる上でいくつか意識しておくべきこともあります。

主に、以下のことを事前に押さえておくのが良いでしょう。

  • なるべく生活費を貯めておく
  • 次にしたい仕事を明確にしておく
  • 働きながら転職活動を行う

なるべく生活費を貯めておく

退職してしまう前に、ある程度の生活費は蓄えておくのが良いです。

当然ですが、退職した場合には固定の収入がなくなってしまいます。

仕事を辞めてもなんとかなるだろう・・・

とお考えになる方もいるかもしれませんが、そんなに甘くはありません。

お金がなくなることの恐怖は、想像しているよりも辛いものです。

そのため、最低でも半年以上の貯金はしておくのがベストと言えます。

最低でも半年ほどの貯金をしておくのが良いでしょう

次にしたい仕事を明確にしておく

仕事を辞めた後、どのようなことをやりたいのかは明確になっているでしょうか

なんとなく仕事を辞めてしまうのは非常に簡単ですが、具体的に何をすべきか考えておかないと後から後悔することになります。

  • 退職後はこれまでの営業スキルを生かして独立したい
  • 今の会社で培った経験を元に、同業者で転職したい
  • 人間関係に疲れたので、なるべく事務系の仕事をしたい

など、ある程度で良いので方向性を決めておきましょう

このようなことをしっかり考えておけば、転職する際もスムーズに進めることができます。

仕事を辞めた後にどうするか、ある程度の方向性を決めておきましょう

働きながら転職活動を行う

これから転職する場合は、なるべく働きながら転職活動を行うのがおすすめです。

先ほども解説しましたが、金銭的な不安というのは想像しているより辛いもの。

  • 貯金が尽きる前になんとか仕事を見つけないと・・・
  • いつまでも無職だと、生活費が払えなくなる
  • また面談に落ちた。もうどこでも良いや・・・

など、金銭的な余裕の無さは焦りを生んでしまいます。

最終的に妥協して、やりたくない仕事を転職先に選んでしまうということもあり得るでしょう。

そうしたことにならないためにも、なるべく働きながら転職活動を行うのがおすすめです。

働きながら転職活動するのが忙しくて難しいのであれば、転職エージェントを利用しましょう。

スケジュールの管理や日程調整も行ってもらえます。

なるべく働きながら転職活動をするのがおすすめです!

転職エージェントを利用する

40代の方が転職活動を成功させるには、転職エージェント活用がおすすめです。

転職活動を利用するメリットは以下のことが挙げられます。

  • スケジュール調整や日程調整をしてもらえるので働きながら転職活動ができる
  • 自分に最適な仕事をコンサルタントに相談しながら探すことができる
  • 登録しておけば、無料で求人情報が流れてくる

先ほども解説しましたが、なるべく働きながら転職活動をするのがベストです。

しかし、そうすると現状の仕事と合わせて忙しくなってしまい、スケジュール調整が難しくなります。

その点、転職エージェントに登録しておけば、調整や日程交渉まで行ってくれます。

また、一人だけではなく、専門のコンサルタントに相談できるのも魅力でしょう。

利用は全て無料なので、転職活動を開始する前に登録しておくのがおすすめです。

転職エージェントこの2つに登録しておこう!

・DODA
地方求人も多く、地域に関係なく求人をリサーチできる。年代に関わらず求人が豊富

▶︎DODAに無料登録して相談してみる

・リクルートエージェント
求人数が業界トップ。担当者の対応が丁寧かつスピード感のあるエージェント

▶︎リクルートエージェントで求人をチェックしてみる

40代で仕事を辞める際の注意点とは?

40代で仕事を辞める際の注意点とは?

40代の方が転職する場合、注意しておかなければならないこともあります。

事前に、以下のことに気を付けるのが良いでしょう。

  • 家族と相談することは不可欠
  • 退職してからの転職は失敗しやすい
  • 利用できるものはなるべく活用するのが良い

家族と相談することは不可欠

まず、退職してしまう前に必ず家族と話し合っておくようにしましょう。

40代となれば、世帯を持っているケースも多く、退職は自分だけの問題ではありません。

なんの相談もなしに退職を決めれば、それだけで家族にも迷惑が掛かってしまいます。

最悪の場合、家族がバラバラになる可能性もあるのです。

そのようなことにならないためにも、一度よく話し合ってからどうするか決めるのが良いでしょう。

家族とよく話し合った上で決めましょう

退職してからの転職は失敗しやすい

次に、勢いで退職してしまうのは絶対に辞めましょう。

何度もお話ししている通り、転職は働きながら行うのがベストです。

一度退職してしまうと無職になり、金銭的にも精神的にも負担が掛かります。

プレッシャーに負けてとりあえず受かった企業に転職すれば、より過酷な環境に身を移すことになりかねません

そのため、なるべく働きながら活動を進めていくようにしましょう。

勢いで退職してしまうのは絶対にダメです!

