仕事辞めたい疲れた20代に伝えたいこと。具体的な対策と解決法

仕事辞めたい疲れた20代 退職

仕事に疲れた

もうこんな仕事辞めたい

20代の方の中で、こんな風に考えることは誰しも経験があるはずです。

毎日のように長時間拘束され、好きでもない仕事を続けて疲れてしまった、という方は多いのではないでしょうか。

仕事をしたくない、と思えば思うほど休日の夜から憂鬱な気分になったり、ネガティブな気持ちが止まらなくなったりしますよね。

そのような悩みを抱える20代の若者に向けて、本記事では、

・20代で仕事に疲れてしまい、辞めたくなってしまう理由
・仕事を辞めたいと思ったら辞めた方がいい理由

を解説していきます。

仕事を辞めたい20代の方に向けて解説していきます!

仕事を辞めたい、疲れた20代。その理由は?

仕事を辞めたい、疲れた20代。その理由は?

仕事を辞めたい、疲れたと感じる20代の方は多いです。その具体的な理由としては次のものが挙げられるでしょう。

・人間関係が辛い
・仕事にやりがいを感じない
・給料が安すぎる
・労働時間が長すぎる
・他にやりたいことがある

ここではその一つ一つについて解説していきます。

人間関係が辛い

仕事に疲れてしまう原因としてよく挙げられるのが、職場の人間関係です。煩わしい人間関係のストレスから解放されたいと考える人は大勢います。最近の働く若者をよく見てみると、

職場の飲み会に行きたくない

仕事をする上での人間関係が不安

といったように、職場での人間関係が希薄になってきていると感じることが多くなったように思います。

また、セクハラやパワハラに悩まされたり、職場で孤立してしまったり何らかの問題を抱え、業務に支障をきたしている人が大勢います。

「仕事をしていく中で、人脈を広げていきたい」と思っている若者がいることも事実ですが、人間関係を煩わしく思う人は少なくないのです。

人間関係が辛いと感じて辞めたいと感じる方も多いです!

転職に強い!ポテパンキャンプ無料説明会はこちら
ポテパンキャンプ無料説明会へ

ポテパンキャンプは転職特化型のプログラミングスクールです。専任のキャリアカウンセラーのもと、安心して転職活動を進めることができます。まずはお気軽に無料相談に申し込んでみてください。

仕事にやりがいを感じない

仕事を辞めたくなる理由として、やりがいを感じないという声もよく聞かれます。

この仕事はなんのためにやっているのだろう

単調な仕事ばかりで面白くない

業務内容が複雑で難しすぎる

といったように、自分が就いている仕事に満足していない若者は多いです。

また、休日が少なかったり、拘束時間が長かったりして、仕事に嫌気がさしてしまう人もいます。

仕事が趣味!といったように、好きなことを仕事にして没頭できるならそれに越したことはありませんが、好きでもない仕事を毎日長時間こなしている人の方が圧倒的に多数派なのです。

仕事にやりがいを感じないと、辞めたいと思う人も多いです!

