40代で仕事を辞めたいのは甘え?理由や対処法を具体的に解説!

40代 仕事やめたい 辞めたい

40代で仕事を辞めたいと思うのは甘えているのだろうか。

40代なってから仕事を辞めたいと感じる方は意外と多いです。

40代は体力的にも厳しくなってくる方もいらっしゃり、なかなか思い悩むことが多い年代と言えるでしょう。

今回の記事では40代の方が働きたくないと感じる理由や、その対処法について具体的に解説していきます。

この記事を読めば分かること
  • 40代で仕事を辞めたいと思うのは甘えではない理由
  • 40代で仕事を辞めたいと思うのはなぜか
  • 40代で仕事を辞めたいと思ったら行うべきこと

「40代で仕事を辞めたいのは甘えなのか?」について解説します

40代で仕事を辞めたいと思うのは、甘えではない

結論からお話すると、40代で仕事を辞めたいと思うのは甘えではありません。

その理由には以下のことが挙げられるでしょう。

甘えではない理由
  • 40代は特に悩みの多い世代
  • 辞めたい気持ちに世代は関係ない

40代は特に悩みの多い世代

「この年になって仕事を辞めたいって、自分は甘えているんじゃないのか?」

などと思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、それは自然なことです。

むしろ、40代という難しい年代だからこそ、辞めたいと感じる場面も増えると言えるでしょう。

中間管理職として働かれている方も多い年代です。

仕事面だけではなく、家庭や自分のキャリアについても様々なプレッシャーがあるはず。

まずは「甘えているのではないか?」などと自分を責める姿勢にならないようにしましょう

40代は仕事・家庭の両方の面で悩みを感じやすい世代です。

辞めたい気持ちに世代は関係ない

そもそも、仕事を辞めたいという気持ちに年代は関係ありません。

もし、「40代にもなって、こんな悩みを持つのはおかしいのだろうか」

などと考えている場合には、そのようなことを考えなくて大丈夫です。

先ほども解説したように、まずは自責思考にならないことが大切と言えます。

なぜなら、自分を責めても問題は何も解決しないからです。

重要なのは、自分を責めることではありません。

どうすれば自分の人生がより良い方向へ向くのか向き合うことです。

この記事の後半や他の記事にて40代の方が行うべきことを解説していますので、参考にしてください。

自分を責めても問題は解決しません。重要なのは、今後どうすべきか?ということです。自責のために思考せず、考えるべき方向を修正していきましょう。

40代の方が仕事を辞めたいと思う理由とは?

40代という年代は、社会人になってからかなりの時間が経っているものの、まだまだ定年まで期間がある時期です。

このような年代の方が仕事を辞めたいと思う理由にはどのようなものがあるのでしょうか。

以下ではその理由を具体的に解説していきます。

管理職などの立場を任されて、責任が重くなる

40代という年代は、管理職になる方も多い時期です。

社会人になり、20年ほどが経過し、もし同じ会社で働き続けていればかなりの経験を積んでいるでしょう。

職場内でもそれなりのポジションにつく場合、それだけプレッシャーも大きくなります。

周囲から見れば出世したことで充実しているように見えますが、やはり部下の指導などはストレスになります。

また、それだけ成果を求められることも増えます。

上司と部下の間で板挟みとなり、苦しい思いをするケースもあるでしょう。

このように、中間的な役割を担う年代だからこそ、仕事を辞めたいと感じる方も多いようです。

重要なポジションにつくことで辛いと感じる人も多いようです

身動きが取りにくく、プレッシャーを感じている

40代になると、結婚して家族がいる場合も多く、気軽に職を変えることができなくなります。

若いうちであれば自分のやりたくない仕事は退職して適職を探しやすいかもしれませんが、年代的に難しいこともあるでしょう。

このように身動きが取りづらい状況になれば、選択肢も減ってしまうので逃げ場がないように感じがちです。

そのため、仕事を辞めたいと感じる要因の1つとなっているといえます。

選択肢を狭めてしまう方もいます。ただ、現代では転職や副業などの複数の選択肢があるため、視野を狭めないことが大切です

仕事にやりがいを見失いがちになる

社会人となってしばらく経ち、様々なことを経験しているでしょう。

入社当時はやりがいや成長意欲にあふれていた方も、社会の理不尽さや窮屈さで揉まれるうちに上手く力を抜くようになります。

そのような状態が続けば、向上心ややりがいを見失いがちになってしまい、結果として仕事を辞めたいと思う人も増えるようです。

もし今の仕事に何のやりがいも見いだせないのであれば、一度自分自身と向き合ってみる必要があるかもしれませんね。

40代は仕事に慣れてきて、やりがいを見いだせなくなっている方もいます

40代で仕事を辞めたいと思ったら行うべきこと

40代で仕事を辞めたい理由については上記で解説しましたが、実際に辞めたい気持ちになった場合にはどうすれば良いのでしょうか。

40代で仕事を辞めたいと思ったら行うべきこと
  • なにが辛いのかを紙に書き出してみる
  • プライベートの時間を大切にする
  • どうしても辛い時は転職も一つの選択肢

以下では具体的に行うべきことについて具体的に解説していきます。

なにが辛いのかを紙に書き出してみる

40代になれば様々な悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

仕事のことだけではなく、もしかすると家庭のことなどでもプレッシャーを感じているかもしれません。

もし、辛い感情で心が苦しいのであれば、なにが辛いのかについて紙に書き出してみる方法が効果的です。

人間は自分の感情について上手く整理できていない時、強いストレスを感じます。

そのため、自分が辛いと思っていることについて箇条書きで書き出してみましょう。

簡単に思いを書いてみるだけでも、かなり心が楽になります。

辛いことを紙に書き出すだけでも、かなり精神的に整理されます

プライベートの時間を大切にする

普段、仕事ばかりで自分の時間を持てていないのではないでしょうか。

休日なども出勤して仕事をしていると、プライベートの時間が無くなってしまいます。

真面目な方ほど一生懸命働こうとするため、自分の時間を犠牲にしがちです。

しかし、仕事ばかりしていてはやがて疲労で仕事の効率も落ちてしまうでしょう。

ある程度自分の時間を確保することで、仕事にも生かすことができます。

もし、プライベートの時間が全く確保できていないのであれば、スケジュール管理を徹底してみてはいかがでしょうか。

しっかりと自分の時間を確保し、趣味などにあてることができれば、リフレッシュすることができるはずです。

プライベートを充実させることで、余裕が生まれることもあります

どうしても辛い時は転職も一つの選択肢

どうしても辛い時は、転職するのも一つの選択肢です。

あまりに働いている環境が過酷である場合には、転職しなければ問題が解決できないこともあるでしょう。

「40代で転職できるのか不安」

という方は、転職エージェントを利用してみましょう。

おすすめはリクルートエージェントです。

業界最大手で、しかも全て無料で利用できるのでとりあえず登録しておくだけでも様々な情報を得ることができます。

転職する際には適職の見極めや市場価値を知ることが大切です。

その点、エージェントに登録すればこうした問題を解決できます。

気になる方は、以下のリンクから登録してみてください。

求人情報などを知るだけでも、視野がかなり広がるはずです。

まとめ

40代で仕事を辞めたいと思うのは、決して甘えではありません。

様々なプレッシャーを感じる年代だからこそ、仕事を辞めたいと思うようになるのも自然なことでしょう。

もし、仕事を辞めたいと感じているのであれば今回の記事を参考にしてみてください。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。noteも作成中で、お仕事コラムを書いているのでぜひ見ていただければ!https://note.com/kakeru5151
タイトルとURLをコピーしました