利用できるものはなるべく活用するのが良い

このほかにも、利用できるものはなるべく活用して転職活動を進めましょう。

例えば、身内や知り合いでコネがあるなら、遠慮せず使うのが良いです

「自分の力だけで転職は進めたい」

という方もいるかもしれませんが、持っている人脈を活用したほうがスムーズですし、信頼できます。

プライドを持たず、なるべく利用できるものは利用していくのがおすすめです。

人脈やコネなど、利用できるものは全て利用しましょう

仕事を辞めたい40代、その理由とは?

40代の方が仕事を辞めたいと思う理由とは?

40代という年代は、社会人になってからかなりの時間が経っているものの、まだまだ定年まで期間がある時期です。

このような年代の方が仕事を辞めたいと思う理由にはどのようなものがあるのでしょうか。

以下ではその理由を具体的に解説していきます。

管理職などの立場を任されて、責任が重くなる

40代という年代は、管理職になる方も多い時期です。

社会人になり、20年ほどが経過し、もし同じ会社で働き続けていればかなりの経験を積んでいるでしょう。

職場内でもそれなりのポジションにつく場合、それだけプレッシャーも大きくなります。

周囲から見れば出世したことで充実しているように見えますが、やはり部下の指導などはストレスになります。

また、それだけ成果を求められることも増えます。

上司と部下の間で板挟みとなり、苦しい思いをするケースもあるでしょう。

このように、中間的な役割を担う年代だからこそ、仕事を辞めたいと感じる方も多いようです。

重要なポジションにつくことで辛いと感じる人も多いようです

合わせて読みたい

仕事辞めたい疲れた40代。その理由や具体的な対処法を解説!

身動きが取りにくく、プレッシャーを感じている

40代になると、結婚して家族がいる場合も多く、気軽に職を変えることができなくなります。

若いうちであれば自分のやりたくない仕事は退職して適職を探しやすいかもしれませんが、年代的に難しいこともあるでしょう。

このように身動きが取りづらい状況になれば、選択肢も減ってしまうので逃げ場がないように感じがちです。

そのため、仕事を辞めたいと感じる要因の1つとなっているといえます。

選択肢を狭めてしまう方もいます。ただ、現代では転職や副業などの複数の選択肢があるため、視野を狭めないことが大切です

仕事にやりがいを見失いがちになる

社会人となってしばらく経ち、様々なことを経験しているでしょう。

入社当時はやりがいや成長意欲にあふれていた方も、社会の理不尽さや窮屈さで揉まれるうちに上手く力を抜くようになります。

そのような状態が続けば、向上心ややりがいを見失いがちになってしまい、結果として仕事を辞めたいと思う人も増えるようです。

もし今の仕事に何のやりがいも見いだせないのであれば、一度自分自身と向き合ってみる必要があるかもしれませんね。

40代は仕事に慣れてきて、やりがいを見いだせなくなっている方もいます

仕事を辞めたい40代が陥りがちなこと

仕事を辞めたい40代が陥りがちなこと

仕事を辞めたい40代の方は、悩みのあまり以下の状態に陥りがちです。

誰もが退職するかどうかは、迷ってしまうものですよね。

  • 周囲の声に耳を傾けない
  • 今の仕事以外できないと思い込む
  • 辞めるべきかどうか、迷ってしまう

周囲の声に耳を傾けない

仕事を辞めるべきかどうか、悩んでいる時は視野が狭くなってしまいがち。

  • 他の人からのアドバイスを受け付けない
  • 自分の考えを否定されると話を聞かなくなる
  • なんでも一人で抱え込んでしまう

余裕がない状態であるのはよく分かりますが、こうした独りよがりな行動は自分の首を絞めます。

まずは冷静になり、友人や同僚、家族などの意見をしっかりと聞くことが大切でしょう。

他の人の意見にも、しっかりと耳を傾けましょう

今の仕事以外できないと思い込む

なかなか行動に踏み切れない人の特徴として、自分にはこの仕事しかないと思い込んでいるパターンが挙げられます。

  • 今の仕事を辞めたら、もう次の仕事は見つからない
  • 今の職場で通用しないなら、もうだめだ
  • 自分に転職先なんて見つかるわけがない

このように、自分自身で思い込んでいる方も多いです。

しかし、こうした自分の可能性を潰す考え方はやめましょう。

求人は無数にありますし、何より一人で考えていても良い方向には向かいません。

自分で自分の首を絞めることはやめましょう

辞めるべきかどうか、迷ってしまう

このほかにも、年代的な理由から退職すべきかどうか悩んでしまうという人もいます。

  • この会社で働き続けても、もうキャリアアップできない
  • ただ、仕事をやめても40代だし、良い転職先があるだろうか・・・
  • しかし、今のまま続けるのもなぁ・・・