給料が安すぎる

仕事をする上で最も重要になってくる要素の一つとして、給料が挙げられます。

実際、20代が仕事を辞めたいと考える理由の不動のトップがこの理由となっています。

最近では、ワーキングプアといった言葉までできており、働いているのにお金がないという若者が増加傾向にあります。

毎日長時間仕事をしているのに給料が上がらない

節約を意識して生活していても、貯金ができない

20代の若者の中には、このような悲鳴をあげる人が数多く存在します。

また、お金を得るために副業を考えても、長時間拘束されていてるせいで副業ができなかったり、そもそも副業が禁止されているということもあるのです。

どれだけ働いても給料が上がらないと辞めたいと思うのも無理ないですね・・・

労働時間が長すぎる

人によって、苦痛と感じる労働時間に差はあるものの、長時間労働を仕事を辞めたくなる理由として挙げる人が多数います。

労働時間は、最低限守らなくてはならない基準が労働基準法で決められていますが、その基準を超えて仕事をしている人も。

このような状態で無理をして働き続けてしまうと、心身ともに異常をきたし、食欲不振や吐き気、やる気の喪失など、様々な弊害が起きてしまうのです。

また、自分の仕事が終わっても上司や周りの同僚がまだ仕事をしているため帰りづらい、といったこともよくあります。

こういったことが繰り返されてしまうと、うつ病や脳卒中などの病気に繋がる危険性があるでしょう。

いつまでも残業が終わらなかったり、土日も出勤があると嫌になりますね・・・

他にやりたいことがある

今の仕事では満足できない

やりたいことがあるが、仕事を続けている限り実現できない

といったような理由で、仕事を辞めたいと考える人もいるようです。

最近では働き方も多様化し、好きなことを仕事にして生きていきたいと考える若者が少なくありません。

また、新卒の時に「どこかに就職しなければ!」といった焦りから、やりたいことが曖昧なまま仕事を選択している人も多くいることでしょう。

しかし、学生時代にやりたいことが明確な人はむしろ少数派で、新卒で入社した会社で働いていくうちに自分のやりたいことがだんだんわかってくるといったことは自然なことなのです。

他にやりたいことが明確になっていると、辞めたいと感じる人もいます!

転職に強い!ポテパンキャンプ無料説明会はこちら
ポテパンキャンプ無料説明会へ

ポテパンキャンプは転職特化型のプログラミングスクールです。専任のキャリアカウンセラーのもと、安心して転職活動を進めることができます。まずはお気軽に無料相談に申し込んでみてください。

仕事を辞めたい、疲れた20代は辞めた方が良い理由

仕事を辞めたい、疲れた20代は辞めた方が良い理由

先に述べたように、20代の若者は様々な悩みをかかえ、疲れてしまった結果仕事を辞めたいと思うようです。

ここでは、そんな若者に向けて仕事を無理に続ける必要はなく、辞めてしまった方がかえっていい結果をもたらす可能性があるという理由を解説していきます。

  • その状態であと数十年頑張るのは難しすぎる
  • 20代なら立て直しは余裕
  • 年齢を重ねるごとに転職は難しくなる

その状態であと数十年頑張るのは難しすぎる

まだ20代。今抱えている疲れや、仕事を辞めたいと思うほどの苦痛をこの先抱え続けることは果たしてできるでしょうか。

人生100年時代と言われる近年では、高齢となっても働き続ける人が大勢います。

これから先の数十年、心身ともに苦痛を感じ続けることは無理があると言えます。

長い間働いていかなければならないのに、体を壊してしまっては元も子もありませんよね。

体の不調だけでなく、うつ病などの精神的な病気にかかってしまう恐れもあります。

そうなってしまっては復帰するのにも時間を要してしまうことになるため、長期的に考えると今の仕事を無理に続ける必要はないと言えるでしょう。

このままの状態であと40年働き続けられますか?

20代なら立て直しは余裕

今の仕事は辛いけど、辞めてしまった後に転職先が決まらなかったらどうしよう

こんな風に考えている人は少なくないでしょう。

しかし実際は、20代の若者を求める企業は多数存在します。

たとえ実務未経験であっても、20代ではスキルよりも仕事に対する熱意や意欲が重視される傾向にあります。

また、新卒採用とは違って社会人経験のある20代を採用することは、教育コストがかからず企業側に大きなメリットがあるのです。

辞めた後に就職がなかなか決まらないのでは、といった不安は大きなものだと思いますが、20代の若い人材を欲している企業は数多く存在します。

そのため、一度仕事を辞めてしまったとしても立て直すことは比較的容易と言えるでしょう。

20代であれば転職するのは非常に簡単です!

年齢を重ねるごとに転職は難しくなる

前述の通り、20代は比較的転職活動が成功しやすいのですが、年齢を重ねていくごとに転職は難しくなってきます。

実際に、30代以降の転職では、これまでの実績やスキルが重視される傾向にあります。

企業側としても、30代以降の応募者を採用する際には実務経験や専門性に重きを置くことが多いため、未経験の分野に挑戦しにくくなってくるのです。

仕事を辞めることを決断できずに今の仕事を継続して年齢を重ねるよりも、20代の今のうちに決断してみることをおすすめします。

若い間に転職した方がスムーズに転職できる可能性が高いです!

仕事を辞めたい、疲れた20代はメンタルの安定が最も大切

仕事を辞めたい、疲れた20代はメンタルの安定が最も大切

無理をして辛い仕事を続けることは、精神的に大きな負荷がかかります。

仕事を辞めることは逃げではないか

「辞めても他にできることがない」

そんなふうに考えてしまって、メンタルが不安定なまま日常生活を送ることは得策とは言えません。

以下では、仕事を辞めたいと思うほど疲れてしまった20代にとってメンタルの安定が最も大切である理由を解説していきます。

  • 精神が壊れると回復できない
  • メンタルさえ無事なら何度でもやり直せる
  • 今の職場でダメなら他の職場でも通用しないは嘘

精神が壊れると回復できない

精神的なストレスを抱え続けると、適応障害やうつ病といった病気になってしまうことに繋がります。

一度病気になってしまうと、その後の回復に時間を要してしまうことになりかねません。うつ病になってしまった結果、回復するまでに半年ほどかかってしまったという方もいます。

これから先のことやお金のことを心配する気持ちはわかりますが、何より優先すべきはあなた自身です。

まずはストレスの原因を取り除き、メンタルを安定させましょう。

精神状態をしっかりと回復させることを第一に考えることが重要です。

この「メンタルの安定」を軽視してしまうと、焦ってしまいこれまでと同じような環境を選んでしまう可能性があります。

転職活動は、メンタルを十分に安定させてから行うことをおすすめします。

転職するには精神状態の安定が一番大切です!

メンタルさえ無事なら何度でもやり直せる

上記で述べたとおり、精神が壊れてしまうと回復するまでに時間がかかります。

逆に言えば、精神状態が安定していれば、何度でも立て直せるということです。

精神的な辛さは、我慢すればするほど体に蓄積されてしまいます。一度ストレスの原因から離れ、十分な休暇をとってみましょう。

精神的に楽になっていくことを実感できるはずです。そうすると、やる気がみなぎってきたり、物事を楽しむ余裕が出てきたりします。

そうなれば、焦ることなく転職活動をしたり、今後の見通しを立てたりすることができるようになるでしょう。

精神状態さえ問題なければ、いつでもやり直すことが可能です!

今の職場でダメなら他も通用しないは嘘

ここでダメならどこにいってもダメだろう

そんなことを言われたことはありませんか?よく聞くこのセリフですが、これは全くの嘘です。

退職の意を伝えられた時に引き止めるための常套句のようなものですが、このようなことを言ってくる人は、ずっと同じ会社にいた人ではないでしょうか。

実際、会社が違えば当然環境も全く違います。環境や仕事の内容がガラッと変わることで、いきいきと仕事ができるようになるということだって十分ありえます。

今の職場でダメなら他も通用しない、というようなことを言われても、全く気にすることはないのです。

環境を変えることで生き生きと生活できる可能性も十分あります!

実際に20代で仕事を辞めた体験談

実際に20代で仕事を辞めた体験談

実際に私も、20代で仕事を辞めたことがあります。

新卒で入社した会社(公務員)でしたが、長時間労働でワークライフバランスが乱れ、精神的に追い詰められてしまった結果退職という決断をしたのです。

辞めた直後は次の就職先も決めていないし、この先どうしたらいいのだろう、と不安を感じたものです。

しかし実際は、問題なく就職することができましたし、今は精神的に安定しています。

環境を変えれば、いい方向に向かうことを知ることができたので、今となってはいい経験だったと言えます。

自分も転職経験者ですが、今では本当に転職して良かったと感じる・・・

仕事を辞めたい、疲れた20代の具体的解決策

仕事を辞めたい時の対処法

では、仕事を辞めたいと思うほどに疲れてしまったとき、どのように解決して行けば良いのでしょうか。以下では、具体的な解決策を述べていきたいと思います。

  • 一番簡単なのは転職エージェントへの登録
  • すぐ辞めないならスキルを身につけておこう
  • 明日会社に行くのも辛いなら退職代行を利用しよう

一番簡単なのは転職エージェントへの登録

一番簡単な解決策として、転職エージェントへの登録が挙げられます。

転職エージェントとは、求職者と採用を考えている企業の間に立って転職を支援するサービスのことです。中でもおすすめなのが、リクルートエージェントです。

おすすめポイントとしては、

・完全無料で利用できる
・公開求人、非公開求人ともに業界最大級の求人数
・求職者の年収相場を提示してくれるサービスがある
・取り扱っている業界、業種が多く希望の仕事を見つけやすい

といった点が挙げられます。

また、全国の求人を取り扱っていることもあり、日本国内であればどこからでも利用することができます。

今までの職歴から、キャリアアドバイザーがキャリアプランや適正年収を診断してくれる点も嬉しいポイントですね。

転職エージェントは無料で手軽に登録できますので、まず登録しておくことをおすすめします!