このように、辞めるべきか残るべきかを考え続け、結局辞めることができない方もいらっしゃいます。

しかし、こうして思い悩んでいるだけでは何も始まりません。

まずは転職エージェントなどに登録し、求人を見ることから始めてみてはいかがでしょうか。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

40代でも次の仕事は見つかる

40代でも次の仕事は見つかる

40代という年齢から、次の仕事が本当に見つかるのか不安を感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、2021年現在では40代の転職も決して珍しいものではなく、しっかりとした転職活動を行えば転職先も見つかりやすい状況にあります。

  • 今の会社を辞めるために心を楽にする方法とは?
  • 50代と違い、40代の求人は多数ある
  • 一番いけないのは精神を病むこと

今の会社を辞めるために心を楽にする方法とは?

現在、日々のお仕事や職場への通勤で気持ちが重いという方は多いのではないでしょうか。

40代にもなれば責任のあるポジションについているケースも多く、辞めたいという思いが強くなるのも無理はありません。

そうした気持ちを軽くする方法として、

新しい転職先を事前に見つけておく

ことが有効です。今の仕事しかないと考えているから気持ちが暗くなります

他にも自分が働ける場所を見つけることで、人生の視野も広がり新しい可能性を発見することができるはずです。

仕事を続けながら、新しい転職先を探しておきましょう

50代と違い、40代の求人は多数ある

また、40代というのは可能性に満ち溢れた年代です。

実際に転職エージェントを利用してみると分かりますが、40代の人材を求めている企業は多数存在します。

これが50代になってしまうと、求人数も少なくなり応募できる企業がグッと減ります。

行動を起こすなら早めに決断したほうが良いでしょう。

40代なら真剣に探せば転職先は多数あります

まずは気軽に転職先を探すのが大切

すぐさま転職を実行に移さなくても、とりあえずエージェントに登録して転職先を探しておくことは大切です。

好条件の仕事を見つけるのは時間も掛かりますが、他の仕事を見てみることで、

意外と、色々と仕事があるのだな・・・

という気持ちになることができます。

視野も広がるので、気軽にチェックしてみてはいかがでしょうか。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

転職活動を行うべきタイミングは?

転職活動を行うべきタイミングは?

これから転職活動を始める方は、働きながら行うべきか、退職してから行うべきかお悩みなのではないでしょうか。

そこで、以下ではそれぞれのメリット・デメリットについて解説します。

働きながら転職活動を行うメリット・デメリット

まず、働きながら転職活動を行うメリットには次のことが挙げられるでしょう。

  • 収入があるため、お金に不安なく転職活動を進められる
  • 無職期間を作らずに転職できる
  • 転職活動が長引いても不安がない

働きながら転職活動を行えば、金銭面で余裕があるのが最大のメリットでしょう。

その反面で、次のようなデメリットもあります。

  • 今の仕事をしながら転職活動を行うので、忙しくなる
  • 面接などのスケジュールが合わせにくい
  • 職場の人にバレると気まずい

主に、時間に余裕がなくなるのが大きなデメリットと言えそうです。

ただし、転職エージェントを活用すればスケジュール管理なども行ってもらえます。

▶︎今すぐリクルートエージェントの求人を見てみる

退職してから転職活動を行うメリット・デメリット

次に、退職してから転職活動を行うメリットを解説します。

  • 時間に余裕があるので、転職活動に集中できる
  • 職場に気を遣いながら転職活動しなくて良い
  • 応募企業をじっくりとリサーチできる

主に、時間的に余裕があるのは退職してから転職活動を行うメリットと言えそうです。

その反面、次のようなデメリットもあります。

  • 金銭的に余裕がない
  • 転職活動が長引くと焦ってしまう
  • 無職期間を挟むことになる

働きながら転職活動を行う場合とは異なり、お金の面で余裕がないのは大きなデメリットです。

転職活動が長引いた場合、貯金がなくなるとかなり厳しい状況となってしまうでしょう。

そのため、もし貯蓄などにかなり余裕があるのであれば、退職してから行い、金銭的に厳しい場合は働きながら行うのがベストと言えます。

まとめ

40代で仕事を辞めたいと思うのは、決して甘えではありません。

様々なプレッシャーを感じる年代だからこそ、仕事を辞めたいと思うようになるのも自然なことでしょう。

もし、仕事を辞めたいと感じているのであれば今回の記事を参考にしてみてください。

The following two tabs change content below.
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

サービス比較WEBライター。オウンドメディアにて記事を執筆中。

目次