リクルートエージェントへ無料登録

退職する前に、まずは転職エージェントに登録しておき、求人情報などを集めておくようにしましょう。事前に準備しておくことで、ストレスなく退職することができます。

▶︎リクルートエージェントに申し込む

すぐ辞めないならスキルを身につけておこう

ポテパンキャンプ

今すぐに転職する気がない場合は、まず市場価値の高いプログラミングなどのスキルを習得するのも有効と言えます。

「プログラミングは難しそう」

「文系の私には無理」

と思っていませんか?

最近では、IT業界は人手が足りていないことが多いため、未経験者を採用して育てていくという風潮があります。

そのため、未経験からのスタートが十分可能なのです。

プログラミングができるということができれば、当然転職をする際に有利になります。

また、プログラミングを習得し、手に職をつけることができれば、将来独立できる可能性があります。独立すれば、会社員以上の収入アップが期待できます。

このように、市場価値の高いスキルを習得することで、将来に備えることができるのです

これからIT系のスキルを身につける場合は「RaiseTech」や「ポテパンキャンプ」などのスクールが転職に強いので以下のリンクから申し込んでみてはいかがでしょうか。

将来的な転職に備えて市場価値の高いスキルを身につけましょう!

転職に強い!ポテパンキャンプ無料説明会はこちら
ポテパンキャンプ無料説明会へ

ポテパンキャンプは転職特化型のプログラミングスクールです。専任のキャリアカウンセラーのもと、安心して転職活動を進めることができます。まずはお気軽に無料相談に申し込んでみてください。

明日会社に行くのも辛いなら退職代行を利用しよう

どうしても会社に行くことが辛い場合は、退職代行サービスの利用も検討しましょう。

退職代行サービスとは、労働者が退職したいと考えた時に、労働者の代わりに退職の処理を行ってくれるサービスのことです。

通常、退職したいという意思を会社に伝えることで仕事を辞めることが可能なのですが、一部では退職希望者に対して執拗に引き止めたり、脅したりして退職を撤回させたりするケースがあるようです。

これでは、退職しようにも気持ちが萎縮してしまいスムーズに退職することができません。

こういった場合は退職代行サービスを利用することで、精神的な負担を軽くすることができます。会社とトラブルになりたくないという方は、まずは相談してみると良いでしょう。

おすすめの退職代行サービス

退職代行SARBA・・・退職代行実績No.1!即日退職も可能!

弁護士法人みやびの退職代行・・・手続きを専門の弁護士が行ってくれます。LINEで24時間気軽に相談可能!即日対応!

とにかく行動することが大切!

とにかく行動することが大切!

長時間の労働、やりがいのない仕事で心身ともに疲弊してしまうことは健康によくありません。

仕事を辞めたいほどに疲れてしまった場合、まずは自分の体と心を最優先に考えるようにしましょう。

一度仕事を辞めたくらいでお先真っ暗、などということはありません。20代であれば何度でもやり直すことが可能です。

しかし、そのためには精神の安定が不可欠であると言えます。

今の仕事を続けて、精神を壊してしまうことはないか今一度考えてみましょう。

その上で、会社を辞めて休養したり、スキルを習得したりといった行動を起こして行くと良い結果が得られるはずです。

現状を変えたいという気持ちがあるのであれば、まずは行動することが重要なのです。

まずはとにかく行動することから始めよう!

まとめ

いかがでしたか?仕事に疲れて、辞めたいと思った時に退職することは悪いことではないということがお分りいただけたと思います。

・仕事を辞めたいほど疲れた時は、無理して続ける必要はない

・20代であれば転職しやすく、立て直しは容易である

・転職エージェントに登録したり、スキルを習得したりして行動を起こすことが大切

先のことやお金のことを重く捉えすぎないことで、心身ともに健康な状態を保ち、楽しく過ごしていけることでしょう。20代の皆さんには、一度立ち止まってゆっくり考えてみることをおすすめします。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。noteも作成中で、お仕事コラムを書いているのでぜひ見ていただければ!https://note.com/kakeru5151
タイトルとURLをコピーしました